メールマガジン配信はどれを使えばいい?基礎知識からおすすめの無料・有料システムまで一挙紹介

メールマガジン配信とは?

メールマガジン配信とは、Webマーケティングの手法の一つで、その名の通りメールを使ったアプローチ方法となります。ひとえにメールマガジン配信といっても、その目的は様々です。

・見込み客への販売促進
・新規プロモーションの告知や予告
・潜在ユーザーの育成や教育
・ファンとのコミュニケーションツール
・既存顧客へのリピート促進

ユーザーへのアプローチは、広告然り、オウンドメディア然り、基本的にはそれぞれのユーザー誰しもが当てはまるような訴求で打ち出すことが多いです。

ペルソナは絞りつつも、母数が多い層を狙うことのほうが多いですよね。SEOと広告共に、ターゲティング選定やキーワードでは特定のユーザーとまでは絞り込めないということも、理由の一つです。

しかし、メールマガジン配信では、メールアドレスという個人情報が手元にあれば、極論としてたった1人のユーザーに対して、アプローチをしかけることが可能です。

そのため、他のマーケティング手法よりもダイレクトにユーザーへアプローチができます。

マーケティング活動においてアドレスの取得は必須

現在のマーケティングでは、実世界でもWebでもほぼメールアドレスの取得は必須であると言えます。例えば、店舗で洋服を購入した時など、〇%割引を理由に会員登録を促されたり、ECサイトでサプリを購入するにしても、メールアドレスの登録が促されますよね。

マーケティングにおいて、どんな形であれ一度接点をもったという事は、商品やサービスを知らないユーザーよりも「見込み度がある」があると考えます。

しかし、接点を持ったとしても、継続的にアプローチしなければ、潜在顧客は潜在のままです。そのため、メールアドレスを取得し、メールマガジンを通して、継続的にユーザーと接触することで購買やファン化を進めようと考えるわけです。

メールマガジンシステムの機能

では、メールマガジンシステムにはどういった機能があるのでしょうか。単にメールマガジンを配信しているだけでは、ユーザーにとってどんな内容を送れば満足度が高いのか、どういった内容に興味関心があるのか分かりません。

要するにPDCAを回せない状態となります。

また、メールマガジンシステムを使わずとも、普段使っているgmailやYahoo!メールなどで個別に送る方法もあります。

メールマガジンシステムで配信するメリットはどういったものがあるのか、見ていきましょう。

一斉送信や自動配信

まず、メールマガジンシステムでは、取得しているアドレスに対して、一斉に同じ文面を送る機能があります。この機能により、例えば新規のプロモーション告知を一斉に送りたい場合に、効率よく情報を発信することができます。

また、自動送信機能もあり、2日後にはこのメールを送る、3日後にはこのメールを送るなど、自動的に発信者の好きなタイミングでメールマガジンを配信することができます。

デザインを取り入れたHTMLメール

通常のメールでは、太字やフォントの色、画像を添付することが限界です。しかし、メールマガジンシステムを使うことで、まるでWebページのような装飾を施すことができます。

単なるメールでは反応しないユーザーでも、デザイン性があるメールであれば中身が気になって内容を確認する、といった効果もあります。

開封率やクリック率の計測

さらにメールマガジンシステムでは、ユーザーが配信したメールを開封したかどうか、メールの中にあるURLをクリックしたかどうかも数値として確認することができます。

開封率が悪い、クリック率が低いということが分かれば、メールの文面を変えたり、コンテンツを差し変えたりと改善を図ることができます。それにより、メールマガジンの効果をより高める事に繋がっていきます。

