Pinterestとは?話題のツールについて、今すぐ使えるように基本から解説します

Pinterestをご存知ですか?
Pinterestについてはまだ情報が少ないため、「名前は聞いたことがあるけど、何ができるのか知らない」「登録はしたけれど上手く使いこなせていない」という人も多いのではないでしょうか。
しかしPinterestには日本の大企業も多数アカウントを作り始めており、今後、Pinterestの存在はSNSマーケティングを行う上で大きくなっていくと予想されています。
今回はPinterestの使い方からメリット、Instagramとの違いなどについて、わかりやすく解説していきます。

Pinterestとは何か

《Pinterest – ピンタレスト》レシピやインテリア、ファッションなど生活をもっと楽しくしてくれるアイデアを発見・整理するツールです。 ― Pinterest公式より

PinterestはWeb上に掲載されている画像を自分のボードにピンして集めていくことができるツールです。

個人的に画像を保存するのではなく、ブックマークやリーディングリストに追加するようなイメージです。

Webマーケティングの仕事をしていると、Web上で広告デザインの参考やバナーの参考、プレゼン資料・・・など、参考にしたいアイデアに出会いますよね。
このように趣味やプライベートだけではなく、仕事でも参考になるアイディアをたくさん集めることができます。

また、画像は好みに合わせてフォルダ分けできるので、気になる画像をすぐに取り出せるように分別して追加していくことができます。

Pinterestのメリット

Web上にある画像を好きなように集めることができる

気になる画像をどんどん保存(ピン)できます。
画像をピンで収集することについては、画像を使用する訳ではないので著作権の心配はありません。
様々なサイトに掲載されている写真をボタン1つでまとめることができます。

また、その際にカテゴリに分けて保存できるのも便利な点の1つです。
仕事用・プライベート用で分けても良いですし、デザイン案、仕事術等細かく分けていくのもありです。画像の集め方は、自分の見やすいようにカスタマイズができます。

自分に興味のある情報だけを受け取ることができる

InstagramやTwitterと違って、対象をより細かくフォローすることが可能です。

普通のSNSでは、「この人のこの投稿には興味があるけど、関係ない投稿もいっぱいされていてタイムラインがどんどん流れて困る・・・」などということもありますよね。

Pinterestでは、より細かい単位でフォローできるので受け取る情報の精査ができます。

・ユーザーフォロー
その人自体をフォローすることです。InstagramやTwitterのフォローと一緒です。
・ボードフォロー
誰かが投稿している中の、興味のあるボードだけをフォローできます。
ユーザーフォローとは違い、興味のないボード情報は避けることができるので、無駄な情報まで入ってくることがありません。

 

使い方が簡単

何と言っても、Pintarestは操作がシンプルで使いやすいです。

とはいえ、最初にPinterestを開いた時には、画像が羅列されていてどう使えばいいのか迷った人もいるのではないでしょうか。
しかしやることは、気になる画像を押して、下の画像にある保存ボタンをクリックするだけです。

これだけで、様々なサイトに掲載されている画像をアルバムを作るイメージで、自分のボードへまとめられます。

Pinterestの基本用語

ピン

Web上にある画像を自分のボードへ保存することです。
ピンすると、このようにいろいろな画像を1つのボード(この場合はデザインという名前のボード)に集められます。

ボード

気にいった画像をピンする場所のことです。
このように、いくつかのボードに画像を分けて集められます。

Pinterestの使い方

ピンをする方法

■写真からピンを作成する場合

1.プロフィールで「+」をクリック
2.「ピンを作成する」を選択。

3.ドラッグ&ドロップまたはクリックして画像をアップロード。

4.ピンのリンク先URLを入力。説明文もあれば入力。
5.「ボードを選択」をクリック。
 メニューに表示されたボードの横にある「選択する」をクリック。
6.「保存」をクリック。

引用:写真からピンを作成する

外部サイトで見つけた画像からピンを作成する場合

■写真からピンを作成する場合

1.Pinterest のブラウザボタンをインストール(インストールしていない場合)
2.保存したいピンのサイトで、ブラウザのツールバーにある「P」アイコンをクリック。

