シネマグラフ広告とは?「動く」静止画でクリック増加!1分で作る方法を公開

最近目にすることが多くなった静止画のいち部分だけが動く、シネマグラフ。 「不思議で思わず目に止まってしまった」そんな方も多いはず。 とにかく不思議で目を引くので、何気なくSNSやサイトを見ている人の注目を集める「シネマグラフ」は、広告に使用するととっても効果的! 特にFacebook広告とは相性バツグンです。 でも効果が高くても、作るに手間がかかるようならなかなかチャレンジしにくいですよね。そこで今回は、誰でも簡単にシネマグラフを作成できる方法をご紹介します。

シネマグラフとは

シネマグラフは「動く静止画」とも言われています。
いわゆるGIF動画(GIFアニメーション)ですが、シネマグラフでは静止画の一部に動きを取り入れています。

2016年あたりからじわじわと増えてきており、現在もシネマグラフを広告で使用する企業・サイトが多く出てきています!

シネマグラフの特徴

注目度が高い!不思議な感覚になるので興味を引く

人間は、普段見慣れない不思議な動きには注意を惹かれます。
画像がたくさんあふれているFacebookのタイムラインでも違和感を感じるため、流し見をしているような興味・関心の低い人にも目を留めてもらいやすくなります。

クリック率が高くなる

シネマグラフ広告は、注目されるのでクリック率も高くなる傾向があります。

またシネマグラフにすることで、静止画でありつつ動画広告として見られるため、Facebook広告としての横長の配信ではなく正方形(1:1)での配信が可能になります。
するとタイムライン上での占有率があがるため目立たせることが出来ます
よって、さらにクリック率が高くなると期待できるのです。

プロが教える!初心者でもわかるFacebook広告の始め方・設定方法↓

Facebook広告ならFacebook以外にも広告が出せる?Facebook広告が掲載される場所Facebook広告が掲載される場所には、大きく3つあります。・デスクトップのニュースフィー...

動画よりもファイルが重くないので、管理しやすい

動画ってすごく容量が重くて共有する際も不便ですよね。しかし、シネマグラフだと動いて目立つのに容量が少なく、便利です。
さすが動く静止画ですね!

シネマグラフをFacebook広告に使用した際の効果

シネマグラフを広告に取り入れて、クリック率を改善した事例をご紹介しましょう。

教育系商材のリスト取りの案件です。
クリック率は悪くないものの、CVを獲得する為にはさらにクリック率を改善する必要があり、シネマグラフを取り入れました。
実際のシネマグラフは公開できないのですが、元々使用していたクリエイティブのコーヒーからシネマグラフの手法を使い湯気を出しました。

結果は・・・

CTR:1.61%
CPA:1,417円

CTR:6.64%
CPA:1,302円

このように大幅にCTRを改善することに成功しました。そしてCPAも改善することに成功しています。

同じクリエイティブでも、シネマグラフにするだけでこんなにも注目を集めることができるのです。

あの大手企業もシネマグラフを使用!

最近少しずつではありますが、有名な企業の広告に「シネマグラフ」が採用されることが増えてきています。

テレビCMでも起用され、その度にSNSで話題になっています。今回はシネマグラフを活用して話題になった企業をご紹介していきます。

デニーズの場合


デニーズ公式Facebookより

デニーズの新作スイーツ情報を紹介した投稿です。
「苺づくし」というテーマがユーザーに伝わるよう、苺に焦点を当てたGIFアニメーションとなっています。
また投稿をみたユーザーへのクリックやシェアも促しています。

ローソンの場合


ローソン公式Facebookより
 
ベビースターの新キャラクターの名前が決定したことを紹介する投稿です。新しいキャラクターの雰囲気に合わせた、楽しいシネマグラフになっています。

シネマグラフ広告作成におすすめの無料アプリを紹介

「シネマグラフ」をすぐにでも広告で活用したい!そう思いますよね。

今回は手軽にシネマグラフが作成できるおすすめアプリをご紹介します。

今回ご紹介するのは「Werble」というアプリ。なんと無料でシネマグラフが作成ができるんです!

※Android版Werbleはまだ公開されていません。よって現在Werbleを利用できるのはiPhone(iOS端末)のみとなります。
しかしAndroid版Werbleは既に開発が決まっており、2017年12月31日時点で来年(2018年)リリースを目指して開発中との記載があります。


参考:https://app-liv.jp/966009633/ 

作成の手順も2ステップのみでとっても簡単です。

1.シネマグラフにしたい写真を選択
2.エフェクトを選択

完成

 

参考:https://app-liv.jp/966009633/

シネマグラフにしたい写真を選択

まずは写真を選択していきます。
「W」のマークをクリックすると選択ページに飛ぶことができます。

下のほうに自分の携帯に保存しているカメラロールがでてくるので、
加工したい画像を選択します。※画像は事前に保存します。

選択が完了したら右上の「→」をクリックすると、
次はエフェクト選択の画面に移ります。

エフェクトを選択

写真を選択したら次はエフェクトを選択します。
中には有料のものもありますが、無料のものも多いです。

無料のものには、花びらが舞うエフェクトや天気のエフェクトと
様々な種類があります。

無料のものでも最初はダウンロードが必要なので、
いいなと思うものがあればダウンロードしてみてください!

完成!

エフェクトを選択し終わって完成したら、
右上のマークをクリックすると保存の画面に移ります。

写真に保存を選択すると、
携帯のカメラロールに保存することが可能です。
右のInstagramを選択するとInstagramに投稿することもできます!

保存する場所が確定したら次はシネマグラフの時間を設定します。
SNS広告で使用する場合はユーザーの傾向として、短いものが好まれるので6秒~10秒がおすすめです。

いかがでしたでしょうか?
この「Werble」を活用することですごく簡単にシネマグラフの作成が可能です。

ぜひみなさんも「Werble」を活用して
シネマグラフを作成してみてください。

※一部課金が必要なものもあります。
※ウォーターマーク(ロゴ)削除には500円必要

まとめ

動く静止画「シネマグラフ」の魅力は
わかっていただけましたでしょうか?

あなたも簡単に作成できるシネマグラフを作成して
広告のパフォーマンスを改善してみてください!

他にFacebook広告で役立つ広告手法を知りたい方はこちらから↓

スライドショー広告とはFacebookスライドショー広告は、動画のように動きや音、テキストを使ってストーリーを美しく伝える広告で、デバイスや通信速度を問わず利用でき...

コレクション広告とはコレクション広告とは、2017年3月23日(米国時間)にモバイルのショッピングを促進するためにFacebookが発表した新しい広告フォーマットです。Face...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)