【必読】 Facebook広告で利用できるキャンペーン目的って何があるの?

まずFacebook広告を作成時に、真っ先に登録するものが「キャンペーン目的」。
しかし初めてFacebook広告を始める方は「そもそもキャンペーン目的って何?」と感じてしまうと思います。

反対に運用をすでにしている人も、「こんなにキャンペーン目的あるけど、沢山ありすぎてどれを使うのが最適か分からない。」と感じている人も多いのではないでしょうか。

適切なキャンペーン目的を選択することで、Facebook広告をより効果的に配信することができます。

この記事では、「Facebook広告のキャンペーン目的の種類」「メリット・デメリット」を紹介していきます。

キャンペーン目的の種類

Facebook広告のキャンペーン目的には大きく分けて以下3カテゴリに分けられます。

①認知
②検討
③コンバージョン

 
その中から細分化し、トータルで13個ものキャンペーン目的が存在しています。

①ブランドの認知度アップ
②リーチ
③トラフィック
④アプリのインストール
⑤動画の再生数アップ
⑥リード獲得
⑦投稿のエンゲージメント
⑧ページへの「いいね!」
⑨イベントへの参加を増やす
⑩メッセージ
⑪コンバージョン
⑫カタログの販売
⑬来店数の増加

 
Facebook広告では、これらキャンペーン目的に適したユーザーを中心に広告が配信されるようになっています。

曖昧な表現ですが、「キャンペーン目的に適したユーザー」とは、キャンペーン目的を達成し易いであろうユーザーのことです。

コンバージョン目的なら「コンバージョンしやすいユーザー」へ配信。
アプリのインストール目的なら「アプリをインストールしやすいユーザー」へ配信してくれます。

「認知」のキャンペーン目的の紹介

ここでは「認知」のキャンペーン目的である以下2個のキャンペーンを紹介します。

・ブランドの認知度アップ
・リーチ

商品やサービスの認知度を上げる広告配信が可能です。
概要と見込める効果を各々紹介します。

ブランドの認知度アップ

「FacebookとInstagramのブランド認知度アップ広告は、関心を持ち、覚えてくれそうな人を狙って広告を表示させることができます。毎日さまざまな人が動画を視聴し、情報をチェックするFacebookやInstagramでは、簡単にブランドを構築できます。」

引用:facebook business『ブランドの認知度アップ』より

■メリット
・imp(表示回数)が多く出るため、認知が広がる
・関心を持ち得る人にフォーカスして、露出してくれる

■デメリット
・クリックされずimpのみが増える場合があるので、効果測定が難しい

リーチ

より多くのユーザーにリーチできるように、認知の最大化を目的としたキャンペーン目的です。

■メリット
・クリック目的よりも認知ボリューム(インプレッション量)は勝る
・地域ビジネスの場合、周辺地域のユーザーに効果的にアピールできる

■デメリット
・「広告を多くのユーザーに届けること」が第一目的のため、クリックが集まりにくかったり、直接コンバージョンへは繋がらない可能性がある
・フリークエンシー(1ユーザーの広告接触回数)が増加してしまう(※フリークエンシーキャップ=表示回数の上限を設定することが可能なので、要調整)

「検討」のキャンペーン目的の紹介

ここでは「検討」のキャンペーン目的である以下8個のキャンペーンを紹介します。

・トラフィック
・アプリのインストール
・動画の再生数アップ
・リード獲得
・投稿のエンゲージメント
・ページへの「いいね!」
・イベントへの参加を増やす
・メッセージ

 
これらのキャンペーン目的は、先程の「認知」からもう一歩踏み込んだ状態である「検討」まで至るユーザー向けてに広告配信が可能です。 

概要と見込める効果を各々紹介します。

トラフィック

クリックを集めるのにおすすめのキャンペーンです。
サイトやページのアクセス数を集めたいという場合に利用することが多いです。

■メリット
・多くのクリックを集めることができるためブランディング効果が高い
・CPCを抑えて配信できるので、リマケ配信でもCPCを抑えることができる

■デメリット
・「クリックしやすいユーザー」と「コンバージョンしやすいユーザー」は異なるため、CVには直結しにくい

アプリのインストール

「Facebookアプリインストール広告を使用すると、アプリをインストールする可能性の高い人とつながり、より多くの人にアプリを実際に使用してもらえます。」

引用:facebook business『アプリのインストール広告』より

■メリット
・広告がApp Store、Google Play、Kindle Fireストアに直接リンクしているため、アプリをすぐにダウンロードできる
・モバイルのビジネス成長に直結しやすい

■デメリット
・適切なターゲティングが必須となる

動画の再生数アップ

「動画広告の再生回数を増やすよう最適化できます。広告を2秒、10秒、または15秒以上継続して視聴する可能性が最も高いターゲット層に、広告を表示します。」

引用:facebook business『「動画の再生数アップ」の目的』より

■メリット
・商品やサービスのブランディングに効果的
・テレビCMよりもセグメントが精密

■デメリット
・動画を見せて終わり、となってしまう場合もある
※動画を見た上でサイトに誘導したいなら、トラフィック目的の方が良い

リード獲得

リード獲得広告ではサイトやLPへ遷移させず、Facebookのアプリ/ページ内で完結する広告です。

Facebookのプロフィール情報を自動でフォームに入力してくれるため、ユーザー側の入力の手間が無く、メールアドレス等の取得効率が高い傾向があります。

■メリット
・インスタントフォームを作成することができる
・Facebookの情報をそのまま使用できるので、ユーザーの入力の手間がが減る
・広告用のLPやページを用意する必要がない

