電話コンバージョン計測をたった3ステップで設定する方法

あなたがはじめて行く居酒屋や美容室、治療院を予約するとき、スマホで電話しますよね?
それがリスティング広告だと知らずにクリックしている方は多いと思います。

今回は実店舗集客でリスティング広告をする際に『Googleタグマネージャー』を使って、Googleアナリティクス上に電話発信のコンバージョン計測させる方法を3ステップで紹介します。

実はこれ、普通に設定しようとすると、ややこしいので投げ出したくなる作業なのです。
理由として、

・電話発信のリンク全てに専用のタグを設置しないといけない
・バナー、テキスト、ボタン毎に設定するタグの仕様が異なる
・そもそもHTMLが苦手・・・

などがあると思います。

僕も実際に設置したことがあるのですが、ウェブページ内の全ての電話発信のリンクに設定しないといけないので、場合によってはページごとに電話リンクがあるページと無いページがあったりで設定がかなり大変・・・。

でも今回ご紹介する方法はとても簡単で誰でもできる方法なので安心してください!

ステップ1 Googleタグマネージャのタグをウェブサイトの全ページに設置

まず、Googleアカウントを既にお持ちの方は、Googleタグマネージャーにログインしてアカウントの設定をします。

参考:Googleタグマネージャ

アカウント作成を選択

アカウントの基本設定を行います。

こちらが完了すると利用規約の同意の確認画面の後、Googleタグマネージャーの管理画面に移行し、Googleタグマネージャーのタグが発行されます。

このタグをウェブサイトの全てのページに指示通りに設置してください。

タグの設置作業は以上で終了です。
この手順以降はいっさいHTMLを編集することがありませんので、ちょっとHTMLは苦手・・・という方でも比較的簡単に作業できると思います。

ステップ2 電話発信のリンクのクリック計測を設定

事前準備として、GTMの「変数」メニューから変数の設定を行います。

 
『変数』の設定画面の『クリック』の項目は全てにチェックを入れておいてください。

トリガーを設定する

次に『トリガー』を設定します。

『トリガー』を開いて、トリガータイプで『クリック-リンク』のみを選択します。

『トリガー』を画像の通りに設定して行きます。

ここではイベント計測を有効化する条件を設定しています。

計測する対象がサイト全体の場合は、『Page URL』『含む』『ドメイン』を指定。
※画像では『https://ppc-master.jp/labo/』までを選択してリスマガでのみ反応するようにしています。

対象がクリックになるので『Click URL』『含む』を選択し、クリックする電話発信リンクに設定している電話番号を設定します。

設定が完了したら画面右上の『保存』をクリックして『トリガー』の設定は完了です。

タグを作成する

『トリガー』を作成したら、次に『タグ』を作成します。

 
『タグタイプ』でGoogleアナリティクスを選択し、『トラッキングタイプ』をイベントに設定。

『カテゴリ』『アクション』『ラベル』には、分かりやすい文言を記入。その他の設定はデフォルトのままでOK。


 
ここに入力した文言がGoogleアナリティクスの『行動』>『イベント』に表示されます。

『トラッキングID』にはGoogleアナリティクスのトラッキングIDを設定してください。

入力が完了したらすぐ下にある『トリガー』選択で、先ほど設定した、電話発信のトリガーを選択します。

 
『トリガー』の選択が完了したら『保存』をクリックしてください。

以上で『トリガー』『タグ』の設定は完了です。

ステップ3 動作確認、設定内容を公開


設定した内容が正常に動いているかを確認する為には『プレビュー』を選択します。

その後、Googleタグマネージャーのタグを設定しているページへアクセスすると、設定した『タグ』や『トリガー』が正常に動いているかを確認することができます。

電話発信のCVを確認する場合は、プレビューモードの状態で実際に電話発信リンクをクリックしてみて、タグが発火しているかを確認してください。

動作確認まで完了したら、最後に『公開』をクリックします。
※これをしないと、設定内容が反映されないので要注意!

公開前に『バージョン名』を入力する画面が出てきます。
Googleタグマネージャーは頻繁に変更を行う事もあるので、いつ何を変更したのかを管理できるように、毎回分かりやすいバージョン名をつけておくことをおすすめします。

以上の手順で、簡単に電話発信の計測が可能になります。

Googleアナリティクスの『行動』>『イベント』から確認でき、目標として設定できるため、Googleアドワーズとアカウントを連携させることでGoogleアドワーズのコンバージョンとしても計測可能です。

ちなみに、Yahoo!スポンサードサーチとYDNの広告からの計測も、リンク先URLに識別できるパラメータを設定すれば、Googleアナリティクス上でコンバージョンの計測が可能です。

 

Googleアナリティクスでなにができるの?まずは、具体的な見方の解説の前に、Googleアナリティクスで何ができるのかを整理しておきましょう。Googleアナリティクスを使...

 

まとめ

説明だけではちょっと…という方でも、実際にやってみると想像以上に簡単に設定できるはずです!

リスティング広告で実店舗集客をされている方や、
「電話発信をコンバージョンとして計測したいと思っているけどちょっと難しそう・・・」
と諦めていた方は、是非一度この方法を試してみてくださいね!

 こんにちは、リスティング広告コンサルタントの名川です。 今日は、店舗型ビジネスの集客にリスティング広告を活用されている方に質問です。 あなたは「スマホの...

 

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