YouTube広告代理店おすすめ5選!代理店の選び方を徹底解説

  • 2022.5.18
  • 2023.2.20
  • 10,166 Views

YouTube広告は動画の需要が高い現代において、非常に注目されている広告です。

このYouTube広告を活用して、マーケティング活動を行っている企業も多くなっています。YouTube広告の運用には、広告用動画の制作や広告運用の設定のためのリソースやノウハウが必要です。

しかし、自社でYouTubeの動画制作や広告を運用をできる体制やノウハウが整っている企業は多くないのが実情でしょう。

本記事では、YouTube広告の特徴から代理店に運用を依頼するメリット・デメリット、おすすめの広告代理店について解説をします。費用相場まで詳しく記載していますので、ぜひ代理店選びの参考にしてみてください。

YouTube広告の特徴

まず運用する前に確認しておきたいYouTube広告の基礎知識についてお伝えしていきます。

YouTube広告は、YouTubeで動画を視聴する際に、動画本編が始まる前や、動画の視聴中に表示される動画広告のことです。YouTube広告は数種類あり、何秒か再生するとスキップできるものとできないものがあります。

この複数あるYouTube広告の管理は全て、Google広告の管理画面で設定することができます。宣伝したい商品やサービスに興味のあるユーザー層のみに配信ができるのがメリットです。

また、広告に興味のないユーザーは広告をスキップしますが、その際広告費は発生しません。よって、費用対効果が高い広告運用が可能です。

そして、YouTubeの18歳以上の国内月間ユーザー数は、2022年5月時点で7,000万人。これは18歳以上の日本人の65%以上に当たります。ユーザー数が圧倒的に多いプラットフォームなので、ジャンルや商品・サービス次第ではリスティング広告よりも高い効果が得られることもあるのです。

YouTube広告代理店とは

YouTube広告代理店とは、Google広告の動画広告(YouTube)でのマーケティングを支援する会社です。

外部に依頼したいと考える広告主(事業会社)が、依頼するのがYouTube広告代理店です。一般的にYouTube専門で支援している企業はあまりなく、あくまで他の媒体の支援と合わせてYouTubeの広告運用や動画制作を請け負っている代理店が多い印象です。

事業会社がマーケティング施策として、YouTubeに広告を出したいと考えた際に、社内にノウハウやリソースが不足しているケースが多いのではないでしょうか。

広告代理店にはYouTubeの広告運用の経験が豊富なため、社内にノウハウや知見、他の媒体と連動した施策など事例が溜まっているケースが多いです。そのため全くノウハウがない状態から始める場合は、代理店に依頼することで無駄なミスを避けることができます。

YouTube広告は動画クリエイティブが必要になるため、テキストや画像と比べクリエイティブの作成に工数(費用)がかかるため、代理店に全てお任せでYouTubeに広告を掲載したい場合、広告を配信する代行費の他に動画クリエイティブを作成する製作費が必要になるケースが多いです。

また代理店のYouTube支援も、YouTube広告運用とYouTubeのチャンネル運用に分かれます。どちらも対応している代理店もありますが、YouTubeで広告を配信したいのか、YouTubeのチャンネル運用(動画の企画立案・撮影・編集・アナリティクス分析など)を依頼するかは区別して考えましょう。

YouTube広告代理店の業務内容

では、次に実際にYouTube広告代理店はどのような業務をしているか解説していきます。

他の広告媒体と同様に、YouTube広告代行においてもユーザーや競合のリサーチ、配信戦略の構築、クリエイティブ作成、配信後のレポート作成などを行います。

アカウントの開設から各種設定、入稿、アカウントの分析や改善策の立案・実行まで全て代理店の担当者が行います。
代理店に依頼することで、社内リソースを浮かせ他の業務に専念することが可能になります。

YouTube広告運用では、広告用の動画制作を運用と一緒に依頼されることも多いです。
どのような動画クリエイティブを作成するか広告主をすり合わせを行い、クリエイティブを制作して実際に配信していきます。

動画クリエイティブも一回作って終わりではなく、ユーザーの反応を見て改善していきます。

※画像広告と比べて動画クリエイティブは制作費が高いため運用費の他に費用がかさむ可能性も想定しなければいけません

YouTube広告の運用は代理店に頼むべきか?

