リスティングプラス採用特設サイト > Web広告代行事業の将来性とその他媒体

Web広告代行事業の将来性とその他媒体
BUSINESS

Web広告代行事業の将来性とその他媒体について

当社が創業期から扱ってきたリスティング広告、Facebook広告以外にも、Web広告には様々な媒体があります。Google、yahoo、Facebookといった媒体以外にもラインアドや、クリテオ、マイクロアドブレイド、アカネといったネイティブアドなど、今、日本には様々な広告媒体が輩出されています。

今後は、Google、yahoo、Facebookといった3強広告媒体だった時代からより広告媒体が細分化されていき、それらの新媒体に詳しい専門家も市場に必要とされていくようになるでしょう。

稀にリスティング広告業界の将来を危惧される方がいますが、あくまで当社はWebコンサルタントという仕事です。時代が変われば扱う広告も変わっていきます。リスティング広告が廃れれば、他の媒体が伸びているはずですし、企業が存在し続ける限り広告というニーズはなくなりません。

現に広告代理店という職業は世界的に見ると、広告代理店の歴史は、1800年頃のイギリスで始まったと言われています。広告主から手数料をもらい、新聞広告のスペースを代理で購入したことが始まりで、その「広告」を「代理」で購入するスタイルが今の「広告代理店」の語源とも言われています。

日本国内でも、江戸時代前期から広告を代理する会社があったとされています。

また当たり前のように検索エンジンの時代はまだまだ続くとされていますし、現にリスティング広告の市場は毎年120%増の市場です。様々な広告媒体が今後も生み出され、発展していく業界と言われています。

リスティング広告の市場は年々増加
Web広告代行事業の将来性とその他媒体
BUSINESS
4/8
ランディングページ制作運用業務
エントリー