【2019年最新版】集客が倍増!話題のスマートニュース広告を徹底解説

テレビCMでも話題のスマートニュース(SmartNews)ですが、最近はその広告も効果が高いと評判になっています。 この記事では、スマートニュース(SmartNews)広告がいいって聞くけど、正直どうなの?という方に、利用できる広告の種類や特徴から設定方法まで詳しくお伝えします。

そもそもスマートニュース(SmartNews)ってなに?という方は、こちら↓

スマートニュースなら幅広い情報を知りたいときにサッと確認できる!ニュースアプリはいろいろありますが、中でもスマートニュース(SmartNews)が注目されている理由と...

スマートニュース(SmartNews)広告ってなに?

スマートニュース(SmartNews) Adsは国内最大級のユーザ数を誇るニュースアプリスマートニュース(SmartNews)をはじめ、SNSサービス(mixi等)のアドネットワークへ、ワンストップでネイティブアドを配信できる広告プラットフォームです。

大きく分けると、
・運用型(獲得目的)のStandard
・予約型(認知目的)のPremium

の2つに分けられます。

運用型(獲得目的)のStandard

運用型のインフィード広告の出稿メニューであり、CPC課金がメインです。

スマートニュース(SmartNews)の広告売上の7割~8割がこのメニューであり、獲得系の広告として使われることが多いです。
入札は1円から出来るようになっていますが、実際には少なくとも20円くらいで入札しないと十分なIMPが出ません。

静止画も動画もクリエイティブとして使えますが、
CPA目的(Webサイトでのアクションを促すもの)は静止画
CPI目的(アプリのインストールを促すもの)は動画

が相性の良い組み合わせです。

スマートニュース(SmartNews)との相性を試すのであればますStandardの利用をオススメします。

予約型(認知目的)のPremium

純広告だと思ってもらえれば問題ありません。

IMP量1日1,500,000程度が期待できるニュースTOPの枠やジャンル指定をして、各カテゴリTOPに掲載もできます。
静止画、動画それぞれのフォーマットのメニューがありStandardよりもリッチなクリエイティブでユーザーにインパクトを与えることが可能です。

スマートニュース(SmartNews)広告って効果あるの?

ここでは効果的な要素となるスマートニュース(SmartNews)の特徴についてお伝えします。

圧倒的なユーザー数

アクティブなユーザー数は月間1,400万人。

生活者の毎日の習慣として利用されている日本最大ニュースアプリです。
広告を配信するなら、目にするユーザーが多い方が効果を期待できますよね。

頻度と利用時間No.1

1人あたりの1日利用時間はSNSやメッセージアプリに負けないぐらいです。
利用頻度と利用時間の長いユーザーが集まっています。

1人あたりのセッション数   2.41回
1日あたりの利用時間     16.7分

 
ユーザーの高い来訪頻度と長い滞在時間をともに実現し、「毎日の習慣」アプリとして評価されています。

利用頻度と利用時間の長い質の高いユーザーが集まっているということは、「コンテンツをしっかり読むユーザーが多い」と考えられます。
広告から遷移した記事の内容も、しっかり読んでもらえる可能性が高いのです。

質の高いユーザーが多い

  • 性別
  • 男性 53.3%
    女性 46.7%

     
    男女の人口がほぼ半々、TVCMにより男女ともにユーザーはさらに増加傾向にあります。

  • 年齢
  • 年齢20代~50代の働く世代が8割であり、企業や家庭で大きな責任をに任う世代が中心です。
    若年層には向かないものの、幅広いユーザー層へリーチが可能です。

  • 年収
  • 500万円未満        51.0%
    500万円以上1000万円未満 38.6%
    1000万円以上  10.4%

     
    約半数が日本の平均年収を超えており、年収1,000万円以上のユーザーが全体の10%を占めています。

    このように、スマートニュース(SmartNews)広告には質の高いユーザーが多く滞在しているため宣伝効果に期待ができるのです。

    スマートニュース(SmartNews)広告って何ができるの?

