マーケティングを業務委託するメリットや費用相場、マーケターの選び方について解説

  • 2023.5.22
  • 2,050 Views
bpo2

マーケティング業務の委託は、企業の成果を最大化するための有効な手段です。外部のマーケターは専門知識と経験を持ち、最新のトレンドに精通しています。委託することで企業は内部リソースを節約し、他の業務に集中できます。

委託先の選び方では、ポートフォリオや口コミの確認、適性評価を行いましょう。費用相場は業務内容やプロジェクトの規模により異なりますが、一般的には月額数万円から数十万円程度が目安です。個別に相談し、マーケターとのコミュニケーションと契約条件の明確化を行うのが良いでしょう。

本記事では、マーケティングを業務委託するメリットや費用相場、選び方について解説します。業務委託を活用し、ビジネスのPDCAを高速で回していきましょう。

マーケティングを業務委託するメリット

専門知識と経験

マーケターはデジタルマーケティングや広告などの専門知識と豊富な経験を持っています。彼らの専門知識と洞察力を活用することで、戦略的なマーケティングプランを立案し、効果的な施策を実行できます

リソースと時間の節約

マーケティング業務は複雑かつ時間のかかる作業です。マーケターに業務を委託することで、企業は自社リソースを節約し、他の重要な業務に集中できます。また、マーケターは効率的なプロセスを持ち、迅速にタスクを遂行することができます。

 

最新のトレンドとテクノロジーの活用

マーケターは常に最新のトレンドやテクノロジーにアンテナを張っています。業界の動向や新たなチャンスを把握し、それをビジネスの成長に活かすことができます。

客観的な視点とクリエイティブなアイデア

マーケターは客観的な視点でビジネスを分析し、新たなアイデアを提供することができます。彼らのクリエイティブな発想力と広い視野は、新しいマーケティング戦略や施策の開発に貢献します。

効果と成果の最大化

マーケターはデータ分析や効果測定を行いながらマーケティング活動を最適化します。目標達成に向けた戦略的なアプローチを取り、効果と成果を最大化することができます。

 

これらのメリットを活かすことで、企業はマーケティング活動の効果を高め、競争力を強化することができます。

業務委託できるマーケティング内容

マーケターに依頼できる業務内容は多岐にわたります。特に需要が高まっているWebマーケターの例を挙げて解説します。

Webマーケターは、主に「広告運用」「SNSマーケティング」「コンテンツマーケティング(SEO)」「データ分析」「Webコンサルティング」といった業務に従事します。

広告運用では、バナーや動画広告を活用し、特定のWebサイトへのアクセスを増やします。

SNSマーケティングでは、InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSチャネルを活用し、ブランドの露出や顧客のエンゲージメントを促進します。

コンテンツマーケティングでは、SEO対策やコンテンツの最適化を行い、ウェブサイトの上位表示を目指します。

データ分析では、収集したデータを分析し、マーケティング戦略の評価や改善策の提案に活用します。

また、Webコンサルティングでは、総合的なマーケティングサポートを行い、企画立案から改善まで幅広い領域にわたる支援を提供します。

これらの業務内容を含め、マーケターには幅広いスキルセットが求められます。依頼する際は、具体的な要件や目標を明確化し、マーケターの専門知識と経験に基づく効果的なサポートを期待しましょう。

広告運用

広告運用は、バナー広告や動画広告などの様々なWeb広告を出稿し、特定のWebサイトへのアクセスを増やし、売上増加を目指すマーケティング手法です。

広告を掲載するには出稿費用がかかるため、効果が出ない場合には赤字になる可能性もあります。したがって、広告運用では効果の最大化と費用対効果の向上が重要な課題となります。

一方で、効率的に広告を利用すれば早い段階で成果を得ることができます。特に、ターゲットを正確に絞り込んだ広告配信や効果測定に基づいた最適化を行うことで、成果を最大化することができます。そのため、企業からは広告運用に対する需要が高まっており、Webマーケターのスキルや知識が求められています。