YouTube広告の運用を代理店に頼むべきか?その答えはイエスです。
YouTube広告の運用者の視点からその理由をお伝えします。

YouTube広告は動画広告である、というのが大きな理由のひとつです。

YouTube広告を配信するにはまず動画を用意する必要がありますが、動画の制作費は5分以内の動画だとしても、20〜30万円、またはそれ以上の費用がかかります。

自社にYouTube広告のノウハウが何もない状態で、高額な費用をかけて動画を制作しても、その動画で成果が上がらない場合、また同じ費用をかけて動画を作り直さなければなりません。
そして作り直したとしても、その動画が成果を上げられるかはわかりません。

YouTube広告もリスティング広告やディスプレイ広告と同様、運用型広告になりますが、テキスト広告やバナー広告と違うのは「見込んだ成果が出せなくてもすぐ差し替えられない」という問題点があります。

初めてのYouTube広告で成果を出すには、配信する動画自体のクオリティが重要になります。自社にノウハウが無ければ、どういった動画が反応を取れるか、というのは一切わかりません。

ノウハウが全く無い状態でYouTube動画をはじめるのは非常にリスクが高いと言えます。

自社にすでにYouTube広告のノウハウがある、動画の制作も自社でまかなえる(社内に動画制作のリソースがある)、という状況であればこの限りではありません。

YouTube広告の運用を代理店に頼むメリット

YouTube広告を代理店に依頼する4つのメリットをお伝えします。

ノウハウがあるため成果が出やすい

YouTube広告を運用する際、どの種類の広告を活用し、どのように運用・管理すればよいのかがわからないことがあります。そのうえ、広告の金額が適切かどうかの判断も難しいでしょう。

YouTube広告に特化した代理店は、これまでの運用経験からノウハウが蓄積されています。そのノウハウを活用して、広告主の目的やニーズを理解し、YouTube広告の効果を最大限に発揮させることができます。

人手不足を補える

動画広告の運用にはさまざまな工程があり、通常の広告運用よりもリソースが多くかかります。YouTube広告の運用にリソースが偏ることもあり、そうなっては他の業務に使う時間が減り、行き詰まってしまう可能性が高まります。

YouTube広告の運用・管理を代理店に依頼することで、定例ミーティングや確認作業のみで済み、他の本質的な業務に集中することができます。

質の高いクリエイティブを維持できる

広告代理店は様々なメディアを熟知しており、動画制作の選択肢は豊富です。さらに、映像制作に携わる熟練したクリエイターが動画制作に携わることにより、品質の高い動画広告が作れます。

また、ユーザーの興味を引くような想像力豊かなコンテンツが作れることも魅力のひとつです。

他の施策との連動が可能である

広告代理店にYouTubeの運用を依頼することで、他のメディア(検索広告、ディスプレイ広告、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNS広告)との施策と連動したマーケティング支援が可能になります。

企業が予算を確保しプロモーションをする際、ユーザー層の属性や特性に合わせて媒体を複数展開し、それぞれのメディアに精通している担当者にまとめて依頼することができます。

例えば、YouTube広告と、ディスプレイ広告、SNS広告で認知を一気に拡大しよう、その後興味を持って検索したきたユーザーをリスティング広告で獲得していこうなど、同じ会社に依頼することで施策の連動が容易になります。

また企業視点で考えても、1つの会社に任せた方がコミュニケーションコストが減るため、業務を効率化できるなどのメリットがあります。

YouTube広告を代理店に頼んだ場合のデメリット

続いてYouTube広告を代理店に依頼するデメリットです。

広告の効果が代理店によって左右される

広告代理店では、広告運用の全プロセスを代理店が管理することになるため、広告の効果は代理店の熟練度にかかっています。広告主(運用代行を依頼する側)は、最も効果の高い代理店に依頼したいと思うのが当然です。

