Facebook広告の効果的なターゲティング方法と種類を公開

Facebook広告は、運用型広告の中でも特にターゲティング精度が高く、費用対効果が高いといわれています。
しかし、Facebook広告のターゲティングにはいろいろな方法があるため、「結局どのターゲティングがいいのかわからない」という人も多いです。

今回は、たくさんあるFacebook広告ターゲティング手法の中でも「特に効果の高いターゲティングと運用のコツ」についてお話します。また、最近はインスタグラム広告の配信パフォーマンスも向上してきているので、そちらについても少しご紹介します。
(インスタグラム広告はFacebook広告の管理画面を利用するため。Facebook広告と同様のターゲティングが可能です。)

ターゲティングの基本

基本属性

まずはFacebook広告でターゲティング可能な基本属性についてです。


 
Facebook広告では年齢・性別・地域といった基本属性についても、他の運用型広告と同様ターゲティングが可能です。

他媒体と違うところは、ユーザーによる実登録のデータがベースになる、という点です。

そのためFacebook広告のターゲティングは、他の運用型広告よりターゲティングの精度が圧倒的に高いとされます。
通常の運用型広告のターゲティング精度はせいぜい高くても70%程度であるに対して、Facebook広告のターゲティング精度は95%以上とも言われ、高い効果が期待できるのです。

しかし、注意点もあります。

「地域」の基本属性の注意点として、Facebookでは引っ越しをしても、居住地域を変更してないユーザーがたくさんいます。
例えば一都三県で配信をしていてCVが獲得できなくなってきた場合、あえて一都三県を設定せずに全国配信をして広告文に開催地域を記載して配信すると効果があるケースもあります。
(ただし、CPAが上昇する可能性はあります)

興味・関心・行動属性

Facebook広告では、ユーザーの興味・関心、行動などでのターゲティングも可能です。

興味・関心・行動はFacebook投稿へのいいね!やユーザーが登録しているお気に入りのグループなどが考慮されるため、実際の行動を反映しており、こちらも精度の高いターゲティングの一因になっています。

実際にどのようなターゲティングが設定可能か、少しだけ紹介しましょう。

ターゲティングの種類は、主に「利用者層」・「趣味・関心」・「行動」の3つに分類されます。

利用者層についてのターゲティング

利用者層では、年齢、性別、学歴、交際ステータス、役職などに基づいてターゲット層を選択できます。

【例】
・学歴(高校生・高卒・大学生専門学校生・大卒・博士号)
・ファイナンス(世帯収入 ※米国基準の為、日本で適応されていない人が多数)
・ライフイベント(恋愛ステータス・就職・引っ越し・誕生日・記念日)
・子供がいる人(子供が生まれたばかりの人・1~2歳等年齢区切り)・交際(交際ステータス)
・勤務先(業界・役職)

 

趣味・関心

趣味・関心では、オーガニック食品からアクション映画まで、広告でリーチしたい人の趣味・関心の選択が可能です。

【例】
・スポーツ・アウトドア(サッカー・サーフィン等)
・テクノロジー(コンピューター・スマートフォン・カメラ等)
・ビジネス・業界(エンジニアリング・オンライン・デザイン・ファイナンス等)
・フィットネス・ウェルネス(エクササイズ・ジョギング等)
・レジャー施設(ゲーム・テレビ・ライブイベント等)
・家族と交際関係(家族・結婚・子育て等)
・買い物・ファッション(ファッションアクセサリー・玩具・美容等)
・趣味・アクティビティ(アート・音楽・ペット・ホーム・ガーデニング等)
・食品・飲料品(お酒・クッキング・レストラン等)

 

行動

行動では、購入行動、デバイスの利用状況など、さまざまなアクティビティに基づいてターゲット層を選択することが可能です。

【例】
・デジタルアクティビティ(Facebook決済の利用者等)
・モバイルデバイスユーザー(Facebookアクセス端末)
・モバイルデバイスユーザー/デバイスの使用期間
・多文化
・政治(米国)
・旅行(よく旅行する人・旅行から帰ってきて1週間以内であると思われる人)
・海外駐在者
・消費者の分類
・記念日
・購入行動

 

 

ターゲティングの設定方法

これらのターゲティングは、広告セットから設定できます。

ターゲット設定内の「詳細ターゲット設定」という項目部分で、ターゲットに合わせたキーワードを入力します。
例えば、Webマーケティングに興味関心のあるユーザーにターゲティングをしたいという場合。