広告運用は、費用対効果の大きい手法として注目されていますが、その成功には適切なターゲティングやメッセージの設計、データの分析と改善などが欠かせません

Webマーケターは、戦略的な広告運用を通じて企業の目標達成に貢献するため、常に最新のトレンドやベストプラクティスにアンテナを張り、継続的な学習と改善を行うことが重要です。

SNSマーケティング

SNSは、ビジネスにおいても欠かせないツールとなっています。企業がSNSを活用することで、ブランドの知名度向上や顧客とのコミュニケーション強化、商品やサービスのプロモーションなど、様々な目的を達成できます。

しかし、SNSマーケティングにおいては、まだまだ専門家の数が少ないのが現状です。
そのため、企業はマーケティング戦略を模索する必要があります。SNSの特性やユーザーの傾向を理解し、効果的なコンテンツ作成や広告戦略の展開が求められます。

Instagram、Twitter、Facebookに加えて、YouTubeやTikTokなどのSNSの需要も急速に高まっています。これらの主要なSNSを活用したWebマーケティングは、今後さらに効果が高まると予測されます。SNSはユーザーの関心や嗜好を把握しやすく、リアルタイムな情報共有が可能です。そのため、迅速かつ効果的なマーケティング施策が期待できます。

SNSマーケティングは、企業が重要視すべき業務の一つと言えるでしょう。戦略的なSNS活用によって、顧客との関係構築やブランドイメージの向上、販促効果の最大化などを実現も可能です。企業は専門家の協力を得ながら、SNSマーケティングの力を最大限に活かしましょう。

コンテンツマーケティング(SEO)

SEOは、Webマーケティングにおける基本的な戦略であり、Googleなどの検索エンジンを活用して特定のWebサイトを上位に表示させるための手法です。

SEOの対策には、キーワードの設定や見出しタグの最適化、パンくずリストの設定など、さまざまな要素が含まれます。しかし、これらの対策だけでなく、高品質で有益なコンテンツの提供や外部からのバックリンクの獲得なども重要です。

SEOは、競争が激しいオンライン環境において、Webサイトの可視性を向上させ、ターゲットユーザーにアクセスを促すために不可欠な要素です。

さらに、検索エンジンのアルゴリズムの変更や新しいテクノロジーの出現に合わせて、SEOの手法も進化しています。Webマーケターは常に最新のトレンドやベストプラクティスにアンテナを張り、継続的な改善を行うことが求められます。

総じて、コンテンツマーケティングにおけるSEOは、Webサイトの可視性を高め、より多くのユーザーにアクセスしてもらうための重要な要素となっています。

データ分析

WebサイトやSNSの運用において、アクセス状況の収集とデータ分析は重要なWebマーケティングの一環です。

データ分析を行い、その結果を次のマーケティング活動に反映させることで、PDCAサイクルを繰り返すことが可能となります。データ分析スキルは、実績や過去の業務内容をヒアリングすることで判断することができるでしょう。

データ分析によって得られる情報は、Webサイトのトラフィックやコンテンツの効果、ユーザーの行動パターンなど、貴重なインサイトを提供してくれます。これにより、効果的なマーケティング戦略の立案や改善が可能となります。

データ分析のスキルを持ち、継続的なデータ収集と分析を行うことで、より効果的なWebマーケティングを展開することができます。データに基づいた意思決定は、マーケティング活動の成功に不可欠です。

Webコンサルティング

Webコンサルティングにおいては、コンサルティング業務のスキルと経験が重要です。
Webコンサルティングは、企画から運用、分析、改善まで、Web上の様々なチャネルを総合的に活用し、売上向上につなげるための重要な業務です。

一般的に、Webコンサルティングの業務内容は曖昧に感じられることがありますが、マーケティング戦略やデジタル広告、Webサイト改善など、幅広い領域にわたります。コンサルタントは、顧客のニーズや目標を理解し、それに基づいて適切な戦略を策定し、最適な解決策を提供します。

特に、マーケティング業務を一任される場合には、Webコンサルティングのスキルは重要視されます。顧客のビジネスニーズに合わせた戦略の立案や効果的なキャンペーンの実施、データ分析と改善策の提案など、総合的なマーケティング支援が求められるのです。

