「5G動画広告時代」とは?動画広告や市場の予測される変化について解説

近年、「5G」という単語をよく耳にします。
5Gが導入されると劇的に通信速度が向上します。そのためスマートフォンでの動画視聴が増加し、動画広告が中心の時代が来ると予想されています。

この記事では、5Gと動画広告の関係性や5G時代に起こり得る変化について解説します。

そもそも5Gって何?

5Gとは「5th Generation」の略称です。携帯電話などに用いられる次世代通信規格の5世代目という意味で、日本語では「第5世代移動通信システム」と表記されます。

現行の携帯電話の通信規格である4Gよりも速く・大容量な通信を可能にすると言われています。

日本では、
NTTドコモ:2020年3月25日
KDDI:2020年3月26日
ソフトバンク:2020年3月27日

にサービスを開始。
当初楽天モバイルも、2020年6月にサービス開始の予定でしたが、コロナウィルスの影響によって3ヵ月程度延期しています。

4Gとの違い。5Gのメリット・強みとは?

では、4Gと5Gではどれほどの差があるのでしょうか。

まず、4Gとの違いで押さえておくべきポイントは「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」の3つです。
3Gから4Gに替わったことで「スマートフォンのためのモバイルネットワーク技術」が確立され、スムーズにインターネットが利用できるようになったほか、動画等の大容量のコンテンツが利用できるようになりました。

しかし4Gにもまだ課題があり、その課題を解決することができるのが5Gです。
5Gは、4Gと比べて通信速度は約20倍、遅延は約10分の1、同時接続台数は約10倍に進化するため、4Gでネックとなっていたことも難なく解決されると言われています。

それでは、ポイントについてそれぞれ詳しく解説します。

高速大容量

4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsです。しかし5Gでは20Gbps(最大100Gbps)になり、単純に4Gの20~100倍程度の通信速度が予定されています。

4Gで1分かかっていたデータ通信は1秒未満になり、インターネットを利用する上で「待つ」という行為がなくなると言われています。

例えば2時間の映画は3秒でダウンロードできるようになるでしょう。
高速大容量の通信が実現すれば、4K・8Kなどの高精細な動画のライブ配信、オンラインでの在宅医療、AI解析を用いた高精度の警備システムなどが期待できます。

高信頼・低遅延通信

5Gは遅延が非常に小さいことも期待されています。

既存の通信では、どうしてもデータの送受信に遅延が発生してしまいます。
4Gは、0.01秒の遅延が発生する。この遅延はすごく短いように思えますが、長距離で通信を行ったりするとデータの受信遅れなどが目立つようになります。

しかし5Gでは、4Gの約10分の1である0.001秒の低遅延を実現することで、通信の遅延をほぼ感じなくなるレベルに改善されました。

これにより、インターネット回線のビデオ通話が数秒遅れたりすることもなくなります。
クラウドに保存してある動画も「ダウンロード中です」という表示を見ることなく、すぐに見ることができるようになるでしょう。

多数同時接続

5Gでは、4Gとは比較にならないレベルの多数同時接続が可能になります。

例えば、家庭に設置されているWi-Fiであれば数台~10台程度が上限で、それ以上接続すると極端に通信速度が低下します。

しかし5Gでは、少なくとも100個程度の機器を接続できるようになります。
イベント会場で多数の人が同時にインターネット接続をしても、これまでのように回線がパンクしてしまうことはなくなるでしょう。

また、同時接続台数を気にする必要が無くなるため、テレビやエアコンなど家の中の家電をインターネットで管理することもできるようになると言われています。

5Gの導入によってもたらされる変化

動画視聴におけるトラブルの解消

これまではスマートフォンで動画を長時間視聴することで、バッテリーへの負荷が高まり「電源切れ」を起こしてしまうこともしばしばでした。
さらには、通信制限になることを気にしてスマートフォンでの動画視聴を控えていた人も多いでしょう。

しかし、圧倒的な通信速度の5Gの登場で、動画視聴に関するこういったトラブルはほとんど解消されます。
電源や通信制限を気にせずに、いつでもどこでも安価に動画を楽しむことができるようになるため、これまで以上に多くの人が動画を視聴するようになるでしょう。

高精細なライブ配信の実現

5Gの「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」は、4K・8Kのような高精細な映像のライブ配信を実現します。
自宅で視聴しているユーザー、スタジアムのような広い会場にいる観客、さらにはスマートフォンで視聴しているユーザーにまで、迫力ある映像を配信することができます。

5Gを活用したスポーツ観戦は、各通信会社がすでに実証実験済みで、総務省は、5Gによるスポーツ観戦のアップデートによって約2,373億円もの経済効果があると見込んでいます。

オフラインでの動画広告の増加

5Gの登場で、動画広告はオンラインだけでなくオフラインでの活用も増えると予測されていて、例えば、バスや電車に設置されたサイネージに乗客のユーザー属性に合った広告が自動で配信されるようになります。

さらには、鏡や窓ガラスなどがディスプレイとして機能し、いろいろなものにターゲティング広告がリアルタイムで配信されるようになるかもしれません。

このように5Gでは、時間や場所を選ばずそれぞれのユーザーに合ったターゲティング広告などを配信できるようになります。

AR・VRを取り入れた広告の配信

現在、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を利用したアプリサービスなどが人気です。
AR・VRを広告に取り入れることで従来よりさらに表現の幅も増え、ユーザーを引きつける広告配信が可能になるでしょう。

