アフィリエイトで成果を2倍にする3つのポイントとは

アフィリエイトが今熱い!

経営者や広告主の皆さん、アフィリエイト広告ってご存知ですか?
簡単に言うと、獲得した成果に応じて報酬が発生する広告なのですが、その市場は年々拡大しており、2013年に1342億1000万だったのが、来年度2018年にはなんと倍以上の2800億まで拡大すると予測されています。
Web集客をやる上で、会社の売上を握っている経営者からしたら絶対にやらなければ勿体無い、是非導入したい集客方法の1つです。

しかし、実はせっかくアフィリエイトを初めても、成果が出る前に数字が出ずにやめてしまう経営者がかなり多いことを、あなたは知っていますか?

そもそも、アフィリエイトのどこが魅力?

アフィリエイトの落とし穴や、その克服ポイントをお教えする前に、そもそも「なんでアフィリエイトやらなあかんねん!」という方のために、アフィリエイトの魅力を簡単にご説明します。

成果報酬だから、始めるにあたってリスクが少ない。費用対効果が高い

前述したように、アフィリエイトは「成果が発生した」時に初めて、その成果件数によって報酬額として広告費が発生します。例えば、1件につき1,000円の報酬額を設定していた場合は、20件で2万円、といった計算です。変な話、成果が全く出て無くても広告費だけはかかってしまう純広告やリスティング広告と比べて、「成果がでなければ広告費はゼロ(※ASP固定費などは除く)」なので、失敗するリスクが少ないのと、成果が出た場合でも費用対効果が高いというのが大きな特徴です。
また、成果が出た際に発生する報酬額も、広告主が自分で設定できるのも、リスクが少ないポイントの1つです。

アフィリエイトの成功のカギはキーワード選びにあった↓

稼いでるアフィリエイターは実はほんの一握り「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2016」によると、世の中のアフィリエイターの67.6%は月5万円もアフィリエイ...

記事を読んでからLPにいくので、LPにいった時点で教育されておりCVRが高い

アフィリエイトは、アフィリエイターが作った記事風ページや、比較サイトを経由して本ページにいく流れになります。
記事風ページなら「なんでその商品がいいか?」ということを、比較サイトなら「他商品と比べて何が優れているか?」ということを、ユーザーは本ページに行く前に教育されるため、当たり前の如く本ページでのCV率は他媒体よりも上がるのは想像がつくと思います。

結果を出すには記事風ページ量産すべし!そのコツ↓

記事LPで成果を出すコツとは?ネイティブ広告の特徴は、広告でありながらユーザーが見ているコンテンツに馴染んでいると言う点です。そのため、リンク先のランディング...

競合が増えて比較検討される商材でも、サイト上で比較できるのでCVしやすい

2つ目で述べたことと重複する要素もありますが、年々Web広告市場は参入する企業が増え、市場は伸びているのと反比例するように、どんどん成果を出しにくくなっているのが現実です。その中で、ユーザーは「どの商品を買おう?」と、購入前に他社の類似商品と必ず比較するので、比較検討する中で他社商品に流れてしまうことが多々あります。
しかし、アフィリエイトのように本ページに至る前の比較サイト上で、類似商品を複数同時に比較できると、他サイトまで行ってわざわざ比較する必要がなくなり、そのまますぐに購入に至る可能性がぐっと上がるわけです。考えてみて下さい、比較サイトと比較サイトとを比べることって、ないですよね。

以上3つがアフィリエイト広告の大きな魅力なのですが、そんなの分かってるよ。と思われる方もいると思います。しかし知っていますか?


アフィリエイトを初めた企業の半分以上が、成果が出ずにやめてしまっていることを。

良いことづくしに見えるアフィリエイトだけど、実は意外と皆失敗してる

「アフィリエイトを初めたら、いろんな人が勝手に売ってくれて、且つ成果報酬で費用対効果も高いんでしょ。」そう思っているあなたは、きっと成果が出ずに諦めてしまう1人になることでしょう。

アフィリエイトはうまくいけば件数も取れるし費用対効果も高い優秀な広告なのですが、実は代理店やASP任せっきりにしてしまうと、全く成果が出ず、そのまま失敗して諦めてしまう企業も山ほど存在するんです。

何故そういうことになるというと、「良いアフィリエイターに広告を載せてもらえるかどうか」によって、アフィリエイト広告の成果は180度変わるからです。
アフィリエイターとは、広告を自分のサイトに載せて売ってくれる、要するに掲載先になるわけですが、商品をどれくらい売ってもらえるかどうかは、このアフィリエイターの腕にかかっています。アフィリエイターの中には、成果報酬だけで月間1000万以上稼ぐ凄腕のアフィリエイターもいますが、実はアフィリエイターの45%以上はアフィリエイトからの月の収入が1000円以下しかないというデータもあります。

つまり、アフィリエイターの2人に1人は稼げていない=売る力がないのです。
そんなアフィリエイターにいくら自社商品を載せてもらっても、売れるはずがありません。


じゃあ、どうすればいいの???????

