Google広告の費用はいくら?実際にかかる広告費用をシミュレーションで徹底解説

  • 2024.6.12
  • 2024.6.13
  • 465 Views
Google広告 費用

Google広告は世界で最も多くのユーザーにアクセスすることができる広告プラットフォームです。検索、ディスプレイ、動画などあらゆる面に配信できるため、地域密着型などニッチな商材を除いて、基本的にはどの商材・サービスの配信にも向いています。

しかし、Google広告を配信するにも費用がかかり、実際どのくらい費用がかかるのか、気になるかと思います。

この記事では、初めて広告を配信する方でも事前に広告費用のシミュレーションができるように弊社が実際に運用しているデータを紹介します。最も効率よく配信できるようにGoogle広告の費用相場を参考にしてみましょう。

Google広告の広告費用は課金体系で変わる

Google広告の広告費用は、広告の運用形態と課金方式によって異なります。大きくは「検索広告」と「ディスプレイ広告」の2つに分かれています。検索広告とディスプレイ広告、課金方式について解説していきます。

検索広告とディスプレイ広告の違い

検索広告とディスプレイ広告の大きな違いは配信面です。検索広告は、検索結果の上部に表示されるものであり、ディスプレイ広告はGoogleに掲載されているサイト内に表示されている画像バナーのことを指します。
Google広告費用 追加1

Google広告費用 追加2

検索広告の場合はクリック単価での課金方法が一般的です。1クリック単価の入札価格を設定し、ユーザーがその広告をクリックした際に課金されるという仕組みです。

ディスプレイ広告は、インプレッション課金とクリック課金の両方で配信されることがあります。インプレッション課金とはウェブサイトやアプリ内に広告が表示された回数に応じて課金されます。このように、Google広告の費用は広告タイプによって異なるため、事前に詳しい仕組みを把握しておく必要があります。

下記にそれぞれの広告配信の課金で向いている方法を紹介します。

 インプレッション課金クリック課金
検索広告 ーユーザーに直接購入を促すもの
(サプリ、無形商材)
ディスプレイ広告

多くのユーザーが対象になる商品
(日用品、ゲーム、アプリなど)

新商品のプロモーションやブランディング
商品購入

検索広告では顕在層の獲得がメインであるため、インプレッション課金が向いておりません。商品・サービスの配信目的に合わせて広告の配信方法と課金方法を組み合わせていきましょう。

Google広告の課金形態

この章ではGoogle広告の代表的な配信方法の4つを紹介します。

クリック課金

クリック課金はユーザーが広告をクリックすることで課金される仕組みです。管理画面上で設定するクリック単価が高いほど広告は上位に表示されやすいです。

しかしクリック単価を上げれば上位に表示されるわけではなく「品質スコア」を考慮しなければなりません。

「品質スコア」とは広告の品質を10段階で評価する診断スコアです。品質スコアは「推定クリック率」「広告の関連性」「ランディングページの利便性」などの要素から判定されています。

▼検索広告の掲載順位を上げる仕組みについてはこちらの記事を参考にしてください

インプレッション課金

インプレッション課金は広告が1,000回表示されるごとに料金が発生します。主に認知目的での配信で使用されており、より多くのユーザーからアクセス数を集めることができます。

また、課金の定義はユーザーが視認可能な範囲と認められた場合になっており、ディスプレイ広告では1秒以上、動画広告では2秒以上ユーザーが視聴したときにカウントされます。

ユーザーのアクションによって表示回数が変わらないのでクリック単価を抑えるような細かい入札設定は必要ありません。

コンバージョン課金

コンバージョン課金とは、商品購入や会員登録など特定のアクションをコンバージョンとして設定した場合、そのアクションを1回行うことに費用が発生する課金方式です。

コンバージョンは発生しない限り料金は発生しないので、効率的に配信することができます。しかしある程度の予算を確保しないとそもそも広告が配信されません。

弊社では、他の課金方式で広告を配信して安定してコンバージョンを獲得できているようであれば、予算を伸ばしコンバージョン重視の課金方法に切り替えることが多いです。他の課金方式で広告を配信後、安定してきたら挑戦してみましょう。