しかし、数ある代理店の中で、どこが最もスキルが高いのか、優秀かを判断するのは難しいことです。 そこで、YouTube広告だけでなく、Google広告の運用もできるGoogle認定の代理店を選ぶとよいでしょう。

また、広告主が代理店の効果に疑問を感じた場合、他の代理店にセカンドオピニオンを依頼することも、広告代理店の正確性を確保するための良い方法です。

運用代行の手数料が発生する

YouTube広告の運用代行を利用すると、運用の手数料を代理店へ支払うことになります。自社で運用すれば、発生しない費用が発生してしまうのがデメリットといえます。

しかし、これは手数料=余分な支出と捉えたらデメリットになりますが、自社で運用をしないかわりに自社のリソースが確保できるというメリットにもなります。

運用ノウハウを蓄積できない

YouTube広告の運用代理店を利用すれば、予算とクリエイティブの最終承認だけで、運用はすべて代行会社が行うため、プロセスが簡素化されます。

しかし、この方法では、YouTube広告の運用に関するノウハウを自社内にためにくいともいえます。 社内にノウハウを蓄積するためには、代理アカウントの公開をしてもらうことが必要です。そして、代理店の担当者にも、なぜその業務を行っているのか、疑問があれば質問をします。

また、代理店によっては自社での運用をバックアップしてくれるところもあるので、運用代行のサービスを利用しながら理解を深めていくことも可能です。

YouTube広告代理店の手数料はどのくらい?

ではYouTube広告の運用を代理店に依頼した場合、代行手数料はどのくらいかかるのでしょうか。

YouTube広告運用代行手数料の相場

YouTube広告の運用代行手数料の相場は月額10〜50万円の固定費が標準ですが、広告予算によっては広告費の20%〜を手数料に設定している代理店も多いです。

YouTube広告運用代行のサービス範囲

YouTube広告の運用代行手数料別に見るサービス提供範囲の傾向です。YouTube動画の配信目的と状況によって適切な代理店を選びましょう。

料金サービス提供範囲適した状況
月額10万円前後・広告運用
・計測設定
・レポート作成
・認知目的
・配信する動画が決まっている
・短期の期間限定配信
月額20~30万円・広告運用
・計測設定
・レポート作成
・動画ディレクター・コンサルタントより改善案の提案
・認知目的
・CV目的
・配信する動画が決まっていない
・自社で動画を制作できる
・長期運用前提
月額50万以上・広告運用
・計測設定
・レポート作成
・動画ディレクター・コンサルタントより改善案の提案
・動画制作
・認知目的
・CV目的
・それ以外の目的
・配信する動画が決まっていない
・自社で動画を作成できない
・長期運用前提

YouTube広告代理店を選ぶポイント

手数料以外の部分で、YouTube広告の代理店を選ぶポイントをお伝えします。

料金体系の違い

担当者の運用スキルや対応、施策のスピードなども重要ですが、最も気になるのは料金ではないでしょうか。

YouTube広告運用の場合、想定される費用は広告運用代行費(相場は20%)プラス動画製作費用になります。

運用代行費は、予算が多い場合交渉してもう少し下げてもらうことも可能でしょう。動画の制作費用は代理店によって大きく異なる可能性があります。どのくらいの尺の動画なのか、クオリティーをどこまで求めるかなどによって変わるため気になった代理店何社かに見積もりをもらいサービス内容を比較して決めることをおすすめします!

予算とリソースの確認

代理店や依頼する内容によって予算は変わってきます。広告の運用だけではなく、動画の制作まで依頼する場合、別途制作費がかかります。

画像のクリエイティブとは違い、動画クリエイティブは制作費が高い為、運用から広告動画作成まで全て依頼する場合30万円~50万円程かかるでしょう。

予算が少なく、できるだけ低リスクから始めたい場合は、外部のフリーランスなどに動画制作を依頼することで、運用だけ代理店に依頼するなども可能です。

初期費用はいくらか、固定でどのくらいの費用が必要かなど複数の代理店から見積もりをもらい比較して納得できる代理店を選びましょう。どのような形態でサポートしてくれるのか細かく確認することで、ミスマッチを防ぐことができます。