    ここでは具体的にスマートニュース(SmartNews)でどのようなことが可能かお伝えします。

    配信面

    スマートニュース(SmartNews)では、媒体運営者とそのユーザーのエンゲージを、独自に実装したアルゴリズムを使って観測しています。
    「今、最も注目されている記事」を割り出し、その評価をもとにユーザーへ良質な記事を自動的に表示しています。
    これが、人手を使って記事を選定する他のサービスとの違いです。

  • SmartView
  • 快適な記事閲覧体験が体験できる、記事閲覧に最適化されたシンプルな画面のことで、ユーザーアンケートでは「体感速度が2倍以上」という結果が出ています。

    また通信量が最大90%削減されるケースがあるなど、ユーザーにとって通信容量を気にせず高速なニュース表示を楽しむことができます。
    その結果、閲覧頻度や記事の回遊性が高まりスマートフォンユーザーにリーチするメリット(1週間でPV1.3倍増加されたなど)があります。

  • ブランドアピールの向上
  • 媒体社・メディアのロゴを記事上部に表示出来ます。

    元サイトにあるオリジナル記事への動線も確保されているほか、ユーザーがSmartViewで閲覧した記事をソーシャルメディアで共有した場合も、基本的にオリジナル記事のURLでの共有となるため、拡散後のトラフィックは直接元サイトに還元されます。

  • マネタイズ支援
  • SmartViewにおいては、媒体運営者が指定できる広告枠があります。
    媒体運営者が自由に指定できる広告枠×1枠
    スポンサードコンテンツ(タイアップ広告)への導線×2枠

    これらの広告枠から得られた収益やトラフィックは、すべて媒体運営者に還元されます。
    上記に加えて、各媒体に特化したチャンネルプラスの開設や、広告レベニューシェアプログラムもあります。

  • トラフィック分析
  • 様々なアクセス解析ツールを活用することで、SmartViewのアクセス解析を媒体社側で計測することにより、PVカウントなどこれまでWebモードで発生していたトラフィックをそのまま計測することが可能です。

    また、チャンネルプラスを開設している媒体社は、当社が提供する記事管理画面「insights」でもチャンネルプラス登録数やページごとの滞在時間、ソーシャルでのシェア状況など詳しい情報を確認できます。

    クリエイティブ

  • バナータイプ
  • →運用型
    低単価かつ短期間で広告接触リーチを最大化。新商品のリリース拡散におすすめです。

    →特定日に独占的に印象付けたい(予約型・1Dayメニュー)
    トップチャンネルのファーストビュー でディスプレイ広告を1日に集中して配信します。
    1日1社限定のため独占的な印象 付けを行うことが可能です

    →幅広い生活者に印象付けたい (予約型・Weeklyメニュー)
    トップチャンネル以外の多様なチャンネ ルのファーストビューでディスプレイ広告を配信します。注目度の高い位置での 認知獲得が期待できます

  • ビデオタイプ
  • →運用型
    大きなユニットサイズを 利用することが可能なため、CMやブランド動画の訴求に最適です。

    →特定日に独占的に印象付けたい (予約型・1Dayメニュー)
    トップチャンネルのファーストビュー 指定で動画広告を1日に集中して配信しま す。
    1日1社限定のため独占的な印象付け を行うことが可能です。

    →幅広い生活者に印象付けたい (予約型・Weeklyメニュー)
    トップチャンネル以外の多様なチャンネ ルのファーストビュー指定で動画広告を配信します。注目度の高い位置での認知 獲得が期待できます。

    アカウント構造

    アカウント構造は以下のようになっています。

    代理店アカウント

    広告主アカウント

    キャンペーン

    クリエイティブ

    配信手法

  • ユーザー定義オーディエンス機能
  • 広告主が有する様々なユーザー情報を活用し、スマートニュース(SmartNews) Adsにおいてターゲットとするユーザーの条件を自在に組み合わせることができる機能です。

    「特定のコンテンツや広告を閲覧したユーザー」「自社の既存顧客」など、目的に応じてターゲットを絞り込むような条件/データを広告主自身が作成し、指定した条件に合うユーザーにだけ広告を配信することが可能です。

