制作・運用

ランディングページ制作

年間100本以上の制作実績から築いた、コンテンツ設計のノウハウでCVを最大化します

こんなお悩みありませんか?

  • 広告費をかけているわりに、成果が伸びない
  • 商材の特長をLPで上手く伝える方法がわからない
  • LPの見た目は良いが、CVにつながっていない
  • 成果がイマイチのLPが作りっぱなしで放置されている
  • 指示通りに作るだけの制作会社に不満がある

ランディングページ制作でよくある失敗と原因

デザインの見た目はいいが、売上につながっていない

きれいなデザインで作られたランディングページが、CVにつながっていないことは、よくあります。売れるランディングページを作るために重要なのは、ユーザーの悩みを的確に捉えたキャッチコピーと、そこからクロージングまで読み進めさせる構成です。しかし、制作会社によっては、これらを専門のコピーライターが作成していないこともあります。ランディングページ制作の依頼先を選ぶときには、費用や事例の見た目だけでなく、制作体制も確認するといいでしょう。

公開後の改善運用ができていないため、成果が伸びない

いかに緻密な設計で作られたランディングページでも、実際にCVを生み出せるかどうかは運用してみなければわかりません。とはいえ、むやみにデザインやキャッチコピーを変えても効果はなく、適切なKPIの設定とヒートマップツールなどの客観的なデータによる分析と改善が必要です。ランディングページで思うような成果が出ないのは、クオリティの問題ではなく、改善運用による最適化(LPO)を前提とした計画とリソースの確保ができていないからかもしません。

広告のクリエイティブと整合性がなく、離脱率が高い

ランディングページは多くの場合、広告からユーザーが流入します。その際、広告のキャッチコピーやキーワードとランディングページで訴求している内容にズレがあると、ユーザーが違和感を持って離脱する可能性が高まります。広告のクリエイティブとランディングページで写真やデザインのトーンが異なる場合も、不信感を抱かれてしまうでしょう。ランディングページ単体ではよくできているように思えても、広告との連携が上手くいっていないことで、CV率を落としている可能性があります。
私たちの強み

ランディングページ制作で成果を出せる3つの理由

ファネルの段階に応じて、最も効果的なコンテンツを設計

潜在層への認知拡大なら記事型LP、検討中の見込み顧客には比較サイト型LP、顕在層にはメリットと信頼感を強く打ち出す販売ページなど、顧客の購買フェーズごとに異なる設計で制作します。ファネルのどこを狙うかによって、効果的なコンテンツは大きく変わるからです。一般的な制作会社とは異なり、当社にはマーティングの専門家がいます。そのため、各フェーズに応じた、成果につながりやすいコンテンツを設計できるのです。

1,000社以上の支援事例をヒントに、売れるコンセプトを提案

私たちは1,000社以上のWebマーケティングを支援しており、Web制作では年間100本以上の制作実績があります。そのため、様々な業種で見てきた膨大な成功パターンをヒントに、商品の新しい切り口や見せ方を提案することも可能です。どれだけデザインやコピーを変えても成果が出なかったランディングページが、そもそもの訴求コンセプトを変えたら大きく改善したケースは多くあります。そのコンセプトを他の施策にも流用すれば、さらに成果を伸ばせます。

分析したデータをもとに、成果が出るまで改善を繰り返す

私たちのゴールはランディングページの公開ではなく、成果が出ることです。そのため制作前には明確なKPIと改善計画を立て、公開後はGoogleアナリティクスやヒートマップツールの分析データをもとに、A/Bテストによる検証と改善を繰り返します。むやみに変更するのではなく、ピンポイントで課題を見つけてからテストを行うことで、改善のコストを最小限に抑えています。また、ランディングページの改善とセットでEFO(エントリーフォーム最適化)も必ず実施します。

実際の成果

ランディングページ制作による成果の例

ファーストビューの画像を変更し、CV数を約4倍に

医療系の企業様

ヒートマップツールでページを分析し、離脱率が高かったファーストビューを改善。全体のデザインとギャップのあった写真をイラストに変更し、CV数を26件から107件に拡大、 CPAも47%削減しました。

