【事例公開】Yahoo!ディスプレイ広告でYahoo!ドメインとそれ以外をわけて配信してみた結果

  • 2020.6.18
  • 3,713 Views

Yahoo!でディスプレイ広告を配信すると、配信プレースメントにYahoo!ドメインのものが多く混ざってきますよね。

ほとんどYahoo!の面に出ている…ということも少なくありません。

Yahoo!ディスプレイ広告は、「Yahoo!面か、それ以外か」に分けられているといっても過言ではありません。

今回はまさしく「Yahoo!面か、それ以外か」について、それぞれの配信面の成果の違いを浮き彫りにするためのテストを行いました。

内容は、「通常のリターゲティング広告で、Yahoo!ドメイングループとそれ以外のプレースメントのグループに分けたときにどのような結果がでるのか」というものです。

結果によって打ち出す施策や方針が変わってくるかと思いますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

Yahoo!のディスプレイ広告はどのような面にでるのか

テストを始める前に、まずはYahoo!のディスプレイ広告がどのような面に、どのような形で出るのかを確認しましょう。

Yahoo!にはインフィード広告という形式もありますが、通常の面との違いは以下です。

通常面

※あくまで一例です

インフィード面

※あくまで一例です

インフィード広告は、上記のように記事コンテンツの間に挟まって表示されます。
表示の形式が広告っぽくないということから、比較的クリック率が高くなりやすいです。

しかしインフィード広告の方が、Yahoo!面に出稿される割合が高くなりがちです。
そのため今回は、Yahoo!面以外の面のデータも多く集められるようにインフィード広告ではない、通常面のリターゲティング広告でテストを実施しました。

それ以外の広告面

Yahoo!のディスプレイ広告は、Yahoo!以外のメディアやサイトにも広告が表示されます。
※あくまで一例です。

今回のテスト内容

【条件】
①リターゲティングにて「Yahoo!ドメインのみ」を配信先に指定した広告グループと「それ以外のドメイン」を配信先に指定した広告グループの2種類を作成し、成果に違いが出るか検証。
 
②案件は美容系の案件を使用。現状の配信媒体はGoogle、Yahoo!、Facebookを配信中。
 
③期間は2020年3月1日~3月15日の15日間。

配信の結果、CV数はYahoo!の圧勝

結果は以下のようになりました。

表示回数はさすがといいますか、Yahoo!の圧勝です。
しかしクリック率はYahoo!面の方が低いですね。

そしていちばん重要なコンバージョン。
これはもう明らかな違い、7対0でYahoo!独占状態です。

配信先のURLも見てみましょう。

Yahoo!ドメイン※一部を掲載

一部抜粋するとこのようなサイトにでていました。

Yahoo!以外のドメイン※一部を掲載

一部抜粋するとこのようなサイトにでていました。

Yahoo!に配信したほうが効果的、と判断できるか?

明らかな差が出ましたが、このデータが示しているのは、単純に「Yahoo!面って獲得できて安い!」ということではありません。

Yahoo!面とその他の面では、そもそもユーザーの求めているものが異なるということです。

同じクリエイティブ、同じ広告文、同じ入札設定であったとしても、Yahoo!面では獲得に繋がり、その他の面では獲得につながらない。

「Yahoo!のディスプレイ広告は~」という大きな括りではなく、「Yahoo!のディスプレイ広告のYahoo!面は~」いや、もっと細かく、「Yahoo!のディスプレイ広告のYahoo!面の中のこのプレースメントは~」というレベルでユーザーのニーズを分析し、テストを行わなければ並居る競合商品と戦っていくことは難しいです。

今回のテストでも、Yahoo!以外の面は獲れないから除外しようという考えに至ってしまうのは、非常にもったいないです。

あくまで、今配信している広告やLPが、Yahoo!面と相性が良かっただけ。

Yahoo!以外の面で獲得を生むにはどうしたらいいだろう?
ということを考え、あらゆる面を攻略していきましょう。

まとめ

Yahoo!ドメインは様々なコンテンツサイトが設置されていることから配信量も多く、クリック率をあげるのはなかなか難しいです。

しかし今回のテスト結果を踏まえると、コンバージョンする確度の高いユーザーがクリックしている可能性は高そうです。

もちろん商材によっては違う結果が得られる可能性はありますが、Yahoo!ドメインとそれ以外の面では、ユーザーのニーズが異なります。

ということは、ひとまとめに「ディスプレイ」とまとめてしまうのではなく、Yahoo!ドメインとそうでないものに分けて、広告文やクリエイティブのテスト行うことで、より獲得の可能性は上がると言えます。

今回は広告グループで分けて配信を行いましたが、これくらい差がでる商材であればキャンペーン単位で分けてYahoo!ドメインの予算配分を大きくしつつ、それ以外のドメインでどうやって拡大するかなどを考えてみるのも良いかもしれません。
一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント

無料資料ダウンロード

 

勝てるメッセージとシナリオで成果を出し続ける
「YouTube広告運用マスターガイド」

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

岡田 康佑

デジタルアスリート株式会社
ウェビナーマーケティング部 課長
レジャー業界に新卒で入社し7年勤務。内後半4年は販促、広報の責任者として従事し、施設の年間集客数を昨対比125%以上の増を3年連続で達成した。
その後デジタルアスリート株式会社(旧:株式会社リスティングプラス)に入社し、Web広告の運用やWeb広告を中心にWebマーケティングのコンサルティングなどを行っている。
コンサルに入り、2年で売上を6億→20億、集客数3万→10万に伸ばすなどの実績がある。
元々Webというよりオフラインの広告を扱うことが多かったためWeb広告は一つの手段として最適な案を考えるようにしている。相談に乗る、人に何かを教えるということが好き。
海鮮が好きなので車を出してでも近場の店より海沿いの店に行くことが多く、休日はよくドライブがてらどこかにいくかテニスをしている。

記事一覧を見る