Microsoft(マイクロソフト)広告とは?媒体の特徴やメリット、配信方法を詳しく解説

  • 2023.10.27
  • 2024.6.13
  • 2,858 Views
Microsoft広告 アイキャッチ

Microsoft広告は、マイクロソフト社が提供する「Bing」や「Microsoft Edge」で配信可能な広告サービスです。Windowsのパソコンでは、デフォルトで「Microsoft Edge」がブラウザ設定されています。

日本ではパソコンを利用しているユーザーの多くがWindowsパソコンを使用しています。特に会社で使用しているユーザーが多いため、BtoB向けの広告配信の期待が予想されます。GoogleやYahoo!など他媒体で思ったよりコンバージョンを獲得出来ないと悩んでいる企業の方はぜひMicrosoft広告をチェックしてみてください。

Microsoft広告とは

Microsoft広告は、マイクロソフト社が提供する広告プラットフォームであり、検索エンジンである「Bing」に配信できる検索連動広告と、Microsoft Edgeのブラウザに配信できるオーディエンス広告(ディスプレイ広告)の2種類があります。

2022年5月末より、サービス提供を開始したMicrosoft広告は、世界の検索エンジンシェアで、「Bing」(Microsoftの検索ブラウザ)シェアは20%とYahooの3倍弱ものシェアを誇っているため、Microsoft広告の更なる拡大が期待されております。

ms platform deta

Microsoft広告の特徴とメリット

Microsoft広告は、Bingを中心とした検索エンジンやパートナーサイトに広告を掲載できるプラットフォームです。特にLinkedInのユーザーデータを活用した詳細なターゲティングが強みであり、業種、職種、役職などでのセグメントが可能なため、BtoB領域の広告主に適しています。

引用:LinkedIn プロフィールターゲティング(Microsoft Advertising)

また、BingではGoogle広告ほど競合が多くないため、高いインプレッションシェアが期待でき、オークション単価を抑えつつ広告枠を獲得しやすいという特徴があります。

管理画面はGoogle広告に似ているため使いやすく、充実したレポーティング機能も備えています。ただし、Google広告ほどの大規模なリーチは見込めないため、単体での利用には限界があります。

Google広告やMeta広告が主流となっている中で、Microsoft広告を行うメリットを4つ紹介します。

  • Microsoft Edgeブラウザに配信が可能
  • 利用ユーザーの年齢層が特徴的である
  • GoogleやFacebook広告のデータをそのまま使える
  • GoogleやYahoo!に次ぐ検索エンジンシェア

Microsoft Edgeブラウザに配信が可能

マイクロソフト社が持つブラウザ「Microsoft Edge」のみに広告を配信できるという他媒体に無い強みがあります。

Windowsの日本のシェア率は70%を超えていることから、パソコンユーザーの多くがMicrosoft製品を使用しています。加えて、Microsoft365という「Word」や「Powerpoint」という業務効率化のツールを利用するユーザーもターゲティングできるため、自社商品・サービスに合わせて狙ったターゲットに配信することが可能です。

利用ユーザーの年齢層が特徴的である

Microsoft広告における日本のオーディエンスは16~24歳、45歳以上のユーザーが多くなっております。特に45歳以上のユーザーはパソコンを初期設定で使うことが多く、デフォルトで搭載されている「Microsoft Edge」が使われるため商品購入に繋がりやすいです。

加えて、Microsoft EdgeのTOPページはニュース記事に並んで広告が表示されるので、広告ということが認識されづらく、マイナスイメージを持たれずに広告を配信することができます。

MS yu-za-

GoogleやFacebook広告のデータをそのまま使える

Google・Facebook広告で配信していたキャンペーンをそのままインポートし、同じ条件で配信することができます。1からキャンペーン構築をするよりも、はるかに手軽に広告配信を始めることができます。後ほど、インポートのやり方についてご紹介します。

私の体験談ですが、実際にキャンペーン作成から始めると30分かかるのに対して、他媒体からインポートすると5分で作業が完了できました。

GoogleやYahoo!に次ぐ検索エンジンシェア

GoogleやYahoo!に次ぐ検索エンジンシェアを持つBingに広告を掲載できます。

日本でMicrosoft広告のサービスが開始したのが2022年のため、競合がまだ少なく、コストを抑えられる可能性があります。

Microsoft広告の種類

Microsoft広告で使用できる広告は複数あり、それぞれの種類と特徴について解説します。

レスポンシブ検索広告

最大15個の見出しと4つの説明文を指定して作成します。Microsoft広告がこの見出しと説明文を組み合わせ、最もパフォーマンスの高い組み合わせになるように作成しユーザーに配信します。

ms search

動的検索広告

ユーザーが検索したキーワードに合わせて、広告を反映させます。ユーザーが検索したワードと同じものが検索欄に含まれていることで、ユーザーもクリックしやすくなるため、クリック率を上げたいときにおすすめの配信方法です。

ms doutekisearch

ショッピング広告

ユーザーがBingで検索したときに検索語句に応じて表示されます。商品画像と値段が一目で見ることができるだけでなく、検索結果の一番上に表示されるためユーザーの目につきやすくなっています。