動画視聴課金

動画視聴課金は動画を視聴することで費用が発生する仕組みの課金方法です。主にYouTubeでは30秒以上視聴されないと費用が発生しないため、見込みの高いユーザーを優先的に集めることができます。

視聴単価もオークション形式で入札がされるため、入札単価が高いほどより広告を配信できる確率が高まり、見込みユーザーを獲得しやすくなります。

Google広告 費用

そのため、見込みユーザーを獲得しやすいですが広告費は他の課金方法よりも高くなってしまうことが多いです。
コンバージョンで獲得したユーザーの質や量を見ながら、適宜入札単価を変更していきましょう。

Web広告運用を実施する中で、
このようなお悩みはありませんか?

  • 2024年の最新情報、類似業種で獲得好調な媒体が知りたい
  • 新しい媒体でまずはテスト的に開始したい
  • 広告パフォーマンス改善の新しい打ち手がほしい
  • マーケティング戦略やインハウス化を含めて総合的に相談したい

このような運用型広告に関するお悩みは、デジタルアスリートにぜひご相談ください。
これまで1800社を超える企業様をご支援の中で得られた知見を基に、経験豊富なコンサルタントが貴社の戦略設計からWeb広告の最適解をご提案いたします。

検索広告の費用の目安は?平均クリック単価から計算してみる

実際に検索広告にかかる費用について解説していきます。

平均クリック単価はキーワードによって異なる

キーワードの種類によって、クリック単価は大きく変わります。Google広告の入札単価は、商材・サービスによって大きく異なります。

たとえば、「ホテル」というキーワードでは入札単価は約50円ですが、「医師 転職」というキーワードでは約2,000円です。

上記それぞれのキーワードが10回クリックされた場合

「ホテル」:50円(CPC)×10回(クリック数)=500円
「医師 転職」:2,000円(CPC)×10回(クリック数)=20,000円

法人向け製品やB2B分野などで、高額な広告費用を支払える企業が多数参入すると、より競争が激しくなり単価が上がりやすくなります。

実際に検索広告の費用を計算

実際に自社で運用している案件の検索広告のシミュレーションを紹介します。
商材:医療用品
コンバージョンアクション:商品購入

表示回数クリック数CTRCVCPA費用
 14,4879496.5%1614,674円25万円

このシミュレーションの場合だと、1ヶ月あたり949クリック必要となります。
先ほどの「ホテル」「医師 転職」キーワードに当てはめて考えると、

「ホテル」:50円×949=47,450円
「医師 転職」:2,000×949=1,898,000円

1ヶ月あたりこの程度の費用が必要です。1クリック2,000円だと費用対効果が合わない場合が多いため、数百円のクリック単価のキーワードで広告を配信していきましょう。

▼検索広告について詳しくはこちら

ディスプレイ広告の費用について

次にディスプレイ広告の費用について解説します。

ディスプレイ広告の費用見積もり方法

ディスプレイ広告の課金方法は「インプレッション課金」と「クリック課金」が主に使われています。

弊社では獲得目的での配信がほとんどであり「クリック課金」を使用する場合が多いです。クリック課金でのシミュレーションを紹介します。

商材:葬儀
コンバージョンアクション:会員登録

表示回数クリック数CTRCVCPA費用
 330,4562,6650.8%371,607円6万円

業種によっても費用は変わってきますが、ディスプレイ広告の配信では広いユーザーに届けるように配信されるため、クリック率は他の配信方法と比べて低くなりがちです。広告の配信設定を細かく調整することで、費用を抑えつつターゲットユーザーに効果的にリーチできます。

インプレッション課金は、ブランディング施策や認知拡大を主な目的とする場合に適しています。確実に多くのユーザーに広告が見られるので、露出量を重視したい広告主には有効です。

一方で、売上拡大を目指す場合は、クリック課金との組み合わせが有効です。双方の長所を活かしながら、目的に応じて使い分けていきましょう。

▼Googleディスプレイ広告について詳しくはこちら

YouTube動画広告の費用は?CPVとCPMの2つの課金体系

YouTubeでは様々な形式の動画広告を配信できますが、その費用体系は主に2つの課金方式があります。

CPV(視聴課金制)とCPM(インプレッション課金制)

