クロスメディアとは?いまさら聞けない仕組みやメリットを分かりやすく解説!

「クロスメディア」とは?

クロスメディアとは、1つの商品やサービスをさまざまな媒体を用いて、広告宣伝活動を行うことを指します。

TVや新聞などのマスメディアからWebサイトまで、あらゆる広告媒体を利用し、宣伝・販促活動を行うことで媒体同士による相乗効果を高めていく戦略です。

クロスメディアマーケティングに使われる代表的なメディアは、次の通りです。

インターネットメディア

・ブログ
・メルマガ
・動画配信

  
など、スマホやパソコンで見ることの多いメディアです。

デジタルメディア

・テレビ
・ラジオ

 
など。「マスメディア」とも呼ばれることも。

アナログメディアなど

・雑誌
・新聞
・ダイレクトメール
・街頭広告(デジタルサイネージ)
・店頭広告

 
など、紙を中心とした媒体です。

テレビCMや街頭での「続きはWebで」「○○で検索」という広告が代表的な例で、これは大勢にアピールできる広告で興味を引き、多くの情報を載せられるWebサイトで詳しい魅力を伝えて購入を促しているのです。

「メディアミックス」との違い

クロスメディアと似た手法に「メディアミックス」というものがあります。

こちらも「複数のメディア(テレビCM・雑誌・Webなど)を使い、より多くの人へ宣伝をする広告手法」である事には変わりませんが、その目的が異なります。

メディアミックスの代表的な例は「ポケモン」です。
ポケモンは、ゲームをやらない層に対してアニメや映画・グッズなどでポケモンを知ってもらう戦略を使い、世界中で大ヒットを巻き起こしました。

メディアミックスとクロスメディアの違い

つまり、メディアミックスは複数媒体でターゲットに多くの情報を与えることが目的で、「クロスメディア」は複数媒体を使ってターゲットを動かすことが目的です。

複数メディアで多く宣伝するメディアミックスが「足し算」だとすると、相乗効果を生む「クロスメディア」は「掛け算」と言えるでしょう。

クロスメディアのメリット

さまざまな層の消費者を獲得できる

今は、高齢の人でもスマートフォン、タブレット、パソコンを利用する世の中になっています。しかし、若い人に比べるとインターネットの利用率は低いといえます。

高齢の人たちは、昔ながらの『目で見る広告』から情報を得ることは多いです。クロスメディアの活用によって、普段はインターネットを使わない層の消費者を獲得することができるのです。

購買行動を促しやすい

TVのCMを見かけてなんとなく気になり、ネットで商品情報を見ていたら、つい欲しくなり買ってしまった。そんな経験はないでしょうか?

人が一度クロスメディアマーケティングの流れに乗ると、購買行動を起こしやすくなります。これは、広告配信~購入までの流れを作ることで「商品を認知→理解→購入」がスムーズになり、購買させやすくなるためです。

一つの媒体の不足情報をカバーできる

マーケティングには次のようなポイントが重要ですが、メディアによってこの部分が優れているものとそうでないものがあります。

①ターゲティングの精度
②広告を目にする人数
③社会的な信頼度
④情報量
⑤伝わるスピード

 
例えば、テレビCMや新聞広告は「ターゲティング」が難しく、狙った層へ宣伝しにくいですが、Webや雑誌広告では、狙った見込み客のみに広告を見てもらえます。

一方、Webや雑誌広告よりも、テレビCMや新聞広告のほうが「社会信頼度」が高く、「広告を届けられる人数」が多いです。クロスメディアではそれぞれの媒体を連携させ、不足分を補いあいながら、広告効果を高められます。

クロスメディアを成功させる展開例

「では、どの媒体を組み合わせると良いの?」と思うかもしれません。
ここではクロスメディアを使った広告の組み合わせの例を紹介します。

Webサイト ~ 資料請求

Webサイトを制作し、集客を行ってから資料・カタログ請求につなげていくという方法です

例えば企業のWebサイトではなく商品・サービスに特化したランディングページを制作し、
SEO対策を行なうことで集客を狙っていきます。

そこからすぐに販促へつなげるのではなく、資料・カタログを請求できる仕組みにつなげていきます。

Web広告は広く活用できる反面、信頼度は紙媒体よりも低くなってしまうため、資料・カタログ請求につなげた方が良いケースもあるのです。

例として大学や塾などの資料請求があげられます。

テレビCM ~ チラシやDM ~ 商品購入

テレビCMを活用すると全国区から集客させることができます。

コストはかなりかかってしまいますが、幅広い世代、そして多くの人に見てもらうならテレビCMが有効と言えるでしょう。

テレビCMで商品を露出・認知させ、チラシ広告にてレスポンスを取っていきます。
CMにてWebサイトを告知して、そこからレスポンスを取る方法も非常に有効です。

いくつ広告媒体を活用するのか、何を組み合わせるのかによってクロスメディアの効果は変わってきます。

商品やサービスによっても効果的な組み合わせは変わってくるので、どの広告媒体を使うのか見極めることが大切です。

「クロスメディア」の成功事例

では、実際にクロスメディアマーケティングで売上を伸ばした事例を紹介します。

「続きはWebで」の先駆けCM「LIFECARD」

「続きはWebで」という文言は今でこそ当たり前になっているものの、昔はなじみがありませんでした。
そんな「続きはWebで」の元祖がこちらのオダギリジョー出演のCMです。
CM中に「LIFECARD」という企業名をイメージ付け、緊迫感を出しながらWebへ誘導する内容は、印象強く記憶に残ります。

2005年~2007 年に放映されたこのCMは、2015年度にCM殿堂入りを受賞しています。

引用元:Youtube

ドモホルンリンクル

引用元:再春館製薬所
 
ドモホルンリンクルのCMは老若男女問わず誰もが目にしたことがあるかと思います。
CMの最後に無料お試しセットへの案内を入れ、ここに連絡すればもらえる事を伝えています。

クロスメディア的な方法でCMを活用している例です。

サントリー「角ハイボール」

引用元:サントリー

最後は、TVとポスターを組み合わせたクロスメディアの例です。

こちらは今までの「ウィスキーはおじさんの飲み物」というイメージを払拭した宣伝事例です。
サントリーは、オシャレなCMとともに、居酒屋にポップなポスターを貼るという宣伝で、若者の消費者の獲得に成功しました。

まとめ

クロスメディアは、
①何の媒体を使って集客するのか
②何の媒体に集客するのか
③どのような行為を顧客に求めるのか 

が重要なポイントです。

一つの媒体で目にする広告よりも、いろいろな媒体に促すことで消費者をその商品に引き付けやすくなるという効果もあります。

宣伝活動にたずさわる場合には、途中で興味を失わせないよう上手に消費者を誘導して行くことが大切です。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)