広告運用代行

YouTube広告運用

顧客獲得できる動画を制作・運用します

こんなお悩みありませんか?

  • YouTubeを活用したいが効果的なやり方がわからない
  • 社内に動画を作るノウハウがない
  • 動画が再生されても売上につながっていない
  • ブランディングにYouTube広告を活用したい
  • 社内のマーケティング担当者の業務負担が大きい

多くのYouTube広告が失敗する原因

広告の目的やターゲットがあいまい

YouTube広告にもTrue Viewインストリーム広告、True Viewディスカバリー広告、バンパー広告などの種類があり、それぞれ得意な用途があります。もしそれらを理解せず、さらに目的やターゲットがあいまいなまま広告を運用すれば、選択を誤り再生率やクリック率は伸びず成果も出ません。YouTube広告で成果を出すには、明確な目的とターゲティングが重要なのです。動画クリエイティブも使い回さず、ターゲットとするユーザーの悩みや属性に合わせて作り分けるのがおすすめです。

嫌われる配信をして逆効果になっている

6秒間スキップ不可のバンパー広告広告を使えば、確実に動画広告を視聴してもらうことが可能です。これはYouTube広告の大きなメリットですが、場合によってはデメリットにもなります。強制的に視聴させられる分、ユーザーと関連性が薄い動画広告を配信してしまうと、ネガティブな印象を抱かれて逆効果になる可能性が高いのです。広告の出稿・運用と動画クリエイティブ制作の担当者で上手く連携できていないと、こうした失敗が起こりやすくなります。

動画とページに一貫性がなく離脱される

YouTube広告の仕組みや運用に関する知見が少ない制作会社に動画を依頼すると、見た目は良くてもコンバージョンにつながらないことが多いです。リンク先のランディングページに対する理解が甘く、内容にズレが生じて、クリックしたユーザーが離脱しやすくなることもあります。また、1本の動画を作り込むあまり、単発で終わるのもよくあるケースです。広告を運用しつつ分析・改善していく方が、結果的に費用対効果を高められるとして推奨されます。
YouTube広告とは

YouTube広告だけのメリット

6,500万人という圧倒的なユーザー数
国内におけるYouTubeの月間アクティブユーザー数は6,500万人以上(※1)であり、日本人の実に半分以上がYouTubeを利用していることになります。ユーザーは若者中心だと思われがちですが、現在は60代でも50%以上がYouTubeなどの動画サイトを利用(※2)しており、幅広い年齢層をターゲットにできます。
6,500万人という圧倒的なユーザー数のイメージ

※1 月間 6,500 万ユーザーを超えた YouTube、2020 年の国内利用実態──テレビでの利用も 2 倍に / Think with Google
※2 令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 / 総務省

購入見込みの高いユーザーに費用を使える
YouTubeの動画広告は、再生回数によらず一定の時間視聴された時のみ課金されます。広告や商品に全く興味がなく、動画をスキップしてしまうユーザーには広告費が発生しないのです。この仕組みにより、購入の見込みがあるユーザーだけに広告費を使えます。
購入見込みの高いユーザーに費用を使えるのイメージ
画像やテキストの数千倍の情報が伝わる
動画で伝えられる情報量は、静止画の5,000倍程度だと言われています。たとえスキップされてしまっても、その短い時間で認知拡大やブランディングの効果が期待できます。また、商品の動きや変化など、画像やテキストでは表現しにくい情報も動画なら効果的に伝えられます。
画像やテキストの数千倍の情報が伝わるのイメージ
私たちの強み

デジタルアスリートならではの取り組み

1,800社以上の実績があるノウハウを使える

YouTube広告は、動画広告の配信先を、年齢、性別、キーワード、地域、興味などから詳細に指定できるため、ターゲティングにより成果が大きく変わります。デジタルアスリートは、これまでリスティング広告(検索広告)からSNS広告までさまざまな媒体で、1,800社以上の広告運用を支援してきました。そうした豊富な実績から培ったターゲティングのノウハウを活かし、ムダなく効率的に見込み客へアプローチします。