赤枠の検索窓に「マーケティング」というキーワードを入力します。

すると、以下のように「ソーシャルマーケティング」「ディスプレイ広告」「デジタルマーケティング」などの趣味・関心候補が出てきますので、ターゲットの興味・関心が高そうなカテゴリーを選択しましょう。
 

 
どれくらい細かく設定するのがいいの?という方は、右側に表示されている「オーディエンス」を参考にしてみてください。

オーディエンスが広すぎたり狭すぎたりしないよう、ターゲティングの内容を調整してください。

Facebook広告ならFacebook以外にも広告が出せる?Facebook広告が掲載される場所Facebook広告が掲載される場所には、大きく3つあります。・デスクトップのニュースフィー...

 

特に効果の高いターゲティング

Facebook広告のターゲティングで効果が出やすく、おすすめなのは「リスト類似配信」です。

リスト類似配信とは、「過去に自社商材を購入または自社サービスを利用したことのあるユーザー」のメールアドレスや電話番号をFacebook広告の管理画面に設定することで、すでに商品を購入したユーザーの属性に近いFacebookユーザーに広告を配信することです。
精度の高いFacebook広告のターゲティングのなかでも、特に効果のあるターゲティングと言われています。

この時の既存顧客のリスト数としては、300リストあれば理想ですが100リスト程度でも効果が出る時もあります。リストが少なくても、配信可能な状態であればぜひ試してみてください。

類似配信の設定方法

ビジネスマネージャーへログインし、

「広告マネージャー」

「オーディエンス」

「オーディエンスを作成」

「カスタムオーディエンス」

「カスタマーファイル」

「LTVを含まないファイルを使用」

オリジナルデータースを「カスタマーから直接」を選択

 
の順で選択し、既存ユーザーメールアドレス等の個人情報データをテキストデータやCSVデータを取り込みます。

「アップロードして作成」をクリックすると以下のような設定画面が出てきますので「類似オーディエンスを作成」をクリックします。
「地域」は「日本」と設定し、オーディエンスサイズは1(1%)を設定しましょう。

以上でカスタムオーディエンスと類似オーディエンスの設定が完了しました。

最後に、広告の配信を行うアカウントの「広告セット」→「ターゲット」で、設定した「類似オーディエンス(JP,1%)-リスト」を設定すれば類似配信の準備は完了です!

類似オーディエンスとはFacebook広告の類似オーディエンスは、ある人々に共通する特徴(趣味・関心など)をFacebookが探し出し、共通点が多い他のユーザーに向けて広告...

 

Instagramを利用したターゲティング

Facebook広告の管理画面上から、Instagramへ広告を配信することも可能です。

Instagramには既に約10億人のユーザーがおり、アクティブ率も80%以上を誇る人気アプリです。
特にBtoC向けの商材に親和性があり、Instagramのビジネスアカウントをお持ちの場合は、ビジネスアカウントへ訪れたユーザーに対してリマーケティングが可能です。

Instagramへ広告を出す場合、広告元をFacebookページで出すことも可能ですが、Instagramアカウントがある場合はInstagramアカウントを用いることも可能です。
FacebookページとInstagramアカウントを分けて設定し、Instagramアカウントへ誘導する方が効果的だと考えられます。


広告を利用する場合は、Instagramアカウントをビジネスアカウントに変更する必要があります。
ビジネスアカウントをお持ちでない方もアカウント開設、投稿もFacebookと同様無料です。ぜひInstagramを始めてみてください。
FacebookとInstagamは連携してるので、投稿面も楽になります。

別々に更新する必要はなく、片方に投稿すれば、もう片方にも投稿が流れる仕組みになっているので、既にFacebookの投稿を行っていれば、それほど工数はかからないでしょう。

※FacebookとInstagramの投稿の連携をする際には連携するための設定が必要になります。

インスタグラムとFacebookの連携で可能になることインスタグラムとFacebookを連携すると、以下のことが可能になります。◆投稿をインスタグラムとFacebookが同時にシェア...