メールマガジンシステムで多岐なマーケティングが可能

上述した通り、メールマガジンシステムを通して配信することで、見込みユーザーに対して様々なアプローチをとることができ、マーケティングの幅が広がっていきます。

単発のメールマガジン配信ではなく、継続的な配信だからこそできる「顧客育成」という観点で考えると、よりメリットが分かってきます。

リードナーチャリングで顧客育成

ユーザーは顕在層、潜在層と大きく2つに分けられます。メールアドレスを取得しているユーザー全員が、すぐに商品を購入してくれる顕在層というわけではないでしょう。

しかし、当たり前ですが顕在層は潜在層に比べ、絶対的に母数が少なくなります。そして、顕在層は有限です。

そのため、マーケティングを拡大していくためには、潜在層をいかにして顕在層へ引き上げるかが重要になってきます。

この顧客育成の流れをリードナーチャリングと言いますが、メールマガジン配信で継続的にユーザーにアプローチすることで、教育が進み、ファン化が促進されます。

今すぐに商品購入やサービス利用に結びつかなくても、段階的に購買へ繋げる。それもメールマガジン配信の利用価値の一つと言えます。

リードナーチャリングとは?リードナーチャリングとは、将来的に顧客になる可能性があるユーザーや企業に対して、商品の購買意欲を高め、育成していくマーケティングの...

 

ステップメールでプロダクトローンチ

もう一つ、メールマガジン配信で有効な手法がプロダクトローンチと呼ばれるマーケティング手法です。

プロダクトローンチとは、大量に集めたリード(メールアドレス)に対して、段階的にセールスをかけていく方法となります。一気に売り込みはせずに、時間や日をまたぎ、少しずつ興味関心を高めていくことで、ユーザーの商品購入確率を上げることができます。

この段階的にセールスをかける時に用いるのがメールマガジンシステムというわけです。俗にいうステップメールですね。1日後、2日後とステップが進んでいくごとにユーザーの教育やファン化が進み、より商品を購入してくれる可能性があがっていきます。

プロダクトローンチとは?マーケティングに携わっていれば「プロダクトローンチ」という言葉は必ず耳にすると思います。「プロダクト」と「ローンチ」を直訳すると「プ...

 

無料で利用できるメールマガジン配信システム

・まぐまぐ


 
株式会社まぐまぐが運営するメールマガジン配信システムとなります。配信者自身のアドレスは有料登録になりますが、メールマガジンを配信すること自体は、無料でおこなえます。

予算が限られている中小企業や個人事業主であれば、利用しやすいメールマガジンシステムと言えるでしょう。

オプションサービスも充実しており、まぐまぐから配信したメールは携帯キャリアのスパム対策にも阻害されないケースが多いため、メールマガジンを配信しやすいシステムだと言えます。1997年からサービス開始をしたため、実績も十分あるシステムです。

>>>まぐまぐ公式サイト

・melma


 
melmaは、元々サイバーエージェントの事業の一つとして、サービスが開始されました。現在では、ユニティ株式会社が運営をおこなっています。

他のメールマガジン配信システムと比較すると、マーケティングの機能面は見劣りするところもありますが、読み物としてのメルマガには定評があります。

また、初期費用や審査手数料は一切かからず、読者が増えても金額は無料のままです。操作性も分かりやすいので、自分の情報を発信してみたいと考える方にはおすすめです。
※melmaは、2020年1月末を持ってサービスを終了すると案内がありました。

>>>melma公式サイト

・オレンジメール


 
オレンジメールは株式会社オレンジスピリッツが運営しているメールマガジン配信システムです。操作がシンプルで分かりやすいため、長年愛用しているユーザーも多くいます。

無料で利用できる範囲ですが、読者数100件、あるいは6か月の期間内であれば無料で利用することができます。マニュアルがなくてもメールマガジンが配信できてしまうので、始めてメールマガジンシステムを利用する方には大変オススメです。

専門スタッフもおり、分からないことがあっても親身に教えてもらえます。

>>>オレンジメール公式サイト

・acmailer


 
acmailerは株式会社シーズが運営するメールマガジン配信システムです。ほとんどのシステムは基本的にクラウド型が一般的ですが、acmailerはサーバーにインストールするCGI型になります。

