インスタグラムから料理が注文できる!お店側の設定とお客さん側の使い方まとめ

2020年4月27日、Facebook社はインスタグラムから直接、料理の注文(デリバリー)を注文できる機能を日本でも展開することを発表しました。新型コロナウイルスの影響で、売上が低迷している飲食店が増えていることもあり、そういった飲食店を支援するために発表されたようです。

飲食店のサポートとしてはもちろん、デリバリーを利用したいユーザーにとっても便利な機能です。この記事では料理を注文する機能の設定方法や使い方を解説します。

インスタグラムの「料理の注文」機能とは?

インスタグラム「料理の注文」とは、飲食店のインスタグラム公式ページ(ストーリーズやプロフィール)から直接、料理のデリバリーを注文できる新機能のことです。(もちろん無料でこの機能が使えます)

すでにインスタグラムは「席を予約」ボタンなどで「ぐるなび」と連携していましたが、今回の「料理の注文」機能も追加されアップデートされました。

飲食店は「料理の注文」といった注文できるリンク付きのスタンプが使え、店舗のプロフィールページには「料理の注文」ボタンを追加できるようになりました。

注文したいお客側はスタンプやアクションボタンをタップすることで、注文サイトへ移動し、そのままデリバリーやテイクアウトを注文することができます。

料理の注文機能の使い方 ※飲食店向け

通常、インスタグラムのストーリーズにリンクを貼りたい場合には「フォロワー1万人以上」という条件がありますが、「料理の注文」機能の場合は、

①ビジネスアカウントである
②対象パートナーいずれかの加盟店である

この2つの条件を満たした飲食店であれば、フォロワーが1万人以下でも「料理の注文」機能を無料で利用できます。

①1つめのビジネスアカウントの切り替え方法(無料です)は下記よりご確認ください。

アカウントをビジネスプロフィールに切り替える方法

1)プロフィールに移動して、右上の三本線マークをタップします。
2) 一番下の[設定]をタップします。
3)[アカウント]をタップします。
4)[プロアカウントに切り替える]をタップします。
5)[ビジネス]をタップします。
6)必要であれば、ビジネスに関連付けられたFacebookページにプロアカウントをリンクすることができます。(任意)
7)ビジネスのカテゴリ、連絡先情報などの詳細を追加します。
8)[完了]をタップします。

参考:Instagramでプロアカウントを設定する

②2つ目の「対象パートナーいずれかの加盟店である」については、下記のいずれかのパートナーに加盟している必要があります。日本では、2020年6月1日現在下記のパートナーが利用できるようです。

・出前館 (Demae-can)
・Uber Eats
・ヒトサラ(Hitosara)、
・Picks、
・TableCheck

以上の2点をクリアすると、Instagramプロフィールで[料理を注文]ボタンを設定する準備が完了します。

プロフィールで「料理を注文」機能を設定する方法

1)Instagramプロフィールにアクセスします。
2)[プロフィールを編集]をタップします。
3)[ビジネスの公開情報]で[アクションボタン]をタップします。
4)[ボタンを選択]で[料理を注文]を選択します。
5)ビジネスへの料理の注文で提携するパートナーを選択します。料理の注文で提携するパートナーをまだ設定していない場合は、パートナーのサイトに記載された指示に従います。
6)選択した料理の注文のサービスに使用するウェブサイトのリンクを追加します。
7)ウェブサイトを入力したら、[完了]をタップします。

参考:Instagramプロフィールで「料理を注文」機能を設定する

インスタグラムのストーリーズに「料理を注文」スタンプを追加する方法

1)ストーリーズにアップロードする写真や動画を選択します。
2)[料理を注文]スタンプを選択します。
3)料理の注文で提携するパートナーを追加します。料理の注文で提携するパートナーをまだ設定していない場合は、パートナーのサイトに記載された指示に従います。
4)料理の注文のサービスで提携するパートナーのリンクを追加します。
5)ウェブサイトを入力したら、[完了]をタップします。
6)ストーリーズで表示する位置に「料理を注文」スタンプを移動します。スタンプをタップして色を変更することもできます。
7)ストーリーズをシェアします。

ただし、スタンプの利用には以下の条件があります。

・1件のストーリーズに追加できる「料理を注文」スタンプは1個のみ。
・閲覧者は自分のストーリーズで「料理を注文」スタンプを再シェアできます。
・利用者のストーリーズで「料理を注文」スタンプが再シェアされても、お知らせは届きません。

参考:Instagramストーリーズに「料理を注文」スタンプを追加する

調理を注文(デリバリー)する方法 ※消費者向け

お客側として、デリバリーを注文したいときの、注文方法をご紹介します。

・プロフィールに[食べ物の注文]ボタンが表示される
・ストーリーズに[食事の注文]スタンプが表示される

プロフィールに[食べ物の注文]ボタンが表示されない場合や、ストーリーズに[食事の注文]スタンプが表示されない場合、そのレストランはInstagramでこの機能を設定していないので、残念ながら料理の注文はできません。

[食べ物の注文]または[食事の注文]をタップすると、利用者はInstagramパートナーのウェブサイト(例: ChowNow、Uber Eats)にリダイレクトされ、ここで購入を完了します。

またスタンプをタップして、[ストーリーズにスタンプを追加]をタップすることで、自分のストーリーズでレストランの[食事の注文]スタンプをシェアすることができます。

この食事の注文機能を利用できるのはInstagramモバイルアプリのみなので、ご注意ください。

引用:Instagramで食事を注文するにはどうすればよいですか。

まとめ

Facebook社は、新型コロナウイルスの影響を受け「中小ビジネスが営業を継続できること」「顧客との繋がりを維持できること」「最新情報を伝える手段を提供すること」という3つの点を重視してこの機能の開発を行ったようです。

新型コロナウイルスの影響によってデリバリーやテイクアウトに力を入れる飲食店が増える中、情報発信のひとつとしてインスタグラムを活用している例も多く見られます。

最近はインスタグラムで飲食店を探す消費者も増えているので、お互いがこういった機能を有効に使って、支えあえる関係になっていくと良いですね。


公式LINEに登録するだけでWeb集客に関する疑問を解消できます!

以下のコンテンツがすべて無料で受け取れます!

・コンバージョン数を最大化するオンライン講座
・Webマーケティングが学べるタベリナチャンネル
・過去100社以上の方が参加した厳選有料セミナー動画
・Web広告・サイトに関するオンライン無料診断
・専門家に気軽にWebマーケティングの相談ができる

今すぐ公式LINEに登録してコンテンツを受け取る
リスプラ公式LINE登録
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

リスマガ運営会社リスティングプラスの
最新セミナー情報です!

今すぐ詳細を確認して
セミナーに申し込みをする

リスマガ運営会社リスティングプラスの
最新セミナー情報です!

今すぐ詳細を確認してセミナーに申し込みをする