【Twitter広告とは】リツイートで費用対効果バツグン!その魅力を紹介

Twitterは全世界で3億2800万人が利用し、日本国内での月間の利用者数も4,500万人(2017年10月)にも登るSNSです。 「10代の若い子が使っている」 「学生が多い」 といったイメージを持つ方もいらっしゃいますが、情報収集などが目的で使用しているユーザーも少なくないのです。 だからこそTwitter広告はビジネスチャンスがある広告媒体の一つなんです! そしてTwitterの一番の特徴は拡散性! 広告を配信してリツイートしてもらえさえすれば費用対効果が抜群で優秀なんです。 今回はそんな魅力的なTwitter広告についてご紹介します!

そもそもTwitterとは?

■月間アクティブアカウント
3億3600万人
■デイリーアクティブユーザー
10%
■国内月間アクティブユーザー
4,500万人

一般のユーザーに加え、企業、芸能人、キャラクター、政治家など、様々な立場の人がTwitterで情報発信をしています。

そしてなんと国内ユーザー数はInstagramのユーザー数2000万人、Facebookのユーザー数2800万人を超えてTwitterは4500万人で一番!

このTwitterに広告を出稿するのがTwitter広告。他のSNS広告に負けない魅力たっぷりの広告なのです。

SNS広告の特徴SNS広告の最大の特徴は、正確なターゲティングです。SNSを利用する人は、自分の基本的なプロフィール(年齢や居住場所や趣味)を記載するため、その情報に...

Twitterに向く商材とは…?



・漫画
・無料のもの
・敷居の低いもの
・拡散したくなるような話題性のあるもの

こういったものがTwitter広告では反応が良いです。

特に大切なのが無料というところ。
他のSNSよりも自由度が高いTwitterでは無料の商材がとことん響きます。

Twitter広告の種類

Twitter広告には、『プロモアカウント』『プロモトレンド』『プロモツイート』の3種類があります。

プロモアカウント

『プロモアカウント』は、「このTwitterアカウントをフォローしませんか」とおすすめする広告です。

Twitterアカウントを開設した際など、フォロワー数を増やしたい時や、ブランドの認知度を上げたい時などに効果的です。

上記の画像のように『おすすめユーザー』として、タイムライン*やおすすめユーザー欄などに表示されます。

『フォローする』ボタンと一緒に表示されるので、フォロワー数を増やすには最適です。

なお、プロモアカウントでは、「フォローされた時点で課金される」仕組みが採用されています。

さらに、最低落札価格が1円~の『オークション制』なので、低単価でフォロワーを獲得することも可能だという点も魅力的です。

(タイムライン ・・・ フォローしたユーザーのツイートが流れてくる場所。上記画像の中央部分)

プロモツイート

『プロモツイート』は、「通常のツイートのような形をした広告」をフォロワー以外のユーザーにも配信できる仕組みです。

プロモツイートの場合は、「WEBサイトへの誘導」「アプリのインストール」「商品の紹介」などの目的に応じて作ったツイートを配信できるので、幅広いプロモーションに活用できます。

先述の画像内の例のように、記事へのリンクを貼ってWEBサイトへ誘導してもいいですし、下記の画像のように、アプリのインストールを促しても構いません。

プロモトレンド

『プロモトレンド』は、「1日限定でトレンド欄の一番上に特定のキーワードや#(ハッシュタグ)を表示し続けることができる」広告です。

トレンド欄には、その日話題になっているキーワードや#(ハッシュタグ)が並ぶので、小まめにチェックするユーザーも多く、認知度を高めたい時に効果的です。

スマホの場合、検索窓のすぐ下に表示されるので、かなりの表示回数や認知度アップが期待できます。
但し、『1日1社限定』の為、広告費がかなり高額(1日420万円/日本)なのと、広告を出したい日に他の広告主が先に配信予定を組んでいた場合は出稿できないので、注意が必要です。

【特徴】二次拡散による広告費は一切かからない

Twitterの特徴といえば「リツイート」といった拡散機能。

通常のSNSでは自分がフォローした人の投稿のみが自分のタイムラインに反映されますが、

Twitterでは「リツイート」といった機能があり、自分の友人がある投稿をリツイートするとフォロワーのタイムライン上にもその投稿は反映されます。

だからこそ、Twitter広告も同様、ユーザーがリツイートをしたくなるような内容の広告の配信をすればおのずと拡散していくのです。

リスティング広告のようにクリック課金制ではなく、Twitter広告はキャンペーン課金方法はキャンペーンによって異なります。

例えばその中の一つに「エンゲージメント課金」があります。
そもそもエンゲージメントとは、ユーザーが広告(ツイート)に対して行った「クリック」「リツイート」「お気に入り」「フォロー」「返信」「動画の再生」「画像の拡大」などの反応を指します。

エンゲージメント課金とは、広告(ツイート)へのエンゲージメントに対して課金される課金方式となります。
キャンペーンの目的で「ツイートのエンゲージメント」、もしくは「カスタム」を選択したキャンペーンには、この課金方式が設定されます。

なので、二次拡散をすればするほど安い単価で広告を運用できるのもメリットです!

【特徴】キーワードターゲティングが可能!

SNS広告では、人のターゲティングが「主」であり、配信も検索されて表示ではなくコチラ側が人を狙って配信しています。

だからこそ、PPC(検索)広告のようなキーワードの概念はあまりありません。

しかし、Twitter広告ではユーザーの投稿のつぶやきのキーワードに向けてターゲティングできるのです!