■デメリット
・スマホ向けにしか配信ができない
・サイトやLPを見ずに情報を送信するため、ユーザーの見込み度が減る・引き上げ悪くなる可能性がある

投稿のエンゲージメント

「ページの投稿をFacebookページ外に広め、利用者にアクションを起こさせる広告です。広告に「いいね!」した人の数、シェアした人の数、コメントした人の数といったインサイトが得られるページ投稿エンゲージメント広告は、ターゲット層に好まれるストーリーやコンテンツを分析して、それに合わせた広告づくりをする場合にも役立ちます。」

引用:facebook business『ページ投稿のエンゲージメント』より

■メリット
・フォロワーや新しいターゲット層と繋がることができる
・ブランドと顧客の関係性の構築に役立つ
・過去にFacebookページに「いいね!」などをアクションをしたことがないユーザーにも投稿を届けることができる

■デメリット
・Facebookページも積極的に更新していく必要がある

ページへの「いいね!」

上記「投稿のエンゲージメント」と近しく、ユーザーに興味を抱いてもらう先が「投稿」か「Facebookページ」かという違いになります。

■メリット
・フォロワーや新しいターゲット層と繋がることができる
・ブランドと顧客の関係性の構築に役立つ

■デメリット
・Facebookページも積極的に更新していく必要がある

イベントへの参加を増やす

「Facebookページからイベントを作成し、Facebookのイベントへの参加広告で宣伝して、イベントを成功させます。年齢、性別、趣味・関心、居住地などに基づいて、イベントに参加してくれそうなターゲット層を選択します。参加を決めた人には、その人のFacebookのカレンダーにイベントが自動で追加されます。」

引用:facebook business『イベントへの参加』より

■メリット
・イベントの認知度を高めることができる
・参加予定者の人数を確認することができる

■デメリット
・「参加する」ボタンを押した後も、いつでも「取り消し」などに変更することができるので参加人数の管理が煩雑になる可能性がある

メッセージ

ユーザーをMessengerに誘導して、質問内容などを設定し会話することができます。
利用企業が増えているチャットBOTを活用できるのもこのキャンペーンです。

■メリット
・広告に反応してメッセージを送ってきてくれる可能性が高い人々にリーチし、検討から行動へと後押しすることができる
・リードの獲得、お問い合わせへの対応、購入の促進、サポートの提供などがより効率的に行えるようになる

■デメリット
・チャットBOTを使用しない場合、メッセージのやり取りの管理に手間がかかる
・チャットBOT利用する場合は、該当サービスを提供している企業と契約して進める必要がある
(※自分で開発することも可能だが、専門知識が必要)

「コンバージョン」のキャンペーン目的の紹介

ここでは「コンバージョン」目的となる以下3個のキャンペーンを紹介します。

・コンバージョン
・カタログの販売
・来店数の増加

これらのキャンペーン目的は、ゴールとされる「CV」しやすいユーザーに向けて広告配信が可能です。
概要と見込める効果を各々紹介します。

コンバージョン

最も汎用性の高いキャンペーン目的と言えます。
自社製品やサービスを購入など目的達成するために使うキャンペーンです。

■メリット
・CVしやすいユーザーにフォーカスして配信してくれる
・直接成果に繋がり易い

■デメリット
・設定しているターゲティングによっては、CPCが高騰してしまう場合がある
・成果がわかりやすい為、広告運用のPDCAをすばやく回す必要がある

カタログ販売

Facebook上に自社の商品カタログを作成し、そのカタログ情報を広告に連携させて配信することが出来ます。ECサイトなど、商品が複数ある場合におすすめです。

■メリット
・商品画像/価格/テキストなどに変更があった場合、カタログデータを修正するだけで各広告を最新のデータに保つことができる
・閲覧したページや商品に応じてターゲットを絞って広告を掲載できる
 →例:カートに追加したが購入まで至っていないユーザーに配信する 等

■デメリット
・Facebook上で「製品カタログフィード」を作成する必要がある

来店数の増加

「店舗、レストラン、販売代理店など、複数の所在地を持つあらゆるビジネスで利用できます。
この目的を使うと、各所在地から設定した範囲内にいる利用者にリーチし、最寄りの所在地の検索や問い合わせを促すことができます。」

引用:facebook business『製品のコンバージョンを獲得する』より

■メリット
・所在地ごとにカスタマイズされた広告を作成し、近隣の利用者に配信することができる
・来店者数を増やしたり、店舗売上を伸ばしたりすることができる

■デメリット
・見込みの可能性がある地域を切り捨てて配信してしまう可能性がある
・チェーン店など、全国各地に数多く店舗がある場合に有効となる為、数店舗の場合は適さない。

まとめ

Facebook広告には多くのキャンペーン目的が存在しています。
その上更新スピードの早い媒体でもあるため、気付いたら増えている、そんなこともざらにあります。

しかしそれもより効果的に広告を配信するためのバージョンアップなので、キャンペーン目的各々の特性を理解しながら、自社製品に適した配信方法を積極的に是非試してみてください。

弊社では主に「コンバージョン目的」だけでなく、汎用性の高い「トラフィック目的」の併用も推奨しています。
CVに直結する訳ではないですが、今後の認知やLTVのことも考えると、周知目的の配信は非常に有効です。
是非試してみてください。

予約・問い合わせが4倍になった美容院の場合課題だった点問い合わせフォームはあるものの、予約フォームがなくFacebookの管理画面上ではCV計測が難しい状態でした。その...

【新規顧客獲得】のためのFacebook広告活用法上述のようにFacebookでは新規顧客獲得のためにFacebook広告を活用します。また、意外と知られていませんが、Facebookは201...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