YouTube広告はどこまでターゲティングできるか徹底解説

  • 2019.3.5
  • 6,052 Views

最近YouTube広告がトレンドになっていますよね。

サイバーエージェントの運営するオンラインビデオ総研は、動画広告の市場規模の予想を発表しており、5年後には今の倍以上の市場規模になると予想しています。


その中でもYouTube広告は最もポピュラーであり、今とても熱い配信媒体です!

でもYouTube広告ってホントに成果が出るの?
どうやって見込み客に広告出しているの?

など、どんな配信ができるのかよくわからないという人も多いかと思います。

今回はそんなあなたのために、YouTube広告のターゲティング方法や具体的な導入事例について解説します!

YouTube広告のターゲティング方法一覧

YouTube広告の配信はGoogle広告から行います。
なので、YouTube広告のターゲティング方法はGoogle広告に基づいたものになります。

【ターゲティング方法一覧】
■ユーザー属性

∟年齢・性別・子供の有無・配偶者の有無・最終学歴

■地域
∟国・都市

■デバイス
∟PC・スマートフォン・タブレット・テレビ画面

■キーワード

■トピック

■アフィニティ

■購買意向の強いユーザー

■リマーケティング
∟視聴ユーザー・広告視聴ユーザー・チャンネル視聴ユーザーなど

 
Google広告を触ったことがある方はお気づきかと思いますが、YouTube広告のターゲティング方法は、ほぼディスプレイ広告と同じです。

YouTube広告よくわからないしターゲティング精度とかどうなの…?という印象を持っている方もいるかもしれませんが、ディスプレイ広告と同じ基準で配信ができるので、ターゲティングの組み合わせなどを行えば見込みの高い配信は可能です。

YouTube広告を配信する具体的な方法

YouTube広告で成果を出すにはたくさんの要素が影響します。

ターゲティング精度、動画のクオリティ、遷移先LPのCVRなど、改善して行かなければいけないものは無数に出てきてしまいます。

なので、まずは動画とLPを用意して、いろんなターゲティング方式を使ってテストマーケをやっていきます。

YouTube広告には「動画再生時間の割合」という指標があり、ユーザーがその動画をどこまで見てくれたのかを測ることができます。

各ターゲティング毎に「動画再生の割合」を見ると、配信してる動画がどのユーザー層がとマッチしているかが見えてきます。

その傾向が見えたらターゲティングもめぼしいものに絞り込んで、その中でコンテンツの改善や、サムネイル・広告文テストなどを進めていきます。

そして最終的に費用対が合うところに予算を集中させていき獲得数を増やしていくのが理想です。

YouTube広告の事例紹介

それではここからは、YouTube広告を実際に運用して成果の上がった事例をいくつかご紹介します!

治療家向けのセミナーのリスト取り

こちらの案件では検索広告などで3,000円近くだったCPAを、YouTube広告で1,200円まで改善できました!

YouTubeで「○○セミナー」と検索すると、いろんなセミナー集客の動画が出てきます。
その大半はセミナーの内容の一部を動画にしたもので、多くの方がその動画で獲得が出来ているようです。

これなら既にセミナー集客をやっている方なら直ぐに実践できるのではないでしょうか。

ちなみにターゲティングは業種に対するアプローチでしたのでアフィニティカテゴリーを採用して、スポーツ・フィットネスのカテゴリーに向けて配信を行いました。

またその中にも小カテゴリーとして20個近くのカテゴリーがあるので、先ずは全部を選択して配信をして、成果の良い小カテゴリー3つにまで配信を絞り最適化しました。

美容液の物販

こちらのCVポイントは、美容液の定期購入です。

CVに費用が発生する場合、ユーザーも慎重になるので動画のクオリティが必要になってきます。
この時は美容液のプロモーション動画を使用してYouTube広告を配信しました。
結果としては、目標のCPA8,000円に対して、3,000円で獲得ができました。

こちらのターゲティングは購買意向の強いユーザーを採用しました。

物販の場合にはやはりその商材の関連商品を買っている人に向けて、この商品もいいですよ!といったアプローチをしていくのが比較的獲得しやすい方法です。

美容液を買う人が他に買っていそうなものをカテゴリーから選択して、後は最適化をかけていく流れです。具体的には「スパ、美容サービス」や「日焼け対策商品」などのカテゴリーで配信を行い最適化をしていきました。

まとめ

YouTube広告は、やみくもにやれば成果が上がるというものではありません。
他の広告と同じで、やはりテストから入って試行錯誤しながら改善することが必要です。

その第一歩として重要なのが、ターゲティングを使いこなす事です。
ターゲティング設定は獲得プロセスの一部ですが、そこが上手くできていないと後ろが総崩れになってしまいます。

YouTubeで広告を出稿したいという場合には、どのユーザーに対してどんな動画を配信して目的を果たしていくのかを明確にして、テストを実施していきましょう。

さらにYouTube広告について知りたい方はこちらから↓


コメント

カテゴリー別記事

YouTube広告

少ない広告費でテレビ並みに露出できる

YouTube運用の基本から最新の広告ノウハウまで公開

無料資料ダウンロード

 

【リスマガ限定】出版したばかりの
代表長橋の書籍『第一章』を無料プレゼント!
DX時代のデジタルマーケティング攻略本

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

労務費・外注費・経費を削減して売上アップ
専門チームを外部で育てるラボ型のWebチーム

経費を削減して売り上げアップする方法を無料で公開!

資料ダウンロード

 

見込客と関係性を構築して売上アップする
育成型マーケティング新戦略

見込み客と関係性を構築して売上アップする育成型マーケティング新戦略

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

最新のマーケティング情報をお届け。
リスプラマガジンでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

清水 雄飛

株式会社リスティングプラス コンサルタント マーケティングを学び、1と0で測れない感情に強く興味を抱く。消費者の感情を考え抜ける仕事を探していた所、リスティングプラス代表・長橋の言葉に感銘を受け同社に入社。Web広告を通していかに消費者に心を寄せられるかを探求している。 ロジカルな思考と熱い心を併せ持つコンサルタント。座右の銘は「利他の心」。

記事一覧を見る

X

【リスマガ限定】
出版したばかりの書籍『第一章』をプレゼント
DX時代のデジタルマーケティング攻略本

経産省レポート「DXに対応できない企業は業務効率や成長率の低下により競争力を失い、2025年以降最大で年間12兆円の経済損失が生じる」
DXしないと競争力を失う時代に、日本の中小企業がまずすべきことを解説。(無料)

無料で第1章をダウンロードする