【初心者向け】キーワードプランナーの使い方を画像でわかりやすく解説

Google広告を利用していて、「もっと売上を伸ばしたい」と思うなら無料で使えるキーワードプランナーを活用しましょう。 この記事ではキーワードプランナーの使い方を、操作画面のキャプチャつきで分かりやすくお伝えします。 キーワードプランナーを使いこなせるとそれだけでWeb広告のスキルアップに繋がりますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

キーワードプランナーってなに?

キーワードプランナとは、Googleが無料で提供しているツールで、Google広告のアカウントを持っていれば、誰でも使うことができます。

Google広告の運用をしている人は、ほとんどがこのツールを利用しているでしょう。それくらい役立つツールだということですね。

キーワードプランナーを使うと、キーワードの競合性を調べることができます。

広告運用者としては、出来る限り競合性の低いキーワードを探したいところですが、キーワードプランナーを使うことで、広告出稿前にその判断ができるのです。
競合企業がまだ使っていない、使えるキーワードが見つかる可能性もあります。

このようにキーワードプランナーは、主にGoogle広告の運用で活用するツールです。

しかしそれだけでなく、SEO対策など他のWebマーケティングの場面でも使えます。どんなキーワードでターゲットにアプローチすれば良いのかなど、とても貴重な情報を提供してくれます。

他にもキーワードプランナーでは、以下のようなことがわかります。

・キーワードの検索ボリュームを知る
・キーワードの予測データを見る
・効果的なキーワードを見つける
・入札単価の予想を立てる

【図解】キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーの表示方法

先にも述べたように、キーワードプランナーを使用するには、Google広告のアカウントが必要です。
キーワードプランナーはGoogle広告の管理画面から開くことができます。

では、具体的なやり方を、キャプチャーを用いて説明します。
まずは、Google広告の管理画面にログインします。

ログインをして管理画面を開いたら、右上にこんなバーがあります。

その中の「ツール」を選択するとこんな画面が開きますので、左上の「キーワードプランナー」をクリックします。

そうすると、こうした「どちらの機能を使いますか?」という画面が出てくるので、自分の目的に合わせた方をクリックします。

キーワードプランナーの表示のさせ方は以上です。

キーワードプランナーの活用の仕方ですが、
・リスティング広告で使う
・SEO対策で使う

という大きな2つの目的があるので、それぞれの目的に合わせて説明していきます。

リスティング広告で使う場合

リスティング広告運用で必要な情報としては、キーワードの検索ボリュームがあります。
このキーワードプランナーを使うことで、追加したいキーワードにどれくらいの検索ボリュームがあるのか知ることができますし、広告掲載結果の予測を見ることもできます。

あくまで予測ではありますが、近年AIの精度を上げてきているGoogleの予測を見て、判断することも一つの基準なのではないかなと私は思います。

では、実際にどのように調べていくのか、キャプチャーを使いながらお伝えします。

①検索ボリュームを調べる

先程「どちらの機能を使いますか?」の画面でストップしましたが、基本的にリスティングの広告運用で活用していく場合は、右側の「検索のボリュームと予測を確認する」方を選びます。

すると、検索ボリュームを調べたいキーワードを入力するページになりますので、それぞれ調べたいキーワードを入力します。
私の説明では「リスティング広告」等を例に使います。

ここでは、複数のキーワードを入力することができますので、複数調べたいキーワードがあれば、まとめて入力してみてください。
キーワードの入力が完了したら「開始する」ボタンをクリック

すると、このような結果画面が出てきます。
この画面では、検索ボリュームと広告掲載結果の予測がまとめて出てきます。

まずは先に検索ボリュームについてご説明します。

見ると分かるように、さっき自分で入力したキーワードについて、表示回数、クリック数、クリック率、平均クリック単価などのデータが出てきます。

ここで表示される数値は、1ヶ月にどれくらい表示されるのか、クリックされるのかということを表しています。

また、そこまでバリエーションは多くはないですが、表示項目の変更もできます。

お好みにカスタムして使用してください。個人的には、デフォルトの状態でも充分活用できるかなと思います!

また、「+」ボタンから、「あ、あのキーワード忘れてた!」というキーワードがあったら追加することもできます!

さて、それでは次に今後の広告掲載結果の予測についてご説明します。

②広告掲載結果の予測を見る
先程の、キーワードの検索ボリュームを調べるときに開いた画面をそのまま使います。

少し拡大させますね。

キーワードプランナーも昔より進歩して、どれくらい表示回数、クリック数があるのか予測できるだけではなく、クリック率や平均クリック単価も出てきて、その際の平均掲載順位まで予測できるようになっています。

もちろん、どういう広告文を入れるかによってクリック率は変わってきますが、1つの指標として参考になります。

ちなみに、コンバージョンの予測を立てることもできます。数値列の一番右にある「+コンバージョンを追加」を押し、コンバージョン率を入力することで計算をしてくれます。

コンバージョン率を「0.5%」に設定してみました。
すると、このようにコンバージョン数の予測も出してくれます。

キーワードプランナーを使うことで、このキーワードじゃボリュームが多すぎると分かったり、逆に少なすぎるなといったことも見えてきます。

実際に広告を運用してみないと分からないことも多いですが、トライ&エラーをするなら少しでも精度の高いトライをするために、このような情報を活用していきましょう。

SEO目的の使い方

キーワードプランナーは、SEO対策についても重要なキーワード選定をサポートしてくれます。

対策したいキーワードを入力するだけで関連するキーワードを表示してくれるため、コンテンツを充実させるための新しいキーワードなどヒントが見つけられます。

では、さっそく操作方法をご説明します。

今回は、左側の「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

ここでは対策したいキーワードを入力しても、サイトのURLを貼り付けても大丈夫です。今回は「リスティング」と「アフィリエイト」を調べてみましょう。

実際に検索してみると、先ほどと同じように検索ボリュームとキーワードが出てきます。
しかし、よく見るとキーワードを2つしか入れていないのに、たくさんできましたね。

ここで出てくるキーワードは、対策したいキーワードやサイトURLの関連キーワードが出てきます。
それらのキーワードのボリュームや入札単価、競合性なども見ることができます。

私が対策キーワードとして入力した「リスティング」や「アフィリエイト」は、検索ボリュームが多く、競合性も中~高のため、このキーワードで競合に勝つのは簡単ではないと判断できます。

このように対策したいキーワードで上位が狙えるかチェックしておかないと、成果が出ない、もしくは成果の出る別のキーワードに気づけないということになります。

まずは検索ボリュームが小さく、競合性の低いキーワードでの上位表示を目標にし、徐々に拡大させていくのがSEO対策の効果的な方法の1つです。

さらにSEO対策について知りたい方はこちらから↓

ホワイトハットSEOについてホワイトハットSEOとは?ホワイトハットSEOとは、Googleのアルゴリズム、検索エンジンのガイドラインに沿ってWebサイトを最適化することです...

まとめ

今回は、キーワードプランナーの操作方法と活用方法をお伝えしました。

リスティング広告も、SEOもキーワードの選定を間違えると成果が出ないどころか、努力が無駄になってしまうこともあります。

キーワードプランナーを活用し、広告配信やコンテンツ作成で成果を出していきましょう!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