CPVはCost Per Viewの略で、実際に動画広告が視聴された回数に応じて課金される方式です。主にYouTube広告の配信を行う際に使われ、動画の30秒以上を視聴した場合に課金されます。

CPMはCost Per Millionの略で、動画広告が何千回表示(インプレッション)されたかに応じて課金される方式です。視聴の有無は関係ありません。 主にYouTubeのTrueViewインストリームと呼ばれるプレロール広告(動画の前に流れる広告)でCPM課金が利用されています。

弊社では確度の高いユーザーを集めるために、CPV課金をすることが多いです。下記が弊社で実際に配信しているシミュレーションデータです。

商材:税金対策
コンバージョンアクション:セミナー申し込み

表示回数クリック数CTRCVCPA費用
 92,9691,0461.13%519,611円10万円

結局CPV課金とCPM課金どちらを使えばいいの?

動画広告の目的や予算によって、CPVとCPMのどちらが適しているかを判断する必要があります。CPVはコンバージョン獲得を狙う場合、CPMはブランディングなどの認知拡大施策に適しています。

費用対効果を最大化するために目的に沿った方法を試していきましょう。

▼Youtube動画広告について詳しくはこちら

Google広告の月額費用のシミュレーション

主なキャンペーンごとの実際に配信するシミュレーションを紹介したところで、新規で配信する場合と高額予算で配信する場合の配信シミュレーションについて解説していきます。

新規・低予算と高額予算ではそれぞれ向いている商材が異なります。

新規・低予算運用の場合

商材:サプリ
配信方法:検索(クリック)
コンバージョンポイント:商品購入

表示回数クリック数CTRCVCPA費用
 3,81893624.5%334,549円15万円

低予算の配信では、広告の掲載箇所を絞って配信することがおすすめです。検索広告では獲得できているキーワード、ディスプレイ広告ではコンバージョンを集めやすいサイトを中心に配信を行うことで効率的に配信を進めることができます。

高額予算の場合

商材:健康サプリ
配信方法:検索広告(クリック課金)
コンバージョンポイント:商品購入

表示回数クリック数CTRCVCPA費用
 53,4044,1867.8%7115,484円110万円

高額予算では、いかに多くのコンバージョンを集められるかが鍵になってきます。前述で記載したようにコンバージョン課金で配信することにより、より多くのコンバージョンを集められるのでぜひ実践してみましょう。

配信時に定めた目標CPAが超えそうな場合は、配信方法を一度見直し、ターゲティングやクリエイティブなどCPAを抑えられる施策を実施することをおすすめします。

Google広告を効率よく運用する方法

Google広告は、設定次第で費用対効果を改善することができます。広告の効果を見ながら適切な運用方法を理解し実践しましょう。今回は効率よく運用するための代表的な方法を3つ紹介します。

コンバージョンにつながりやすいターゲットを設定する

広告を表示するユーザーを適切に設定することで、コンバージョン率を高められます。たとえば以下のような設定が有効です。

・地域・所在地の絞り込み
・年齢・性別の絞り込み
・関心事項による絞り込み
リマーケティングリストの活用(すでにウェブサイトを訪問した人への配信)

ターゲティングを細かく設定すれば、そのサービス・製品に関心が高い人に広告が届きやすくなり、クリック率やコンバージョン率が向上します。

効果測定と調整を毎日行う

広告を運用すれば、様々なデータが日々蓄積されていきます。これらのデータを毎日確認し、細かい調整を行うことが大切です。主な確認事項は下記の4つです。

◯広告ごとのIMP数、クリック数、CVデータを毎日確認する
◯費用対効果が悪いキーワードは除外する
◯良好なキーワードや入札価格は適宜アップする
◯配信時間などの設定を調整する

毎日データを分析し、必要な調整を怠らないことで、理想的な広告施策を形作っていきましょう。

マッチタイプの設定

キーワード広告では、マッチタイプの設定が重要なポイントの一つです。マッチタイプは主に3種類あります。

「部分一致」:キーワードと関連した検索語句を表示させる
「フレーズ一致」:キーワードと同じ意味「転職 20代」「20代 転職」などを表示させる
「完全一致」:キーワードと全く同じ検索をされたときに表示させます。

