【2024年版】Yahoo!広告とは?種類や費用、実際の登録方法などを紹介

  • 2024.6.19
  • 2024.6.26
  • 517 Views

Yahoo!広告(ヤフー)とは、インターネット上の広告サービスの一つであり、Yahoo! JAPANが提供するWeb広告サービスです。

本記事ではYahoo!広告の種類や費用、実際の登録方法などを詳しく紹介します。

Yahoo!広告とはYahoo! JAPANが提供するWeb広告サービス

Yahoo!広告とはYahoo! JAPANが提供するWeb広告サービス

Yahoo!広告とは、インターネット上の広告サービスの一つであり、Yahoo! JAPANが提供するWeb広告サービスです。

Yahoo!広告を利用することで、広告主はYahoo! JAPANが提供する様々なWebサービス上に自社の広告を掲載し、多くのユーザーにリーチすることができます。

Yahoo! JAPANは日本国内で非常に高い知名度を誇り、多くのユーザーに日常的に利用されているインターネットワークサービスです。

月間で8,500万人のユーザーがYahoo! JAPANへアクセスをしています。

引用:Yahoo! JAPAN公式媒体資料

そのため、Yahoo!広告を活用することで、幅広い層のユーザーに対して効果的な広告宣伝が可能となります。

近年ではインターネット広告の重要性が増す中、Yahoo!広告は多くの企業にとって欠かせない広告手段の一つとなっています。

適切に活用することで、自社の製品やサービスの認知度向上、ブランディング、販売促進など、様々なマーケティング目的の達成に寄与することが期待できます。

Yahoo!(ヤフー)広告の特徴

Yahoo広告では、検索広告やディスプレイ広告など、目的に応じて選べる多様な広告メニューを用意しています。

ユーザーの検索キーワードや興味関心に合わせて広告を配信できるため、的確なターゲティングが可能です。

Yahoo!広告の種類

引用:Yahoo! JAPAN公式媒体資料

Yahoo!広告では、大きく分けて検索広告(YSA)とディスプレイ広告(YDA)の2種類の広告手法があります。それぞれの特徴について詳しく紹介します。

Yahoo!検索広告(YSA)

検索広告(リスティング広告)とは、ユーザーがYahoo!検索で特定のキーワードを入力した際に、検索結果ページの上部や右側に表示されるテキスト広告のことです。

広告主は、広告を表示させたいキーワードを選定し、入札価格を設定します。

ユーザーが広告をクリックした場合にのみ課金される仕組みのため、費用対効果に優れた広告手法です。

Yahoo!ディスプレイ広告(YDA)

ディスプレイ広告は、Yahoo!JAPANの各サービスや提携サイトに掲載される画像やバナー広告です。

配信先となるサイトやユーザー属性を指定してターゲティング配信を行えるため、商品やサービスの認知度向上、ブランディングに効果的な広告手法です。

動画やインタラクティブな要素を取り入れたリッチメディア広告など、多彩なクリエイティブを活用できる点も特徴的です。
※リッチメディア広告とは「ユーザーのアクションに合わせて、動画などを用いて高い反応率を引き出す広告手法」のことです。

Yahoo!広告の掲載場所

Yahoo!広告の大きな特徴の一つとして、Yahoo! JAPANが運営する多岐にわたるサービス上で広告を展開できる点にあります。

どのサービスも多くのユーザーに利用されているため、広告の露出機会が多く、高い広告効果が見込めることが大きなメリットです。

具体的には、以下のようなサービスが広告掲載の対象となります。

・Yahoo!検索
・Yahoo!ニュース
・Yahoo!ショッピング
・Yahoo!ファイナンス
・Yahoo!天気
・Yahoo!知恵袋

それぞれの特徴について紹介します。

Yahoo!検索

Yahoo!検索は、Yahoo!JAPANが運営する大規模な検索エンジンで、Webページやニュースなどを素早く検索できます。

Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースは、国内外の最新ニュースを無料で配信し、ユーザーは関心のあるトピックを選び、パーソナライズされたニュースフィードを楽しめます。他のユーザーとコメントで意見交換もできます。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは、Yahoo!JAPANが運営するオンラインショッピングモールで、衣料品や家電など幅広い商品を扱っています。口コミやレビューが充実しており、Yahoo!ポイントやキャンペーンも利用できます。

Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンスは、株価や為替レートなどの金融情報を提供するサービスで、リアルタイムの株価チャートやニュースも確認できます。掲示板で投資情報を交換でき、幅広い投資家に利用されています。

