「とにかくやるしかない!」前向きな気持ちが
“未経験”という言葉を覆す
MEMBER MESSAGE

川口 慶太郎  Keitarou Kawaguchi

営業部 部長

メンバー写真1

とことん数字を追う。業績も右肩上がり。バリバリの営業マンだった前職

こんにちは。Listing+営業部部長の川口慶太郎です。今は営業部の部長としてリスティング広告に関する仕事をバリバリとこなしていますが、実はこの会社に入るまでリスティング広告などに関することは一切知りませんでした。もともと通信系の商社に就職した僕は、営業として配属されました。営業といえばやはり”数字”。当時所属していた商社も、数字で評価される仕組みでした。営業が好きということもあり、成績もうなぎ上り。本社営業部支店長に抜擢されました。その後順調に業務をこなしていたのですが、次のステップとしてweb業界に目を向け思い切って、システム・アプリ開発などのエンジニア派遣事業の営業統括として転職したのです。営業はもちろんのこと、プロジェクトマネジメントやアプリのプロモーション、要件定義など多岐に渡る業務を担当しました。この頃はまだweb広告については深く考えておらず、ましてやListing+への転職も頭にはありませんでした。

メンバー写真2

社長から誘われ続けて5回。気づいたことは”誰と一緒に働くのか”ということ

ではどのタイミングでListing+へ転職したのかというと、長橋社長から「うちに来て欲しい」と誘われたのがきっかけです。ちょうどその頃、仕事に対しての価値観が自分の中でも変わりつつあったという理由もあります。前述の通り、これまでは数字のみでしか評価されない世界で生きて来た自分ですが、いつしか考えも変わり、”誰と働くか”ということが仕事をする上で重要ではないかと思うようになりました。それに加えて、長橋社長の仕事に対する情熱が、「どうせ一生懸命働くのならば、一緒に働きたい仲間がいたり同じビジョンを見れる人と働きたい」とより強く思わせてくれたのです。そうして僕は未体験の”広告”という分野に足を踏み入れたのでした。

メンバー写真3

泥臭く一生懸命頑張った先に結果がある。Listing+で改めて感じた仕事への想い

自分が未経験で分からないことが多いのは百も承知。多少の不安はあったものの、”とにかくやるしかない!”という気持ちを強く抱き、前向きな気持ちで挑みました。当時は営業部が無く数字を追う文化も無かったため、社内では少し浮いた存在で少しばかり大変で、マネジメントの部分でも苦労しました。広告業界というと、華やかなイメージを持つかも知れませんが、それが意外とそうではなく、泥臭く一生懸命頑張った先に、結果が出てようやく評価されるという世界なんだなと知り、これまで自分がやってきた営業とそんなに変わらないなと良い意味で思いました。Listing+はまだ若い会社です。ですが、将来への希望や成長のための情熱はどこにも負けません。経験の有無は関係なく、如何にチャレンジし続けるかが重要です。熱い思いを胸に、一緒に頑張りましょう!

エントリー