Google広告ですでにショッピング広告を配信している場合、Google Merchant Centerの設定をそのまま引き継ぐことができるので、手間をかけることなく始めることができます。

ms syopping

マルチメディア広告

画像とテキストが組み合わさったものであり、検索画面サイドバーの右側に大きく表示されます。左に出てくる検索結果よりもユーザーの目に止まりやすく、サイトへの誘導や売上拡大が見込める広告となっています。

MS MlutiMedia

アプリインストール広告

Bingの検索結果のみに表示されるもので、「ゲーム」など指定したキーワードを検索すると広告が表示されます。クリックをすることで、アプリインストール画面に移動するので、インストール数を伸ばしたい商品・サービスに向いております。

ms apuri

オーディエンス広告

テキストと画像が組み合わされ、Microsoft Audience Networkに表示されます。この広告の中には、MSN、Outlook.com、Microsoft Edgeなどのサイトに掲載されるため、ユーザーが普段見ている場所に合わせて広告が配信されるため、狙ったユーザーに向けて配信をすることが出来ます。

MS Audience

バーティカル広告

特定の商品カテゴリのみに配信できるフィード広告です。検索キーワードに連動して、値段と画像が組み合わさった広告が配信されます。縦に広告が並ぶため一画面で見れる広告の量はショッピング広告よりも多くなっています。

現在対応している商材は下記の通りです。

  • 自動車
  • クレジット カード
  • クルーズ
  • 健康保険
  • 専門サービス (医師と病院、保険、不動産、税金)
  • ツアーとアクティビティ

出典:Microsoft Advertising「バーティカル広告」

Web広告に関するお悩みは、
デジタルアスリートにぜひご相談ください。

これまで1800社を超える企業様をご支援の中で得られた知見を基に、経験豊富なコンサルタントが貴社の戦略設計からWeb広告の最適解をご提案いたします。

Microsoft広告の配信方法

Microsoft広告で配信できるキャンペーンの項目は複数存在するため、配信する商品・サービスに合った広告配信が可能です。

下記がキャンペーン目的の一覧です。

キャンペーン名目的
Webサイトの訪問Webサイトへの流入を増やす
店舗にアクセスするより多くの人に店舗やイベントに参加を促す
WebサイトでのコンバージョンWebサイト上でのコンバージョンアクションを促す
電話問い合わせの増加特定の電話番号への通話を増やす
アプリのインストールIOS、GooglePlayのアプリからのインストールを増やす
カタログからの商品販売ショッピング広告を利用することでECサイトでの購入数を増やす
広告の表示回数ブランド認知度と知名度を高める
ホテルの予約数を増やすホテルなどの宿泊施設への予約数を増やす。

Microsoft広告の課金形態

Microsoft広告では次の課金形態が使われております。

クリック課金(CPC)

ユーザーが広告をクリックして初めて費用が発生する課金形態。コンバージョンに繋がる可能性に応じて入札単価が変動します。手動でも変更が可能であるため、競合よりも入札単価が高くなるように設定するのがオススメです。

弊社では、最初50円で設定を行い、配信数が少なければ10円ずつ入札単価を上げることで配信量を拡大していきます。

インプレッション課金(CPM)

広告が1000回表示されるたびに費用が発生する課金形態です。広告が50%以上表示かつ1秒間表示されると1カウントとして計測されます。

広告視聴単価(CPV)

動画広告の表示またはクリックごとに費用が発生する課金形態です。画面の50%以上の表示かつ2秒以上の再生で1カウントとして計測されます。

Microsoft広告の配信に向いている商材

前述の通り、Microsoft広告は多くのビジネスユーザーにアプローチできるため、BtoB商材に向いていると言われております。その中でも特に向いていると言われる業界・商材について紹介します。

ローンなどの金融商品

カードや保険等、ユーザーが商品を知ってから購入するまでの検討期間が長いものは、相性が良いです。パソコンで仕事を行うユーザーが多いため、その合間に検索したりすることが多いです。

SaaS商材

社内環境でMicrosoft Edgeしか使用できないなどの制限を設けている企業もあり、ビジネスチャットやスケジュール管理などのBtoB向けの製品やサービスの認知拡大に大きく期待出来ます。

