Google広告の運用で時間と曜日を設定して成果を改善する方法

今回は、「Google広告スケジュール設定の方法」と「Adwords Editorを使ったスケジュール設定の時短テクニック」の2つを紹介します。
時間別、曜日別の設定法が簡単にできるので大幅に時間を短縮することができます。

Google広告スケジュール設定の方法

まずはスケジュール設定の仕方の説明です。

スケジュールを設定したいキャンペーンを選択し、「広告のスケジュール」を選択します。

何も設定を行っていない場合は、このような画面が表示されます。
新しくスケジュールを作成する際は、鉛筆マークから編集を行います。

スケジュールの編集」から配信したい曜日・時間の設定を行います。

例えば、下記のような場合はこのような設定になります。
・月曜日は定休日だから広告配信を停止したい
・店の営業時間(8時~19時)に合わせて配信したい

設定後は、「保存」ボタンを押すことを忘れずに!

設定完了後、広告のスケジュール画面はこのように、配信時間帯が青色で覆われて表示され、設定内容を画面下で確認ができます。

1日の間に配信期間を2回以上に分けることも可能です。
※1日の間に設定できる最大数は6回です

また、曜日や時間によって入札の変更ができます。
ページ下の「入札単価調整比」の鉛筆マークから、入札の強化、弱める設定が可能です。

これで設定が完了します。

まとめ

多くの広告主が希望する広告配信スケジュールを実行できるのではないでしょうか!
時間の設定は、15分単位で設定ができるので、より自由度高く広告配信ができます。

問い合わせが多い時間帯や、曜日で入札の調整をおこない、より売上に繋がる広告配信を行ってください!

Google広告の便利機能を使った方法を知りたい方はこちら↓

こんにちはみなさんは広告を運用していて広告のスケジュール設定をしたことはあるでしょうか?広告のパフォーマンスを改善する上で曜日ごとや、時間ごとのパフォーマン...

さて今回は便利なアドワーズ機能をお伝えします。アドワーズで扱うサービスも様々ありますが、季節柄の商品があるように、中には曜日柄の商品もあります。例えば、美容...

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