成功事例で考えるアフィリエイト必勝法

「アフィリエイトって本当に効果ある?」 「アフィリエイトで成果を出すためにはどうしたらいいの?」 アフィリエイトに対してこのような疑問を抱いたことのある方は多いのではないでしょうか。 アフィリエイト広告市場は現在年々拡大しており、2013年に1342億1000万円だったのが今年度には倍以上の2800億まで拡大すると言われています。 すでに、アフィリエイトに参入する企業、さらに力を入れてくる企業が増え始めています。 今回はそんな企業の成功事例を見ながら、来るべきアフィリエイト競争に備えて、アフィリエイトで成果を出すための方法を学んでおきましょう。

アフィリエイト成功事例大公開!!

アフィリエイト広告について詳しく知りたい方はこちらから↓

アフィリエイトが今熱い!経営者や広告主の皆さん、アフィリエイト広告ってご存知ですか?簡単に言うと、獲得した成果に応じて報酬が発生する広告なのですが、その市場...

たった3カ月でCV数10倍

まず、以下の表の2月から5月にかけてのオーダー確定件数の伸びを見てください。

なぜこんなにも件数を急激に増やすことができたのでしょうか。

CV件数をここまで急激に伸ばすことができたその理由は
『セミナーの開催』です。

こちらは黒ずみケアの商材を扱う企業様の事例です。
この商材の場合、最も需要が高い季節は夏前だということで2月にセミナーを開催しました。
セミナーを2月に開催した結果、夏前に稼働メディアをしっかり確保することができ、CV数を10倍まで引き上げることができました。

この事例を見て
「セミナーだけでこんなに効果って出るの!?」

こう思われた方は多いでしょう。

結論から言うと、セミナーの開催はかなり効果的です。
というのもセミナーの開催は直接アフィリエイターに掲載依頼をすることができるのと同じなんですよね。

アフィリエイトで最も重要なポイントは「いかに自社の商品に興味を持たせ取り組んでもらうか」ということ。
つまり、「いかに自社の商品を紹介してくれるアフィリエイターを増やすか」が成果を出せるか出せないかのカギを握っています。

もしあなたがアフィリエイターだったらと考えてみて下さい。
無数の商材を日々管理画面上で見ていたらどの商材も同じように見えませんか?

無数の商材の中で自社の商品をどんなにアピールしても、アフィリエイターに興味を持ってもらうには限界があります。
そのためセミナーの開催などで直接接点を持つことがとにかく重要なのです。
また、直接接点を持つことで訴求の仕方やお客様の悩み等の情報を伝えることができ、コンテンツの質を向上させることもできます。

以上のことからメディア数を増やす施策として単価を上げる、キャンペーンを打つという施策ももちろん重要ですが、セミナーの開催をするかしないかで成果の伸び率が大きく変わります。

有力アフィリエイターへのリクルーティングで件数倍増

次に、アフィリエイターの中でも有力なアフィリエイターのみを対象にセミナーを開催した事例を紹介します。
※有力アフィリエイターとは…「アフィリエイトプログラムに関する意識調査2016」によると、世の中のアフィリエイターの67.6%は月5万円もアフィリエイトで稼げていない というデータがあります。その一方で、腕のいいアフィリエイターは、アフィリエイトからの収入だけで月1,000万以上稼いでいる 人もいます。後者の腕のいいアフィリエイターを有力なアフィリエイターと筆者は定義しています。

先ほども言った通り、アフィリエイトでは「いかに自社の商品を紹介してくれるアフィリエイターを増やすか」が重要になります。
またその上で、アフィリエイターの中でも「いかに有力なアフィリエイターに取り組んでもらえるか」が重要になります。

以下の表を見ていただければ有力アフィリエイターに紹介してもらうことのすごさが分かるでしょう。

稼働メディア数が5件しか増えていないのに対して、CV数は約2倍にまで増加しています。

弊社はアフィリエイト塾と深い関りがあるため、有力なアフィリエイターに直接リクルーティングすることができます。
※アフィリエイト塾とは…アフィリエイターさんがノウハウなどを学ぶ教育機関

