Google広告の運用で時間と曜日を設定して成果を改善する方法

今回は、「Google Adwordsスケジュール設定の方法」と「Adwords Editorを使ったスケジュール設定の時短テクニック」の2つを紹介します。 時間別、曜日別の設定法が簡単にできるので大幅に時間を短縮することができます。

Google Adwodsスケジュール設定の方法

まずはスケジュール設定の仕方の説明です。

ログイン後、キャンペーンから「設定」を選択します。

次に「広告のスケジュール」を選択して、

「+広告のスケジュール」からスケジュールの追加を行います。

スケジュール設定を行うキャンペーンを選択すると、

スケジュールを設定する編集画面が出てきます。

今回は以下のように細かく分けてみました。

ちなみに、より細かくわけようとすると…

このようなエラーになります。

一日に定義できるのは6個までなんですね。

スケジュール編集画面を保存すると、以下のように反映されます。

入札単価は下記の赤枠を押下して調整します。

また、複数選択の場合は下のようにチェックを入れて、赤枠の「入札単価調整を設定」を押下します。

以下のように反映されます。

Adwods管理画面では、複数のキャンペーンを一括してスケジュール設定を行うことはできないので、このように1つずつスケジュール設定を行っていきます。

「結構時間も掛かって、面倒くさい・・・」と思った方は、この面倒な作業を一瞬で終わらすことのできるスケジュール設定の時短テクニックを活用してみてください。

Google Adwordsスケジュール設定時短テクニック

これは、一つのキャンペーンで設定されたスケジュール設定を、他のキャンペーンに一瞬で適用する方法です。

このテクニックはAdwordsEditorを使用します。

まず一つのキャンペーンにおいて、上で行ったようにスケジュール設定を行います。

今回は以下のように設定してみます。
(月から金7時~9時を+20%、月から金の正午から午後1時まで-35%、土日-90%)

Adwords Editorを開いて、「キャンペーン」を選択します。

コピー元の検索キャンペーンAにおいて、「広告のスケジュール」「〇〇%」にカーソルを合わせるとスケジュールの詳細が出てきます。

そして、スケジュールをコピーする予定の検索キャンペーンBには、広告スケジュール設定がされていません。

さて、ここから検索キャンペーンAで設定したスケジュールを検索キャンペーンBへ反映していきます。

スケジュール設定コピー元の「検索キャンペーンA」を選択します。

編集→特殊コピー→「キャンペーンのシェルをコピー」を押下

「検索キャンペーンB」を選択

広告スケジュールのところで「貼り付け」を押下

すると、検索キャンペーンBに検索キャンペーンAで設定したスケジュール設定が反映されます。

この方法なら、たとえキャンペーンが10個あったとしても60秒で設定が終わりますね。

今まで「スケジュール設定は面倒くさいからいいや。」と思っていた人も、上の方法を使って設定してみてください。

AdwordsEditorで広告スケジュールをコピーする方法はこちら↓

こんにちはみなさんは広告を運用していて広告のスケジュール設定をしたことはあるでしょうか?広告のパフォーマンスを改善する上で曜日ごとや、時間ごとのパフォーマン...

広告費の削減に役立つPPC広告自動スケジュール機能の使い方はこちら↓

さて今回は便利なアドワーズ機能をお伝えします。アドワーズで扱うサービスも様々ありますが、季節柄の商品があるように、中には曜日柄の商品もあります。例えば、美容...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