会話型

ランディングページ

  • 会話型ランディングページは、Facebook広告のパフォーマンス改善ツールです。

    ユーザーがFacebook広告をクリックすると「Messenger」にチャットボットが出現し、その後商品やサービスについて、ユーザーとリアルタイムに「対話」します。

    従来の読ませるだけのLPと違い、ユーザーの興味関心を引き出し、見込み客の安価での獲得と、見込み客教育、セールスまでを一貫して行います。


会話型ランディングページ
(Botchan for LP)の
事例資料はこちら

レポート目次


    • 概要
    • リスティングプラスの過去のFacebook広告事例
    • チャットボットLPを導入
    • やってわかった3つの重要ポイント
    • テストの結果
    • サービス内容について
    • まとめ

今すぐホワイトペーパーを
ダウンロードする

Facebook広告のこんな
お悩み解決します。

見込み客のリスト取りから、
有料商品の販売を最大化したい企業様の新手法

業界初!
Facebook広告の効果を最大化する
会話型ランディングページ
3つの特徴

01集客・見込み客教育・セールスの一連の流れを
会話型ランディングページだけで完結

  • Facebook広告をクリックすると、メッセンジャーが立ちあがり、あらかじめ設定した会話がスタートします。
    ユーザーとチャットボットが会話することで、見込み客を教育し、商品理解を高め、結果的にセールス力を高めることができます。

    また、ユーザーとの会話内容に応じてセールスページを出し分けたり、商品購入をしなかったユーザーにメッセンジャーを使って、繰り返しセールスしたりすることが可能です。
    最適な会話を用意することで、ユーザーの興味関心や課題意識を促進してからセールスページへ誘導できるので、パフォーマンスが改善されます。
  • 02通常LPを使った場合の1/2〜1/3のコスト
    見込み客リストを獲得できる

  • メルマガ登録や、資料請求などのリード獲得でFacebook広告を使っている場合、この会話型ランディングページを使うことで、さらに広告効果の改善が期待できます。

    会話が始まった時点で、Facebookメッセンジャーとの連結が完了しますので、ユーザーがメルマガ登録や資料請求をしなくても、Facebookに登録されたユーザーの情報が取得でき、従来の1/2~1/3のコストでの獲得が見込めます。

  • 03プッシュ通知でリタゲコスト0円!
    ダイレクト通知で70%超の開封率を実現

  • 今まで、広告をクリックした未購入ユーザーはリマーケティング広告で追跡するしかありませんでした。

    しかし、この会話型ランディングページを使えば、広告クリック→同意ボタンのクリックでFacebookメッセンジャーと連携するので、その後は、Facebookメッセンジャーへの自動通知で繰り返しセールスが可能になります。
    つまり、これまでリマーケティングにかかっていた費用が不要になるのです。

    またプッシュ通知はスマホに通知されるので、従来のメルマガと比べても開封率が高く、メッセージがダイレクトに届けられます。


会話型ランディングページの
導入イメージ


会話型ランディングページの
管理画面

  • 会話は自由にカスタマイズ可能

    会話型ランディングページの会話は商品、サービス、成果によって、自由に設定が可能です。

    お客様のビジネスや目的に応じて、最適な会話を設定できます。会話を途中で辞めてしまったユーザーへのリマインド機能や繰り返し通知の設定等、一度会話を開始したユーザーとのコミュニケーションを繰り返し行います。

  • 見込み客との会話をデータ化
    興味関心と離脱箇所が明確になる

    会話をしてくれたユーザーの回答内容の集計、また会話の累計データがデータとして蓄積していきます。

    ユーザーの興味関心に合わせた会話作成と修正、また興味関心の把握に役立ちます。CVデータしか計測できなかった広告に会話内容データが加わり、マーケティング戦略に役立ちます。

  • 会話スタートで個人アカウントと
    メッセンジャーが連携するから、
    ダイレクトメッセージの送信が可能に

    会話を開始すると、企業のFBページと個人のFBアカウントが自動で繋がります。個人宛にメッセージをすることも、どのようなユーザーが会話に興味を示したが実際の顧客データでわかります。

    広告が最適なターゲットに配信されているか、どのようなユーザーが広告に興味を示しているかが手に取るようにわかります。


会話型ランディングページを使う
メリット

会話型ランディングページを使うと以下のメリットがあります。

  • 広告文クリック規約ボタンクリックで企業Facebookページとユーザーのメッセンジャーが自動連携。
    繰り返しアプローチ可能なリストが格安で取得できます。
  • 会話からユーザーの興味関心をデータ化。ユーザーごとに最適なセールスページを表示できます
  • 一度メッセンジャーがつながると、繰り返しプッシュ通知でセールスができるので、従来のリマーケティング広告のコストは不要になります
  • Facebookメッセンジャーに通知できるので、メッセージがユーザーに届きやすくなります
  • チャットボットの会話でユーザーの興味関心を高めてからLPに飛ばせるので、直帰率が下がります


会話型ランディングページ
(Botchan for LP)の
事例資料はこちら

レポート目次


    • 概要
    • リスティングプラスの過去のFacebook広告事例
    • チャットボットLPを導入
    • やってわかった3つの重要ポイント
    • テストの結果
    • サービス内容について
    • まとめ

今すぐホワイトペーパーを
ダウンロードする

初回の無料相談
こちらから

  • お名前必須

  • 会社名任意

  • メールアドレス必須

  • お電話番号必須

  • ご相談内容必須

個人情報の取り扱いについて:弊社のプライバシーポリシーに同意いただいた上で、ご相談ください。