Webコンサルティングには、ビジネス理解力、コミュニケーション能力、分析力、クリエイティブな発想力などが必要とされます。また、常に最新のトレンドやテクノロジーに対する知識を持ち、変化するデジタル環境に適応できる能力も求められます。

総じて、Webコンサルティングは企業の成長や成功において重要な役割を果たします。コンサルタントは、顧客のビジネスの成功をサポートするために、幅広いスキルセットと経験を活かして戦略的なアドバイスを提供する必要があります。

マーケティング業務委託の費用相場

広告運用

広告運用の費用は、広告メディアの選択、広告予算、広告キャンペーンの規模によって大きく異なります。広告運用には、広告クリエイティブの作成、広告キャンペーンのセットアップ、効果測定などの業務が含まるところもあれば、含まれないところもあるため、どこまで対応してくれるのかの確認は必須です。月額数万円から数十万円以上の費用が発生することが一般的です。

企業A: 広告クリエイティブの作成、キャンペーンのセットアップ、効果測定で広告費の20%の代行手数料が発生。ただし、広告費が50万円以下の場合は、月額10万円の代行手数料が発生する。
企業B: 広告クリエイティブの作成、キャンペーンのセットアップ、効果測定、広告外の改善提案で月額25万円の代行手数料が発生。

SNSマーケティング

SNSマーケティングの費用は、SNSチャネルの選択、コンテンツの作成、広告キャンペーンの実施などによって異なります。月額数万円から数十万円程度の費用が一般的です。

企業A: SNSチャネルの選択、コンテンツの作成で月額20万円。(広告キャンペーンの実施は含まれない)

コンテンツマーケティング(SEO)

コンテンツマーケティングにおけるSEOの費用相場は、プロジェクトの規模や要件によって大きく異なります。一般的に、キーワードリサーチ、コンテンツ戦略の策定、SEO最適化などの作業には、月額数万円から数十万円程度かかる場合があります。

企業A: キーワードリサーチ、コンテンツ戦略の策定、SEO最適化コンサルティング、月額20万円
企業B: キーワードリサーチ、コンテンツ戦略の策定、コンテンツの作成(5つ)で月額50万円

データ分析

データ分析の費用は、データの収集・整理・分析、レポート作成、洞察と改善策の提案によって異なります。プロジェクトの規模やデータの複雑さによって変動しますが、月額数万円から数十万円以上の費用がかかる場合があります。

Webコンサルティング

Webコンサルティングの費用は、プロジェクトの要件やコンサルティングの範囲によって変動します。戦略立案、マーケット調査、顧客分析、ウェブサイト改善などの業務が含まれます。月額数万円から数十万円以上の費用が一般的です。

これらの費用相場は一般的な目安であり、実際の費用はプロジェクトの要件や専門家の経験などによって異なる場合があります。個別の要件に応じてマーケターとの詳細な相談を行うことが重要です。

業務委託するマーケターの確認すべきスキル

デジタルマーケティング知識

マーケターはデジタルマーケティングの基礎知識を持っていることが重要です。Web広告、SEO、SNSマーケティングなどの領域に精通しているか確認しましょう。

データ分析能力

マーケターはデータを収集し分析し、貴重な洞察を得る能力が求められます。データ分析のスキルやツールの利用経験を確認し、データ駆動型の意思決定ができるかを確認しましょう。

クリエイティブ思考

マーケターはクリエイティブなアイデアを生み出し、効果的なコンテンツやキャンペーンを作成する必要があります。クリエイティブ思考力やストーリーテリングのスキルを重視しましょう。

コミュニケーション能力

マーケターは顧客やチームとのコミュニケーションが重要です。効果的なコミュニケーションスキルやプレゼンテーション能力を持っているかを確認しましょう。

プロジェクト管理能力

マーケターは複数のプロジェクトを同時に管理し、期限を守って成果を出す必要があります。プロジェクト管理の経験や能力を評価し、タスクの優先順位設定やタイムラインの管理能力を確認しましょう。