自社にサーバーがあることが必須条件ですが、メールアドレス数や配信数の制限がない無料システムになります。ただし、著作権表示がされるため、この点はデメリットと言えます。

>>>acmailer公式サイト

・MailChimp


 
MailChimpは国内ではなく、アメリカのロケット・サイエンス・グループが運営しているメールマガジン配信システムです。操作画面はもちろん英語ですが、そこさえ問題なければHTMLメールやステップメールも配信できるため、機能性は大変良いです。

他の無料のメールマガジンシステムと同様、登録数上限や月間配信数の制限はあるものの、その数は2,000件、月間1万2,000通と上限数が多いことも特徴です。

直観的にメールを作成できるので、英語とはいえ、慣れてしまえば、機能面は問題ないでしょう。

>>>MailChimp公式サイト

有料で利用できるメールマガジン配信システム

・オートビズ


 
オートビズは株式会社ビズクリエイトが提供するメールマガジン配信システムです。導入実績は10,000社以上、価格も1,815円~と大変使いやすい有料メールマガジンシステムです。

また、オートビズでは確認ページや完了ページをシステム内で作成することができます。コードを入力することで、好きなデザインに調整できる点もオススメのポイントです。

最短1日で申込~利用することができるので、安価と機能性をどちらも取りそろえたメールマガジン配信システムと言えるでしょう。

>>>オートビズ公式サイト

・パワーステップメール


 
パワーステップメールは、上記で紹介したオートビズの上位版となるメールマガジン配信システムとなります。金額は9,900円~と、オートビズよりも高くなりますが、その分機能性は圧倒的に充実します。

作成できるフォームの数、シナリオ数、メールマガジンの配信数共にオートビズの倍以上構築することができます。そのため、メールマガジン必須のビジネスモデル(プロダクトローンチ)の場合には大変オススメです。

また、パワーステップメールでは独自ドメインを使用することもできるので、どうしても使用したいドメインがある場合にも重宝します。

>>>パワーステップメール公式サイト

・配配メール


 
配配メールは株式会社ラクスが運営しているメールマガジン配信システムです。導入実績は6,000社以上、様々な大手サービスを運用している企業でも採用されています。

配配メールは月額料金が1万円~と他の有料メールマガジン配信システムと比較すると高額の価格設定となっています。その理由は、顧客管理のしやすさや、メルマガの配信数制限がないという点があげられます。

有料のオプションになりますが、多言語配信にも対応しています。海外向けにメールマガジンを配信したい方にはぴったりのツールです。

>>>配配メール公式サイト

・MyASP


 
株式会社ツールラボが運営しているメールマガジン配信システムがMyASPとなります。MyASPはとにかく高機能ということで定評があり、顧客管理でも利便性があります。

他のツールと比較すると、設定できる項目、分析できる量、そして画面の見やすさなどメリットが多いです。

また、様々なメールマガジンビジネスを展開している企業、個人の方が絶賛していることもあり、高機能なメールマガジン配信システムの一つと言えるでしょう。

>>>MyASP公式サイト

・アスメル


 
アスメルは株式会社レジェンドプロデュースが提供しているメールマガジン配信システムです。国内で初めて「使いたい放題」「無制限」を実現したシステムとしても有名で、固定料金も比較的安く利用することができます。

使いたい放題、無制限という部分をより詳細に説明すると、顧客リスト数、月間配信数がいくら大量にあったとしても、月額固定料金3,333円は変わらずです、追加料金もかかりません。

もちろん、ステップメールなどに必要な機能も全てそろっているため、本格的にメールをつかったビジネスをしている企業や個人事業主には最適でしょう。

>>>アスメル公式サイト

・Jcity


 
Jcityは、株式会社ジェイシティが運営するメールマガジン配信システムです。到達率99.74%という脅威的な数値が魅力的で、他のジェイシティのサービスを併用することで割引が受けられます。

