リスティングプラス採用特設サイト > ランディングページ制作運用業務

ランディングページ制作運用業務
BUSINESS

当社の強みであるランディングページ制作運用業務とは?

ランディングページとは広告をクリックした際、最初にユーザーが辿り着くページの事をランディングページと指すのですが、Web広告の運用以外にもランディングページやホームページを制作する業務があります。

一般的なホームページ制作会社と同じ業務と思われるケースが多いのですが、当社のランディングページ制作業務は異なります。なぜなら、Web広告で使うランディングページを作る業務ですので、その良し悪しで広告の効果が全く違います。

ランディングページを作りかえて、注文が2倍3倍になるのは当たり前。変化が大きい案件ですとランディングページの改善で10倍以上の売り上げの違いが生まれる事さえあるのです。だからこそ、当社はこのランディングページの制作に他企業様の何倍も力を入れています。

ランディングページ制作の費用相場が20万~30万と言われている中で、当社のランディングページ制作は60万円~となっており、平均受注単価は75万円程度になっています。良質なランディングページを作り、Web広告の効果を上げ、より売上が上がるように相乗効果を生み出します。

また、最も違うポイントが、ランディングページを作って納品して終わりという一般的な制作会社とは異なり、当社はWeb広告のスペシャリスト。作ったランディングページを使ってWeb広告の運用をしていくわけですから、より効果を高めるために改善領域はランディングページまで及びます。

納品後も、より注文率を高めるためにWeb広告とセットでランディングページの運用を行っていくことが当社の特徴です。ABテストという手法を使って、つくったランディングページをテストし改善PDCAを回していきます。

ABテスト

ランディングページに来たユーザーをパターンAとパターンBに振りわけ成約率というものを計測し、このテストを繰り返し、より売れるランディングページへと作り込んでいくことが可能です。これらを自社で完結できるのは当社がWeb広告を軸としたWebマーケティング会社だからです。

より売上が上がるように、Web広告の運用だけではなく、そのとび先であるランディングページ(セールス部分)も積極的に運用する事が出来ます。セールスコピーを身に付けたい方にも、理論のコピーライティングスキルではなく実運用の中で、実際に売上を上げるセールスコピーライティング技術を身に付ける事が可能です。

制作後のLPO代金はWeb広告代行費用の中に含んで実施するため、別途見積もりになる他社様に比べて、テスト頻度が高く、実施内容もコンサルタント主導でできるのも、ノウハウが蓄積されやすい特徴です。

ランディングページ制作運用業務
BUSINESS
5/8
セミナー・コンサルティング業務
エントリー