VSEOとは 意味からやり方までまるっと解説

現在、インターネットが普及し検索行動が当たり前になっています。分からないことがあれば「とりあえず検索する」という時代です。そのため、オンライン上でのSEO対策は企業にとって欠かせません。
それに、ここ最近は、動画広告に力を入れる企業が増加しておりSEOだけではなくVSEOが重要視されています。

今回はVSEOの意味からやり方まで細かく説明していきます。

VSEOとは

VSEOとはVideo Search Engine Optimizationの略で、簡単に言うと動画のSEOです。

SEOというのがSearch Engine Optimization の略であり、検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのこと。
つまり、VSEOは動画をより多く露出させるための取り組みのことです。

現在は、Googleで検索した際に、ホームページなどのコンテンツだけでなくYouTube動画も検索結果として表示されるため、VSEOへの注目度が高くなっています。

VSEOの重要性

なぜSEOだけでなくVSEOが重要視されているのでしょうか。

アメリカのリサーチ会社である「Forrester Research」がこの件について調査を行ったところ、動画が組み込まれたページは組み込まれていないページよりも検索結果の1ページ目に表示されやすいという結果が出ました。

参考:「The Easiest Way to a First-Page Ranking on Google」

また、約53倍もの確率でそうなりやすいという報告もされています。
それだけでなく、静止画よりも動画の方がユーザーの理解度も高くCVR率も高いため取り入れる企業が増えています。

こういった背景から、今VSEOは非常に注目されているのです。

ただ、動画コンテンツを入れたからといって必ずしも上位表示されるわけではありません。
Google側も「動画コンテンツを掲載しても、それだけでは検索順位は上がらない」という旨の発言をしています。

それに、現在のGooglebotが行うクロール(巡回)は静止画の画像認識は用いていますが、動画に関する認識技術は備わっていません。

では、なぜ動画を入れた方が上位表示されるという調査結果が出たのでしょうか。

これは、間接的な要因が影響しています。
関節的な要因というのが、離脱率が下がる、滞在時間が伸びるといった影響です。

テキストだらけのサイトよりも、動画で説明されているサイトの方が分かりやすい、且つユーザーの目にとまりやすくつい見てしまうためこのような影響が出ています。
そして、この要素が指標軸としてSEOに対していい働きをした結果、上位に表示されているわけです。

VSEOのポイント

Googleで検索結果としても表示される動画は、VSEO対策をすることで検索結果の順位も上げることができます。

動画コンテンツの中でも、YouTubeはGoogleに続く世界2位の検索エンジンであり、Googleの動画検索結果でも表示されます。
そのため、YouTubeでアップロードした動画を使用するのがおすすめです。

というのも、YoutubeはGoogleのグループ会社の1つで相関性も非常に高いため、Google から認識されやすいからです。

なので、動画コンテンツを使用する際は、一度Youtube内にアップ(公開)し、その動画リンクなどをコンテンツ内に表示するようにしましょう。

では具体的に、どんなことがVSEO対策として効果的なのでしょうか。
上位表示されやすい動画コンテンツを作成するポイントは大きく分けて4つあります。

目的を明確にする

動画に限らず言えることですが、この動画を見てもらう目的を明確にする必要があります。
何のために動画を作成し、どんなユーザ―に何を伝えたいのかまで明確に設定してから制作をしましょう。

タイトルにキーワードを入れる

SEOと同じ方法ですが、動画コンテンツでもキーワードは非常に重要です。
ユーザーが検索に使用するキーワードがタイトルに入っていることで表示されるようになるため、検索ユーザーの求めているキーワードを設定する必要があります。

説明文・タグにキーワードを入れる

また、タイトルだけでなく動画の説明文にもキーワードを入れましょう。
更に動画はタグでまとめることができるため、タグを利用して過去の動画を視聴しやすい環境を作りましょう。

動画の最後は行動を促す

動画の最後は、「今すぐ注文する」「電話する」などアクションを起こさせるよう記載することが重要です。

上記4つのポイントを押さえた上で、動画を作成することが重要です。

今VSEOをやる理由

最後に、今VSEOに力を入れた方がいい理由を説明していきます。

Google・Yahoo!の検索面とYouTubeを比べるとYouTubeの方が上位化しやすい

SEO対策ももちろん重要ですが、日々のアップデートで以前と比べかなり上位表示が難しくなっています。

一方、YouTubeはまだ上位表示のアルゴリズムがGoogleほど精密ではないため上位表示しやすい傾向にあります。
そのため、今のうちに対策を打っておくことをおすすめします。

まだ力を入れている企業が少ない

もう1つの理由が、まだ競合が力を入れていないという点です。
動画を作成するには時間も費用もかかるため、VSEOに注力できていない企業がほとんどです。
競合が実施する前に早めに対策をしておきましょう。

まとめ

今回は、VSEOの重要性、ポイントについて説明しました。

VSEOで最も重要なことは動画の構成であり、しっかり目的を持って作成することが必要です。
SEOよりも上位表示しやすい、且つ競合がまだ少ない部分になるので早めに対策を行っていきましょう。

SEOについて知りたい方はこちら↓

【前回の記事のおさらい】前回の記事では、サクラサクマーケティングさんに2019年~2020年のSEO対策のポイントをお聞きしました。☆前回の記事はこちらからご覧下さい☆今...

リッチスニペットとは検索結果画面では、ページタイトルの下に数行のテキストが表示されます。この説明文を「スニペット」と言い、スニペットはホームページに含まれて...

まずは基本!現在のSEO対策定義を再度理解してみよう!SEO対策(Search Engine Optimization)と言えば、端的に言えば検索結果 で自社サイトを多く露出をするために行う...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