このように使い分けることで、キーワード選定の精度を高めることができます。マッチタイプを適切に組み合わせ、目的に合わせてキーワードを絞り込みましょう。

マッチタイプについて詳しい説明はこちらの記事を参考にしてください

Google広告は無料掲載もできる

実は広告掲載そのものに費用がかからない仕組みがあります。Google広告を初めて配信する人でもお試しで実施することができます。

その方法はGoogle Merchant Centerに商品情報を登録することです。

ECサイトを自社で運用している方はGoogle Merchant Centerに商品情報を登録することで、Googleのショッピングタブや通常検索、画像検索、Youtubeに表示されるようになります。自社ECサイトで広告を配信する方はぜひこの無料掲載枠で配信テストをしてみましょう。

ただし、無料掲載枠のコンバージョンはGoogle広告の管理画面上には反映されません。GoogleMerchantCenterとGA4を連携する必要があるので、詳しくは「Merchant Center でコンバージョン トラッキングを設定する」を確認してみてください。

▼ショッピング広告の配信方法についてはこちらの記事で紹介しています。

具体的な広告費用は広告代理店まで

Google広告の費用は、運用方法や目的、対象市場によって大きく異なります。一概に費用相場を示すのは難しく、実際にどれくらいの費用をかけるのが正しいのかを見極めるのは難しいです。

そのため、Google広告を効果的に運用するには、専門の広告代理店に相談することをおすすめします。代理店では、貴社のビジネスモデルや商品、サービスの特性を確認し、最適な広告施策を立案してくれます。その上で、想定される広告費用のシミュレーションを行います。

目標設定からキーワード選定、入札額設定、クリエイティブ制作、効果測定・改善サイクルなども全て行う代理店を選んでみましょう。

代理店を選ぶ場合の費用について

広告代理店によっては、広告運用の手数料とは別に、以下のような費用が必要になる場合があります。

◯広告アカウントの作成、基本的な設定の作業費用
◯広告施策立案などのコンサルティング費用
◯広告バナーや動画制作の費用
◯広告レポーティング作業の費用

中には月額に包括的に組み込まれる代理店もありますし、実費もしくは別途必要になる場合もあります。

Google広告の費用を正しく把握するには、広告代理店と具体的に話を進める必要があります。代理店を通じてはじめて、自社の広告運用にかかる適正な費用がわかるはずです。どのくらい広告費用をかければいいのか不安な場合は、一度代理店に相談してみて最適な広告施策を立ててみてください。

▼代理店の選び方について詳しくはこちらを参考にしてください

Web広告に関するお悩みは、
デジタルアスリートにぜひご相談ください。

これまで1800社を超える企業様をご支援の中で得られた知見を基に、経験豊富なコンサルタントが貴社の戦略設計からWeb広告の最適解をご提案いたします。

Google広告は広告運用型と配信目的に合わせて柔軟に設定しよう

Google広告では、配信面が複数あるため、検索広告でうまくいかなくてもディスプレイ広告・動画広告と配信方法を変更することで広告効果が変わる場合があります。決められた予算内で一番最適な配信方法は何かを検証しながら進めていきましょう。

また、予算ギリギリで配信をしていると月末に予算超過を起こしてしまう可能性があります。

予算変更をし忘れた、数値シートを間違って記録していたなど、人的ミスの場合が多いのでその月どの程度配信ができており、残りいくら配信ができるのかを毎日確認することが重要です。

▼Google広告の概要・全体像についての詳しい記事はこちら

コメント

カテゴリー別記事

Google広告

新規顧客の獲得効率を最大化する

Google広告の基本から最新のノウハウまで公開

無料資料ダウンロード

 

勝てるメッセージとシナリオで成果を出し続ける
「YouTube広告運用マスターガイド」

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

山屋 竜之介

デジタルアスリート入社後、半年間、リスティング広告を始めとした10種類以上の広告媒体の知識を学び、運用を実施。業界問わず様々な案件の効果改善に努める。 その後大手広告代理店にて、テレビ局などのクライアントを対象とした案件にて広告運用を実施。自社と他社での広告運用経験を活かし、現在は主に自社サイトやメディアの管理、記事作成などのコンテンツ制作を担当している。

記事一覧を見る