storyプロジェクト
ストーリー

先輩社員への質疑応答集(新井健太/Webコンサルタント)

こんにちは!人事の角本です。

24卒向け会社説明会にて、先輩社員に登壇頂きインタビューをするコーナーを実施しています。
このコーナーで出た質疑応答について、そして回答しきれなかったものについて、こちらの記事にまとめました。

回答者:新井健太
職種 :Webコンサルタント
2018年に新卒入社

Q. 入社理由をもっと詳しく知りたいです。
 面接で素を出していたとのことでしたが、志望動機などで具体的に何と答えていたのか気になります。

すみません、志望動機に何を書いたかはもう5年も前のことで覚えていないのですが、
志望動機として書いたことを面接で伝えた後、「しかし、僕はもっとこういうことがしたいんです」ってお伝えをさせていただくことが多かったです。

 

Q. 難しい顧客の対応が得意とのことでしたが、どのような顧客が難しいと感じましたか?

自分よりもマーケティングの知識を持っているお客様の時、コンサルタントとして「教える」ことがなく、
そんな状況でもお客様の売上を伸ばすために自分に何ができるのか、価値提供の仕方が難しいと感じます。

 

Q. 顧客と接する際に、意識していることはどんなことでしょうか?

相手が話す内容が本心か、を意識しています。
遠慮して出てきた言葉は本心ではないですし、本心を言いたいけどその前に伝えときたいことを言っている段階なのかもしれません。
何が本心で、自分に何を伝えたいのかを会話の中で考えるようにしています。

 

Q. 実際にどのようなお仕事に関わったかを知りたいです。

たくさんありますが、口臭サプリメントの通販のお客様や化粧品メーカーさんの広告運用等を行っております。
また、テレビアンテナを修理する企業さんのマーケティング支援したり、セミナーを主催している企業さんのビジネス支援をしています

 

Q. 顧客のリピート率を上げるために、どのような意識や取り組みをしてるのですか?

誠意を持って向き合う、を意識しています。
会社間の契約でも、結局は人と人のコミュニケーションですので、誠実な人で在り、寄り添ってあげたい、そう思いながら仕事しています。

 

Q. マーケティングスキル以外に身に着けたスキルはありますか?

僕が入社した当時と比べると、たくさんのスキルが成長したと思います!
コミュニケーション力、分析力、提案力、広告運用力、責任力、判断力などなど。
企業を支援するということは、その会社の従業員さんの人生を左右することになりますよね。
覚悟と責任を問われる仕事ですので、様々なスキルが身につきます!

 

Q. 社会人としてのスキルの壁にぶつかったのは2年目とお聞きしましたが、
 仕事のスキル面での困難を感じたのはいつごろでしょうか。

スキル面だと1年目から、というより、もっと前の内定者インターンの期間から感じていました。
Webマーケティングの知識は0の状態で内定をもらい、大人相手にビジネスを語ることはやはり困難が多かったです。
なので、3年目くらいまではひたすら仕事と勉強の繰り返し、たまに休憩でアニメ見てた、そんな生活でした!

 

Q. 人生の転換点はありますか?また、その具体的内容を教えてほしいです。

転換点はありすぎて、回答が難しいです…!
例えば、留学に行ったことでアニメに興味を持ちましたし、デジアスに入って社会人の基準を高めてもらいました。
今日、24卒向けの会社説明会に登壇したことも、将来の後輩たちと初めての接点になるかもしれません。
大げさな表現をすると、毎日が転換点です!

 

Q. どん底だった社会人二年目に改善を試みた点はありますでしょうか

あります!例えば、素直になることです。先輩からのアドバイスを素直に聞く努力をしました。
その他、先輩を頼り始めたのもこの時からでした。
恥ずかしいのか、怖いのか、先輩と話せなかったのですが、そうも言ってられないことに気づき、とにかく先輩とコミュニケーションを取るようにしました。

 

Q. 新卒一年目はどのような役割や仕事ができるのでしょうか。

1年目は、集中した研修でマーケティング知識や社会人として持つべきマインド、などを教わった後、
Webコンサルタント見習いとして先輩社員と一緒にお客様を担当するようになります。
まずは、広告運用や制作関連から担当させてもらい、その後コンサルワークにも挑戦していきます。

 

Q. 入社前後でキャリアプランに変化はありましたか?

入社前のキャリアプランはざっくりとしたものしか立てられませんでしたが、課長を目指していました。
今は会社全体のことが把握できるようになり、関連会社の社長を目指すか、
職人のように一つの分野に特化して進めていくか、2通りを選択するタイミングにいると思っています。

 

Q. ご自身の強みはどこだとお考えですか。

人に「応援したい」と思わせるチカラだと思います。
それが愛嬌なのか、正直さなのか、色々要素はあると思います。

 

Q. けんたさんが就活をしていた時はマーケティングや広告系以外に他に見ていた業界はありましたか?

僕は営業職以外であれば、とりあえず会社説明会に参加してみよう!と思っていたので、業界は特に絞っていませんでした。
家の外壁塗装の会社を受けてみたり、大手ホテルを受けてみたり様々です。

 

Q. けんたさんから見て、活躍している社員の共通点はありますか?

皆、辛いタイミングを乗り越えて成果を出しているなと思います。
他の先輩方も大変な時期があって、それを乗り越えて成長して成果が出る、また壁にぶつかって悩み、乗り越えたら成長する、の繰り返しだと思います!

 

Q. 会社に入って嬉しかったこと、改めてこの会社に入って良かったと思ったエピソードがあれば教えていただきたいです。

仕事面もプライベート面でも、相談できて心から僕のためにアドバイスをくれる先輩だらけなところでしょうか!
僕の人生、プライベートは自由にしたいと思うときもありますが、自由なときに何をしようか、を教えてくれたりアドバイスをくれるのはデジアスの先輩方だなって思います!

 

Q. なぜ海外留学中に日本のアニメにはまってしまったのですか?

ホームステイをしたのですが、ホストファミリーが時間を作ってくれることもせず、
僕は僕で人見知りをしてファミリーと会話をしなかったので、一人で楽しめるものを探したとこにアニメに出会い、
いろんなアニメの物語(世界)にハマりました笑

 

Q. どの会社に入っても社会人としての挫折は経験するものでしょうか。

経験します。
学生の皆さんはまだ社会人になったことがない、何も知らない状態です。
社会人3年目までに、今後の社会人生の規準を作るとよく言われますが、それくらい学生時代の価値観では通用しない、社会を動かせないということを実感する人が多いです。
ただ、「挫折」って自分が思えば挫折ですが、挫折だと思わなければそれは挫折ではありません。
そう簡単に「これは挫折だ~」と思わないことをおすすめします!それが自分の挫折の基準になってしまうからです。
後から「あれは挫折だったなー」と振り返るくらいがちょうど良いです!

 

Q. 仕事におけるモチベーションは何ですか?

僕が叶えたい夢、でしょうか!競走馬の馬主になりたいですし、声のお仕事もしてみたいです。
そのために今何ができるのか、どんな経験をしておくとやりたいことに近づけるのか、がモチベーションです!

 

たくさん質問して頂きありがとうございました!