Twitter広告では、下記のようなターゲティングがあります。

キーワードターゲティング

ユーザーの最近のツイート内容や検索キーワードに基づいて、ユーザーが関心を持っていると思われるメッセージをタイムリーに表示します。

フォロワーターゲティング

関連性の高いアカウントのフォロワーをターゲティングして、特定の商品やサービスに関心を示すと思われるユーザーにリーチします。

インタレストターゲティング

特定の商品やサービスに興味関心があると思われるユーザーにキャンペーンを配信します。

テイラードオーディエンスターゲティング

テイラードオーディエンスでは、各社独自のマーケティング用の顧客リスト(CRMリスト)を使ってTwitterの特定のユーザー層をターゲティングします。

行動ターゲティング

買い物や消費活動のパターンに基づいて、購買意欲の高いTwitterユーザーをターゲティングします。

性別ターゲティング

男性ユーザーまたは女性ユーザーに限定してメッセージを伝えることができます。

地域ターゲティング

世界中のオーディエンスとつながることも、特定の国や地域、都市にキャンペーンの対象を絞ることもできます。

端末ターゲティング

特定のモバイル端末からTwitterにアクセスしているユーザーをターゲティングします。

***

Twitter広告では、特定のことに興味を持つユーザー層はもちろん、より広い範囲のユーザーにも対応できる様々なターゲティングオプションが用意されています。

御社のニーズにぴったりのオーディエンスとつながることができます!

Twitter広告の効果的な使い方

本当に気になるのは、「自社がTwitter広告を使うべきなのか」ですよね。

Twitter広告と言っても活用方法は幅広く、「これは合う、これは合わない」の判断は難しいです。

しかし、以下の3つの点を押さえれば向いているかの判断材料になります。

ターゲットが10-30代前半男女か

ビジネス目的で使用しているユーザーもいると冒頭でお伝えしましたが、一番コアなユーザーは10代~30代の若年層です。

ターゲットがその層と被っていない場合、広告の対象となる母数が少なくなってしまう為効果を出しにくいと判断できます。

反対に、若年層がターゲットであれば非常に有効なプロモーション手法になります。

話題性のある商材か

Twitter広告の一番の特徴が「二次拡散

有効に活用していく為には商材やサービスに話題性があるのが好ましいです。
話題性がないものでもキャンペーンを行えるような商材であれば問題はありません。

言葉のインパクトがあるクリエイティブが作れるか

その他のSNS広告と比較して、Twitter広告では言葉のインパクトやおもしろさが成果を出すうえで重要になる傾向があります。(2チャンネル系など)

だからこそ、言葉の表現まで工夫する必要性があります。

インパクトあるクリエイティブの作り方についてはこちらか↓

広告に携わる人なら必ずぶち当たる壁が、広告作りですよね。リスマガでも売れるキャッチコピーの記事はいくつかあります。でも、今回はなによりも“面白い”広告にフォー...

こんにちは。 僕には長年彼女がいない友達がいるのですが、 「正直女の子と何を話していいかわからん」 「そもそも女の人が何を考えているか分からない」 ...

Twitter広告の思わぬ落とし穴

魅力が沢山のTwitter広告ですが、注意点もあります。

ポリシー的にも全く問題ないプロモツイートでも、意外な視点で炎上する場合があるので、管理画面にてリツイート数コメント数が異常に増えていたらその中身を確認するなど、細かくチェックする必要があります。

実際にエステの体験募集のプロモツイートをしている際にも、使用していた写真に写っていた受付女性に対して、
予想外の批判コメント・リツイートが多数つけられてしまったという事例があります。

コメントなども細かくチェックしていくことを心掛けて運用していきましょう。

Twitter広告の成功事例
「サラダチキン販売促進キャンペーン」で売り上げもが4.5倍に

セブン&アイ・ホールディングスは、プライベートブランドの中でも人気商品である「サラダチキン」の販売促進キャンペーンを展開しました。

そこで活用されたのが、料理動画メディア「テイストメイド ジャパン」の動画広告施策です。

食をテーマとした動画で人気の同アカウントが、サラダチキンを使った料理の動画を制作。「#セブンプレミアム」のハッシュタグをつけて発信しました。

このツイートをセブン-イレブンやイトーヨーカドー、そごう、西武、オムニセブンといった各関連事業社のTwitterアカウントがリツイートし、Twitter広告も出稿。イトーヨーカドーなどの店頭でも同じ動画を流すなど、Twitterとリアル店舗を横断したキャンペーンとなっています。

その結果、360万インプレッション1.2万リツイート動画視聴者数52万回を記録し、ネットでの売り上げも4.5倍にまで伸ばすことに成功しました。

参考記事:店舗売上は約130%伸長! セブン&アイ・ホールディングスのTwitter×料理動画×リアル店舗施策

まとめ

配信方法とターゲット、注意点を守れば、アプローチ次第で効果的な配信が出来るのがTwitter広告です。

消費行動の活発な若いユーザーが多く、リーズナブルなクリック単価が魅力のTwitter広告ですが、

より効果的な広告にするためには、リアルタイム性や盛り上がりを求めるユーザー特性を上手く利用した施策が必要だといえます。

ユーザーに「面白い」と感じてもらえるようなクリエイティブ、
広告文を作成して「リツイート」してもらい二次拡散の効果を積極的に使っていきましょう!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