活用しないと損!Instagramショッピング機能のメリットと事例

  • 2020.6.29
  • 2,121 Views

ユーザーに購入意欲を湧かせるには、Instagramは欠かせない時代となってきています。
Instagramのアカウントはすでに持っていて、認知の為に投稿を頑張っているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ただ投稿だけしているのであれば、せっかくの機能を使いこなせているとは言えません。Instagramを商品認知の為だけに留めていては非常にもったいないです。

以前のリスマガでもご紹介していますが、2018年6月に日本でも開始されたインスタグラムショッピング機能を導入すればコンバージョンが大きく向上します。

Instagramのショッピング機能とは?

Instagramのショッピング機能とは、Instagramの各投稿から簡単に商品の詳細を確認・購入が可能な機能のことです。

Instagramで商品を認知>詳細の確認>購入

ショッピング機能を使えば、このようにSNSの投稿から数回のアクションで購入までたどり着けます。

参考:ビジネス向け広告マネージャでInstagramショッピング投稿を広告に | Instagram for Business

Instagramのショッピング機能を利用するメリット

スムーズに検討・購入が可能

オーガニック投稿を見て、購買意欲が高まったユーザーを逃さずにそのまま購入へ促すことができます。

もしその場で購入しないとしても、後日再アクセスして購入が出来るように保存機能を利用して製品をブックマークすることができます。

アカウントの「投稿」は無料

Instagramのショッピング機能では、オーガニックの投稿を広告として利用できるため、広告費をかけずに広告効果を得られます。

ショッピング機能を導入できるアカウントの条件

ショッピング機能を導入するためには、いくつか条件が存在します。
下記の条件が満たされないと審査が受けられませんのでご注意ください。

・ビジネスで、提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売している
・Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済み
・Instagramアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されている
・Facebookページでショップセクションを追加、もしくはビジネスマネージャでカタログを作成している

詳細はこちら:Instagramショッピングのビジネス承認要件 | Instagramヘルプセンター

ショッピング機能を導入する方法

先ほどの条件を満足した上で、下記の手順を行います。

1.Instagramのアカウントをビジネスアカウントに切り替え、Facebookページとリンクさせる
2.商品登録を行う(Facebookカタログなど)
3.アカウントの審査を申請する
⇒審査に通過するとInstagramでの投稿時に、商品タグを設定できる機能が追加されます

ショッピング機能の特徴や初心者でもわかる設定方法はこちらから↓

ショッピング機能を導入している企業アカウント事例

既にショッピング機能を導入している企業の事例をご紹介します。

事例:minne(ミンネ)

導入前
従来のコメント:「どこで買えるんですか?」「在庫はまだありますか?」
こういったコメントが多数寄せられ、商品を気になった人がすぐに値段の確認や購入サイトにアクセス出来ずに機会損失が生まれていました。
投稿者側も、細かくコメント欄をチェックしたり、返信をする手間が増えてしまっている状態です。

導入後
各投稿からの流入数アップ!
投稿毎にタグが付けられることで、気になった商品の詳細をすぐにチェック出来る導線を確保することが出来るようになりました。
それに伴い、同じようなコメントが多数寄せられることもなくなり、管理する時間の手間も短縮出来ています。

事例:BOTANIST(ボタニスト)

導入前
ブランディング・認知の為にInstagramへの投稿を行っていました。購入まで繋げる導線がなかった為、投稿の直接的な効果を測れないまま、手間がかかっていた。

導入後
導入して1週間でCTRが他に類を見ない数値を獲得することに成功しています。

ショッピング機能以外にも料理を注文できる新機能を導入

Instagramでは2020年4月27日から、お気に入りの飲食店からスタンプやアクションボタンを通じて料理を注文できる機能が新たに搭載されました。

プロフィール欄にアクションボタンを設置することが可能になったり、「料理を注文」スタンプをInstagramストーリーズの投稿で使えるようになっています。

さらに通常フォロワー数1万人を超えなければストーリーズにURLを掲載することが出来ませんが、特別にUber Eatsのリンクであれば掲載が出来るようにもなっていますので、飲食店を営む方は利用しなければもったいない機能です。
参考:Instagram、飲食店から料理を注文できる機能を日本でも導入開始 – Facebookについて

まとめ

Instagramを利用してるだけではもったいないということを理解して頂けたかと思います。

ショッピング機能を導入しただけで売上が大きく向上したという事例も多く、利用は無料なので活かさなければ損です。設定方法の詳細を別の記事でご紹介していますので、そちらを見ながら設定を行ってみてください。

Facebookとインスタグラムを連携するおすすめの方法はこちらから↓

コメント

カテゴリー別記事

Instagram広告

新規顧客獲得とファン化を促進する

Instagram運用の基本から最新の広告ノウハウまで公開

無料資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

労務費・外注費・経費を削減して売上アップ
専門チームを外部で育てるラボ型のWebチーム

経費を削減して売り上げアップする方法を無料で公開!

資料ダウンロード

 

見込客と関係性を構築して売上アップする
育成型マーケティング新戦略

見込み客と関係性を構築して売上アップする育成型マーケティング新戦略

資料ダウンロード

 

コンバージョン数を今すぐ最大化する
Web広告マーケティング大全

売り上げを伸ばすエッセンスを凝縮!160Pの無料電子書籍です。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

最新のマーケティング情報をお届け。
リスプラマガジンでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

あいり

株式会社リスティングプラス コンサルタント 美容業界にて販促を担当していたが、Webマーケティングに可能性を感じリスティングプラスに入社。 現在は広告事業部で主にFacebook広告の運用を担当。同じ靴の色違いを買い漁るほどの靴好き。毎日同じ靴を履かないのがモットー。

記事一覧を見る

X

見込客と関係性を構築して売上アップする育成型マーケティング新戦略

「今すぐ購入に繋がるユーザーを狙う」だけでは、もう成果が出ない。潜在顧客と関係性を構築し売上アップを実現する「育成型マーケティング」の新戦略を5つのポイントから解説(無料)

無料でPDFファイルをダウンロードする