    また一方で、自社アプリの新規ダウンロードを促す際に、「このアプリをダウンロードしたユーザーは除外して配信したい」という場合にも、指定した条件のユーザーを除外して配信することが可能です。

    さらに、ウェブサイトの特定ページにタグを埋め込むことで、一旦サイトから離脱してしまったユーザーに対して、訪問ユーザーのデータを元にスマートニュース(SmartNews)上で広告配信を行い、購入や登録など自社サイトのコンバージョンを向上させるリターゲティングもできます。

  • DCO(クリエイティブ自動最適化機能)
  • 画像・テキストなどのアセットを入稿することで、様々な広告パターンが自動的に作られ最適なアセットの組み合わせを探索し、特に高い広告を選定し配信する機能です。

    これを導入することでリアルタイムでオーディエンスに対して最適な組み合わせの広告を配信することができるので、パフォーマンスの向上が見込めます。
    またアセットの入稿のみ配信が可能なためオペレーションコストの削減も可能です。

  • 細かなターゲティングが可能
  • OS・性別・年齢・時間帯・キャリア・オーディエンス・ジャンル・興味関心・地域などで、広告を配信したいサービスに適したユーザーに絞り込むことができるため効果的な広告配信が可能です。

    配信メディアとしてmixiも選択できますが、効果はあまり良くないので配信する際はよく考えてみてください。

    運用方法

    運用は広告クリエイティブ以外は目標CPA(顧客獲得単価)を設定するだけです。

    スマートニュース(SmartNews)のユーザーデータを活用し、目標CPAに見合う入札価格を配信システム側で自動調整してくれます。

    これを「oCPC機能(入札価格の自動調整機能)」と言います。

    スマートニュース(SmartNews)上のニュース閲覧や広告クリック、コンバージョンなど様々なユーザー情報を活用し、ターゲットとする目標CPAに見合う入札価格を自動的に最適化する機能です。
    600万人近いアクティブユーザーに対して適用できるので、ボリュームの最大化を図ることができます。

    またoCPC機能をはとても簡単に利用でき、運用工数の削減やクリエイティビティに注力できるというメリットがあります。

    ただ、配信システムが効果的な広告配信方法を学習するには、ある程度の配信期間が必要です。
    最適化まで時間とコストがかかりますが、広告予算によっては1週間から2週間である程度の最適化が図れます。

    他媒体よりも、成果が出るまでに時間がかかることもありますが、最適化された際の効果はとても大きいです。

    実際の設定方法を教えて!

    スマートニュース(SmartNews)の設定方法についてお伝えします。

    大きな流れとしては、

    ①アカウント発行
    ②キャンペーン設定
    ③計測タグの設置
    ④クリエイティブ登録
    ⑤配信開始

     
    です。

    アカウント発行

    まず、最初にアカウント発行を依頼しますが、専用のGoogleフォームから入力して送信を行います。

    記載内容としては、

    ・広告主体者の正式名
    ・案件名
    ・遷移先LPまたは商材が確認できるURL
    ・請求先会社名(代理店名)
    ・代理店名
    ・管理画面ユーザーID
    ・担当者
    ・担当者メールアドレス

    を入力すれば、フォーム送信後3営業日以内に新規アカウントが発行されます。アカウントが発行されると代理店アカウントに紐づきます。

    ここから次のキャンペーン設定に進みます。

    キャンペーン設定

    ①キャンペーンの目的
    まずはキャンペーンの目的を選択することができます。

    ・App Installations:アプリのインストール数を増やす
    ・App Engagement:アプリのエンゲージメント数を増やす
    ・Website Conversions:ウェブサイトのコンバージョンを増やす

    アプリ以外の広告出稿に関しては基本的にはWebsite Conversionsです。

    ②配信デバイスの選択
    次に配信デバイスを選択します。

    どんなターゲットに配信を行うかも細かく設定できます。

    性別、年齢、配信メディア(スマートニュース(SmartNews)、mixi)、面詳細指定(フィード面、記事面)、配信時間帯、地域、フリークエンシー制御、配信回線、通信キャリアです。

    ③キャンペーン予算の設定
    次にキャンペーンに使用する予算を設定します。
    通算予算、日額予算、掲載期間、日予算調整方法(自動調整あり、調整なし)などが選べます。