3.ピンの画像を選択。

4.保存先のボードの横で「保存」をクリック。

引用:Pinterestのブラウザボタンでピンを保存する

■ブラウザボタンを使わずにピンを保存する場合

1.プロフィールで「+」をクリック。
2.「ピンを作成する」を選択。

3.「ウェブサイトから保存する」をクリックし、 URL を入力。

4.画像を選択して「ピンに追加する」をクリック。

5.「ピンの説明文を追加する」をクリックし、ピンの説明文を追加。
6.「ボードを選択」をクリックし、メニューに表示されたボードの横にある「選択する」をクリック。

7.「保存」をクリック。

引用:外部サイトからピンを追加する

リピンする方法

リピンとは、他のユーザーがピンしている画像をピンすることです。

1.「ユーザーのボード」へ移動。

2.画像を選択して「ピンに追加する」をクリック。
3.「ボードを選択」をクリックし、メニューに表示されたボードの横にある「選択する」をクリック。

サブボードを作成する方法

サブボードとは、ボードの中にあるボードのことです。
サブボードを作ることで、集めた画像をより細かく整理することができます。

1.プロフィールでボードをクリック。
2.ボードの上部にある「+ 」アイコンをクリック。
3.「サブボードを追加する」を選択する。

4.サブボードの名前を入力して「追加」をタップ。

5.サブボードに追加するピンを選択。

6.「ペン」ボタンをクリック。
7.保存したいサブボードを検索または選択。

8.「保存」をクリック。

シークレットボードの作成方法

自分と招待した人のみが見ることができる非公開のボードを作成できます。
シークレットボードの中にある画像はホームフィードや検索結果等どこにも表示されないようになります。

1.プロフィールで「+」をクリック。
2.「新規ボードを作成する」を選択。

3.「非公開」にチェックを入れる
4.「作成」をクリック。

既存のボードをシークレットにする方法

1.プロフィールで「ボード」をクリック。
2.非公開にするボードの「ペン」アイコンをクリック。

3.「シークレット」の横にあるスイッチをオンにする。
4.「保存」をクリック。

引用:シークレットボード

複数人でボードを共有する方法

複数人で1つのボードの画像を集めることができます。

1.プロフィールで共有したいボードをクリック。

2.「招待する」をクリック。
3.氏名、ユーザー名、またはメールアドレスで検索し、ボード参加者として追加したいユーザーに「招待する」を選択。

フォローをする方法

■ユーザーをフォローしたい場合(特定の人を探す)

1.検索バーにフォローしたい名前を入力し、Enter キーを押す。

2.検索バーの横にあるメニューで「ユーザー」を選択する。

3.友達のプロフィール写真をクリックし、プロフィールを開きます
4.プロフィールページの上部にある「フォロー」をクリックします

引用:友達を見つけてフォローする

ユーザーをフォローしたい場合(特定の人がいない場合)

1.プロフィールの「フォロー中」をクリック。
2.「フォローするユーザーを探す」をクリック。

3.カテゴリ別のおすすめが出てくるので気になる人をフォロー。

ボードをフォローしたい場合

1.保存したいボードの「フォロー」ボタンを押す

モバイルならアプリが便利

これまでPC版の使い方を説明してきましたが、Pinterestでは、iOS、android両方に専用アプリがあります。
モバイルを主に使用する場合は専用アプリがオススメですし、PC版との大きな違いはないのでWeb版に慣れていても安心です。

Pinterestを使えば、気になる画像を1度ダウンロードしてアプリを開いて投稿し直しという作業もないのでとても便利です。
(ブラウザから直接Pinterestのボードに投稿できるようになる機能を搭載されている為です。)
 

導入企業の具体例

実際に導入している企業はどのように活用しているのでしょうか。

H.I.S. Japan

ボードに自社で撮影した写真だけではなく、Instagramで投稿された写真用のボードを作るなどして旅のイメージを沸かせるように工夫がされています。

SNSでは自社の商品を紹介しなければいけないのでは?と思いがちですがそうではありません。

ユーザーに商品・サービスのイメージに合った画像をピンしてもらうことで、自社の商品・サービスのイメージを膨らませることができるようになります。Web上の画像をピンすることができるPinterestだからこその使い方です。

PinterestとInstagramの違い

Pinterestと同様、画像がメインのInstagramとはどう違うのか確認していきましょう。

Instagramの場合
過去の投稿(行った場所、食べた料理、買った物など)

友人や知り合いなど誰かと日常をシェアすることを目的としたツール

Pinterestの場合
未来の投稿(行ってみたい場所、気になるレストラン、欲しい服…等)

アイディアやこれから始めたい事をまとめることができるツール

 
このように時系列に差があります。Pinterestはアイディアを膨らませるツール、Instagramは思い出や日常を共有するツールというのが、大きな違いです。

Instagram広告の成功事例 8選まずはInstagramの公式サイト「Instagram Business」より、成功事例をご紹介します!Instagram広告とは?、について詳しく知りたい方はこ...

ストーリーズ(stories)とは?ストーリーズとはInstagramの通常のフィード(タイムライン)とは別に、より日常的な写真や動画の投稿、ライブ配信が行える機能です。フ...

まとめ

アイディアをどんどん集め、見やすいように整理できるPinterestは、今までのSNSとはまた違った使い方ができます。

商品認知はもちろんユーザーが持つ商品・サービスのイメージを膨らませることも可能です。
使い方がシンプルな為、投稿する文章を考える手間も省けます。SNSへの投稿が苦手という人にも使いやすいツールです。

まだ日本人ユーザーが少ない今のうちに参入すれば、将来的にWebマーケティングに活用できるでしょう。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