 

これらのスキルは、マーケターが業務を効果的に遂行するために重要です。応募者の経歴や実績を評価し、求めるスキルセットが備わっているかを確認することが重要です。

業務委託するマーケターの探し方

ポートフォリオの確認

マーケターのポートフォリオをチェックし、過去の仕事や実績を評価しましょう。彼らの経験やスキルが要件に合致しているか確認することが重要です。

口コミや参考情報の収集

口コミやレビューなどの情報を収集し、他のクライアントの評価や満足度を確認しましょう。信頼性や信用性の高いマーケターを見つけるためには、他の人の意見や評判を参考にすることが有益です。

インタビューと適性評価

マーケターとの面談やインタビューを行い、彼らの知識、スキル、コミュニケーション能力を評価しましょう。また、実際の業務に関連する課題やシナリオについての適性評価も行うことが有効です。

マーケティングネットワークの活用

マーケティングコミュニティや専門のプロフェッショナルネットワークを活用して、優れたマーケターを見つけましょう。業界のイベントやオンラインフォーラムに参加し、他の専門家との交流を通じて有望な候補者を見つけることができます。

レビューと契約条件の明確化

マーケターとの契約前に、提供されるサービス、業務範囲、報酬、納期などの条件を明確にすることが重要です。契約書を作成し、双方の期待や義務を明確にした上で業務を委託しましょう。

 

これらの方法を組み合わせて、適切なマーケターを見つけることができます。信頼性の高い候補者との十分なコミュニケーションを取り、プロジェクトの目標と期待を共有することが成功への鍵です。

 

マーケティングを業務委託する際に注目すべきポイント

マーケティングを業務委託し、潜在的なリスクを回避し成功させるためには、いくつかの点に留意する必要があります。
以下に重要な考慮事項をいくつか示します。

仕事の範囲を明確に定義する

マーケティングを業務委託する前に、仕事の範囲を明確に定義し、それをフリーランサーまたは代理店に伝えることが重要です。これにより、全員が同じ認識を持ち、期待を一致させることができます。

適切なフリーランサーまたは代理店を選択する

フリーランサーまたは代理店を選択するときは、その経験、専門知識、実績を考慮することが重要です。あなたの業界での経験があり、参考資料やケーススタディを提供できる人を探しましょう。

明確なコミュニケーション手段を確立する

コミュニケーションも重要です。明確なコミュニケーション手段を確立し、コミュニケーションの頻度と共有する必要がある情報についての期待値を設定します。

現実的なタイムラインを設定する

プロジェクトの現実的なタイムラインを設定し、それをフリーランサーまたは代理店に明確に伝えましょう。これにより、全員が同じ期限に向かって作業し、プロジェクトを順調に進めることができます。

知的財産を保護する

マーケティングを業務委託する場合、知的財産を保護することが重要です。フリーランサーまたは代理店との契約には、機密保持および秘密保持契約を必ず含めるようにしましょう。

これらの点に留意することで、アウトソーシングを確実に成功させ、熟練したマーケティング専門家と協力するメリットを得ることができます。

まとめ

マーケターに依頼できる業務内容は多岐にわたります。今回は特に需要が高まっているWebマーケターの例を挙げて解説しました。

Webマーケターは、主に「コンテンツマーケティング(SEO)」「広告運用」「SNSマーケティング」「データ分析」「Webコンサルティング」といった業務に従事します。

これらの業務内容を含め、マーケターには幅広いスキルセットが求められるため、依頼する際は、具体的な要件や目標を明確化しましょう。そして、業務委託を活用し、ビジネスのPDCAを高速で回していきましょう。

無料資料ダウンロード

 

勝てるメッセージとシナリオで成果を出し続ける
「YouTube広告運用マスターガイド」

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

デジタルアスリート株式会社
デジタルアスリート株式会社

1,890社以上の支援実績と最新のWebマーケティングノウハウで、あなたのビジネスを支援。売上・集客を最大化します。

記事一覧を見る