動画制作から広告運用まで一貫して対応

社内に映像ディレクターがいるため、動画制作から広告運用まで一貫して対応できます。動画制作を別の会社に依頼する場合、広告の戦略を制作会社に共有するのが難しかったり、制作に時間がかかったりすることも多いです。デジタルアスリートは自社内で運用担当と映像ディレクターが連携し、広告の戦略や運用データが100%反映された動画をスピーディに制作できます。コミュニケーション面で、お客様に余計なお手間をかけることもありません。

セールスライティングの技術でシナリオを作成

行動心理学やセールスライティングの技術を熟知した、社内のコピーライターが動画のタイトルやシナリオを作ります。動画のオシャレさやインパクトにこだわっても、あまり成果にはつながりません。デジタルアスリートでは、広告文やランディングページの制作を通して、普遍的な「売る技術」を鍛えたコピーライターが、さらに動画広告のトレンドにのっとってシナリオを設計するため、反応率の高い動画を制作できます。

他媒体やLPと組合わせて相乗効果を生む

デジタルアスリートが扱っている多様な広告媒体や、ランディングページ・サイト制作と組み合わせることで、さらにYouTube広告による成果を伸ばせます。たとえば、YouTube広告からアクセスしたユーザーに後から別のリマーケティング広告を配信する、広告動画とリンク先のランディングページで一貫したメッセージを表示することでCV率を高める、など。このように他の手法と組み合わせて相乗効果を発揮するのは、私たちの得意分野です。

実際の成果

YouTube広告による改善事例

動画冒頭で興味づけをしてCPA29%削減

コンテンツ販売系の企業様

競合との差別化を図るため、旬なトピックスを冒頭に入れて興味を引き、サービス内容へ誘導するシナリオの動画広告を配信。これまで別の広告媒体で1,419円だったCPAを1,006円に削減しました。

ニーズに沿った動画でCPAを81%削減

教育講座系の企業様

お客様にアンケートを取り、そこから見つけ出したニーズにもとづいて、従来の動画から訴求を変更。リンク先のランディングページとの一貫性も意識して動画を作成し、CPAを7,513円から1,427円に削減しました。

広告運用データを活用しCPA35%削減

健康食品系の企業様

もともと展開していたFacebook広告で、安定してCVを獲得できている要因を分析し、YouTube広告に応用。さらにCV率の高かった記事LPの内容を動画にすることで、CPAを15,479から9,986円に削減しました。

新しいキャッチコピーで、1週間に1,715件のCVを獲得

教育講座系の企業様

専門のコピーライターが、ユーザーの好奇心をくすぐるキャッチコピーを作成。「詳しく知りたい」という強い動機づけで資料請求のアクションを促し、1週間の短期プロモーションで1,715件のCVを獲得しました。

支援体制

継続率90%を超える、安心の運用体制

安心の1社3名体制で いつでも相談可能

メインの運用担当、サポート担当、品質チェック担当でチームを組み、担当者の不在や多忙によって対応が遅れるリスクを無くしています。さらに多角的な視点から分析することにより、担当者が1人で判断するよりも精度が高い運用を実現します。運用チームとは、電話・メール・チャットと月1回の定例ミーティングで直接コミュニケーション可能です。

実績豊富な専門家があなたのチームに参加

Google広告・Facebook広告など各媒体のスペシャリストが専任担当としてつき、媒体ごとの特長や強みを最大限に活かして運用します。それぞれの担当者はWebマーケティング全体の戦略と目標を共有しているため、媒体ごとに運用会社を分けるよりも、成果の最大化に向けて柔軟に予算やターゲットの振り分けができます。

常に最新の運用状況が共有されるから安心

デジタルアスリートは、広告の管理画面をお客様に公開しています。またお客様のアカウントを当社が運用することも可能です。
どのような運用状況の時も情報を隠すこと無く共有し、お客様にも運用状況を把握・確認していただいた上で、その背景と改善策をご説明します。
費用・プラン