 

基本的な運用方法

具体的に、どのようにFacebook広告の運用をしていけば良のでしょうか。運用初期の場合、まず以下①~③をテストします。

①類似オーディエンス配信
②詳細ターゲティング(2~3個用意)
③リマーケティング配信

このターゲティングのテストを行う上で便利なのがキャンペーン予算最適化です。
キャンペーンに予算を設定することで管理画面が各広告セットへ自動的に見込みの高いターゲティングに予算を配分してくれる機能です。

最適な結果が得られる機会ごとにリアルタイムで最適化されていくため、複数ターゲティングを用意したけどそれぞれ調整を行うのが難しい!という場合などに特におすすめです。

キャンペーン予算を使用した場合でも、そうでない場合でも、配信後はCPAを見ていきます。
テストを行ったら、CPAが目標CPAに近い方は配信を続け、目標CPAから乖離していくターゲティングに関しては配信停止を行います。

運用開始後1~2か月経過し、LPへ十分な訪問者がいて、リマーケティングのパフォーマンスが良好であればリマーケティング類似配信も行います。
※リマーケティング類似配信:一度ランディングページにアクセスしたユーザーに属性や行動に類似したFBユーザーへの配信

運用開始後に見るべき指標

基本的に毎日チェックを行っているのはCPA、CTR、CPC、関連度スコア(※2019年4月廃止)です。

CPAにとらわれがちですが、CPAが良くてもCTR・CPCの数字が良くなければもっと改善することができます。

CTRが低ければまずは1%を目指し、広告文やクリエイティブを改善します。CTRが高いにも関わらずCVしないようであれば、「クリックは集められているのに、CVしたくなるLPの内容ではない」、または「広告とLPの内容が大きく違っている」という可能性が考えられます。

また広告の改善以外に、LPの改善も行っていきます。

関連度スコア

2019年4月30日以降関連度スコアが廃止になり、新たな3つの指標に置き換わりました。

品質ランキング: 同ターゲットに対する競合広告と比べた、感性品質を表します。
エンゲージメント率ランキング: 同ターゲットに対する競合広告と比べた、予想エンゲージメント率を表します。
コンバージョン率ランキング: 同目的に最適化され、同ターゲットに対して競合する広告と比べた、予想コンバージョン率を示します。

 
これらは「広告関連度診断」と呼ばれ、評価は数値ではなく「平均より上」「平均」「平均より下」という表記へ変更となっています。
「平均より下」はさらに、「平均より下(広告の下位35%)」「平均より下(広告の下位20%)」「平均より下(広告の下位10%)」と3段階に分けられ、合計5段階での評価となるようです。

参考:実用的なインサイト提供のために広告指標を改善
 
元々関連度スコアとは、1~10の範囲(1が最低、10が最高)でスコア化されるFacebook独自の指標で、関連度スコアが5以下であれば低いと判断していました。
また、関連度スコアを上げるには、なるべく「好意的な意見」が中以上にし、「否定的な意見」を中以下にする必要性があります。

好意的な意見:クリック数、CTR、いいね、シェアなどポジティブなアクションにより高くなる傾向
否定的な意見:広告を非表示、報告する、などのネガティブなフィードバックがユーザーからされると高くなる

 
そしてFacebook広告の場合、関連度スコアが高ければ高いほど、CPMやCPCを抑えられ、配信コストを下げられる仕組みになっているのです。

したがって、関連度スコアを上げ、広告パフォーマンスを上げるには広告文やクリエイティブがユーザーに受け入れられるように意識し、作成する必要性があります。

CPC(クリック単価)の目安

CPC(クリック単価)は商材にもよりますが、100円代前半が理想的です。
200円代だと少し高い為、下げるための施策が必要になってきます。

ただ、CPCも高いものだと300円~700円代や案件によっては1,000円以上にもなってしまう場合があります。
その場合、クリック率以外にもインプレッション単価によってCPCは大きく変動してくる為、インプレッション単価が低いターゲティングを探していくことも有効的です。

CPCが高いなら、クリック課金にすればよいのでは?と思う人もいるかもしれません。
しかしクリック課金にして安い単価を設定した場合、入札負けを起こし、配信ボリュームが出ないこともありますので要注意です。

まとめ

複数ある配信手法の優先順位をある程度つけられるようになったのではないでしょうか?
あとは実践と経験を積みましょう!

また、予算が大きくなればなるほど、CPAが一気に上がってしまったり、運用難易度は増していきますので、まずは少額からでもスタートしてみましょう。

Facebook広告ならFacebook以外にも広告が出せる?Facebook広告が掲載される場所Facebook広告が掲載される場所には、大きく3つあります。・デスクトップのニュースフィー...

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