YDN広告の始め方。基本から成果が出る設定方法まで詳しく解説

この記事では、初めての人でもYDN広告を設定・配信開始できるように、わかりやすくYDN広告の設定手順を紹介しています。

YDNアカウントを作成しよう

まずはYDNアカウントを作る必要があります。
YDNアカウント作成の手順はYahoo!の公式ヘルプが分かりやすいのでヘルプ通りに進めてください。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の始め方

キャンペーンの広告掲載方式を理解しよう

アカウント作成ができたらYDN広告を作っていきますが、YDN広告にはさまざまな広告掲載の方法があります。

インフィード

スマートフォンでYahoo!のトップページを開いてみましょう。
下図のようにさまざまなコンテンツが上から下に順番に並んでおり、その部分をタイムラインと呼びます。

タイムラインの記事はニュースやコラムなどが並んでいますが、それらのコンテンツの間に広告を出すことができるのがインフィード広告です。
記事の中に溶け込んで表示されるため、広告が表示された際にユーザーに認知されやすいというのが一番の特徴です。


引用:Yahoo!

ターゲティング

「ターゲティング」は、「地域・年齢・性別・曜日時間帯」などのさまざまな条件でYDN広告の配信対象をご自身で設定できるのが特徴です。

広告の配信対象を選べるのが長所ですが、あまり絞り込みすぎると広告が配信されにくくなってしまいます。

サイトリターゲティング

「サイトリターゲティング」は、過去にサイトを訪問したことのあるインターネットユーザーに再アプローチする広告です。

1度目の訪問で成約に至らなかったユーザーに再度YDN広告を配信することで、過去の訪問を思い出させ再訪問を後押しする効果があるので、コンバージョンの確率が高まることが期待できます。


引用:Yahoo!

広告グループのターゲティング機能を理解しよう


引用:Yahoo!

インタレストカテゴリー

特定のカテゴリーに興味があると考えられる行動履歴を持つインターネットユーザーを指定してYDN広告を配信します。

パフォーマンスレポートを使えば、今までの配信での、インタレストカテゴリー単位の実績値を確認することもできます。

サイトカテゴリー

インタレストカテゴリーがユーザーの行動をターゲティングするのに対し、サイトカテゴリーはウェブサイトをターゲティングします。

その名の通り、特定のカテゴリーを指定してYDN広告を配信・除外きます。

プレイスメントターゲティング

プレイスメントターゲティングもウェブサイトをターゲティングします。

特定のウェブサイトを指定してYDN広告を配信・除外できます。
サイトカテゴリーよりもよりピンポイントなターゲティングです。

性別

ユーザーの性別を指定してYDN広告を配信します。

年齢

ユーザーの年齢を指定してYDN広告を配信します。

地域

ユーザーがいる地域を指定してYDN広告を配信します。
特定の地域に特化したサービスや、店舗がある場合に有効です。都道府県、または市区郡を指定できます。

曜日・時間帯

YDN広告を配信する曜日、時間帯を細かく指定してYDN広告を配信できます。

サーチターゲティング

特定の「キーワードの検索履歴」(初期設定は30日間)を持つインターネットユーザーを指定してYDN広告を配信します。

検索広告だとリアルタイムで検索している人にリーチすることになりますが、サーチターゲティングなら過去30日まで遡れるので、確度を大幅に下げることなくアプローチできるユーザー数が増えますよ。

サイトリターゲテイング

「自社のウェブサイトを訪れたことがあるインターネットユーザー」の他、「自社のウェブサイトを訪れるインターネットユーザーと似た行動履歴を持つインターネットユーザー」など、ウェブサイトの訪問履歴を指定してYDN広告を配信します。
※配信対象外に設定することも可能です。

YDNの広告を出稿しよう

YDNには、広告のフォーマットにも種類があるのでご紹介します。

テキスト広告

テキストは、基本的にテキストだけで表示される広告です。

テキスト広告の中にも種類はあるのですが、Yahoo!は「タイトル15文字、説明文19文字+19文字」のものが推奨です。

ディスプレイ(イメージ)広告

ディスプレイは、バナー(画像)を使った広告です。

ディスプレイには広告タイプは1つしかなく、使用出来る画像サイズが複数あるだけです。

YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)で使用出来る画像サイズはこちらからご確認ください。

テンプレート広告

テンプレートは、テキスト(文字)とバナー(画像)を使用した広告になります。

レスポンシブと広告枠サイズ固定という2つの広告タイプがあり、レスポンシブは2種類、広告枠サイズ固定は3種類の広告がある為、全部で5種類の広告を選択することが出来ます。

特にレスポンシブは、Yahooが自動的に画像サイズを変更して広告を掲載出来る為、非常に便利です。


引用:Yahoo!

設定手順

インフィード広告の設定方法

1. 「YDN」タブ>「キャンペーン管理」タブの順にクリックし、キャンペーン管理画面中央にある[+キャンペーン作成]ボタンを押す

2.キャンペーン作成画面の基本情報で「広告掲載方式」を選択して「キャンペーン予算」を入力し、[保存して広告グループを作成へ]ボタンを押す

広告掲載方式は「インフィード広告」を選択します。
「キャンペーン予算(日額)」は「設定する」を選択し、「1,000」円に設定。

3. 広告グループ作成画面で入札価格を入力し、[保存して広告作成へ]ボタンを押す

「広告グループ入札価格」は、1円以上50,000円以内で、任意の額を入力してください。
インフィード広告は他のYDN広告の入札価格と比べると、少し高めに設定しないと表示されにくい傾向があります。