しかし、ベーシックプランで月額6,000円~という料金形態のため、他のメールマガジン配信システムよりも割高と感じる人もいるかもしれませんが、機能性は申し分ありません。

>>>Jcity公式サイト

・blastmail


 
blastmailは費用を抑えつつ、機能にもこだわりたいというユーザーに最適なメールマガジン配信システムです。登録するアドレスを3,000件までに留めれば、月額3,000円で利用することができます。

登録アドレス数が3,000件を超えると従量課金制となります。従量課金のサービスの中では比較的安価となりますので大量にメールマガジンを配信する方には最適と言えます。

また、操作性は大変分かりやすいため、初めてメールマガジンを配信する人で、できるだけ費用を抑えたいという場合にはオススメです。

>>>blastmail公式サイト

・楽メール


 
楽メールは株式会社ウェブロジックが運営するメールマガジン配信システムです。楽メールは導入実績3,000社以上、ステップメールや日付指定、記念日配信など様々な配信機能があります。

また、楽メールの最も大きな特徴は、レンタルサーバーに設置する買取型のメールマガジン配信システムである点です。月額費用がかからずに利用できるため、経済的であると言えます。

>>>楽メール公式サイト

・める配くん


 
める配くんは株式会社ディライトフルが提供しているメールマガジン配信システムです。月額費用が1,780円~と業界最安クラスの値段設定となっています。機能としてもHTMLメールやステップメールにも対応しており、充実していると言えます。

機能が続々追加され、常にアップデートを繰り返しているので、これから導入する方にもオススメです。

>>>める配くん公式サイト

・メール商人


 
メール商人は、株式会社イー・エム・ズィーが運営するメールマガジン配信システムです。メール配信、ステップメール、入力フォームはもちろん、HTMLメールの作成やパーソナライズ配信もできるシステムになっています。

また、30日間の無料お試しもできるので、一度使用してみてから選ぶということもできます。配信数の制限なく、月額3,800円から利用できるので、導入しやすいメールマガジン配信システムと言えるでしょう。

>>>メール商人公式サイト

・アクセスメール


 
株式会社ジャパンウェブサービスが提供しているメールマガジン配信システムが、アクセスメールです。サービス開始から10年経過しており、安心感と実績が違います。また、月額2,300円からシステムを利用することができ、月間5万通のメールが送信できます。

簡単操作、高機能、高セキュリティの3要素が備わったシステムで、さらに高到達率も伴っています。

>>>アクセスメール公式サイト

・ワイメール


 
ワイメールは株式会社いグレックスが提供しているメールマガジン配信システムです。定額制にも関わらず、配信数制限がない。気になるコストも月額4,980円です。

コストを抑えつつ、大量にメールマガジンを配信したい方にはオススメです。

>>>ワイメール公式サイト

・エキスパ


 
エキスパは株式会社エキスパートが運営しているメールマガジン配信システムです。会員数として10万ユーザーを突破しており、どのシステムよりも利用者数が多いのも特徴の一つです。エキスパはメールマガジンシステムを通して収益をあげるという点を重視しており、配信する上で必要となる機能が64種類搭載されています。

また、管理画面も見やすく、感覚的な操作も可能です。料金としては、5,000通までであれば2,970円と低価格でシステムを利用することができます。

>>>エキスパ公式サイト

まとめ

メールマガジン配信をおこなうのであれば、どういった目的でメールを流すのかをまずしっかりと明確にすることが重要です。顧客の育成なのか、ファン化を進めるのか、単発プロモで収益をあげるかなどです。

目的によってメールマガジンシステムで使用する機能は異なり、設定も変わってきます。メールの文面も、もちろん変わってきますね。目的を明確にして上手くシステムを活用してください。

また、オススメのメールマガジン配信システムも紹介致しましたが、各システムでは配信可能数や月額費用に差があります。どの程度の送信数を望むのかで選ぶべきシステムも異なってくるので、よく目的に合わせて吟味してみてください。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)