あなたの広告文が一番目立つコールアウト表示オプションとは?

皆さんは、コールアウト表示オプションをどのくらい活用していますか? 「あくまでもオプションでしょ?設定しなくてもあまり変わらないんじゃないの?」 そんな風に思っていませんか? 実は、私も以前はそう思っていました。 しかし、コールアウト表示オプションがあるのとないのでは、広告のクリック率が大きく異なるのです!また、コールアウトなどの広告表示オプションは、広告の掲載順位が決まる要因の1つでもあります。 しかも、設定方法はとっても簡単。 この記事では、そもそもコールアウトとは何か、どのように使用するのが効果的なのかといったことを解説します。

広告表示オプションとは


広告表示オプションとは、このように説明文の下に付け加えることのできる文章です。

広告表示オプションには、「お客様の声」「購入はこちらから」など、サイト内のリンク先に直接誘導できる「サイトリンクオプション」や、店舗への電話番号を記載できる「電話番号表示オプション」などがあります。

そのなかでも、今回は「コールアウト表示オプション」というオプションについて説明します。

コールアウト表示オプションとは

コールアウト表示オプションとは…

これです!この緑色の枠で囲った部分です!

「え…これだけ?」
「こんなのでパフォーマンスが変わるの?」

そんな声が聞こえてきそうですね…
でもよく見てください、このコールアウト表示オプションを追加することで、なんと説明文を2倍の長さにできるのです。文字数の制限がある中で、広告文を長くしてアピールできるのは嬉しいですよね。

コールアウト表示オプションを使用することで、パフォーマンスはどのくらい変わるのでしょうか?実際に運用しているアカウントの実例を使い、コールアウト表示オプションが表示されたときのクリック率と、表示されなかった時も含む広告文のクリック率を比較してみました。

コールアウト表示オプションのクリック率

コールアウト表示オプションが表示された時のクリック率は4.39%

コールアウト表示オプションが表示されない時も含んだクリック率

オプションが表示されない時も含んだ広告文のクリック率は3.42%

コールアウト表示オプションが表示される時とされない時では、クリック率が0.97%以上も違うことが分かります。それだけ、コールアウトを追加することで反応率があがることが分かります。

効果的な使い方

それでは、コールアウト表示オプションでなるべくクリック率を上げるには、どのようなことを書けばいいのでしょうか。

基本的に、コールアウト表示オプションは、広告文に入りきらなかった訴求を伝えるために使うものと考えると使いやすいです。具体的に効果の出やすい内容は、以下のようなものです。

ちょっとお得なポイント

あったら嬉しい、ちょっとお得に感じられるポイントをアピールします。例えば、「送料無料」「返金保証」「期間限定」「特典プレゼント」「初回30%オフ」などですね。

競合他社との差別化ポイント

競合他社と比較したときに強みとなるポイントをここぞとばかりにアピールします。例えば、「ランキング第1位」「口コミ数1位」「腰痛専門」「ノーベル賞受賞」などでしょうか。他社にはない御社の魅力を徹底的に探して記載しましょう。

広告文とは異なる内容

コールアウト表示オプションのメリットは、広告文の文字数内で言えなかったことが言えるということです。そのため、広告文と同じ内容を書いてしまってはもったいないですよね。できるだけ、広告文で記載した内容とは異なる訴求を記載しましょう。

できるだけ短くわかりやすく

一般的に、コールアウトは文字数が少なく、端的にまとめるのが良いとされています。ただし、短くても分かりにくい表現になってしまうと意味がありません。「駅チカ」よりも、「駅から徒歩1分」と具体的な表現にした方が、反応が良い傾向があります。

設定方法

コールアウトのすごさ・使い方が分かったところで、さっそく設定してみましょう!設定方法はとっても簡単。5分で終わります

①「広告表示オプション」タブを開き、「表示:」のタブから「コールアウト表示オプション」を選択します。

②アカウント単位、キャンペーン単位、グループ単位のどの単位で紐づけるかを選択の上、赤いボタン「+広告表示オプション」をクリック。

③「+新しいコールアウト」をクリック

④コールアウトに表示させたいテキストを入力

⑤使いたいものを選択し、「保存」をクリック

使いたいものは右側、使わないものは左側へ。

これで設定完了です。簡単でしたよね?

入稿のルール

コールアウト表示オプションには、いくつか入稿時のルールがあります。

①文字数は12文字以内
1つのコールアウトにつき、入力できる文字は12文字以内です。

②記号は使用不可
不必要に目立たせる目的のみで使用する記号は使用ができません。例えば、文頭の感嘆符(!)など。

③広告文・コールアウト内の文言の重複
同じアカウント内の広告文・コールアウトで同じ文言を使用することはできません。例えば、アカウント単位のコールアウトで「送料無料」を使用した場合、キャンペーン単位のコールアウトでも「送料無料」を使用することはできません。

まとめ

このように、コールアウトには、広告文を延長する役割、訴求を端的に伝える役割があります。こんなに簡単にパフォーマンスがアップできるのなら、使わない手はありません。コールアウト表示オプションを駆使して、あなたの広告文を最大限に目立たせましょう!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