Yahoo!天気

Yahoo!天気は、全国の天気予報を提供するサービスで、地域ごとの天気や気温を確認できます。GPS機能で現在地の天気も自動表示され、詳しい気象情報もチェックできます。

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋は、日本最大のQ&Aコミュニティで、ユーザー同士が質問と回答を投稿し合うサービスです。生活や健康などの質問に他のユーザーが答え、最適な回答をベストアンサーに選べます。蓄積された質問と回答は他のユーザーも閲覧可能です。

Yahoo!広告の掲載場所についてのまとめ

サイトやサービスごとにユーザー属性が異なるため、商品やサービスに合わせて最適な掲載面を選ぶことが重要です。
例えば、若年層をターゲットにする場合はYahoo!ニュースへの出稿が有効である一方、主婦層に訴求したい場合はYahoo!ショッピングへの出稿がおすすめです。

また、2023年10月1日にYahoo!とLINEが統合されたことを受け、Yahoo!広告はLINEのサービスやアプリにも掲載されるようになりました。
広告の配信先は今後もますます増加していくと考えられます。

Yahoo!広告とGoogle広告の違い

Yahoo!広告は、Google広告とは異なる特徴を持っています。

それぞれの違いを理解することで、自社の広告戦略に最も適したプラットフォームを選択することができます。

Yahoo!広告とGoogle広告の違いと使い分け方について紹介していきます。

主な広告掲載面

 主な広告掲載面
Yahoo!広告・Yahoo!検索
・Yahoo!ニュース
・Yahoo!ショッピング…など
Google広告・Google検索
・YouTube…など

ユーザー層

 ユーザー層
Yahoo!広告・比較的年齢層が高く、
 購買力の高いユーザー層
Google広告・幅広い年代のユーザー

広告の種類

 広告の種類
Yahoo!広告・検索広告
・ディスプレイ広告…など
Google広告・検索広告
・ディスプレイ広告…など

ターゲティング

 ターゲティング
Yahoo!広告・キーワード
・年齢、性別…など
Google広告・キーワード
・年齢、性別…など

入札単価

 入札単価
Yahoo!広告・比較的競合が少なく、
 CPCを低く抑えられる可能性がある
Google広告・競合が多く、入札単価が高くなる傾向

広告のクリエイティブ

 広告のクリエイティブ
Yahoo!広告・テキストベースの広告が中心
・シンプルなクリエイティブでも効果的
Google広告・テキストベースの広告が中心
・画像や動画の活用も可能

適した広告目的

 適した広告目的
Yahoo!広告・購買意欲の高いユーザーへのアプローチ
Google広告・幅広いユーザーへのリーチ

3社(Yahoo!、Google、Meta)の広告プラットフォームの使い分け

・ユーザー層や目的に合わせて、適切なプラットフォームを選択することが重要
・幅広いユーザーへのリーチを重視する場合は、Google広告が適している
・購買意欲の高いユーザーへのアプローチを狙う場合は、Yahoo!広告が有効

自社の広告戦略に適したプラットフォームを選択し、各プラットフォームの特性を理解した上で運用することが、効果的なWeb広告の実現につながります。

Yahoo!広告は、国内の広告主にとって重要な選択肢の一つです。
他のプラットフォームとの使い分けを適切に行うことで、大きな広告効果が期待できます。

Yahoo!広告のメリット

Yahoo!広告のメリットとして、具体的には以下のようなものがあります。

・柔軟な広告配信ができる
・比較的に購買力の高い層にアプローチできる
・低リスクで始められる

それぞれについて紹介します。

柔軟な広告配信ができる

Yahoo!広告の大きなメリットの一つとして、多種多様な広告手法を状況に応じて使い分けられる点があります。

検索連動型広告、ディスプレイ広告、バナー広告など、様々な手法を組み合わせることで、自社の広告戦略に合わせて最適な広告配信を行うことができます。

例えば、新商品の認知度向上を目的とする場合は、バナー広告や動画広告を中心に展開することで、多くのユーザーに商品の存在をアピールすることができます。
一方、既存商品の売上増加を目指す場合は、検索連動型広告を活用することで、商品に興味を持つユーザーを効果的に取り込むことが可能です。

