Criteo運用代行

Criteo運用のこんな
お悩み解決します。


Criteoの事例紹介

  • Facebook広告の1/10のCPAで獲得
    (漢方薬のリピート販売事例)

    Facebook広告でなかなか獲得できなかったCVを、Criteoから獲得!
    しかも獲得単価は944円と、Facebook広告の1/10以下での獲得に成功しました!

  • 繁忙期にFacebook広告の1/2~2/3のCPAで
    新しい顧客層を獲得中
    (エステ体験申し込みの獲得事例)

    Facebook広告ではCPA10,000~13,000円程度で獲得していたエステの体験申し込みを、Criteoでは、1/2~2/3程度のCPAで獲得することに成功しています。


自動的にユーザー好みの商品
おすすめCriteoのしくみ

Criteoとは、現在11,000の広告主が出稿し、130カ国で広告を配信しているリターゲティング型の動的ディスプレイ広告サービスの事です。 本社をフランス・パリに置き、Criteo社(日本法人・Criteo株式会社)が運営を行っています。

通常、リターゲティング広告というと、以前にサイトを訪れたユーザーに対して閲覧した商品を再度提示し、サイトへの再訪問や購入を働きかけるものです。

サイトを離脱したユーザーに、閲覧した商品などを提示して
サイトへの再訪問・CVをうながす。

しかしCriteoの優れた点は、ユーザーが閲覧した商品だけでなく、興味関心にあわせたおすすめや売れ筋を瞬時に判断し、バナーを作成しておすすめ(レコメンド)してくれる点です。

ユーザーが一度閲覧した商品だけでなく、
傾向に基づくおすすめ商品を提示する。


Criteoと相性が良いビジネスは?

バナーの中で複数の商品を同時にユーザーにおすすめできることから、以下のような業種・業界と相性が良いと考えられています。

  • 多くの商品を扱うECサイトや通販サイト
  • 人材業界
  • 不動産業界
  • 旅行業界
  • すでに検索広告を利用している

しかし、単品通販でも結果が出る場合があり、どのような商材においても成果が出せる可能性はあります。


Criteoで商品が売れる秘密

  • 日本人の92.6%にリーチできる配信スケール。
    1日2億PVのYahoo!JAPANトップページにも出稿可能

  • ユーザーが欲しがりそうな商品を自動で
    おすすめ
    するレコメンド機能

    Criteoはユーザーに対して、過去に閲覧した商品だけでなく、ユーザー好みの他の商品や売れ筋商品もおすすめしてくれます。

    そのためバナーで初めて知った商品でも、ユーザーが気に入る確率が高く、購入見込みが高まるのです。

  • ユーザーに注目されやすく、
    CVにつながりやすいバナー
    を生成

    Criteoのバナー広告は、商品画像が入れ替わりで表示されたり、ボタンが点滅したりと、ユーザーの目を惹く工夫がされています。

    またバナーは用意されたパターンから、最適なものが自動で生成されるので、いろいろなバナーをあらかじめ作成・設定する必要もありません。


リスティングプラスの
Criteo運用が強い理由

  • データフィードの作成など
    つまずきやすい作業をサポート


    Criteoを出稿する際には、自動でバナーを作成できるよう商品のデータをまとめてフィードを作成したり、ページへタグを設置したりという作業が必要です。

    これら作業には多少の知識や手間が必要であり、実際この部分がネックになってCriteoの導入を諦めてしまうケースもあるようです。
    しかしリスティングプラスなら、これら作業も代行・サポートできるため、担当者が多忙な企業でもCriteoを出稿する事ができているのです。

  • 豊富な実績と高い分析力で、
    効率的に改善


    Criteoの場合、運用開始後に成果を見ながら、画像の差し替えやフィードの調整を行うことで成果を改善していきます。

    リスティングプラスは豊富な経験から、ユーザー心理・行動の理解や分析について高いノウハウを持っています。
    データの分析を基に、「単価の高い商品だけを出す」「より効果的な画像に入れ替える」など調整を行い、より高い成果を追求していきます。

ランディングページ改善も
代行費内で対応


改善するのは、Criteoの運用部分だけではありません。

リスティングプラスの広告運用では、運用結果に基づくランディングページ修正について代行費内で対応いたします。
売上に直結するランディングページについても施策を行うことで、売上に対してインパクトの大きい改善を可能にします。


広告出稿までの流れ

広告配信開始


お申し込みから掲載まで、
およそ1ヶ月程度の期間が必要となります。


社内に人材を育成
インハウス化もサポートします

代理店と上手く情報共有や
意見の交換が出来ない…


リスティングプラスの運用代行では、セミナー・講座への無料招待や打合せ時の指導を通して、あなたの会社に広告運用の分かる担当者を育成します。

ビジネスと広告運用の両方を理解する担当者がいれば、私たちもより効果的な施策を打つことができますし、売上アップに近づけるでしょう。

また、将来的にインハウス化を希望される時にも、アカウントの引渡しやコンサルティングなど、全面的に支援します。


Criteo出稿の注意点

Criteoの利用には、直近の3ヵ月にて、月間UU(ユニークユーザー)数4万以上という条件がありますので、お申し込みをいただいてもお受けできない場合があります。
また出稿最低予算は60万円ですので、それ以下の広告費では出稿できません。

Criteoの場合、準備から広告開始まで一定の期間が必要になります。
そのため、ある程度の期間、広告を出稿することを前提に申し込みをいただくよう、出稿最低予算60万円が設定されているものです。

ただこの60万円は出稿に際しての「最低消化予算」であり、「月額の予算」ではありません。
つまり必ずしも60万円を1ヵ月で使い切る必要はなく、数ヵ月かかって使い切ったとしても問題ありません。

その他ご不明な点がありましたら、無料相談でご確認ください。


Webマーケティング全体を
サポート

初回の無料相談
こちらから

  • お名前必須

  • 会社名任意

  • メールアドレス必須

  • お電話番号必須

  • ご相談内容必須

個人情報の取り扱いについて:弊社のプライバシーポリシーに同意いただいた上で、ご相談ください。