インハウス運用とは?基本から成功する企業の特徴まで徹底解説

昨今、Web広告を専門の広告代理店に委託するのではなく、インハウス運用する企業が増加しています。

もちろんこのインハウス運用には大きなメリットがありますが、その一方で大きなデメリットもあります。
自社のマーケティングをどちらにすればいいのか判断しかねている方も実際多いです。

本記事では、インハウス運用について概観したのちに、陥りがちな失敗事例について紹介します。
そのうえで、成功を掴む企業の特徴について説明します。

記事を読み終わるころには、自社のマーケティングをどちらにすればいいのか判断できるようになっているはずです。

インハウスとは

会社で発生する必要な業務に社内のリソース(社員)を使って対応することを一般に「インハウス」といいます。
一方で、社外のリソースを使って対応することを「アウトソーシング」といいます。

一般的にどの企業も基本的な作業は「インハウス」で対応しますが、専門知識やコストが大きく発生してしまうものに関しては、「アウトソーシング」することもあります。

インハウスのメリット

インハウスのメリットは、大きく2点あります。

ノウハウが溜まる

1つは、ノウハウがたまるという点です。

インハウスの場合は、その業務を通して携わった社員のスキルと知見がたまります。
これは、ノウハウとして会社の財産になります。

ノウハウがたまれば、同じような業務をする際に生じる時間とコストを削減することができます。

コストを抑えられる

もう1つは、コストを抑えられるという点です。
常にコストを抑えられるわけではありませんが、発生した業務についてスキルと知見をもった社員が自社にいる場合、社内だけで業務を完結することができます。

自社の社員だけで対応できない場合は、アウトソーシングをする必要があります。
アウトソーシングでは、メリットとして専門的な知見やスキルを簡単に手に入れることができるというものがありますが、どうしても多くの費用が発生してしまいます。

インハウスの場合は、アウトソーシングで発生する費用を抑えられるためコストの面で優れていると言えるでしょう。

インハウスのデメリット

一方でデメリットですが、こちらも大きく分けて2つあります。

社員の退職が影響する

1つは、優秀な社員が退職してしまうと業務に対応しきれなくなるという点です。
業務が「属人化」しすぎている場合、このリスクが常にあります。

最新情報のキャッチアップが大変

もう1つは、外部の情報にキャッチアップすることが難しいという点です。
企業の周辺環境は目まぐるしいスピードで変化します。

自社の社員だけで業務に対応している場合、外部の情報を得る手段があまりなく、それが原因で情報をとりこぼすことや、追いつけないということが発生するリスクがあります。

インハウスとアウトソースの違い

インハウス運用の失敗パターン

アウトソーシングと比べてメリットが多いインハウスですが、その分失敗するリスクもあります。
次はよくある失敗パターンを2つ紹介します。

スタッフが辞めてしまった場合

インハウスのデメリットの項でもデメリットとして紹介しましたが、優秀なスタッフが突然退職してしまった場合、業務へのインパクトは大きいです。

例えば、最近の中小企業では自社のITシステムを1人が担当している事がよくあります。
この社員がある日突然退職したらどうなるでしょうか。

これまで、当たり前のように行っていたインターネット環境周りから、通信周りまでその業務を担当できるリソースが社内から無くなってしまいます。

ノウハウがたまるといっても、そのたまる先が1人の社員の場合その業務は「属人化」してしまいます。
これは、大きなリスクです。

自社だけで回そうとした場合

こちらもインハウスのデメリットで少し触れましたが、インハウスの場合は自社のみで業務に対応するため外部との情報交換が発生しにくいです。
そうなると常に移り変わる業界環境の流れから取り残されてしまうリスクがあります。

他社が取り入れているより効率の良い方法や、これから先の業界の動向といったような企業活動に大きくかかわるような情報を掴み損ねたとき、その代償は大きいです。

この場合、少し費用は発生しますが、外部のセミナーやコンサルタントに頼ることで情報の変化から取り残されるリスクを最小化するのが最善でしょう。

インハウス運用成功の秘訣

次は失敗パターンを踏まえたうえで、どうしたらインハウスが成功するかについて紹介します。

視野を広く持つ

インハウス成功の秘訣は、まず視野を広く持つことです。

「自社で頑張ろう」となった時、どうしてもコンバージョン率やクリック率といった目先の数値を追ってしまいがちです。

これ自体は悪いことではありません。数値が改善することで、広告の運用が改善されることはよくあります。

しかし、だからといってこの数字捉われすぎて、目的を忘れてはいけません。
例えば、コンバージョン率を挙げる施策を打った結果、商材の解約率が上がってしまい、本来目的としていた「売上を伸ばす」という目的を達成できないということがあります。

目の前の数値ばかり見ていると、大きな目標が見えなくなりがちなのです。

数値から一歩下がって、今の施策は目標達成に本当に必要かを見つめなおせる企業が成功します。

常に最新の情報にキャッチアップ

特に情報の変化の速いWeb広告の業界では、常に最新の情報にキャッチアップすることを心がけなければいけません。

インハウス運用の担当者が常に、外部のセミナーやコンサルタントとコミュニケーションをとり能動的に情報を獲得しにいかない限り、必ず情報の変化に取り残されます。

新しい情報に更新するという目的だけで外部のコンサルタントと契約するのも、このリスクを少なくする手段の1つです。
インハウスだからと言って、アウトソーシングをしてはいけないわけではありません。
臨機応変に柔軟な対応をとる必要があるでしょう。

まとめ

インハウスの広告運用には、メリットだけでなくデメリットもあります。
しかしそのデメリットは、例えばアウトソーシングを一部取り入れることで解消できます。

インハウス、アウトソーシングの枠組みにとらわれず目的に応じて柔軟に対応することが大切です。

どれくらい柔軟に対応できるかが、自社の売り上げを伸ばせるかを決定すると言っても過言ではありません。

ぜひ今一度、インハウスとアウトソーシングの概要と目的を確認しなおしてみてくださいね。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

リスティングプラスが過去に出版した「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする(全161ページ)