高年収層ユーザー向けの商品

クレジットカードのゴールド、プラチナ券や不動産などの資産投資系は、45歳以上で年収も高いユーザーからの広告効果が見込まれるという特徴があります。

Microsoft広告を活用した事例紹介

実際にMicrosoft広告を使用した事例について紹介していきます。

◯福利厚生支援(指名KW配信) ※指名KW:企業名や商品ブランド名など自社にまつわる特有のキーワード

媒体名CPC(クリック単価)CVR(コンバージョン率)CPA(コンバージョン単価)
Google¥1860.61%¥30,304
Yahoo!¥290.28%¥10,281
Microsoft¥300.63%¥4,752

◯福利厚生支援(一般KW配信) ※一般KW:企業の商材や業界にまつわる汎用性の高いキーワード

媒体名CPC(クリック単価)CVR(コンバージョン率)CPA(コンバージョン単価)
Google¥2501.50%¥16,629
Yahoo!¥1770.49%¥36,220
Microsoft¥1803.68%¥4,881

グーグルやヤフーと比較しても圧倒的に安いCPAで獲得することができております。しかし、CPCで見るとYahoo!で取れている値とあまり変わらないため、CPAを重視するならMicrosoft広告を始めるのがおすすめです。

また、Googleに比べると利用ユーザーは少ないため、新規配信を検討するより、他の広告媒体で伸び悩んでいるため、Microsoft広告を導入するという方が向いております。

Microsoft広告の始め方

実際にMicrosoft広告の始め方について記載していきます。

広告アカウントへログイン

既存のメールアドレスでアカウントを作成し、下記画像の赤枠に入力しログインをする。

ms addores

キャンペーン作成

4つのキャンペーンの種類から作成ができるので、目的に応じて選択しましょう。

キャンペーン名目的
検索広告キャンペーン調べたいことが明確になっている顕在顧客がキーワードを検索した時に検索結果ページに表示します
動的検索広告キャンペーンWebサイトを設定することで自動的に広告を作成します
オーディエンスキャンペーン独自のAIおよびマイクロソフトがユーザーの商品・サービスのリマインドや検索行動や閲覧行動に基づいて潜在的ユーザーに向けて配信を行います
Microsoftショッピングキャンペーンお客様のマーチャントセンターStoreの商品フィード内の画像とデータを使用して、検索結果ページに表示します

キャンペーンの目的は下記12種類から、配信目的に応じて選択します。弊社では、商品やサービスを購入を目的に配信を行うことが多く、「個人用Webサイトでのコンバージョン」を配信目的に設定することを推奨しています。

ms kyanpe-n

広告グループの作成

提供する特定の商品やサービス別にキャンペーンを整理するために設定を実施します。配信したいユーザーに合わせて「ターゲット」「広告のスケジュール」「キーワード」などを設定します。

ms koukokugroup

広告の作成

配信手段に合わせて、「説明文」「画像」「URL」などを設定します。どの広告が効果高いのかを検証するため、広告は1広告グループで3個以上作成するのが望ましいです。

mo koukoku

広告表示オプション

作成した広告を入稿した後、広告表示オプションを設定し、企業や商材の補足情報を記載します。

広告表示オプションの一覧は下記のとおりです。弊社では、一部例外もありますが、配信効果が高まりやすい「電話番号」「コールアウト」「サイトリンク」「画像」の4つの表示オプションは必ず設定するようにしております。

表示オプション名目的
アクション表示オプション行動喚起オプションでテキスト広告にクリックボタンを設定可能です。注文の確定、ホテルの予約、メッセージの送信などができます
アプリリンク表示オプション検索広告の内容に基づいて、ユーザーを適切なアプリストアに直接誘導します
電話番号表示オプション顧客がクリックまたは電話のみですぐに問い合わせが可能です。1つのキャンペーンにつき、1つの電話広告表示オプションを設定可能です
コールアウト表示オプションWeb サイトの商品またはオファーを強調表示する特別なテキストを設定し、広告の説明に追加して表示させます
フィルターリンク表示オプションWeb サイトに専用のページがある複数の製品、サービスがある場合、検索広告に直接表示することができます
チラシ表示オプション自社の商品やクーポン、セール イベントを表示することが可能です。チラシは最大1ヶ月間有効です
画像表示オプション広告に視覚的要素を加え、広告が目立つだけでなく、クリックしたときにどんなものが表示されるか顧客が予想しやすくします
住所表示オプション顧客の最寄りのビジネス住所を、現地の電話番号も含めて表示できます
ロゴ表示機能広告に目を引くロゴ表示機能を表示することで、ブランドを宣伝し、目立たせます
価格表示オプション検索しているユーザーに対して、お客様の商品またはサービスとそれに対応する価格を表示します
プロモーション表示オプション休日やその他の特別な行事向けのお得情報を強調表示します
レビュー表示オプション広告内の Web サイトに関する、評価が高い第三者ソースからの好意的なレビューを共有します。ソースからの引用を言い換えたり、使用することができます
サイトリンク表示オプション顧客を Web サイト上の特定のページに誘導します。検索していた情報に的確に誘導することができます
構造化スニペット表示オプション見込み顧客に、商品やサービスの特定の機能に関するより多くの特徴を提供します
動画表示オプション特別な案件や感情、雰囲気、文化、アクションを紹介することができ、ユーザーの興味を惹きつけます

