戦略と戦術の違いとは?ビジネスを成功に導く2つのキーワードを徹底解説

「戦略と戦術の違いとは何か」皆さんは説明することができますか? 「大体のイメージはつくけど明確に違いを理解していない」という方が多いのでないでしょうか。 今後マーケティング活動を行っていく上で、戦略と戦術を理解していない企業が生き残っていくことは不可能だと言っても過言ではないでしょう。 戦略と戦術がどう違い、どのように立てるべきかここでしっかり理解しましょう。

戦略、戦術の意味

戦略とは

「戦略とは、一般的に特定の目的を達成するために長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術、科学である」
(引用:Wikipedia)

つまり戦略とは一言で言えば、「進むべき方向性、シナリオ」です。
「成果を出すために何をするのか」「何を捨てれば効率的なのか」など総合的な準備、計画、運用の方策で、目的を達成するために立てるシナリオと言えます。

戦術とは

「戦術とは、作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して戦闘力を運用する術である」
(引用:Wikipedia)

つまり戦術とは「手段、オペレーション」です。
戦術は戦略を実現させるための手段であり、成果を出すための具体的な方法を指します。

経営者の多くが勘違いしている戦略と戦術の違いとは

戦略と戦術の違い

実は多くの企業が、戦略と戦術を十分区別しないまま経営を行なっています。
というのも、経営者は「戦術」を「戦略」だと思い込んでいることが多いのです。

戦略は、英単語で表すとWHAT(目的)です。
「何をすればいいのか」「何をすれば儲かるのか」というところから考え、企業の進むべき方向を考えることが戦略です。

一方戦術とは、英単語で表すとHOW TO(手段)です。
現状の延長線上でやり方や方法を改善したり、業務を効率化したりすることが戦術と言えます。

戦術と戦術の違いを具体例で解説

例えば、Aさんの人生の目的が「海外に移住すること」だったとします。

この目的を達成するために、まず戦略を考えていきます。
場所にも寄りますが海外で生活をするためには、英語が話せないといけません。

そこで目的を実現するための戦略として「半年である程度の日常会話が話せるようになる」という目標を立て、そうすることで「英会話教室に申し込む」という戦術も生まれます。

この流れをまとめると

目的:海外に移住
戦略:日常会話が話せるようになる
戦術:英会話教室に申し込む

このようになります。

まず「海外に移住する」という明確な目的があり、その目的を達成するためのシナリオが「日常会話を話せるようになる」こと。そして日常会話を話せるようにするために「英会話教室に申し込む」という手段があります。

このように、戦略があるからこその戦術であり、戦術と戦術は一緒のようで役割が全く違うのですね。

戦略と戦術を立てるときの3つのポイント

戦略と戦術の違いは分かったけど、いざ立てようとするとどう考えればいいか分からない・・・という方も多いと思います。

実際に「戦略」「戦術」を立てる考え方についてポイントを見ていきましょう。

戦略→戦術の順序で立てること

まず戦略、戦術を立てる時に重要なのは、戦略、戦術の順番で立てるということです。
この2つの違いを理解してると当たり前の事なのですが、気をつけないと戦術ばかりを考えてしまいがちです。
戦略を実現するための戦略なのですから、この順序で考えていかなければ、戦術は無意味なものになってしまうのです。

海外に移住したいAさんも、

自分の目的は何か

目的を達成するためにはどのようなシナリオで進めるか

具体的にどのような手段を使ってそのシナリオを実現させていくか

といった流れで考えていきました。

このように順序立てて考えることで、目的を達成するための最適な方法が導き出されます。しっかりと目的に沿った戦略にするために必ず戦略→戦術の順で考えましょう。

自分の現状をしっかり把握すること

次に重要なことは、自分の現状を把握することです。

目的に向けて戦略を考える際に、今自分はどのくらいの位置にいるのかということを把握していなければ最適な戦略を導き出すことはできません。
自分の現在地、自分の持っている力、自分にしかない強みを徹底的にリサーチしましょう。

またそれだけでなく、競合がはどこにあたるのか、どのようなことをやっているのか等もしっかりリサーチをし、競合も視野に入れた戦略を練りましょう。

目的を常に意識し戦術を立てること

戦略が決定したら、次はどのような手段でその戦略を実現させていくかです。
どのように日々過ごしていけばその目標は達成できるのかと、具体的な行動ベースに落とし込むことで戦術は生まれます。

戦術を考える際に、最も重要なことは「目的」を常に意識することです。

例えば東京から千葉に向かっているとします。
もしも「後数時間以内に千葉で打ち合わせがある」ということであれば料金が高くても新幹線を使います。
しかし「付き合いの長い友人との待ち合わせで少し遅れても問題ない」ということであれば料金の安い電車を選ぶでしょう。
このように目的によって選ぶ戦術は変わってきます。

その目的を達成するためには、どの手段が一番早いのか常に考え、戦術を組んでいきましょう。

まとめ

戦略は「WHAT」、戦術は「HOW TO」であり、戦略なしでは戦術は何の意味も持ちません。
一昔前は、作れば作るだけ物が売れていたため売り上げを簡単に伸ばすことができました。しかし現代の日本は、物が溢れかえり戦略・戦術なしには売り上げを上げることはできないでしょう。
現代の日本で生き残っていくためにも、戦略と戦術をしっかり立てマーケティング活動を行ってくださいね。

なぜ競合調査が重要なのかそもそもなぜ競合調査が重要なのでしょうか。マーケティングの本質を突き詰めていくと、2500年前から読み継がれる世界最高峰の兵法書「孫氏の...

■新規顧客数がだんだん減っている…■このままだと会社が成り立たない…■もっと初回客を集めなきゃ!!「デキない人」ほど上記のように考える傾向が強いって、知っていまし...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