”売れる顔”選手権を開催します。

こんにちは!

リスティングプラスで、制作を担当している中村です。

世の中には人を買う気にさせる人と
人を買う気にさせない人がいます。

もちろん、トークの力や交渉力、立ち振る舞い、
様々な要素で決まると思うのですが、、、

その中でも”顔”ってとっても大事なんですね。

実は、リスティングプラスでは
下記のようなランディングページ制作サービスを行っています。

https://ppc-master.jp/lp/work/

さて、このランディングページ、、、
実はいくつかバージョンが合って下記の2つとテストをしています。

【長橋(社長)バージョン/CVR0.58%】

もちろん、ヘッダー部分の人が違うだけで内容は同じものです。

【文字のみバージョン/CVR0.00%】

【中村バージョン/CVR1.04%】

この結果を見て、僕は唖然としました。

顔なしバージョンはもちろん一番コンバージョン率が悪いのですが、
社長のバージョンよりも、ぼく(中村)のバージョンのほうが良い結果になってるんです。。。笑

コンバージョン率で2倍違うのです。
(1000アクセスずつでテスト時)

「何故、こうなるのか?」

色々と推測したのですが、代表をやっている社長のLPの方が成約率が高い!
ということであればわかるのですが、、、
何故か僕の少しふざけた感のあるLPの方が成約率が高いのです。

人の印象は見た目が9割とか言われますが
人が物を買うときや問い合わせするときに
この人の”顔”によってなんらかの心理的影響を受けている事は間違いありません。

実際、さまざまなランディングページで
掲載されている社長の顔ですが、もしかしたら人を買う気を失せさせる顔
なのかもしれませんね。笑

(本人にはなかなか言えないですが….)

もし、あなたが人の顔をランディングページや
ホームページで使っているのであれば、表情や人はぜひテストしてください。

うちは、社長の写真で色々テストすることはありましたが
人自体を変えたバージョンをテストしたことがなかったのでこの結果に驚きましたが、、、

映っている人次第で、結構コンバージョン率は変わるようです。

とはいえ、
見せ方や表情、写真の加工など違うポイントもあるので、

その後、社内で
中村バージョンとまったく同じ服、
中村バージョンと同じメガネ、
中村バージョンと同じ表情・仕草

これにて各スタッフの写真を撮影し、”売れる顔選手権”が開催される運び
となりました!!

Web上でも人が人からものを買う事には変わりがありません。
だからこそ、Webに掲載される人の顔でコンバージョン率が変わるという事実は
もちろんあるでしょう。

ただし、それがどれだけコンバージョン率に影響するのか?
このテストをしている人はほとんどいません。

ランディングページに掲載されている人で
どれだけ成約率が変わるのか?

これについてリスマガで解明します!

それではまた次回!!

リスプラのLP制作に興味のある方はこちらから

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)