私たちの特長

高確率で成果を出せる理由

1,000社以上の実績から導いた、確かなセオリーで成果を生み出します

私たちは1,000社以上のWebマーケティングを支援する中で、このような成果を数多く実現してきました。なぜ高確率で成果を出せるのか、その理由をお伝えします。

段階に応じて複数の施策を併走し、長期的なCVを最大化している

私たちは、まずリスティング広告など顕在層へのアプローチに注力し、短期間で効率的にCVを獲得します。売上が安定してきたら、コンテンツマーケティングなど潜在層の認知を広げる種まき型の施策を進めて、将来の顧客を増やします。ポイントは、この長期的な計画を運用開始前に立てていることです。それによって、1~2年で広告の成果が頭打ちになってしまう、認知拡大が実を結ぶ前に予算が尽きる、といった失敗を避けられます。

運用データを反映し、効果的なLP・バナーを自社で制作できる

セールスとマーケティングを理解した社内のデザイナー・コピーライターが、広告運用の目標やデータにもとづいてランディングページ・バナーを制作します。運用と制作で依頼する会社を分けた場合にありがちな、方向性のズレ、指示・確認の二度手間、といった問題は発生しません。また、過去の運用データに紐づく形で制作事例が大量にストックされているため、成功確率の高いデザイン・コピーを素早く制作できます。

担当者1人の感覚ではなく、複数の検証データをもとに判断する

「各フェーズでどの数字をどこまで改善すべきか」を示した運用方針があります。これは過去1,000社以上を支援する中で、仮説と検証を繰り返してきた内容です。担当者の感覚で方針を決めていると、偶然上手くいくことがあっても、それを再現できません。当社では複数の検証データにもとづいた方針に従うことで、短期的なパフォーマンスの上下に惑わされることなく、どの担当者が運用しても安定して成果を出せます。

数百パターンの過去事例からヒントを得て、ムダに試行錯誤しない

デジタルアスリートでは毎朝のミーティングで成功事例を共有しており、様々な業界・予算規模での運用ノウハウが社内に蓄積されています。実は、お客様が苦しんでいる課題も、すでに他の企業が乗り越えている可能性が高いです。私たちは、お客様に似た過去事例からヒントを得て、最適な手法を最速で試すため、ムダに試行錯誤する時間をかけません。担当者だけではカバーしきれない知識や経験を全社で補うのが、成果を最大化する秘訣です。

広告媒体ごとに、その領域に特化した専任担当が運用する

複数の媒体を1人で担当する代理店も多い中、デジタルアスリートは媒体ごとに専任の担当者が運用しています。Web広告の媒体は増え続けている上に変化が激しく、1人ですべてを極めるのは困難です。ある媒体で上手くいっていたやり方が、別の媒体では通用しないことも大いにあります。そのため当社では、運用ノウハウの蓄積や、運営元との情報共有を専任担当が集中して行い、媒体ごとの強みを最大限に活かしています。

単純作業は自動化し、成果を左右する運用判断に時間を割く

デジタルアスリートは、細かい予算管理やレポーティングなどの単純作業を、徹底的に自動化しています。なぜなら、それらの作業に時間をかけても、成果への影響は大きくないからです。私たちは、リサーチや戦略設計、データをもとにした運用判断、顧客とのコミュニケーションなど、ビジネスの成果に直結する行動を優先します。広告運用にかける時間はどれだけあっても足りません。その貴重な時間の使い方が、成果の分かれ目です。

運用のフェーズに合わせて、チーム体制をカスタマイズしている

最初はリスティング広告の担当者がメインで、次の段階ではSNSの運用担当とライターを加えるといった形で、そのとき注力すべき施策に合わせて人材を入れ替えています。ずっと体制が変わらない場合、最初の担当者が同じような施策を繰り返し、いつまでもお客様のビジネスは次の段階へ進めません。私たちは社内で引継ぎと連携ができるため、運用フェーズごとに依頼する会社を変えていくより、コミュニケーションのコストも抑えられます。

特長についてもっと知りたい方はこちら