広告予算に応じて柔軟に対応します

リスティング広告(Google広告・Yahoo!広告)、Facebook広告、Instagram広告については一括で運用し、媒体ごとの手数料は頂きません。

その他の媒体をご利用になりたい場合も、お気軽にご相談ください。
※広告予算が少ない場合は媒体を絞って運用させていただくケースがございます。

01
ヒアリング
アカウントを構築に関連する情報だけでなく、ビジネスモデルや中長期の目標売上もヒアリングし、マーケティングでどの課題を解消できるか、その中でも広告運用でどの課題を解決するのかまで具体化します。あくまで広告は売上を作るための手段です。広告運用が貢献する範囲と役割を明確に定義し、お客様のビジネスの目的を見失わないようにします。
02
調査・分析
社内に蓄積した成功事例や最新のナレッジをもとにリサーチを行います。広告効果を出すためにもっとも重要なのは、ユーザーの徹底的なリサーチです。様々な調査手法とフレームワークを活用して、多様な項目からニーズを探り、商品・サービスのUSPを定義します。また、お客様から自社のビジネスについて追加情報をご共有いただくことで、より商品や業界の特性に合った戦略を立てられます。
03
広告戦略立案
入念なヒアリングとリサーチをもとに、ペルソナやカスタマージャーニーマップを作成します。ニーズが顕在化したユーザーを狙うのか、より幅広い興味関心セグメントに対してアプローチをするのかなどの広告戦略を立てて、中長期的な運用方針を固めます。その戦略をもとに、詳細なKPI設計とキーワードやターゲットの設定などを行い、アカウントの構築を進めていきます。
04
広告文・クリエイティブ制作
広告の運用担当と、セールスを熟知した社内のコピーライターがチームを組み、ユーザー心理に訴える広告文を作成します。デザイナーや映像制作ディレクターも在籍しているため、バナー画像や動画などのクリエイティブも自社で一貫して制作可能です。広告の運用開始と並行して、遷移先のLPやWebサイトの制作・改善を進めていく場合もあります。
05
配信開始
配信開始前後は細かく初動をモニタリングしつつ、すぐには手を加えず、最適化のためのデータを収集します。そして収集したデータと、アカウントの過去の運用実績や参考事例を比較し、どこを調整したら改善されるかの仮説を立てて検証します。運用開始後は、毎月の打ち合わせで運用レポートと改善提案を提出します。
06
効果検証・改善
蓄積したデータをもとにして評価し、目標値に向けた改善ポイントを明確にしていきます。すでに成果が出ている場合も手は止めず、どこに勝ちパターンがあるかを明確にして徹底的に改善します。先々を見据えたテストマーケティングを実施し、安定的にパフォーマンスを発揮できる状態を作っていきます。時には、広告以外の制作物やビジネスモデルについても、提案やアドバイスを行います。
最初の契約期間はどれくらいを考えておけばよいですか。
ご相談を頂いた内容やご予算に対して、成果を出すために必要な期間をご提案していますので、ぜひ無料相談をご利用ください。
依頼してからどれくらいで広告を開始できますか?
新しく広告運用を始める場合か、広告代理店のリプレイスなのかなど、個々のケースによって運用開始日までの期間は変わります。ただし、ご相談をいただければ、できる限りご希望の開始スケジュールを叶えられるよう調整します。ぜひ一度ご相談ください。
自社のアカウントを代理で運用してもらうことはできますか?
どのアカウントで運用するかについては、お客様のご希望に応じて柔軟に対応します。無料相談の際にご希望をお聞かせください。
無料相談ではどんな話をするのですか?何か用意するものはありますか?
主にお客様のビジネスや商品、すでに広告運用をされている場合はその状況についてお聞きします。30分という時間で問題点や課題について明らかにし、お伝えできる改善方法があればアドバイスも行います。無料相談お申し込みの際に、事前情報をいただければ、担当者が事前に内容を把握・準備して相談に臨めます。より価値のある回答をさせていただくため、できるだけ現状の課題や広告運用の目標など詳しい内容をご記入ください。
無料相談の後にお断りしても問題ないですか?
はい、無料相談だけのご利用でも問題ありません。ご相談内容によっては、無料相談後に各種サービスを提案することがあります。その場合も、お客様が内容に納得し、長期的に広告運用に取り組んでいただける場合のみ契約をいただきます。
遠方なのですが、対面のコンサルティングに対応してもらえますか?
申し訳ございません。対面のコンサルティングは、関東地区のみの対応となっています。遠方の場合は、Zoomや電話をメインとしたコンサルティングで対応が可能です。対面でのコンサルティングを強くご希望の場合には、原則として初回のみ対面でのコンサルティングを行い、2回目以降はZoomや電話でのコンサルティングとなります。これらの内容も契約によって変わりますので、ご希望の方はぜひ初回の無料相談時にご相談ください。
得意な業種はありますか?類似のビジネスでの成功事例はありますか?
デジタルアスリートでは、創業以来1,000社以上のWebマーケティングを支援し、幅広い業界での改善ノウハウを持っています。以下は、これまでに支援させていただいた業界の一部となります。
  • サプリメントショップ
  • フォトブライダルサービス
  • 健康食品物販
  • 治療院向け教材
  • 英語教材
  • 治療系スクール
  • スポーツ系
  • 個人投資家向けマンション販売
  • ブライダルショップ
  • 飲食サービス
  • 投資系サービス
  • ブライダル物販
  • 化粧品販売 など