このように、Yahoo!広告では広告手法の選択肢が豊富であるため、状況に応じて柔軟に広告を最適化していくことができるのです。

これにより、広告予算を効果的に活用し、高い広告効果を実現することが期待できます。

比較的に購買力の高い層にアプローチできる

Yahoo!広告のメリットの一つとして、比較的購買力の高いユーザー層にアプローチできる点があります。

Yahoo! JAPANのサービスを利用するユーザーは、他のWebサービスと比較して年齢層が高く、経済的に安定している傾向にあります。


引用:Yahoo! JAPAN公式媒体資料

この特性を活かすことで、広告主は自社の商品やサービスを、購買意欲や購買能力の高いユーザー層に訴求することが可能となります。
特に、高価格帯の商品や、ターゲットが限定的なサービスなどを扱う企業にとって、Yahoo!広告は非常に効果的な広告手段といえます。

また、Yahoo!ショッピングなどの電子商取引サービスと連携することで、広告から直接的な販売促進を図ることも可能です。

広告を通じて獲得したユーザーを、スムーズに購買へと誘導することで、広告効果を最大限に高めることができるのです。

低リスクで始められる

Yahoo!広告のもう一つのメリットは、比較的少ない予算でも広告を始められる点です。

特に、検索連動型広告では、クリック課金型の料金体系を採用しているため、広告が表示されるだけでは費用が発生しません。
そのため、少ない予算でも広告を配信し、その効果を検証することができます。

また、Yahoo!広告では、広告予算の上限を設定することが可能です。これにより、広告費用が予想以上に膨らんでしまうリスクを回避することができます。

広告運用の初期段階では、少額の予算で開始し、徐々に予算を増やしていくことで、リスクを抑えながら効果的な広告展開を行うことが可能です。

このように、Yahoo!広告は、大企業だけでなく、中小企業や個人事業主にとっても活用しやすい広告プラットフォームと言えます。

予算に応じた柔軟な広告運用が可能であるため、規模に関わらず、多くの広告主にとって魅力的な選択肢となっています。

Yahoo!広告のデメリット

Yahoo!広告のメリットとして、「Googleと比べて母数が少ない」という点があります。

Googleと比べて母数が少ない

Yahoo!広告の最大のデメリットの一つは、Google広告と比べてユーザー数が限られている点です。

Google広告は、世界的に広く利用されている検索エンジンであるGoogleを基盤としているため、そのユーザー数は膨大です。
一方、Yahoo!広告はYahoo! JAPANのサービスに限定されているため、リーチできるユーザー数はGoogle広告と比較して限定的と言えます。

2024年6月時点の日本市場における検索エンジンシェア率は以下の通り、Googleがトップシェアを誇っています。

引用:statcounter GlobalStats

また、検索ボリュームを比較してみてもGoogleとYahoo! JAPANには以下の通り約8倍の差が存在しています。

・Googleの日本での検索ボリューム:約1.2億回/日
・Yahoo! JAPANの検索ボリューム:約0.15億回/日

Googleの強みは「高度な検索技術」「Android端末の普及」「Googleエコシステム」にあります。このエコシステムにより、ユーザー利便性とGoogleの市場支配力が同時に高まっています。

この違いが広告効果を左右するため、戦略的な判断力が必要になります。

グローバルリーチならGoogle広告、日本の特定セグメントならYahoo!広告が適しています。つまり、ターゲット市場やオーディエンスに応じて、両者を使い分けることが重要です。

Yahoo!広告の費用

Yahoo!広告には基本料金がなく、最低出稿金額の縛りもないため場合によっては1円で広告を配信することもできます。

ただ、1円だけで広告を出すことは現実的ではありません。

この章では課金方式、予算決定方法、料金の支払方法について紹介します。

Yahoo!広告の課金方式

Yahoo!広告では、広告の種類によって異なる課金方式が採用されています。主な課金方式は「クリック課金(CPC)」と「インプレッション課金(CPM)」です。

それぞれについて紹介します。

クリック課金(CPC)

引用:Yahoo!公式ページ

広告がクリックされた際に、初めて料金が発生する方式です。
検索広告などで主に採用されています。
クリック単価は入札制で決定され、高い入札額を設定するほど上位に表示されます。
クリック単価×クリック数が広告料金になっています。

インプレッション課金(CPM)

広告が表示された回数(インプレッション数)に応じて料金が発生する方式です。
ディスプレイ広告やバナー広告などで採用されることが多いです。
通常は1,000インプレッション毎の料金設定となります。