そのため、このように有力なアフィリエイターのみにセミナーを開催することができます。

セミナーを開催しなくても、ASPに頼めば有力なアフィリエイターへ直接リクルーティングをすることは可能です。ただ、ASPの担当者は1人で100社近く担当しているため1つの商材にそこまで時間をかけることができないのが現状です。

そこで弊社のような代理店を使うことが成果を出すための近道なのです。

ここまでセミナーの開催による成功事例を挙げてきましたが、
共通するポイントはいかに有力なアフィリエイターに動いてもらうか、そのための施策をどれだけ打てているかということです。

一見単純なことのように思えますが、ここが徹底できていなく成果を出せていない広告主様が多いというのが現状です。

既にアフィリエイト広告を運用されている広告主様は、提携しているASPがしっかり施策を打ってくれているのか確認しましょう。
これからアフィリエイト広告を始めようとされている広告主様は、1人当たりの担当件数やプラン(ASPのプランによっては直リクルーティングができないものもある)などを基準に、手厚くサポートしてくくれるASPを選びましょう。規模の大きなASPより小さいASPをお勧めします。

アフィリエイト広告はリスティング広告に効果絶大!?

ここまで成功事例をもとにアフィリエイトで成果を出す方法を紹介してきましたが、アフィリエイトで成果を出せば出すほど得られるメリットが実は他にもあるんです。

アフィリエイト広告はリスティング広告と相性抜群!!

実はアフィリエイト広告はリスティング広告への影響力が非常に高いのです!

アフィリエイトで成果が出るようになるということは、自社の商品を紹介してくれるアフィリエイターが増え、商品の露出が増えている状態になるということです。
露出が増えるということは、商品の認知度が上がり商品名で商品を検索をするユーザーが増えます。

商品名で検索してくるユーザーが増える、このおかげでリスティング広告は商品名のキーワードからのCVを出すことができ、成果を上げることができます。
つまり、アフィリエイトはリスティング広告に相乗効果をもたらすことができるのです。

以上のことから、アフィリエイト広告はやっているがリスティング広告はやっていない、リスティング広告はやっているがアフィリエイト広告はやっていないという広告主様には、双方の運用を強くお勧めします。

アフィリエイト広告を始める前に知っておいてほしい3つのポイント

最後に、アフィリエイト広告を始めようと考えている広告主の方、現在運用している広告主の方に知っておいてほしいことがあります。

冒頭で、「せっかくアフィリエイトを始めても成果が出る前に数字が出ずやめてしまう広告主が多い」と伝えたと思いますが、それは以下のことを理解していない広告主が多いからです。

短期間で成果はでない

まずアフィリエイト広告は、メディア数を増やすまで一定の期間がかかります。
そのため、すぐに成果が出るものではありません。
開始3か月後から徐々に出始めるというのが平均です。

覚悟が必要

そしてある程度の時間がかかるということを理解するとともに覚悟を持ってください。
有力アフィリエイターを動かすためにはある程度の単価を提示しなければ動いてはくれません。
有力アフィリエイターは日々様々な広告主から高額な値段を提示されているため、何百円単位で単価を上げても食いついてはくれません。
有力アフィリエイターを動かすためには、単価をそれなりに出さなければならないということを理解し覚悟を持ってアフィリエイトを始めてください。

ASP頼りにしない

そして最後にASP頼りにしないということです。
先ほども言ったようにASP担当者は1人100商材近く担当しているため、1つの商材にそこまで時間をかけられません。
そのためASPに任せっきりの状態になっていると、実は全然動いてくれていなかったということになり兼ねません。
都度確認を取り、動いてもらえるよう促すのも広告主様の責任の1つなのです。

いかがでしたか?
以上の3つのポイントをしっかり理解し、成果報酬型のアフィリエイト広告を使いこなして成果を伸ばしていきましょう!!

さらにアフィリエイトについて知りたい方はこちらから↓

アフィリエイトマーケティングにおける経営者の悩み Web集客を行っている人なら誰しもが耳にしたことが有るであろう、アフィリエイトマーケティング。なんとなく知って...

稼いでるアフィリエイターは実はほんの一握り「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2016」によると、世の中のアフィリエイターの67.6%は月5万円もアフィリエイ...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