無料相談の際は、サイト上で公開していない、お客様のビジネスと類似したビジネスでの成功事例もお見せできる場合があります。ぜひ無料相談にお申し込みください。
他の代理店からの乗り換えは可能ですか?
もちろん可能です。他の代理店様からの乗り換えで、アカウントの情報などが引き継げる場合は、改善スピードが早くなる可能性が高まります。ぜひ一度ご相談ください。
手数料はどれくらいかかりますか?
ご相談を頂いた内容に対して必要な内容から費用をご提案していますので、ぜひ無料相談をご利用ください。
広告で使用するバナーなどの画像制作もお願いできますか?
はい、バナーや画像の制作も可能です。広告で使用するものに関しては、一定数までは代行費の範囲内で対応するため追加料金はかかりません。豊富な制作実績があり、マーケティングを理解したデザイナーが制作を担当します。
広告運用の状況報告はどのような内容、頻度で行われますか?
広告運用の状況については、基本的に1ヶ月に1度のレポートでご報告します。その際には管理画面上の数字の報告だけでなく、結果に対する分析報告と改善施策の提案も行います。
サービスを依頼した場合の具体的なスケジュールを教えてもらえますか?
具体的なスケジュールは、無料相談の際にご検討いただいているサービスなどの詳細をお聞きした上で作成します。まずは無料相談にお申し込みください。
自社にも広告運用のノウハウを貯めていきたいのですが、そのサポートもしてもらえますか?
はい、デジタルアスリートでは社内にノウハウを貯めたい、将来的に広告運用をインハウス化したいというお客様のために、Webマーケティング担当者の育成サポートも行っています。担当者の方にデジタルアスリートが主催する講座や研修へ参加していただく、また日頃の広告運用について施策の意図や分析内容を共有するなどして、人材育成・ノウハウの蓄積をお手伝いしています。
他社とデジタルアスリートの違いは何ですか?
デジタルアスリートでは、広告運用と制作など、通常であれば別々の代理店・制作会社に依頼する内容を一貫して支援できます。現在のWebマーケティングでは、複数の施策を組み合わせて運用することで成果を出す手法が効果的です。しかし、各施策を別々の依頼先と進めるにはコミュニケーションコストがかかり、取りまとめる担当者への負担につながります。私たちは一括で支援することで、全体の施策を戦略に沿って効果的に展開でき、担当者の負担もなく長期的なCV数の最大化が可能になるのです。
広告運用の支援事例

業界を問わず1,000社以上の支援実績があります

サービスの詳細や無料相談はお気軽にお問い合わせください。
03-6825-6831受付時間 平日 10:00〜18:00

最大30分のヒアリングで
最適なプランを提案

まずは無料相談

CONTACT