4. 広告作成画面で、広告タイプの選択と広告を入稿し、[保存]ボタンを押して準備・設定完了です。

広告タイプの選択 画像サイズを「300×300」か「1200×628」から選択
※画像サイズによってレイアウトが異なります。
画像 [画像選択]ボタンを押し、画像を選択
※画像が未追加の場合は「画像新規追加」をクリックし、追加します。
タイトル 広告のタイトル を入力(20文字まで)
説明文 キャッチコピーを入力(90文字まで)
主体者表記 会社名、ブランド名、商品名、サービス名のいずれかを入力
表示URL 「http://」や「https://」、末尾の「/」をのぞいたホームページのURLを入力
リンク先URL リンク先のページのURLを入力
ボタン 広告内に表示するボタンを選択
ロゴ 「設定しない」を選択
※「設定する」をクリックすると、広告内に、会社名、ブランド名、商品名、サービス名などのロゴを設定できます。

ディスプレイ(イメージ)広告の設定方法

1. 「YDN」タブ、「ツール」「画像ファイル管理」の順にクリックします。

2. 「画像ファイル管理」画面で、[+画像追加]ボタンを押します。

3.[参照…]ボタンを押して、登録する画像ファイルを選択し、最後に[画像追加]ボタンを押します。

最後に[画像追加]ボタンを押します。

4. 現在YDN広告を配信しているYDNの広告グループの中から、ディスプレイ広告を追加するものを選びましょう。決まったら、ディスプレイ広告を追加する広告グループの画面を開きます。

ログイン直後の画面から開く場合は「YDN」タブ、「キャンペーン管理」タブの順にクリックし、画面中央あたりにある[広告グループ]ボタンを押します。

5. 広告グループの一覧画面から、ディスプレイ広告を作成する広告グループを選び、広告グループ名をクリックします

6. [+広告作成]ボタンを押します。

7. 広告作成画面の右側に、現在運用している広告が表示されます。これから作成するディスプレイ広告とリンク先URLが同じ広告をコピーしましょう。

右側に表示されているテキスト広告の上に表示されている「<<コピー」をクリックし、左側の入力欄に広告の内容が記載されたことを確認します。

8. 広告種別で「ディスプレイ」を選択します。

選択した後、広告欄が[画像選択]ボタンが表示される画面に変わったことを確認しましょう。
※[画像選択]ボタンの隣にある「画像新規追加」をクリックすると、この画面からも画像ファイルを追加できます。画像ファイルの追加方法は3.に戻ってご確認ください。

9. 画像ファイルを指定します。[画像選択]ボタンを押すと、ポップアップ画面が表示され、あらかじめ登録していた画像ファイルが表示されます。表示された画像ファイルから広告に使用するファイルを選び、クリックします。

最後に[決定]ボタンを押すと、画像が選択・設定されます。

10. 広告作成画面に戻ったら、入力した内容を再確認して、最後に[保存]ボタンを押します。これで広告の準備・設定は完了です。

YDN実例

いろいろなタイプがあるのはわかった!でもありすぎてよくわからん!
そんな声が聞こえてくるようです。

ここでは、YDN広告を使うなら特に設定すべき配信方法をいくつかご紹介します。

インフィード×リターゲティング配信で設定

ターゲティングでも良いのですが、インフィードはタイムライン上に表示されるという特性があるため、広告見出しを記事風にして、広告のリンク先も記事風にすることでクリック率・コンバージョン率が改善しやすいです。

実際に弊社でもこの手法をよく使います。
ハマるとターゲティングの1/2のCPAでCVを獲得できるようになることも多いですよ。

具体的な設定方法はこちらの記事をご覧ください。

今回はYDNサイトリターゲティング広告の設定方法について説明していきます。1:リターゲティング広告とはリターゲティング広告とは、自社のサイトに訪問したネットユー...

サーチターゲティング配信で設定

主に検索広告で運用しているアカウントで伸び悩んでいるときは、サーチターゲティング配信を試してみましょう。

検索広告はユーザーが検索している瞬間にしかアプローチできないですが、サーチキーワードは過去の検索行動にまでさかのぼってターゲティングすることが可能です。
つまり、リアルタイムに検索している人以外にもターゲティングできるので、より多くの人にアプローチできるのです。

検索広告でよくCVしているキーワードでサーチターゲティングで設定してみましょう。
ただ、配信量はそこまで多くないことが多いので、一気に配信量とCV数を増やしたいという場合にはマッチしません。

インフィード×インタレストカテゴリー配信で設定

上記のサーチターゲティングでは配信量が少なすぎて成果が改善できなかった案件で、より配信量の多いインタレストカテゴリーをインフィードを設定・配信しました。

検索でもなかなかCVしなかった案件なのですが、この配信では開始後すぐに複数のCVが!
一概にターゲティングの確度だけで配信手法は選べないなと悟った瞬間でした。

類似ユーザーターゲティング配信で設定

「リマーケティング配信で件数取れて来たけど、もっと件数伸ばしたい!」
「サーチ、デモクラターゲティングもいいけど、数値荒れそうだしなぁ」
そんな悩みをお持ちでしたら、類似ユーザーターゲティングがおすすめです!

こちらの記事で詳しく説明されているのでご覧ください。

そもそも類似ユーザーって何?類似ユーザーとは、一度自社サイトを訪問したことのあるユーザーと共通点をもったユーザーをターゲティングすることができる配信方法とな...

まとめ

はじめてYDNを配信する方に言いたいのは、「とにかく色々試してみて下さい!」ということです。

情報を仕入れつつ、どんどん実践していって、あなたの商材に合った配信設定や手法を見つけてくださいね。

また、YDNは他の媒体と比べても特に審査が厳しくなっています。審査落ちに関してはこちらの記事をご覧ください。
いくつか解決案も提示しています↓

広告の不承認とはどんな状態なのか広告を出稿する時は、自由に言いたいことを言えるわけではありません。社会における法律のように広告にもルールがあり、ルールに抵触...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