Wistiaとは?動画の効果計測ができる2020年最新ツールをご紹介

最近は、YouTubeなどを使った動画集客や、動画マーケティングがかなり主流になってきましたね!

でも、「作ったはいいけど、あまり成果がでていない」「本当にちゃんと見られているのだろうか?」こういった疑問や悩みがある方も、いるのではないでしょうか。

今回は、上記のような悩みを解決してくれる最新ツール「Wistia」を紹介します。

Wistiaとは?

Wistiaは、個人が楽しむYouTubeなどの配信サービスとは違い、企業が使う用のビデオプラットフォームです。

Wistiaの大きな特徴は、「効果計測ができる」ということです。

Wistiaを使ったほうがいい理由

YouTubeなど配信サービスは、公開した動画が「どんな人に、どのくらい見られているのか?」「どれくらい効果があるのか?集客に役立っているのか?」がわかりませんでした。

改善を繰り返して効果を上げていくWeb集客において、「分析結果に基づいた改善ができない」というのは、かなり苦しいものでした…。

しかし、Wistiaなら「視聴中のユーザーの動き」がわかります。
動画マーケティングが主流になってきた今、効果計測に基づいた改善ができるかどうかで、今後の成果が大きく変わるでしょう。

Wistiaでできることとは?

では、具体的にどんなことができるのでしょうか?

誰がどのくらい見てくれたのか?がわかる

Wistiaでは、再生回数の計測以外にも様々な計測ができます。
動画内のヒートマップも計測することができ、「◯秒までは◯人がみてくれていた」「◯秒を過ぎた辺りから、閉じた人が多いな」などの結果がわかります。

動画の中で、リスト取りができる

Wistiaには、動画内でメールアドレスを入力させるフォームなどが設定できます。
「続きを見たい方はアドレスを入力してください」などのオファーボタンをつくり、リスト取りができるのです。

ボタンやフォームはカスタマイズができるので、あなたのサービスに適した形でオファーができます。

マーケティングツールと連携させて、さらに細かい分析も可能

Wistiaは、他マーケティングツールとも、簡単に連携させることができます。

3つのMAツール「HubSpot」「Pardot」「Marketo」が、もともとの機能として連携できるようになっています。
上記のようなMAツールを使用することで、さらに細かい分析ができるようになります。

どこに興味があるのか、どこはつまらないのか、興味関心がわかる

Wistiaならエンゲージメントグラフでの計測もできます。
「どこがよく見られているのか」や、逆に「飛ばされている箇所や、見られていない箇所はどこか」など、ユーザーの興味関心も見えてきます。

ユーザーの興味があるコンテンツがわかるので、今後のマーケティング全般にも役に立つ計測結果が得られます。

画面をカスタマイズして、よりユーザーにあった動画を作成できる

サムネイルや、サムネイルの上に記載するコピー、再生ボタンなどのカスタマイズができます。
再生ボタンの色の変更や、サムネイルのコピー変更などで、簡単に改善テストができるので、改善スピードも上げられるでしょう。

SEO対策で、再生回数も向上できる

せっかく作ったのに、視聴者が少なければ意味がないですよね。情報もたまらず、改善もなかなか進みません。

WistiaはGoogleの検索ページで、あなたの作成した動画を多く上位表示させる、SEO対策機能が付けられています。

マーケティングツールと連携させれば、より効率的に使えます

Wistiaはマーケティングツールと連携させることで、さらに細かい計測や、改善ができるようになります。

マーケティングツール「HubSpot」と連携させれば、ユーザー一人ひとりに合わせたアクションができます。

例えば、下記のようなことができます。
・「動画A」を見た人には、ページAへの誘導が自動的に表示される
・ユーザー個々のヒートマップが見れる
・「動画を50割地点まで見た人のリスト」「動画内のオファーに応じた人のリスト」などのリストをセグメントして保存できる

より詳しいユーザーの計測や、データに基づいた効果性の高い施策を打てるようになるのです。

連携させるためには・・・

ただ、連携させるには、下記のプランで契約することが必要ですので、注意しましょう。

・HubSpot
Professional EditionまたはEnterprise Editionのご契約
・Wistia
Premiumプランのご契約。または、MA統合機能を別途ご契約

まとめ

今回の内容をまとめると…

・Wistiaとは動画の効果計測ができるビデオプラットフォーム
・Wistiaには、ヒートマップ計測機能や、動画内でのリスト取り機能があり、動画マーケティングを活発化させることができる
・マーケティングツールと連携させることで、詳しいユーザーの計測や、データに基づいた効果性の高い施策を打てるようになる

動画は、Webマーケティングを行う上でも主流なツールとなってきました。

Wistiaには無料トライアルもありますので、是非使用されることをおすすめします。
周りより先に最新ツールをつかって、差をつけていきましょう!

動画広告についてもっと知りたい方はこちら↓

インフィード広告とはここ数年で、世の中には様々なWeb広告が配信手法が生まれ、私達の生活の中で広告に触れる場面が多くなりました。プライベートの時間で活用をしているLINEやFacebook、Instagramでも広告表示がされ、広告と気付くと「広告かよ」と思ったことがある人は多くいると思います。ユーザーは日常的に多くの広告に触れるようになってから、広告を嫌いになってしまったのです。広告の特徴として、ゴリゴリに押し売りに来ているものが多いですよね。今のユーザーは広告にすぐ気づき、敬遠する人が多くなってきています。でも...

RICHKAとは「RICHKA」は、カクテルメイク株式会社が開発した、国内導入企業数No.1の動画広告生成ツールです。・時間がかかる・専門スキルがないとつくれない・テストが回しにくいといったweb担当者の悩みを解決するために誕生しました。SNSなどPDCAを早く回したい広告で簡易的な動画配信を行いたいとき、制作会社やクリエイターに頼ると、時間もコストもかかってしまいますよね。ただ、社内で作成するとなると制作時間ばかりかかってしまい、クオリティーの高い動画を作成するのが難しい。そこでRICHKAが活用できるんです。RICHKAを使...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

リスティングプラスが過去に出版した「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする(全161ページ)