コンテンツターゲットとプレースメントターゲットで コンバージョン最大化

  • 2019.3.25
  • 2,816 Views

リスティング広告を運用していると、
「単価やキーワードの調整をしてきたけど、検索広告だけではもう限界!これ以上、コンバージョン増えないよ…」
そう思うことはありませんか?

そんな時は、ディスプレイ広告を活用するのが効果的です。
ディスプレイ広告は検索広告とリーチする層が違い、配信量にも大きな差があるのでCV数を増やせる可能性があるのです。

今回はディスプレイ広告攻略法の1つとして、GDNのコンテンツターゲット(自動プレースメント)とプレースメントターゲット(手動プレースメント)について説明、設定方法をご紹介します。
うまく使いこなしてCVアップを目指しましょう!

コンテンツターゲットとプレースメントターゲットとは

まずはGDNコンテンツターゲットとGDNプレースメントターゲットについて理解しましょう。

コンテンツターゲット(自動プレースメント)

コンテンツターゲットとは、コンテンツターゲットやトピックターゲットなど
広告の配信先を、設定したキーワードやカテゴリーに合わせて自動で選定してくれる手法です。

プレースメントターゲット(手動プレースメント)

プレースメントターゲットとは、配信先をURL単位で指定する手法です。

指定したドメイン以外には配信されませんので、あらかじめコンバージョンしやすいURLがわかっている場合に有効な手法です。

設定方法

コンテンツターゲットの設定方法

①管理画面上のキャンペーン作成から開始します。

②キャンペーンで達成したい目標、キャンペーンタイプ、を決定し、標準のディスプレイキャンペーンを選択して先に進みます。

③次画面のコンテンツで「キーワード」を選択して広告を作成して完了となります。

プレースメントターゲットの設定方法

作成手順はコンテンツターゲットと同様です。
違う点は、コンテンツで「プレースメント」を選択し配信したいプレースメントを入力するだけです。

効果的な運用方法

まずはコンテンツターゲットで配信する

コンテンツターゲットよりもプレースメントターゲットの方が、ドメインを指定している分無駄なく広告配信できます。

ただ、新たなコンバージョン獲得先の発見にはつながりにくいので注意が必要です。
費用対効果がいいのですが、一方でプレースメントターゲットでは大きなコンバージョン数アップは見込めません。

いきなりプレースメントターゲットで成果を出すのは難しいので、まずはコンテンツターゲットで配信を行い、コンバージョンが出やすいドメインを見極めてからプレースメントターゲットで確実にコンバージョンを狙うのがいいでしょう。

商品・サービスに関連するキーワードを設定し、新しいコンバージョン先を見つける

キーワードの設定としては、以下の2つが重要です。

①検索広告でコンバージョンが出ているキーワードを設定する
②商品と関連したキーワードで、ある程度配信ボリュームの確保できるキーワードを設定する

コンテンツターゲットの場合、ただやみくもにキーワードを設定するのではなく、検索広告でコンバージョンが出ているキーワードを選定することが大事です。

②に関しては関連するキーワードを設定し、新しいコンバージョン先を見つけていくのに有効です。

例えばシューズの販売サイトを運営していたとします。
顕在層のキーワードとしては「シューズ 通販」「シューズ オススメ」等になりますが、
シューズが好きな方は「服」や「バッグ」等にも興味があるかもしれません。
ペルソナをイメージして関連したキーワードをチャレンジしてみると新たなコンバージョン獲得先が見つかるかもしれません。

キーワード選定についてもっと詳しく知りたい方はこちらから↓

ディスプレイ広告用の広告文を作成する

広告文も検索広告とディスプレイ広告では変更する必要があります。

それぞれのターゲットには検索広告=顕在層、ディスプレイ広告=潜在層という違いがありますが、潜在層向けの広告文の場合、鍵になるのは「いかに興味を持たせてクリックさせるか」になります。

ターゲットに興味を持たせる為にはどのような表現が効果的なのか、広告文もABテストを繰り返してよりクリックされる広告文を探してみてください。

反応が取れる広告文についてもっと詳しく知りたい方はこちらから↓

実際の配信先と成果を確認する

重要なのはインプレッションとクリック数(クリック率)です。

どこに広告が露出されているのか、必ず確認してください。
商品・サービスと近しい配信先であれば問題ないのですが、時には思ってもみないところにばかり配信されている事もあります。必ず実際の配信先を確認しましょう。

またディスプレイ広告自体が潜在層に向けて広告を露出していく手法なので、キーワードの設定において「オーディエンスターゲティング」で設定して、キーワードに関連があるサイトや興味を持っている可能性が高いユーザーに広告を表示するようにします。

その為設定したキーワード以外にも多くのユーザーに広告が露出されますので多くのコンバージョンを獲得できる可能性が高まります。

まとめ

コンテンツターゲットとプレースメントターゲットについて解説してきましたが、まとめると、

・コンテンツターゲット=新たなコンバージョン獲得先を見つけるために有効
・プレースメントターゲット=効果がある配信先か判明していれば費用対効果高く配信することが可能

という特徴があります。

どちらか一方を行うのではなく、コンテンツターゲットとプレースメントターゲットの両方をうまく活用することでディスプレイ広告の効果を最大限発揮できます。

検索広告に限界を感じたらディスプレイ広告を是非活用してみてはいかがでしょうか?

ディスプレイ広告についてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

コメント

カテゴリー別記事

無料資料ダウンロード

 

【リスマガ限定】出版したばかりの
代表長橋の書籍『第一章』を無料プレゼント!
DX時代のデジタルマーケティング攻略本

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

労務費・外注費・経費を削減して売上アップ
専門チームを外部で育てるラボ型のWebチーム

経費を削減して売り上げアップする方法を無料で公開!

資料ダウンロード

 

見込客と関係性を構築して売上アップする
育成型マーケティング新戦略

見込み客と関係性を構築して売上アップする育成型マーケティング新戦略

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

最新のマーケティング情報をお届け。
リスプラマガジンでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

著者 / Webマーケター株式会社リスティングプラス
株式会社テスト

1,000社以上の支援実績と最新のWebマーケティングノウハウで、あなたのビジネスを支援。売上・集客を最大化します。

記事一覧を見る

X

【リスマガ限定】
出版したばかりの書籍『第一章』をプレゼント
DX時代のデジタルマーケティング攻略本

経産省レポート「DXに対応できない企業は業務効率や成長率の低下により競争力を失い、2025年以降最大で年間12兆円の経済損失が生じる」
DXしないと競争力を失う時代に、日本の中小企業がまずすべきことを解説。(無料)

無料で第1章をダウンロードする