YouTube広告アカウントを広告主が閲覧できる

最も重要なポイントはYouTube広告アカウントを広告主が閲覧できる状態で運用しているか、という点です。

「代理店に運用を依頼することで自社ノウハウが貯まらない」を、代理店に依頼するデメリットとして上げなかったのは、この点が前提となっているためです。

YouTube広告を代理店に依頼したとしても、その運用状況を確認出来る状態であれば、自社にもノウハウは貯まります。仮に最初から運用がうまくいかなかったとしても、「うまくいかなかった事例」をノウハウとして貯めることが出来ます。もちろんうまくいった場合も同様です。

YouTube広告の運用を代理店に依頼する場合は、必ず広告アカウントを公開している代理店を選びましょう。

YouTube動画広告の制作サービスを提供している

YouTubeの動画の制作実績があるかどうかもポイントとして重要です。

YouTubeチャンネルもしくはYouTube広告動画の制作実績がある=ユーザーの反応が得られる動画制作のノウハウが蓄積されている、という事になるからです。

YouTubeチャンネル運用のコンサルティングサービスを提供している

YouTubeチャンネル運用のコンサルティングサービスを提供している代理店は、現時点では少数かもしれませんが出来れば押さえておきたいポイントです。

実はYouTube広告アカウントの管理画面上で取得出来るデータは多くありません。
YouTube広告として設定する動画はYouTubeチャンネル上にアップロードする必要がありますが、そのYouTubeチャンネルの管理画面では、広告アカウントのそれよりも有益な情報が得られます。

具体的には、YouTubeチャンネルのアカウントには「YouTube アナリティクス」といいうアクセス解析ツールがあり、動画の視聴回数や再生時間だけでなく、動画視聴者が何を経由して動画視聴に至ったのか、またどの関連動画から流入してきたのか、トラフィックソースの詳細が確認出来ます。

視聴者の年齢や性別、動画から離脱した視聴時間、視聴者が再生した他の動画やチャンネルなども把握できます。

そしてその多くは、YouTube広告アカウントの管理画面上では入手できない情報です。

広告運用の最適化にはデータ量が必要になります。
YouTubeチャンネルのコンサルティングサービスを提供している代理店は、YouTubeチャンネルで得られるデータの活用方法を把握しています。

広告運用だけでは入手できない、YouTube アナリティクスの多くのデータをYouTube広告の運用に活用することにより、YouTube広告のパフォーマンスを向上させることが可能になります。

YouTube広告のみのノウハウを持っている代理店と、YouTube広告とより詳細なユーザーデータを活用したYouTubeチャンネルのノウハウも持っている代理店、選ぶなら間違いなく後者です。

Google広告の広告運用代行サービスを提供している

YouTube広告はGoogle広告の管理画面上で設定します。
そしてYouTube広告の運用データはGoogle広告の運用に活用できます。逆も然りです。

YouTube広告の運用を検討する段階で、YouTube広告以外の広告媒体を全く出稿していない、ということはまず少ないと思います。クロスメディアマーケティングの重要性を理解しているためです。

YouTube広告を配信するのであれば、Google広告も同時に配信し、相乗効果を高める戦略が有効です。それ故にGoogle広告の運用ノウハウを持っている代理店を選択することが必須条件となります。

解約条件に納得できるか

予算やサービスに納得出来たら契約する流れになるでしょう。その際の注意点として、解約条件も納得できるかしっかりと確認しておく必要があります。

契約期間が自動で延長されるか、途中解約する場合の違約金等が発生するかなど事前に確認してトラブルを回避していきましょう。

おすすめのYouTube広告代理店5選

これまでの説明をふまえて、どこの広告代理店がおすすめか気になった方も多いのではないでしょうか。実際に代理店に依頼するのであれば、失敗はしたくないですよね…

そこで、評価の高い注目のYouTube広告代理店を同業の私が5つ紹介させていただきます。実績、サポート体制、会社の特徴など複数の視点から評価していますので、代理店選びの判断材料にしてください。