    ④入札方法や指標の設定
    次に入札や指標となる情報を入力します。
    入札方法(自動、自分で設定)及びクリック課金かインプレッション課金を選択します。

    優先目標はコンバージョン数、目標CPA、クリック数、インプレッション数、
    配信タイプは標準(1日を通して広告を配信)、スピード(できるだけ早く広告を配信)などから選べます。

    ⑤キャンペーン情報
    最後にキャンペーン情報を入力します。

    ・広告キャンペーン名
    ・広告主名(文字数11文字以下)
    ・クリエイティブの種類(動画クリエイティブ、画像クリエイティブ、Dynamic Creative)
    ・クリエイティブの配信(最適化無効、クリック最適化、クリック&コンバージョン最適化)

    これらを選択したらキャンペーン設定が完了です。

    計測タグの設置

    キャンペーンを作成するとコンバージョンタグを取得することができます。

    コンバージョンタグは申し込み完了ページ(サンクスページ)の内に設置します。
    設置が完了すると管理画面上にチェックマークが表示されるので正常に発火されるか確認することができます。

    次にオーディエンスタグを設置します。
    こちらはアカウント発行前でも作成できるので、事前に設置することができます。代理店アカウントのユーザー情報から取得することができます。

    下部に記載のカテゴリから、スマートニュース(SmartNews) Ads PIXELを選択した後に、新しいPixel IDを発行するとクリックすると、ポップアップが表示されるので、OKを選択すると新しく追加されます。

    未設定と表示がされているものができあがったPixelです。こちらの名前を案件名や広告主名に変更します。最後にPixelタグ取得を選択するとインストールされます。

    こちらはオーディエンスピクセルなので、基本的には全てのページの内に設置することをおすすめします。
    商品LPを訪問した人にリマーケティングを行ったり、購入者に対して広告を表示したくない時に活用できます。

    クリエイティブ登録

    次にクリエイティブ登録です。
    スマートニュース(SmartNews)では静止画と動画の2種類のクリエイティブを入稿することができます。

    静止画の場合は、必須サイズが1280×720と600×500です。
    その他、160×160、300×300、1200×628も設定することができます。

    基本的には必須サイズのみで出稿できますが、用意できる方は全サイズを設定することをおすすめします。

    あとは下記を設定します。

    見出し:35文字以下
    説明:90文字以下。説明はほとんど表示されることがないため、サービス概要を記載する形で問題ありません
    広告主名:11文字以下(文字数が少ないため、越える場合は省略化)
    クリエイティブ名:64文字以下(レポートを抽出した際はクリエイティブ名ごとのパフォーマンスしか見れないため、画像や見出しがわかる名前を設定すると良い
    遷移先ページ:記事もしくは商品LP
    Call To Action:広告自体にアクションボタンを設置できます。自由に設定ができるため、詳しくはこちらや無料ではじめるなど商材に合わせてカスタマイズできます。

     
    最後に「クリエイティブを追加する」を選択すると設定ができます。

    ここで注意が必要なのは、「審査申請を忘れない」ことです。
    Google広告やYahoo!プロモーション広告であれば、入稿した時点で広告の審査が始まりますが、スマートニュース(SmartNews)の場合は、入稿後に審査申請ボタンを押さない限り、審査されません。

    ちなみに審査完了まで最大3営業日かかります。審査申請を忘れると配信開始まで大幅に遅れることになるので注意しましょう。

    審査が完了すると、アカウント発行時に登録したメールアドレス宛に審査完了の連絡がきます。

    配信開始

    どういう案件が向いているの

    スマートニュース(SmartNews)は前述の通り、年齢層は40代~50代が非常に多く、1日約16.7分利用しています。そして年収が500万~1,000万以上の人が4割と、高所得層が多いことがわかります。
    男女比率はほとんど半々なので、基本的には40代以上の商品であればコンバージョンに繋がりやすいです。