そしてAR・VRなどを広告で配信できるようにするためには、5Gの技術が欠かせません。つまり、5Gを活用したAR・VR広告サービスも今後増加していくと予想されます。

スマートフォンでの動画視聴率を見れば、動画広告の訴求力の高さがわかる

近年スマートフォンでのインターネットの利用率は80%を超えており、そのうちの70%がスマートフォンで動画視聴をしているというデータが出ています。

10代は90%以上がスマートフォンで動画視聴をしていると回答し、その大半が一日あたり「1~3時間未満」視聴していることがわかりました。

さらに50代でも60%以上とデータが出ており、全年代を通してスマートフォンでの動画視聴が増加してきていることがわかります。
動画視聴率が増加してきていることは確かですが、動画広告が静止画広告より訴求力が高くなければ動画広告を使う理由にはなりません。

しかし、電通の調査によると動画広告はバナー広告より

「広告の認知」1.7倍
「内容の記憶」1.2倍
「サイトの訪問」1.3倍
「商品購入」2.3倍

動画なし広告よりも
「ブランドの好感度」5倍

という結果が出ており、スマートフォンでの動画視聴率が増加してきている今こそ、高い訴求力の動画広告をおすすめします。

インターネットの歴史と展望

インターネットの時代において、2000年代に、個人のインターネット普及率が37.1%から78.0%まで伸びたことで、多くの情報がオフラインからオンラインへ置換されました。

インフラの整備が大きく貢献したことで、誰もがインターネットを利用することができるようになり、「インターネット」の時代が訪れます。

2010年代には、東京地区でのスマートフォンの所有率が9.8%から82.2%に上がるなど、個人でモバイル通信デバイスを所持することで、あらゆる情報をスマートフォンから得ることができる環境になりました。
つまり、スマートフォンを中心とした「モバイル通信」の時代が訪れたのです。

このように、インターネットでは10年周期で時代の変遷が起こっていることがわかります。

そして、次の10年で重要なキーワードになってくるのが「5G」

インターネットに常につながっていられるようなハードウェアの登場、インターネットを快適に使い続けることのできるインフラの整備、インターネットをより快適に利用できるようにするソフトウェアの進歩が、次の10年に起きようとしています。

通信環境が良くなかったことで、テキストや画像中心の伝達手段しか持ち得なかった情報も、5Gによる通信速度の向上によって、データ容量に左右されることがなくなります。
つまり、これまでテキストや画像がメインだったコミュニケーションが動画に変わり、「動画コンテンツ」の時代が訪れるでしょう。

この時代の変化に伴い、広告業界は「動画広告」が中心となっていきます。

さらに、TikTokやInstagram のストーリーになれている若い世代は、すでにテキストや画像よりも動画でのコミュニケーションを好んでいることがわかります。

5G時代に新たなSNSが出現し、新たなコミュニケーションの手法が生まれるかもしれません。

5Gの導入で、動画広告が主流の時代が来ることは避けられない

最近ではYouTubeなどの動画視聴プラットフォームだけでなく、facebookやInstagramといったSNSでも動画対応のフォーマットが提供されるようになるなど、広告主にとって、動画広告の選択肢の幅がますます広がってきています。

サイバーエージェントの調査によると、2018年の動画広告市場規模は1,843億円ですが、その5年後である2023年には約5,065億円にまで上がると予測されているのです。

前回の調査では、2023年の動画広告市場規模を約4,620億円と発表していたので、約445億円も上方修正されていることになり、年々予想以上の成長を遂げている市場と言えるでしょう。

調査結果では、「5Gの普及で今までよりも動画コンテンツが増え、今後も新機軸の動画プラットフォームや動画広告フォーマットが登場し、動画広告配信の選択肢がさらに増えて多様化する」という今後の展望についても語られています。

先ほど説明したサイネージや鏡・窓ガラスなどを使ってのターゲティング広告は、新しい動画広告フォーマットの一部分になっていくでしょう。

また今後も、他の広告フォーマットはどんどん増加し、来年調査ではさらに動画広告市場規模が上方修正されるに違いありません。

現在、動画広告での訴求力は年々高まっていますが、5Gの導入によりその流れにますます拍車がかかることが予想されます。
動画広告が中心の時代はもうそこまで来ているのかもしれません。

公式LINEに登録するだけでWeb集客に関する疑問を解消できます!

以下のコンテンツがすべて無料で受け取れます!

・コンバージョン数を最大化するオンライン講座
・Webマーケティングが学べるタベリナチャンネル
・過去100社以上の方が参加した厳選有料セミナー動画
・Web広告・サイトに関するオンライン無料診断
・専門家に気軽にWebマーケティングの相談ができる

今すぐ公式LINEに登録してコンテンツを受け取る
リスプラ公式LINE登録
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

リスマガ運営会社リスティングプラスの
最新セミナー情報です!

今すぐ詳細を確認して
セミナーに申し込みをする

リスマガ運営会社リスティングプラスの
最新セミナー情報です!

今すぐ詳細を確認してセミナーに申し込みをする