”売れる顔”選手権を開催します。

  • 2019.11.14
  • 1,877 Views

こんにちは!

リスティングプラスで、制作を担当している中村です。

世の中には人を買う気にさせる人と
人を買う気にさせない人がいます。

もちろん、トークの力や交渉力、立ち振る舞い、
様々な要素で決まると思うのですが、、、

その中でも”顔”ってとっても大事なんですね。

実は、リスティングプラスでは
下記のようなランディングページ制作サービスを行っています。

https://ppc-master.jp/lp/work/

さて、このランディングページ、、、
実はいくつかバージョンが合って下記の2つとテストをしています。

【長橋(社長)バージョン/CVR0.58%】

もちろん、ヘッダー部分の人が違うだけで内容は同じものです。

【文字のみバージョン/CVR0.00%】

【中村バージョン/CVR1.04%】

この結果を見て、僕は唖然としました。

顔なしバージョンはもちろん一番コンバージョン率が悪いのですが、
社長のバージョンよりも、ぼく(中村)のバージョンのほうが良い結果になってるんです。。。笑

コンバージョン率で2倍違うのです。
(1000アクセスずつでテスト時)

「何故、こうなるのか?」

色々と推測したのですが、代表をやっている社長のLPの方が成約率が高い!
ということであればわかるのですが、、、
何故か僕の少しふざけた感のあるLPの方が成約率が高いのです。

人の印象は見た目が9割とか言われますが
人が物を買うときや問い合わせするときに
この人の”顔”によってなんらかの心理的影響を受けている事は間違いありません。

実際、さまざまなランディングページで
掲載されている社長の顔ですが、もしかしたら人を買う気を失せさせる顔
なのかもしれませんね。笑

(本人にはなかなか言えないですが….)

もし、あなたが人の顔をランディングページや
ホームページで使っているのであれば、表情や人はぜひテストしてください。

うちは、社長の写真で色々テストすることはありましたが
人自体を変えたバージョンをテストしたことがなかったのでこの結果に驚きましたが、、、

映っている人次第で、結構コンバージョン率は変わるようです。

とはいえ、
見せ方や表情、写真の加工など違うポイントもあるので、

その後、社内で
中村バージョンとまったく同じ服、
中村バージョンと同じメガネ、
中村バージョンと同じ表情・仕草

これにて各スタッフの写真を撮影し、”売れる顔選手権”が開催される運び
となりました!!

Web上でも人が人からものを買う事には変わりがありません。
だからこそ、Webに掲載される人の顔でコンバージョン率が変わるという事実は
もちろんあるでしょう。

ただし、それがどれだけコンバージョン率に影響するのか?
このテストをしている人はほとんどいません。

ランディングページに掲載されている人で
どれだけ成約率が変わるのか?

これについてリスマガで解明します!

それではまた次回!!

リスプラのLP制作に興味のある方はこちらから

デジタルマーケティングの知見と人脈を深めるコミュニティ

デジタルアスリートCAMPは、各社のデジタルマーケティングに関わる人や経営者、幹部の方が集まり最新の知識や人的交流を促進するコミュニティです。最新のデジタルマーケティングの情報提供や対談、勉強会を通して知見や人脈を深め、実践力を高める事が出来ます。

  • 最新のデジタルマーケティングナレッジの公開
  • 専門家やサービスのレビューと紹介
  • リアル&オンラインの参加者同士の交流

コメント

カテゴリー別記事

サイト改善

数字に基づいた改善で売上を上げる

サイト改善の基本から役立つノウハウまで公開

無料資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

【リスマガ限定】出版したばかりの
代表長橋の書籍『第一章』を無料プレゼント!
DX時代のデジタルマーケティング攻略本

10年間の中小企業支援実績から導くノウハウ、最新の対応策をまとめました。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

労務費・外注費・経費を削減して売上アップ
専門チームを外部で育てるラボ型のWebチーム

経費を削減して売り上げアップする方法を無料で公開!

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

中村岳人

デジタルアスリート株式会社 チーフコピーライター メーカーにてEC店舗責任者、事業部の立ち上げに従事。年間2億円を稼ぐ事業部に育てる中で、ランディングページ制作の腕を磨く。その後、ランディングページ制作の才能を発揮できる環境を求め、株式会社リスティングプラス(現・デジタルアスリート株式会社)に入社。100件以上のLP制作・LPOによる改善実績を持つランディングページ制作の実力の持ち主。現在は制作事業部長として、LP制作・LPOの責任者を務める。

記事一覧を見る

X

潜在層を熱狂的ファンに
引上げ、LTVを高める!
「5つの顧客育成フロー」

2025年には3兆円市場に到達するWeb広告市場。顧客の獲得競争が激しくなる中で、一部の企業がすでに構築している“「見込み客」が自動で生まれ続ける5つの仕組み"について解説しました。

無料でPDFファイルをダウンロードする