Listing+の良いところ。それは、何事にも
真剣に取り組める環境があるということ
MEMBER MESSAGE

橋本 直子 Chisa Tsukahara

デザイナー

メンバー写真1

お客様が喜んでくれるデザインがしたい!
インハウスデザイナーからの転職

現在はデザイナーとして日々仕事をしています。前職もデザイナーではあったのですが、当時はインハウス(企業内)向けのデザイン業務を主に担当していました。チラシを作ったりと、デザインという面では今の業務内容と通ずる部分もありました。ただ、さっきも言ったようにインハウス向けで更に印刷物が中心だったため、決められたフォーマット内でのデザインしか出来ません。 当然デザインの良し悪しを決めるのも会社。ユーザー目線でモノを作ることは皆無に等しい環境でした。もちろんそのことが間違っているなどとは思っていませんが、仕事をこなしているうちに段々と自分の心の中に「お客様が喜んでくれるようなデザインをしたい!」という気持ちが生まれてきたのです。そうして私はその思いを実現するため、転職することを決意しました。

メンバー写真2

不安を感じながらの転職。助けられたのは、社長の「心配しなくても大丈夫」という言葉

転職エージェントを通してListing+に入社した私は、同じくデザイナー職に就きました。リスティング広告という物を通し、お客様と密に関わって仕事をするこの会社は、正に私が望んでいた場所です。しかし、webについて詳しい理解があったわけでなく、入社した初日に分からないことが多すぎて冷や汗を掻く始末。さらに周りを見渡すと若い社員ばかり。転職時にはすでに30歳を超えていた私は、「若い人たちと比べると、仕事の吸収力で負けるかもしれない」という不安を感じてしまったのです。このままではどうにもならず埒があかないため、長橋社長に正直にその悩みを打ち明けました。内心すごくドキドキしていたのですが、その時社長から言われたのが、「心配しなくても大丈夫。勉強しておいでよ」という言葉。私に社外で勉強して来ても良いという許可を頂けたのです。

メンバー写真3

何かトラブルがあっても、社員みんなで解決する。それがこの会社の良いところ

入社当時の出来事は今でも良い思い出です。あの時社長と話さなかったら、今の私はきっといません。分からないことや悩みがあっても、決して一人ではなく、社員みんなが一緒になって問題の解決に向けて真剣に動いてくれるのがListing+。私はそのことを知り、そしてこの会社の非常に良いところだと思っています。私のようなほぼ何も分からない状態からでも、今は戦力として仕事をすることが出来ているのですから、”自分が未経験”だということは関係ありません。むしろ、どういう自分になりたいか。将来的にどうしたいのかが大事なのではないでしょうか。そしてListing+は、それらの思いをサポートしてくれます。当然社員同士の仲も◎。月に2回ほど部活動もあり、交流の機会は非常に多いです。みんな分け隔てなく接してくれるのは嬉しいですね。そんなListing+で、あなたも一緒に働きませんか?

エントリー