Google Adsからキャンペーンを直接インポートする

Google広告のデータをそのままMicrosoft広告に使用できるのが、Microsoft広告のメリットであり、以下にその方法について記載します。

ログインした後、 Microsoft広告の管理画面から「Google 広告からインポート」を選択します。

MS inport1

Google 広告の認証情報を入力し、インポートするキャンペーンを選択します。

MS inport2

インポートする日付を設定し、通知を送るメールアドレスを設定したら、「インポートを開始」を押します。

MS inport3

MS inport4

※インポートする項目の選択や、入札単価、入札戦略、予算の調整、UETタグの関連付けなどを行う場合は、[高度なインポート] を選択します。

インポート自体は簡単にできる反面、Google広告で配信中のキャンペーンをそのままインポートすると、Microsoft広告上でも配信が開始されてしまうため、キャンペーン設定がオフになっているか確認した上でインポートしてください。

Microsoft広告の運用のコツ

Microsoft広告の配信を行う上で、注意するべきことは、GoogleやYahoo!などの主要媒体の運用のポイントと大きく変わりません。

具体的には、関連性の高いキーワードの拡充、ユーザーの心を動かす魅力的な広告文の作成、キーワードごとに適切な入札単価を設定する、PDCAサイクルを回すなどがあげられます。

その他、Microsoft広告の運用で特に気をつけるべきポイントを説明します。

キーワードプランナーの活用

Microsoft広告では、キーワードプランナーがあり、このツールを用いて、配信ボリュームに合わせたキーワード候補を調べることができます。

管理画面の右上にある「ツール」→計画欄にある「キーワードプランナー」を選択します。

MS KW1 

そうすると画面が切り替わりますので、「新しいキーワードを探す」で調べたい商品・サービスを入力。

MS KW2

検索結果が下記のように表示されます。

MS KW3

確認できる項目は、キーワード候補、検索ボリューム、競合、入札単価が出てきます。特に「提案された入札単価」を参考にすることで低い単価のキーワードから配信を進めることができます。

「提案された入札単価」で取得できるデータはあくまで目安なので、キーワードの相場を見るという目的で活用していきましょう。

他の広告チャネルとの連携

Microsoft広告を単体で使うのではなく、他の広告チャネルと連携させることが効果的です。

配信ボリュームを考えると、依然としてGoogle広告をメインとするべきでしょう。ただし、競合の激化によりクリック単価が高騰しがちなため新しい配信先として捉えると上手く活用することができます。

まとめ

Microsoft広告は、GoogleやYahoo!と比べまだ競合が多い媒体ではありません。また、ビジネスユーズのPCシェア率も高いWindowsユーザー向けに配信をします。そのためBtoBの広告主に向いている広告媒体です。

ただし、Microsoft広告はGoogle広告ほどの大規模な配信量は望めないため、予算規模に見合ったキャンペーン設計が求められます。効果測定とデータ分析を継続的に行い、PDCAサイクルを回していくことが、配信量拡大には不可欠と言えるでしょう。

GoogleやYahoo!などの主要媒体と合わせて、マルチチャネルでのアプローチを図るのも効果的です。

ぜひ、この記事を参考に新たな配信先として、Microsoft広告を活用してみてください。

▼Twitterでも「Microsoft広告」について情報発信中です!

対象ツイート:【Google/Yahooに次ぐ、第3の検索広告Microsoft広告が熱い!】はこちら

Web広告に関するお悩みは、
デジタルアスリートにぜひご相談ください。

これまで1800社を超える企業様をご支援の中で得られた知見を基に、経験豊富なコンサルタントが貴社の戦略設計からWeb広告の最適解をご提案いたします。

 

カテゴリー別記事

Microsoft広告

新規顧客獲得とファン化を促進する

Microsoft広告の基本から最新のノウハウまで公開

無料資料ダウンロード

 

勝てるメッセージとシナリオで成果を出し続ける
「YouTube広告運用マスターガイド」

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

SEOチーム所属河合晃典
デジタルアスリート株式会社

異業種から中途でデジタルアスリート株式会社に入社 デジタル広告の運用、大手広告代理店で広告運用を経て自社メディアのライター・運用に携わる 保有資格:Google広告認定資格、YMAA・KTAA認定資格

記事一覧を見る