    逆に20代などの若年層向け商材は、その年代に直接販売することは難しいため親が子どものために買ってあげるような方向性の広告が向いています。

    商材ジャンルは幅広く、40代の年齢にマッチした商材であれば比較的効果が出しやすい広告媒体かと思います。健康食品や美容コスメなどのEC案件から人材紹介、転職などのサービス商材も向いています。

    逆に向いていないジャンルは専門的、ニッチな商材やBtoBです。
    スマホで見ているため、企業向けのサービスなどは獲得が難しいと思います。

    実際にどれぐらいボリュームが出るのか気になるかと思いますが、しっかりコンバージョン件数を増やして最適化が回れば安定的に獲得することができます。

    下記に事例を記載します。

  • EC案件(ダイエット商材)
  • EC案件(男性高年齢向け商材)
  • 起業サロン(リスト登録)
  • 学習セミナー(セミナー申し込み)
  • スマートニュース(SmartNews)を見ている層とマッチすれば、獲得も安定していきます。
    あとは実際に出稿する記事をいかにPDCAを回せるかがカギです。

    他の広告媒体と異なるところは、普段から記事を読んでいる人であり、新しい記事を見る感覚で広告の記事にも入ってくるという点です。
    普段からニュースアプリを使っている人であれば理解できるかと思いますが、何か面白いことや話題になっていること、時事ネタなどを主に見ていると思います。

    なのでその答えが記事にないと、あまり読み進めてくれません。記事を読もうと思ってみたら面白くなくてすぐ閉じたということは、誰でもありますよね。
    ユーザーがどのような感覚で何を求めて記事にやってくるのかを理解しましょう。

    スマートニュース(SmartNews)広告の注意点

    審査基準について

    スマートニュース(SmartNews)では広告配信においてクリアすべき基準があります。
    下記ヘルプで問題ないか確認した上で実施を進めてください。

    SmartNews審査基準

    健康食品/化粧品/コンタクトレンズの通販またはECサイトの場合、JADMA加入が必要です。JADMA未加入の場合、正会員相当の基準が必要です。
    また下記2点についてクリアしていないと掲載不可となり、出稿できません。

    ・通販販売の方式による営業開始年月(例:2017年 1月)
    ・前事業年度の通販販売部門の売上金額(例:3200万円)

    詳しくはこちらをご確認ください(通信販売またはECサイト)

    条件が厳しいと感じる方もいるかもしれませんが、高いハードルだからこそリターンも大きい媒体です。

    運用調整について

    そして何より広告運用において注意することは、運用調整です。
    すでに他の広告媒体を運用経験がある方は特に注意してください。

    基本的にクリエイティブの調整や設定の変更は、1日に1回までにしましょう。
    パフォーマンスが悪いクリエイティブが出てきても、24時間は様子を見てください。

    クリエイティブをオンにした状態から24時間の配信結果に基づき、露出が調整されていきます。今日はCPA悪いから止めたい!っていう気持ちをぐっとこらえて運用していく方が早く改善が進みます。

    最初は目標CPAより高くなることが多いですが、最終的には達成できることが多いです。すぐに調整をするのではなく気長な運用を行っていきましょう。
    ※あまりにもクリック率が低い場合は止めて問題ありません。

    まとめ

    スマートニュース(SmartNews)の設定方法から運用方法や事例まで紹介しました。

    スマートニュース(SmartNews)に関しては、リスティング広告やディスプレイ広告、Facebook広告とは全くの別物という考え方を持つことが重要です。

    弊社でも始めた当初はとにかく理解が運用が安定せず、効果的な運用ができませんでした。しかし見ている人のユーザー層を理解し、記事のPDCAを行っていくことにより改善を進められました。

    スマートニュース(SmartNews)はテレビCMを使って、ニュースアプリとしてどんどん新規ユーザー数を増やしています。
    つまり広告媒体としてもまだまだ大きくなる市場なので、まだ試していない方はぜひ新しい集客のチャンネルとして使ってみてくださいね。

    Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

    「Web広告マーケティング大全」
    (無料・PDFでのダウンロード)

    2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
    (PDF・全161ページ)

    無料でPDFファイルをダウンロードする
    (全161ページ)
    Web公告マーケティング大全

    関連記事一覧