Facebook広告が表示される場所とおすすめ表示設定法を徹底解説!

  • 2018.12.25
  • 2024.4.30
  • 15,232 Views

Facebook広告が表示されるのは「Facebook内だけ」だと思っていませんか?

実はFacebook広告は、FacebookだけでなくInstagramやその他の多くのアプリにも同時に表示させることができる優秀すぎる広告なのです。
さらには、配信面のタイムライン上でも様々な表示方法があります。

今回はFacebook広告の表示場所についてご紹介します。

Facebook広告が表示される配信面とは

Facebook広告はInstagramなどのSNSや、その他の多くのアプリにも同時に表示させることが可能です。

Facebook(フェイスブック)

Facebookは世界的に最もポピュラーなSNSのひとつです。
ビジネスでも用いられることが多く、会社間のコミュニケーションツールにもなっています。

意識の高い方が多く、セミナー集客や情報商材のリスト取りなどはFacebookでの反応がかなり良い傾向があります。

Facebook広告の詳細はこちらから↓

Instagram(インスタグラム)

Instagramは「写真を見る・投稿する」に特化した非常にシンプルなSNSです。
日本国内のユーザー数は約2,000万人ともいわれ、特に若い女性から圧倒的な支持を得ています。

若い女性ばかりが利用しているイメージのInstagramですが、最近では若い女性だけではなく40~50代の方も活用されているSNSです。

ターゲットの年齢層が50代の化粧品でも、Instagramから購入に至り、成果が出ている事例もあります。

Instagram広告の詳細はこちらから↓

Messenger(メッセンジャー)

MessengerはFacebookのメッセージ機能です。

このアプリは日本で使用率が高いLINEと同じような機能を使うことができ、メッセージの他に無料通話やスタンプ・画像の送信、アニメーションなどの共有ができます。

ビジネスでMessengerを使用している方も多いので、ビジネスマンがターゲットの場合にも有効な掲載箇所です。

Audience Network(オーディエンスネットワーク)

Facebookと提携している乗り換えアプリや、ダイエットアプリぐるなびなど様々な箇所に広告を掲載することが可能です。

以前はあまり注目されていませんでしたが、最近では掲載可能なアプリが増え、注目度があがってきています。

なお、掲載される場所は指定できません。

それぞれのアプリで表示される場所は

配信面ごとに表示が異なり、様々な箇所に掲載されます。

Facebook(フェイスブック)

・フィード(タイムライン)
広告はFacebookのタイムライン上に表示されます。 通常タイムラインの投稿の中でいかにユーザーの手を止めるようなクリエイティブを使用するかによって反応は大きく異なります。

・右側広告枠
広告はFacebookのタイムラインの右側に表示される「右側広告枠」にも掲載が可能です。 右側広告枠に掲載される広告は、コンピューターを使用中の利用者にのみ表示されます。

・ストーリー
広告はFacebookのストーリーに表示されます。
Facebookストーリーは短い動画や写真を気軽にシェアでき、24時間で自動消滅するのが特徴です。

通常は、写真は6秒間、動画は最大15秒間がFacebook Storiesに表示されます。 しかし、Instagramのストーリーズと比較しますと利用者は少ない傾向があります。

 

Instagram(インスタグラム)

・フィード(タイムライン)
広告はInstagram上のタイムラインに表示されます。 通常のフォロワーの投稿の中でいかにユーザーの手を止めるようなクリエイティブを使用するかによって反応は大きく異なります。

・ストーリーズ
広告はInstagramのストーリーズという、タイムラインの上部に表示されます。
ストーリーズとは短い動画や写真を気軽にシェアでき、24時間で自動消滅するのが特徴の投稿です。

最近ではInstagramのタイムラインの投稿は見ずに、ストーリーズのみの投稿、観覧を行うユーザーが増えてきている傾向があります。

そのため、より多くのユーザーに表示したい場合はストーリーズに掲載するのがおすすめです。

 

Messenger(メッセンジャー)

・受信箱
広告はMessengerのホームタブに表示されます。
広告は、Messengerでこれまでにやり取りしたことがある人へのメッセージとして表示されます。

 

Audience Network(オーディエンスネットワーク)

・バナー、インタースティシャル、ネイティブなど 広告は、Audience Networkのアプリとウェブサイトに表示されます。 表示方法はアプリによって異なります。

Facebook広告の表示の設定方法とは?

Facebook広告を使用すると様々な配信面への掲載が可能です。
そして設定方法は2通りあり、「自動配置」と「配置を編集」という選択ができます。

・自動配置
Facebookが広告のクリック率などから見込みの高い配信面に、 自動で予算を振り分ける方法です。
※まだターゲットや、どの配信面でのパフォーマンスからが良いか、 わかっていない場合におすすめです

・配置を編集
配信面を手動で選択する方法です。
配置を編集を選択した場合は、配信するデバイス(モバイル、デスクトップ)の選択が可能。
※すでにどこの配信面からのパフォーマンスが良いか明確にわかっている場合におすすめです

以下でFacebook広告の広告セットで配信面を選択することが可能です。

①広告アカウントを開く
②広告セットの編集を選択
③広告セット内の配置を確認

自動配置の詳細はこちらから↓

Facebookおすすめの表示の設定方法

しかし、いきなり配信面を絞り込んでしまうのは危険です。
Instagramが合うと思っても、Facebookでも獲得できる可能性もあります。

そのため表示の設定については以下の順で進めることが最適です。

①まずは自動配置の設定で全配信面へ配信
②2週間(最適化がかかるまでの期間)ほど何も変更せず配信
③クリック率や、CVがでていない配信面を配置を編集で絞り込む

この方法で進めることで見込みの高いユーザーへの配信を行うことが可能です。

まだ自動配置を試していない方、どのターゲットからの反応が良いかわからない場合はぜひ活用してみてください。

まとめ

Facebook広告のみの掲載かと思われているFacebook広告ですが、沢山の配信面へ配信が可能です。 反応をみながら、配信面を絞り込むことでさらに改善する可能性が高まります。

Web広告に関するお悩みは、
デジタルアスリートにぜひご相談ください。

これまで1800社を超える企業様をご支援の中で得られた知見を基に、経験豊富なコンサルタントが貴社の戦略設計からWeb広告の最適解をご提案いたします。

無料資料ダウンロード

 

勝てるメッセージとシナリオで成果を出し続ける
「YouTube広告運用マスターガイド」

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

有馬 由華

デジタルアスリート株式会社
ウェビナーマーケティング部 部長
成長できる環境とWEBの楽しさ、社員の人柄に惹かれて2018年にデジタルアスリート株式会社(旧:株式会社リスティングプラス)に新卒として入社。
1年後にFacebook広告メインの運用チームの課長を努め、現在は運用代行をメインとした部署の部長をしています。

「現状維持は衰退」ということをモットーに、クライアントによりよい価値を提供できるよう、 サービスも社内の取り組みもマネジメントも市場のニーズにあわせて常に工事中です。
趣味はオーディション番組を見ることで、人が成長していく過程の心が揺さぶられる瞬間が大好きです。

記事一覧を見る