広告とLPの内容に一貫性を持たせ、CPAを48%削減

健康食品系の企業様

広告のクリック率は高いもののランディングページへの遷移率とCV率が低かったため、広告とランディングページに一貫性が出るよう内容を変更。さらに商品の権威性とクロージングのコンテンツを強化し、CPAを56,532円から27,299円に改善しました。

LPの構成を変更することで、CV率を1.5倍に

セミナー系の企業様

ユーザーの3割が商品紹介の動画を見る前に離脱していたため、位置を変更。動画が早く目に入るようになり、CV率が9.92%から15.81%に改善し、CPAを上げることなくCV数も65件から140件に拡大しました。

制作体制

経験豊富なクリエイターによる、安心の制作体制

セールスを熟知したデザイナー・コピーライターが在籍しています

制作メンバーも広告運用担当者と対等に会話できるレベルで、セールスやマーケティングについて理解しています。特にセールスライティングは、外部向けのセミナーを行えるほど、社内にノウハウを蓄積しているのが私たちの強みです。それにより表面的な見栄えの良さではなく、戦略とロジックにもとづいて成果につながるランディングページを制作します。

広告運用など他の施策と連携し、一貫した内容で制作できます

自社内でマーケター・広告運用担当者とデザイナー・コピーライターが綿密にコミュニケーションを取り、広告運用など他の施策の目標やデータも正確に把握した上で制作を進めます。そのため、制作だけ別の会社に依頼した際に起こりがちな、戦略と制作物の方向性のズレや、指示・確認の二度手間などの問題は起こりません。

運用中は毎月1回、分析レポートと改善案を提出します

改善運用をご継続いただける限り、毎月の定例MTGで数値の分析レポートと、デザインやコピーの改善提案をお持ちします。現状のどこに課題があり、どの部分が効果検証中で、今後どのような改善が見込めるか、常に把握していただくことが可能です。公開直後などで、まだ思うように成果が出ていない間も、お客様に不安を感じさせることはありません。
費用・プラン

制作から運用まで、追加料金なしで対応

01
ヒアリング
お客様のビジネスモデルや、競合企業、エンドユーザー、中長期の経営目標、現状の課題などについてヒアリングします。私たちがお伺いするのは、どんなモノを作りたいかではなく、何を実現したいかです。いかなる場合でも、お客様の指示通りに作るのではなく、達成したい目標に対して最適な制作物をご提案します。
02
運用戦略会議
マーケター・広告運用担当と制作メンバーが社内で会議を行い、Webマーケティングの全体戦略と、その中で制作物が果たすべき役割を定義します。また、ユーザーの反応について仮説を立て、A/Bテストのパターンなども事前に考えておきます。こうして制作前から長期的な戦略を立てることで、公開後スムーズにPDCAサイクルを回せるのです。
03
構成・コピーライティング
ターゲットや訴求内容などの戦略が固まったら、社内のコピーライターが構成とコピーライティングを行います。当社には1,000社以上の実績から導き出した「効果が出やすい訴求ストーリーの原型」があり、それに沿って考えることで、高確率でコンバージョンにつながる構成をスピーディに考案できます。
04
デザイン・実装
マーケティングやセールスライティングの知識を持ったデザイナーが、ここまでの戦略や情報設計の意図を汲み取ってデザインを行います。画像や配色も感覚で決めるのではなく、数十以上の多様な業種での制作事例をもとに、商品やユーザーのタイプに合わせたトンマナで統一します。
05
公開・改善運用
公開したら終わりではなく、そこから運用がスタートします。Googleアナリティクスやヒートマップツールの分析データをもとに、A/Bテストによる検証と改善を繰り返すことで、成果を最大化できます。運用のご契約を継続いただける限り、毎月1回のレポートの提出と、改善提案を行います。
制作の支援事例

業界を問わず1,000社以上の支援実績があります

制作したLP(ランディングページ)の一例

制作したLP(ランディングページ)の一例の画像
サービスの詳細や無料相談はお気軽にお問い合わせください。
03-6825-6831受付時間 平日 10:00〜18:00

CONTACT



サービスついてもっと知りたい方はこちら