SiTestとは?分析もテストも一度にできる最新ヒートマップツールを紹介します

Web広告の改善にはテストや、そのデータを使った分析・改善が必須です。 改善スピードを上げるためにも、役立つツールは積極的に活用していきたいですよね。 今回は、Webマーケターの間で人気のヒートマップツールをご紹介します。

SiTest(サイテスト)とは

サイテストとは、5期連続でGoogleAward最優秀賞を受賞している株式会社グラッドキューブが開発したサイト解析ツールです。
2015年のリリースから約3年で導入サイト数400,000サイトを更新し現在、日本で導入数NO.1の分析ツールになっています。

そんなサイテストのどこがすごいのかと言うと分析だけでなく、テストも同時に行える点です。
ヒートマップ解析ABテストエントリーフォーム改善が一括でできるというのが、サイテストの最大の特徴です。

さらにレポーティング機能がついており、AIによって導き出された正確な結果を確認することで、分析時間を短縮することができます。

機能紹介

ヒートマップ解析

ヒートマップとは、そのサイトでのユーザーの動きを可視化したものです。

マウスの動き、ユーザーがどの部分までスクロールしたかといった点を分析することができます。さらにサイテストは、ヒートマップだけでも以下の6つの機能があり、様々な視点で分析することが可能です。

①スクロール解析
ユーザーがページのどの部分までスクロールしたかが分かります。
滞在時間が長い箇所程赤色に、短いほど青色に近づきます。

②スクロールデータ
スクロール解析で表示されたデータを定量的に表示することが可能です。
ウェブページ各地点の到達訪問数と平均閲覧時間をグラフと表の形式で分析できます。

③マウスグラフィ
ユーザーのマウスの動きをサーモグラフィのように表示する機能です。
マウスの滞在時間が長い箇所ほど赤く表示されます。

④クリック解析
ユーザがぺージ内でクリックした箇所を分析することが可能です。
想定通りにクリックされているかどうかがわかります。

⑤タップ解析
スマートフォンやタブレット端末で、ユーザタップした箇所を分析することが可能です。PCとは分けてユーザーの動きを分析することができます。

⑥タッチアクション
スマホやタブレットで起こるユーザーのタップ、スワイプ、フリック、ピンチイン等の動きを分析することが可能です。
上記同様に、PCと分けてユーザーの動きを分析することができます。
さらに、録画再生機能もついており、ユーザーの平均的な動きを動画で確認することも可能です。

ABテスト

上でお伝えしたように、ヒートマップツールを使いながらABテストもできるというのがサイテストの最大の魅力です。

従来は、ヒートマップを確認したい場合はヒートマップツールで、ABテストを回したいときはABテスト用のツールでといった形でツールを使い分ける必要がありました。
しかし、サイテストならこれらを使い分ける必要はありません。

また、テキストだけでなくボタンの色や要素の位置変更などのテストを3ステップで設定することができるので、テストを行なうスピードが速くなります。

エントリーフォーム最適化

さらに、サイテストはABテストだけでなくエントリーフォームの最適化も行えます。

例えば、必要項目が入力されてない時にエラーメッセージを表示したり、全角で入力してしまった文字を自動で半角に修正してくれたりと、様々な機能で最適化ができます。

レポーティング機能

サイテストにはレポート機能がついており、導入サイトのweb行動データをAIが解析し、様々な視点で分析結果を出してくれます。

自分では気づけなかった視点で分析することができ、スピーディーなLPの改善が可能になります。

サイテストの使い方

それでは実際の使い方を説明していきましょう。

①新規プロジェクトを作成
ホームから+新規プロジェクトを選択してください。

②プロジェクトの名前を登録
ここで名前を登録してください。

③トラッキングコードを対象となるページに埋める
名前を登録するとトラッキングコードが表示されるので
このコードを対象LPに埋めてください。

④分析開始
これで設定は完了です。
様々なデータを活用し分析を進めていきましょう!

マーケッターにサイテストが人気な理由

PDCAを早く回せる

今まで、ヒートマップはヒートマップツール、ABテストはABテストツール、と設定にも分析にも時間を使っていました。
しかしサイテストがあれば、この両方の分析とテストを一括で設定・管理でき、テスト・分析期間が短縮できます。

当然PDCAサイクルも早く回せ、改善をスピーディーに行えるのです。

エントリーフォームの最適化も同時にできる

ABテスト・LP分析に加えて、エントリーフォームの最適化も同時に進めることができるので、CVRの改善も短期間で行えます。

エントリーフォームはLPにおいてかなり重要な部分なので、一度に最適化できるのは非常に便利です。

見えなかった問題に気づくことができる

レポート機能を使えばAIが導き出したデータを分析することが可能です。

様々な視点から分析ができ、自分では見えなかった問題点に気づくことができます。

サイテストは無料お試しが可能

サイテストは、1ヵ月間無料のお試し期間があり、だれでも無料で試すことが可能です。
名前、メールアドレス、電話番号を登録するだけで、簡単に始められるので興味がある方は一度使ってみて下さい!

ヒートマップ解析・ABテスト・EFO対策ツール | SiTest

Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)とは?Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)とはGoogleが無料で提供するBI(ビジネス・インテリジェンス)ツー...

 リスマガ【Web集客の教科書】 
リスマガ【Web集客の教科書】
Web集客の基本から最新ノウハウまで!現役コンサルタントが、リスティング広告やWebマーケティングの情報をわかりやすくお伝えします。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