テレワークとは?メリットから生産性を上げる方法まで公開

2020年4月7日に発表された緊急事態宣言によって、テレワークを導入する企業も増えたのではないでしょうか?

今回はテレワークとは何か、テレワークのメリットやデメリットなどを紹介します。

そもそも、テレワークとは?

「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語で、情報通信技術を活かして場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことを言います。

テレワークには大きく3種類あります。

1.在宅勤務
→従業員の自宅で仕事を行うこと
2.モバイルワーク
→取引先のオフィスや移動途中の駅、カフェなどで仕事を行うこと
3.サードプレイスオフィス勤務(施設利用型テレワーク)
→専門の事業者が提供するサテライトオフィスやコワーキングスペース、自社で整備した専用施設などで仕事を行うこと
引用:一般社団法人日本テレワーク協会

リモート(=遠隔)ワークという言葉もよく耳にしますが、意味するところはほぼ同じようです。
「リモートワーク」はIT企業やベンチャー企業がよく使い、「テレワーク」は国や大企業がよく使う傾向があります。

テレワークのメリット・デメリット

テレワークを導入するにあたり、よくあるメリットとデメリットをまとめました。

メリット

・満員電車通勤からの開放
・移動時間の削減
・作業に集中しやすい
 電話を取ったり、誰かに話しかけられることがなく、仕事の手が止まらず集中して作業ができる。
 また周りの声やオフィス内を行き交う人目を気にする必要もない。
・家族との時間が増える
・妊婦さんの身体に負担をかけにくい
・身体障害やケガをした人にとって移動の負担が少ない
・企業にとっては、オフィス維持にかかるコストの削減が可能。
・勤務が難しかった優秀な人材を獲得できる

企業にとっては環境コストの削減や人材確保、従業員にとっては移動時間の削減やライフスタイルに合わせた柔軟な対応ができるなど、さまざまなメリットがあります。

デメリット

・仕事とプライベートのON/OFFがつけにくい
・長時間労働になりやすい
・時間管理が曖昧になりやすい
・アイデアを出すときなど気軽に周りに相談しにくい
・仕事でのコミュニケーション量が減少
・ホウレンソウ(報連相)の軽減
・仕事の評価が付けづらい(業務プロセスに対する評価が難しい)
・打ち合わせ、会議、MTG、商談などをするときなど、相手の表情や感情を読み取りにくい
・運動不足になりやすい
・精神的に孤独になりやすい
・情報のセキュリティ管理が煩雑になりやすい

メリットがある一方で、デメリットもあります。

会社にとってはセキュリティ面の問題や、プロセスの評価方法が難しいなどの声を聞きます。
また、従業員にとっても会社に勤務していたときには感じなかったコミュニケーションロスや、時間管理の問題、精神的孤独などが挙げられています。

メリットとデメリットを理解したうえで、メリットは最大限活かしデメリットはどうしたら最小限に抑えられるか工夫しながらテレワークを活用していきたいですね。

テレワークで生産性を上げるコツ

テレワークを実施すると、本人の意識に差がうまれたり、自己管理の力量によって仕事の生産性が左右されてしまうことがあります。

がんばっているのに生産性が下がってしまったり、体調を崩してしまう方がいるので、緊急事態宣言により絶賛テレワーク中の私が、自分なりの生産性アップのコツをまとめました。

①就業時間を設定する
②朝の習慣を定着させる
③服をきちんと着替える
④作業場の環境を整える(作業スペースの確保)
⑤整理整頓を心がける
⑥定期的にストレッチをする
⑦部屋の空気を定期的に入れ替える

ある程度自分でルーティーンを決めておくと、仕事がスムーズにはかどるように感じます。
ただこれが正解ではないので、あなたに合った方法をぜひみつけてみてください。

まとめ

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言をきっかけに、テレワークを実施する人が増えていると思います。

私もテレワークを実施してみて、今まで感じたことがなかったストレスを感じることもありますが、できないことを考えるよりも今できることを考えながら、効率よく仕事を進めていきたいと思っています。

みなさんもテレワーク導入で戸惑うこともあるかもしれませんが、一緒に乗り越えていけると良いですね!


公式LINEに登録するだけでWeb集客に関する疑問を解消できます!

以下のコンテンツがすべて無料で受け取れます!

・コンバージョン数を最大化するオンライン講座
・Webマーケティングが学べるタベリナチャンネル
・過去100社以上の方が参加した厳選有料セミナー動画
・Web広告・サイトに関するオンライン無料診断
・専門家に気軽にWebマーケティングの相談ができる

今すぐ公式LINEに登録してコンテンツを受け取る
リスプラ公式LINE登録
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

リスマガ運営会社リスティングプラスの
最新セミナー情報です!

今すぐ詳細を確認して
セミナーに申し込みをする

リスマガ運営会社リスティングプラスの
最新セミナー情報です!

今すぐ詳細を確認してセミナーに申し込みをする