アフィリエイトで売上を上げるための3つのポイント

お分かりかと思いますが、アフィリエイトで成果を出すためには、「どれだけ腕の良いアフィリエイターに広告を掲載してもらえるかどうか」にかかっています。
じゃあどうすればそれができるのか、以下3つポイントを紹介します。

成果が出るまで諦めずにASP担当者に打診し続けろ

皆さんは自身の仕事で何社担当クライアントを持ってますか?
ASPで働く人は、1人あたり100社なんてザラ、多いところでは1人で200社のクライアントを担当しているASPもあります。
そのため過酷な労働環境から離職率が高いことでも有名で、ASPの担当者がコロコロ変わりすぎてアフィリエイターのリクルーティングが進まない、担当が変わる度に1からまた状況を説明し直さなければならないのが面倒。よく聞く話です。

その中で自分の商品の「何がUSPか、LTVは、どこまで金額を出せるか、どういう売り方をしてほしいのか」を、忙しいASP担当者に、簡潔に明確に伝える必要があります。
いちいち時間を使って分析をしないといけない案件は、相当広告費が大きくない限り、忙しいASP担当者は相手にしてくれません。

パワーポイント3枚程度でいいので、自社商品のUSPや単価、売り方についてまとめた資料をASPに渡してみましょう。
うまくいくとそれをそのままアフィリエイターへのリクルーティングに使ってもらうことができ、ただ単価だけ提示するより多くのアフィリエイトサイトに掲載してもらうことができます。

あなたがアフィリエイターだった時、

A)これ1つでスキンケアができるオールインワンジェルです
B)無添加100%のオールインワンジェルで、肌のターンオーバーを助けてくすみ改善効果があります。
スキンケアをしながら、肌色が明るくなりシミ消し効果が期待でき、1ヶ月使用できる大容量・更に冬季限定500円キャンペーン中です。

という2つの商品情報があった時、どちらの広告を掲載したいですか?
当然、商品の強みが分かりやすい、且つ価格訴求も強いBの方を選ぶわけです。

特別単価を上手く使って良いアフィリエイターに載せてもらえ

前述したように、アフィリエイターは稼ぎたくてアフィリエイトをしています。
つまり、稼げない案件は掲載したがりません。
一生懸命自分のサイトをいじっていざ売れた時に、100円しかもらえない商品と、1000円もらえる商品、どちらを選ぶかは猿でもわかります。

かといって、良いアフィリエイターに載せてもらおうと報酬単価を無理に上げすぎると、いくらそれで商品が沢山売れたとしても利益が出ずに意味がありません。

そこで、うまく使ってほしいのは特別単価です。
通常の成果単価とは別に、有力なアフィリエイターを囲う時には特別にここまでなら報酬額を出してもいいよ、というものなのですが、これがあるかないかで広告を出してもらえるアフィリエイターがガラッと変わります。

また、アフィリエイトで成功するためにここでもう1つ重要なのがLTVです。
その商品を買った人が1人あたり生涯いくらお金を払うか、というのがLTVなのですが、これを明確にした上で「ここまでなら単価を出しても赤字にならない」ギリギリの特別単価ラインを提示することが非常に重要です。
アフィリエイターもこれだけ出せば食いつく、且つ数が売れたときに利益も最大化される絶妙な報酬単価のラインを見極めるのです。

季節やトレンドに合わせて、LPのブラッシュアップを

ページがしっかりしているものほど、売りやすい=良いアフィリエイターが食いついて広告を出してくれる、つまり売ってくれます。
ただ、意外とここを見落としてASPとアフィリエイターに丸投げで、売れない=ASPやアフィリエイターのせいにする広告主が多いんです。
売れない商品は、必ず売れない理由があるんです。
どんなに腕が良いアフィリエイターでも、極端な話、全く強みがない商品だったり、しょぼいLPだと売れません。

アフィリエイト市場は毎日変化します。
季節、市場動向に合わせてページ内をヘッドだけでも変化させてブラッシュアップすることで、アフィリエイターの目に留まる確率がガラッと変わり、結果売れる件数も変化します。

先に述べたように、売れた時の報酬額が高いのはアフィリエイターにとって広告を載せるかどうかの大きなポイントであることは間違いありませんが、同時に「売りやすい商品(ページ)か」ということも非常に重要です。

100円の商品を100個売っても、1000円の商品を10個売っても売上は一緒です。
どんなに報酬額が高くても、全く商品の強みがなくページが見にくい商品より、報酬額は低くても無料サンプルでページも見やすく売れやすい商品とでは、後者を選ぶアフィリエイターも多くいるのです。

いかがでしたか?

簡単かと思いきや、実は奥深いノウハウがあるアフィリエイト。
ASPに渡したら勝手に売れる、費用対効果も合う、そんな簡単なら、世の中どの経営者も失敗なんてしません。

アフィリエイトをうまく使って他の経営者に差をつけるもつけないも、アナタ次第です。さあ貴方も、良いアフィリエイターさんを捕まえて、ビジネスを大ききくしませんか。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)