Facebook広告にかかる費用について徹底解説

初めてFacebook広告を出稿しようと思っても、最適な費用や、課金の仕組みなどってわかりにくいですよね。 今回は、Facebook広告の課金方法や費用が発生する仕組みについて紹介していきます。 適切な費用の考え方などについても事例を交えて紹介するので、この記事を見ればすぐにでもFacebook広告を始められるようになります。

最適な費用の考え方とは

Facebook広告を出稿する際の最適な費用は、業界やサービス、または得たい結果の量達成までのスピード感目標によって変動します。

業界の競争が激しい、得たい結果が大きい、または早く結果を出したいということであれば、大きな予算を用意する必要が出てくるでしょう。

ただ、少ない広告費でも広告を配信出来るところがFacebook広告のメリットなので、テスト出来る金額から、とりあえずやってみるということが大切です。

Facebook広告の課金方法

費用を考える上で、以下のことを把握しておくことが重要です。
1日の費用を3,000円としたとき、その3,000円は、何に対して支払っていくのか?ということになります。

ここでは、おすすめの設定方法と、その詳細についてご紹介します。

自動で選択してくれる設定がおすすめ!

Facebook広告には課金方法が複数あります。
初めてFacebook広告を配信される方にとっては、どれを選択するべきなのか、悩みどころですよね。

しかしFacebook広告では、管理画面で選択した内容に合わせて、自動的に課金の種類が決定される仕組みになっています。
特に必要な場合は手動で変更することも可能ですが、初めてFacebook広告を出す方は、自動的に決まった方法のまま配信することをおすすめします。

Facebook広告の課金種類2つ

インプレッション課金(CPM配信)

1000回広告が表示されるたびに料金が発生する課金方法です。
広告がクリックされた回数に関わらず、表示に対して費用が発生します。

【向いているケース】
・Facebook広告に慣れている
・大きな費用の準備がある
・構造の整ったキャンペーンを作成できる

 

クリック課金(CPC配信)

広告が1回クリックされるたびに料金が発生するという課金方法です。
広告がクリックされて初めて費用が発生するため、逆に言えば「クリックされない限りは広告が表示されても料金は発生しない」ということになります。

【向いているケース】
・Facebookを初めて利用する場合
・費用が少ない場合

 
※ただし大部分の広告主はインプレッション課金で広告を配信しており、入札するCPCが低い場合、そもそも広告が十分に表示されず、クリックも集められない可能性が高いです。

また、Facebook広告ではターゲティングの絞り方や設定内容によって、CPM(インプレッション単価)やCPC(クリック単価)は大きく変動します。

商材やサービスごとのCPM、CPCの事例

商材やサービスによって異なりますが、私たちが担当している案件では以下のような目安になります。
※コンバージョン目的の配信の結果で算出

リスト取り

CPC(クリック単価)    :50円~150円
CPM(インプレッション単価):2,000~3,000円

物販の販売

CPC(クリック単価)    :150円~300円
CPM(インプレッション単価):2,000~3,000円

セミナー集客

CPC(クリック単価)    :300円~700円
CPM(インプレッション単価):3,000~6,000円

競合他社が多い場合や、多く使用されるターゲティングではCPCもCPMも高騰しやすいようですので上記の数値はあくまで参考です。

CPC、CPMが高いほど多くの費用がかかるため、数値を改善するにはPDCAを早くまわしていくことが大切です。

上限設定なら費用を使いすぎる心配もない

費用を使いすぎてしまうのが不安…
そんな人におすすめなのが上限設定です。

指定した金額内で配信を行うため、長時間アカウントが管理できない場合も安心です。
上限設定にも様々な種類があるのでご紹介していきます。

アカウントの上限予算

アカウントの上限予算とは、アカウントで使用できる設定です。

アカウントの上限予算では期間を設定する事が出来ないので、アカウントでいくらまで広告費を使うかを設定します。
ここで設定した予算以上のお金を使う事はありません。
また、上限設定はリセットすることも可能です。

キャンペーンの上限予算

キャンペーンの上限予算とは、キャンペーン単位で使用出来る設定になります。
キャンペーンの上限予算もアカウントの上限予算と同様に、期間の設定をすることは出来ません。
キャンペーンでは、広告の配信目的を設定することが出来るので、配信目的各に予算を決めることが出来ます。

広告セット予算

広告セット予算とは、広告セットで使用出来る設定になります。
広告セット予算は、1日か通算かで期間を選ぶことが出来るので、目的に合わせて設定することが出来ます。
期間限定のテストなら通算設定がおすすめです!(絶対超過しないため)

入札単価

Facebook広告では、1クリックに掛ける上限や1,000回表示に掛ける広告費の上限を設定することが出来ます。
基本的にはFacebookが勝手に最適化してくれるので、自分で変更することはありませんが、広告費を抑えたい時や配信量を増やしたい時におすすめです!

支払いの詳細

以下の支払い方法のいずれかで、Facebook広告の支払いをすることができます。

▼クレジットカードまたはクレジット機能付きデビットカード
・JCB
・MasterCard
・Visa

▼PayPal (利用できる通貨のいずれか)

※一部代理店アカウントなどは請求書払いに対応している場合もあります。

詳細:広告の支払い方法

まとめ

Facebook広告の費用は商材によって異なるため、あらかじめどんな成果がほしいのかということから逆算して考えることが大切です。

Facebook広告のメインは認知の拡大なので、費用対効果を気にしてあまり費用をかけたがらない人も多いです。
しかし、今後新規を獲得したい!ビジネスを拡大したい!という目標があるのであれば、認知施策を行うことが未来の成果を左右することは間違いありません。

ぜひ、Facebook広告の費用を理解して運用を行ってみてください!

Facebook広告とは何かFacebook広告とは、Facebook内に表示される広告のことです。SNS広告の一種で、ユーザー数の多さや精密なターゲティングが可能な点が特徴です。どの...

Facebook広告が表示される配信面とはFacebook広告はInstagramなどのSNSや、その他の多くのアプリにも同時に表示させることが可能です。Facebook(フェイスブック)Faceb...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