「maio」って一体何?国内動画アドネットワークの先駆けを徹底紹介

皆さんはmaio(マイオ)をご存知でしょうか?

現在、インターネット広告も、主流の広告バナーも静止画から動画へシフト。今後も、「5G」の普及によりますます加速されると予想されています。
動画広告を使った広告プロモーションは数年前から普及し始め、現在では様々なクライアントや商材のマーケティングに動画の活用が続けられています。

maioは国内動画ネットワークの先駆けとしてリリースされたサービスですが、今回はこのmaioの魅力と活用法についてご紹介していきます。

maioとは

maioとは、株式会社アイモバイルが提供するスマートフォンアプリ利用中のユーザーに対し、フルスクリーンで動画広告を配信する動画アドネットワーク広告サービスです。
国内では、まだ事例の少なかった2015年9月に他国内企業に先駆けてアイモバイルからリリースされました。

公式サイト:https://maio.jp/

現在、1万本以上のアプリと提携し880万人以上のユーザーへ動画広告が配信できる国内最大級のネットワークを構築しており、配信する商材に合わせ最適な配信先を提供できるようになっています。

maioの特徴

フルスクリーンの動画再生による圧倒的な臨場感が魅力のmaioも、おすすめできる動画広告ネットワークサービスです。 動画広告フォーマットは複数用意されていて、以下のようなものを利用できます。

完全視聴することでインセンティブが発生する「動画リワード」

ユーザーが任意で動画広告の視聴を選択し、完全視聴するとアプリ内インセンティブを得ることができるタイプの広告フォーマットです。
例えば、ゲームアプリではライフが無くなった際に「動画を視聴すればライフが回復」といった形式で導入が可能。アプリ内に沿った導入が可能でコンテンツの1つとして動画広告をユーザーに視聴してもらうことができます。

ユーザーが任意で動画広告のスキップを行える「動画インターステイシャル」

ユーザーが任意で動画広告をスキップできる、インセンティブが無いタイプの広告フォーマットです。

例えば、マンガアプリの話と話の間やゲーム終了時のタイトルに戻るタイミングなど、コンテンツの間に導入が可能。
スキップ可能なユーザビリティを考慮した形式で動画広告をユーザーに視聴してもらうことができます。

ユーザーにサービスの内容を数十秒間疑似体験させる「インタラクティブ動画」

広告クリエイティブ内で、クライアントの商品・サービスを数十秒間、ユーザーに疑似体験してもらう広告フォーマットです。
従来の閲覧のみの広告とは異なり、ユーザーが実際にサービスの一部を操作することで、ゲームの世界観に触れることができるため、その後のサービス登録や継続的な利用を促すことが可能です。

現在ではゲームやマンガアプリのクライアントに多く活用されていますが、ゲームやマンガアプリ以外のアプリクライアントや、Webのクライアントにも活用されることを見込んでいます。

各動画広告スタイルを上手に利用できれば、アプリの収益効果をさらにアップさせることができるはずです。
また、広告動画再生後には商品やサービス利用をアピールするエンドカードを差し込むことが可能で、最後までユーザーにアクションを促すことができます。

広告運用

広告運用に関しては全てmaioに委託する形になります。
クライアントは、maioからの配信レポートと担当者とのやりとりを通じて、運用状況を確認。予算の増減や配信の停止・再開などを判断することになります。

maioはユーザーが離脱しやすいポイントを分析して、インセンティブ+動画広告を導入し、アクティブ率向上をサポートしてくれます。
クライアント数が国内最大級であるため、しっかりと利益につながる高フィルレートを実現している点も魅力。 maioに動画広告を任せることでも、さまざまなメリットを実感することができるでしょう。

動画の作成サービス

掲載する動画クリエイティブを持っていないクライアントのためにmaioでは動画の作成も請け負うサービスも存在します。

動画作成依頼
L要望のヒアリング
L素材の提供
Lコンテ(構成案)の作成・確認・修正
L動画の作成・確認・修正

上記の流れで動画作成を依頼できます。

条件としては、50万円以上の発注(配信)を行う際に、2本無償で作成依頼が可能です。
修正回数には上限等ありますが、maioの動画クリエイターが作成してくれます。

動画作成のハードルが高いという方は、制作費をかければ、最適な形でmaioが実現してくれます。
※制作したクリエイティブは2次利用が不可、maioでの配信に限られます

自分で動画を作成してみたい方は、簡単に動画が作成できるツール「RICHKA」がおすすめ↓

RICHKAとは「RICHKA」は、カクテルメイク株式会社が開発した、国内導入企業数No.1の動画広告生成ツールです。・時間がかかる・専門スキルがないとつくれない・テストが...

効果的なアプローチのかけ方

maioの提携アプリには20代から40代の女性のユーザーが多く利用しています。
漫画アプリや占いアプリそして育成アプリなどの女性面でボリュームが出やすく、このようなアプリを利用している女性ユーザーをターゲッティングして、商品やコンテンツを動画広告でアプローチしていくといいかもしれません。

弊社では上記のように女性ユーザーに対して広告を配信。ダイエット商材、スキンケア商材での実績をご紹介します。

動画構成

30秒という長めの時間をユーザーに完全視聴させることが可能なので、動画構成次第ではしっかり伝えることが可能です。

上記がダイエット系商材で弊社がCV2,000以上を獲得できた動画構成です。
記事LPと同じ様に、ユーザーが「なんだこれ!?」と思ってしまうような、気づきを与えることができれば効果的に誘導できます。

また、動画視聴後もエンドカードを差し込むことが可能ですので、併せて興味を引きつけるような、続きが気になるような引きがある構成にすると多くの遷移にも繋がります。

季節的な要素を取り入れた構成も効果的です。
例えば、ダイエット系商材で年末年始でしたら、「正月太り」や「お餅食べ過ぎた」、「今年は上手く行かなかったけど来年こそは!」のようなユーザーの心理をつけるような構成なども取り入れると効果的かもしれません。

クリエイティブの消耗

動画がユーザーに覚えられてしまう、以前にも見たことがあるかもしれないと感じさせてしまうと、極端に数字が落ちる可能性があります。ですので、動画の少し変化を加えるなどの施策が必要です。

例えば、冒頭のテキストや画像だけでも件数を維持することが可能ですので、なるべく動画クリエイティブを多く作成し、そして多く回していくのが成功の秘訣かもしれません。

動画のテイストをまるまる変えてしまいますと、工数がかかったり作成コストも多く発生してしまうかもしれませんので、冒頭部分だけでも別パターンの動画を複数作成して入稿していくと良いでしょう。

例)導入を変えてみる
・ダイエットのために甘いの我慢はキツくないですか?
・もしかして、体重気にして我慢してませんか??
・秘密を守れる人だけ見てください 等

まとめ

今回はmaioの魅力についてお話ししました。
フルスクリーンで様々な広告手法がとれるので、是非皆さんも活用してみてください。

動画広告ネットワークの存在は、アプリの収益化に大きな影響を与えます。
これからくる時代を考慮するのなら是非、一度動画広告を試してその可能性に触れてみてください。

動画広告ならインパクトのある映像や音声を使って、ユーザーの五感に近づいてアピールすることが可能です。
静止画広告にはなかった魅力が考えられることから、そのメリットが今後表面化するにつれて、動画広告はさらに普及するでしょう。

公式サイト/資料出典:https://maio.jp/

今後の動画広告の市場拡大と導入メリットについてはこちら↓

急成長している動画市場2024年には約5,000億円の市場になる予測動画広告市場は、数字上も非常に伸びています。2017年には1,374億円だったものが、2020年には2,900億円、...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)