広告を出稿する際は自社の広告目的や予算に合わせて、適切な課金方式を選択することが重要です。

Yahoo!広告の予算決定方法

Yahoo!広告を効果的に運用するためには、適切な予算設定が欠かせません。

広告予算の目安を導き出すための計算式は、「目標を1件獲得するのに必要な単価(CPA)」と「獲得したい件数」を掛け合わせることです。

引用:Yahoo!公式ページ

例えば、赤ワイン100セットの販売目標を立て、1セットの販促費を1,000円と設定した場合、以下のように計算します。

1,000円(CPA)× 100件(目標販売数)= 100,000円

この計算式を用いることで、目標達成に必要な広告予算の目安を明確に算出することができます。この例では、赤ワインの販売目標を達成するための適切な広告予算は100,000円だと導き出せます。

Yahoo!広告の料金支払い方法

Yahoo!広告の料金の支払い方法は「銀行振込」か「クレジットカード」の2種類です。

銀行振込クレジットカード
お支払い方法の登録不要必要
手動入金での入金タイミング振込から3営業日後即時
振込手数料必要(お客様のご負担)不要
自動入金不可可能

支払いの方法は、広告アカウントの設定画面から選択することができます。

自社の経理処理の流れに合わせて、適切な支払い方法を選ぶことが大切です。なお、支払いの期日を過ぎると広告の配信が停止されるため、注意が必要です。

Yahoo!広告の始め方から運用まで

Yahoo!広告の開始から運用の流れについてそれぞれのステップごとに紹介します。

Yahoo!広告アカウントの作成方法

Yahoo!広告を始めるには、まずYahoo!広告のアカウントを開設する必要があります。手順は以下の通りです。

・Yahoo! JAPAN IDでログイン
・Yahoo!広告の利用申込を行う
・入金を行い、広告利用が可能になる

Yahoo! JAPAN IDでログイン

引用:Yahoo!公式ページ

特別な資格は不要ですが、広告アカウント作成を申し込むためには「Yahoo! JAPAN ID」が必要です。
Yahoo! JAPAN IDを持っていない場合は登録フォームから取得しましょう。

Yahoo!広告の利用申込を行う

引用:Yahoo!公式ページ

必要事項を記入し利用規約に同意の上、申込を行います。

入金を行い、広告利用が可能になる


引用:Yahoo!公式ページ

指定の方法で入金を行うことで、広告配信が可能となります。

Yahoo!広告の作成と配信設定

アカウントの開設が完了したら、実際の広告作成と配信設定を行います。主な手順は以下の通りです。

・広告キャンペーンの目的を設定
・ターゲットオーディエンスを特定
・広告手法を選択
・広告の素材を作成
・入札額や予算を設定
・広告を配信開始

これらの手順を踏むことで、効果的な広告キャンペーンを立ち上げることができます。

詳しくはこちらの記事で解説されています。

効果測定と分析の重要性

Yahoo!広告の効果を最大化させるためには、効果測定と分析が欠かせません。基本的な分析の流れは以下の通りです。

1.キャンペーン画面で成果の悪いキャンペーンを見つける
2.広告グループ画面で成果の悪い広告グループを特定する
3.キーワードで成果の悪化要因を分析する
4.広告で成果の悪化要因を分析する

この流れに沿って、CPAの高さやコンバージョン獲得ペースの悪さなど、様々な観点から成果が悪い要因を特定し、改善策を講じることが重要です。

明確な課題がある場合は、その課題に対する要因分析に直接フォーカスしましょう。

継続的な効果測定と分析・改善が、広告効果の最大化につながります。

当社、デジタルアスリート株式会社では、正規代理店の立場からYahoo!広告の運用代行サービスも提供しております。

こちらのページでは弊社での支援事例・顧客インタビューを紹介しております。

ぜひお気軽に無料相談へお問い合わせください!

まとめ

Yahoo!広告は、Yahoo! JAPANが提供する国内有数のWeb広告サービスです。

検索連動型広告やディスプレイ広告など多彩な手法で、幅広いユーザー層にアプローチできます。購買力の高いユーザーにリーチでき、少ない予算で始められるのもメリットです。

アカウント開設後、広告作成・配信設定を行い、分析を回すことで効果的な運用を行いましょう。ターゲティング機能を活用し、適切な手法を選ぶことが成功の鍵です。

自社のマーケティング目標に合わせた活用で、ビジネスの課題解決と成長に繋げていきましょう!

コメント

カテゴリー別記事

無料資料ダウンロード

 

勝てるメッセージとシナリオで成果を出し続ける
「YouTube広告運用マスターガイド」

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

小田宮啓太

大学時代はマーケティング、経営分野を専攻し新卒としてデジタルアスリート株式会社に入社。 入社後は経営企画室に配属され自社マーケティング、主にSEO関連業務を担当している。

記事一覧を見る