storyプロジェクト
ストーリー

24卒向け会社説明会で出た質疑応答集!

こんにちは!デジタルアスリート、人事の角本です。

現在24卒の新卒の皆さん向けに会社説明会を実施中ですが、説明会の中でたくさんのご質問をいただきます。
説明会中にお答えできたもの・できなかったもの含めて、全て公開していきます!(随時更新していきます)

回答者は私なので、私の主観も入っています!

Q1. 会社の好きなところを教えてください!

A1. 色々あるんですが…あえてピックアップするとしたら。
社内コミュニケーションでチャットを使っているんですが、何か社内にお知らせがあった際に、そのお知らせの投稿に各自好きなコメントをしてくれるところです。
例えば、誕生日を祝うという文化があります。メンバーの誕生日当日に、その上長が社内チャットに「●●、誕生日おめでとう~~!!」という感じの投稿をして、それに対して社員みんなが続々と「おめでとー!」とコメントしていく…というのが見られます。
ちょっとした反応とかコメントとかが、交流が盛んで温かい雰囲気だなーというのが実感できて私はとても好きです。

こんな感じ(この下にも続々とおめでとうコメントが続いています)

 

Q2. 具体的にどのような内容の研修がありますか?
また、研修内容の面で他社と異なる点があれば教えていただきたいです。

A2. マーケティングの基礎が学べる動画講座がかなりのボリュームで用意されているので動画学習と、
講師が直接教える講義形式のもの、課題に取り組む実践型、その他研修合宿など様々なものを用意しています。

他社の研修と異なる点でいうと、どの職種で配属されるにしても必ずマーケティングの研修は受けるという点があります。
マーケティングの知識やスキルはどの職種にも活かせる、応用力抜群のものなので、全員統一でマーケティング研修は行っています。
他にも、マーケティングはビジネスの根幹ということで、講義内容が会社経営やビジネスモデル等にまで及ぶのはなかなか珍しいのではないかなと思います。

新卒の研修の場合は、入社してから6ヶ月間で上記を全てこなして頂きます!

 

Q3.研修・育成に力を入れているとありましたが、60万を投資してまで育成する具体的な理由を知りたいです。
また、研修費用が大きいという理由の他に、マーケター育成に自信がある根拠はありますか?

社員一人ひとりの知識やスキルが、そのまま会社のサービス品質に直結するからです。
レベルの高いマーケティング支援ができる人が増えれば、それだけ会社のサービスの価値も上がります。
より高品質のサービスを提供できるようにするため、より多くのクライアント様の挑戦を支援するため、そして他社にはない強みを発揮するにも、社員の成長は必須と考えているからです。

育成に自信がある根拠としては、これまでの実績です。
現在、社員の4~5割がコンサルタント職(マーケター職)ですが、ほぼ全員が未経験出身です。(新卒・中途入社含めて)
未経験人材をプロのマーケターに育成し、活躍してもらうという形で会社が成長してきているのが、そのまま根拠になるかなと思います。

 

Q4. 研修制度は新人から昇進して部長等になってももありますか。

あります!

 

Q5. 完全フルリモートで働いている方は入社何年目からリモートをしているのでしょうか。

2年目以降です!働き方コースとしてのリモート勤務が選択できるのが2年目以降だからという理由です。
ただ出社が好きな人が多いのか、出社している人の方が多いです。(出社コースでも月に8回はリモート勤務可能なため)

 

Q6. 平均残業時間を知りたいです。

全社平均だと20時間、コンサル・セールス系職種での平均を取ると25~30時間です。(月あたり)

 

Q7. 企業理念とは別に働くうえで大切にしているマインド、キーワードはありますか

バリュー(行動指針)がそのまま大切にしているマインドになります!
【智・心・技・体・徳】
・智…知識を高め、論理的に考える
・心…可能性を信じ、挑戦し続ける
・技…スキルとスピードを日々研鑽
・体…心身を鍛え、常に健康であれ
・徳…誠実さと感謝を行動でしめす

あとは… 現状維持は衰退 や 凡事徹底 などでしょうか。社内での共通認識になっています!

 

Q8. お客様はどんな業界が多いですか?