デジタルアスリート株式会社

デジタルアスリート株式では、これまでに1,800社以上の会社様のWebマーケティング全般を支援している企業です。
戦略設計から実行まで一貫して支援しており、Google広告、Yahoo!広告、各種SNS広告や企業のインハウス化支援のノウハウを蓄積しています。

ダイレクト広告に強みがあり、LPO(ランディングページ最適化)やCPA(顧客獲得単価)改善で信頼され、紹介で広告運用を依頼していただくことも多い代理店です。
YouTube広告支援では、認知拡大で終わらせるのではなく成果まで繋げる運用を得意としています。また広告の運用だけでなく「ゴルファボ」や「タベリナチャンネル」を運用しているため、YouTube広告で成果を上げるだけでなくチャンネル運用のサポートも可能です。

動画広告は、画像広告と比べクリエイティブの制作費が高く、クリエイティブの差し替えが容易にできないという問題があります。デジタルアスリート株式会社では、動画制作費による企業負担を減らして動画広告を始められるサービスも開始しており、低リスクからチャレンジすることができます。

株式会社pamxy

株式会社pamxyは、各種SNSを活用した集客、運用型広告における集客など、企業のマーケティング活動を支援している会社です。大手企業との取引も多く、Web広告の分析から改善まで一貫してサポートしています。

100万人の登録者を誇るYouTubeのチャンネル運営など実績も多く、視聴者に好まれるコンテンツの作成やクオリティの高い企画の立案でチャンネル登録者を増やしているプロフェッショナルです。

株式会社グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブは、企業のマーケティング活動を一貫で支援している会社になります。

動画広告の運用に関しては、Google Premier Partner Awards 2019 動画広告部門 最優秀賞受賞しており、成果にこだわる動画広告制作と運用改善で定評があります。
複数の業種において動画広告の活用があり、大手企業の新卒採用動画やアニメ広告なども作成している実績のある会社です。

株式会社アイレップ

株式会社アイレップは、大手広告代理店の博報堂を親会社としてデジタルマーケティングの支援をしている会社になります。マーケティング戦略の策定から実行まで、総合的なマーケティングをサポートしています。

大手の資本を活かしたサービスの対応範囲の広さが魅力的な代理店で、他の施策と連動してYouTube広告、運用などが可能です。

株式会社ユニアド

株式会社ユニアドは、各種Web広告の代行からインハウス化支援を行っている会社です。Google広告の少額コンサルティングも行っている会社で、予算の少ない事業主の方も相談しやすいサービスになっています。

Web広告代理店は広告費の20%の代行費が相場の中、小額からでも広告運用を相談できることは嬉しいですよね。
また最低契約期間などの縛りがなく、スポットでの配信を依頼できる点でもおすすめできます。

Web広告に関するお悩みは、
デジタルアスリートにぜひご相談ください。

これまで1800社を超える企業様をご支援の中で得られた知見を基に、経験豊富なコンサルタントが貴社の戦略設計からWeb広告の最適解をご提案いたします。

まとめ

YouTube広告で出来るだけ早く成果を上げたい場合、プロであるYouTube広告の代理店に依頼することが一番の近道です。

そして自社で運用ノウハウを貯めたい場合も、広告アカウントを公開している代理店に依頼すれば「自社に運用ノウハウが貯まらない」問題も解決できます。

今回ご紹介したYouTube広告の代理店を選ぶポイントを押さえて、成果とノウハウの両方を手に入れましょう。

無料資料ダウンロード

 

勝てるメッセージとシナリオで成果を出し続ける
「YouTube広告運用マスターガイド」

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

山屋 竜之介

デジタルアスリート入社後、半年間、リスティング広告を始めとした10種類以上の広告媒体の知識を学び、運用を実施。業界問わず様々な案件の効果改善に努める。 その後大手広告代理店にて、テレビ局などのクライアントを対象とした案件にて広告運用を実施。自社と他社での広告運用経験を活かし、現在は主に自社サイトやメディアの管理、記事作成などのコンテンツ制作を担当している。

記事一覧を見る