もともと創業当時より、業種業界を絞らずに支援する形を取っていたので、現在も本当に様々な業種のクライアント様を支援しています。
現状の会社方針としては、D2C(通信販売など)やコンテンツビジネス系(セミナーや講座、コンサルティング等)に注力していく方針でいます。(今後変わるかもしれません)

 

Q9. 配属はどのように決まるのでしょうか

会社説明会、二次選考のタイミングで希望の職種を伺います。
基本的には希望職種で配属するつもりでセレクションを進めていきますが、適正を見てほしいという場合は職種絞らずに適正を見させて頂きますし、
こっちの方が適正高そうだけどチャレンジしてみない?とお声がけさせてもらう場合はあるかもしれません。

 

Q10. コロナで変わったこと、新しく始めたことはありますか。

働き方のコースですね!元々は出社コースしかありませんでしたが、最初の緊急事態宣言時からリモート勤務等に取り組み、現在は働き方のコースとして
・オフィスコース(出社中心のコース)
・リモートコース(リモート勤務中心のコース)
・フレックスコース(出社・リモートの回数制限なし、副業あり、勤務時間の自由度高)
という3つが生まれました。柔軟性や適応力が高いのはデジアスのいいところだなと思います!

 

Q11. デジアスに入社を決めたきかっけを教えてください

人によると思うのでいくつか例をご紹介します。
まず私はスキルアップしたくて転職活動していたので、未経験でもプロのマーケターになれる、その育成研修環境が整っていて自信もある!というところに惹かれました。
決め手としては、体験入社で参加した朝礼で見た、お互いの成果を賞賛しあう姿でした。とても素敵な社風だなと思ったのを覚えています!

他、新卒入社のメンバーに聞いた入社理由としては
・マーケティングの総合力が身につくのが魅力的だった
・入社前に面談して頂いた先輩社員が「デジアスに入社して後悔したことは一度もない」と言い切っていたから
・選考を通じて出会う社員さんたちの人柄が本当に良かったから、ここで一緒に働きたいと思った
・スーツを着たくなくて、服装が自由なところが良かった
・若いうちから活躍できる未来が見えたから
…などなど。色々なきっかけがあるようです!

 

Q12. 身につけておくべき、知識や資格はありますか?

ありません!入社してからしっかり教えていくので、事前に…というのは特にないです。
強いておすすめするなら、パソコンのタイピング練習です。タイピング速度は仕事の速度・生産性に直結!!!します。
社員はみんな寿司打というタイピングゲームをちょくちょくやっています。ちなみに私が社内最速タイピング王です。

 

Q13. 結果を出す人の共通点はありますか?

諦めない人、どんな壁にぶち当たっても乗り越える方法を考えられる人、仮説思考が出来る人・・・などでしょうか。
セールス職やコンサル職で言えば、クライアントやその先のエンドユーザーのことを考えて行動・提案できる人というのもありそうです!

 

Q14. 入社してから一番苦労したことは何ですか?

新卒入社で最初に苦労しやすいのはスケジュール管理・タスク管理かなと思います。
大学生のときとは比にならないくらい様々な業務があり、それぞれに締め切りがあり、締め切り前に先輩や上長のフィードバックを貰う必要があります。
自分だけでなく、他の人の時間も考慮してスケジューリングしたりタスク管理しなければならないので、苦戦しやすいポイントのようです。

タスク管理がめちゃくちゃ得意な先輩にアドバイスをもらったり、個別指導を受けたりして頑張っているのを見かけます。

 

Q15. 毎年、選考を通過した方たちに共通する特徴は何ですか?

必ずしも全員に共通するわけではないですが、
・諦めずに最後まで取り組み続けた、やり抜いたという経験をしている(粘り強さ)
・失敗から学び、次に活かす行動が出来る
・成長意欲、向上心、学習意欲が高い
・「どういう人になりたいか」という理想やイメージが、デジアスで叶えられそう
といったところが比較的多い共通点かなと思います。

 

Q16. リモートワークで働いている人は、週に何日くらい出社してますか?

バラバラです!週に1日程度出社する人もいますし、ほとんど出社せず年に数回…といった人もいます。

 

Q17. ファーストネーム制以外の特徴的な社風や魅力を教えてください。

交流の機会が多い所でしょうか。
社内で勝手にいくつもコミュニティが出来上がっていて、朝活が好きな人たち、洋服が好きな人たち、フットサルする人たち…という感じで
色々な共通点やテーマでコミュニティが勝手に作られ、そこで不定期に交流が発生しています。
役職や部署を超えて交流する機会が多く、こういった交流が好きな方は積極的に参加しています。
会社としても交流の機会が多いことは歓迎なので、交流や研修が出来る場として「デジアスハウス」と呼ばれる
オフィスとは別の場所にもう一箇所スペースを借りており、ここを使って交流会実施する際は交際費の補助が出るという福利厚生もできました。

 

Q18. 選考が進んだ場合、地方からの参加の際に交通費の支給はありますか?

ごめんなさい、ありません!(支給したいのは山々なのですが…)
ただ、三次選考と最終選考は日程を近く設定しているので、一回の東京訪問で数日滞在頂ければ両方出席が可能な形にはしています。

 

以上、説明会が開催されるたびに随時追記していきますね!