世界最大級のディスカバリーネットワーク、Outbrainを徹底解説!

広告運用者であれば、ネイティブアドの一種、Outbrainのことを耳にしたことがあるのではないでしょうか。 「聞いたことはあるけどまだ手を出していない」「媒体がありすぎて、何を使えば良いか分からない」「広告出稿しようとしたけどどう運用すれば良いのか分からない」そんな方のために、Outbrainの特長から運用方法まで、この記事で徹底開設いたします!

Outbrainとは?

導入で書いたように、ネイティブアドの中の1媒体です。

大きく分けて4つの特長があります。

ユーザーボリューム

グローバル、日本国内で最大級のユーザーリーチと言われています。
なんと、グローバルで10億人にリーチできるのです。
「国を跨いで広告は出さない」という場合でも安心してください。
日本国内で、モバイル4,276万人、デスクトップ(PC)で2,159万人(2019.7時点)にリーチできます。

男女比、年代、年収別で見てもバランスよく構成されている媒体と言えます。

質の高い配信面

提携しているパブリッシャー(配信面)のバラエティが豊富で質も高いものばかりです。
なんと、300を超えるパブリッシャーと提携しているのです。
中でもメインとなっているのはMSN系の配信面です。
下記に紹介しますが、これでもほんの一部なのです…!

独自のアルゴリズム

どの媒体も、学習を重ねてターゲットに近いユーザー層に向けて配信をする動きをしようとします。
例に漏れず、Outbrainの学習機能もとっても優れています。

約4,200万人のビッグデータより、
☑今読んでいる記事と同じジャンルか?
☑その人の過去の記事の閲覧傾向は?
☑同じ記事を見ていた人が、次にどういう記事を見ているのか?
をもとにして独自アルゴリズムがレコメンドを実施しているのです。

入稿方法を解説

大枠ですが魅力は伝わりましたでしょうか?
続いて、出稿までの流れをご紹介いたします。

①商材の掲載可否をチェック
 まずはOutbrainでの配信基準を満たす商材かどうかを確認しましょう。
 アルコールに関するコンテンツ、金融商品、ギャンブル系商品などは掲載できません。
 ガイドラインは随時更新されます。

②申込み
 掲載可能なことが分かったら広告配信に向けて申込み(アカウント開設)をしましょう。
 コチラも公式サイトから進めます。
 アカウントが開設されるまで、3~5営業日を見ておくと良いと思います。

③タグの発行・設置
 計測に不可欠なのが「タグ」ですよね。
 アカウントが開設されたらまずはタグを出して配信するサイトに設置しましょう。
 アカウントの中のConversion>VIEW OUTBRAIN PIXELから発行できます。
 

Outbrainのピクセルは一種類のみ。リマーケティング用ピクセルやコンバージョン用ピクセルなどで分かれていません。

全てのページにこのタグを埋め込み、あとは管理画面上でURLベースで区別していきます。
同じくConversionのメニューの中で、何がどのURLなのかを設定していきます。
どう運用していきたいかに寄りますが、サンクスページだけ設定すれば最低限の運用はできるかと思います。
あとは必要に応じてカスタマイズしてみましょう!

④キャンペーン作成
 広告を入稿するための「ハコ」を作っていきましょう。

 と、その前に、大事なことを伝えておきます。
 Outbrainの管理画面は2019年10月時点では英語表記です。
 日本語バージョンがリリースされるのはもう少し先のようです。

 あともう一点、Outbrainの管理画面はNY時間で動いています。
 例えば、朝6時に予算がなくなって止まっていたとします。
 これは、日本時間で朝6時に停止されたのではなく、NY時間での朝6時(日本時間でおよそ19時)に停止された、ということになります。

 上記を踏まえて、キャンペーン作成に進みましょう。

 Campaigns>Add Campaignsから、ターゲティングなどの設定をしていきます。
 ここで設定できるのは、
 ・キャンペーン名
 ・キャンペーン目的
  (コンバージョン目的、トラフィック目的など)
 ・クリック最大化 or コンバージョン最大化
  (ここでコンバージョン最大化を選択すると、先ほどConversionsの中で設定した
   サンクスページが計測地点として選択できるようになります。)
 ・CPC入札価格
 ・予算
 ・日時
  (時間指定、曜日指定もできます。ただし、NY時間に置き換えて設定する必要があるので注意が必要です!)
 ・配信先のターゲット
  (もちろん何も選択せずとも配信可能です。リマーケティングなど、ユーザーをセグメントして配信したい場合はオーディエンスメニューでオーディエンスを作成し、配信先にセットしましょう。Facebook広告の仕組みと同様ですね。)
 ・地域指定

これでキャンペーン(ハコ)が作成できました。

⑤広告入稿
 いよいよ広告を入稿していきます。

 作成したキャンペーンを選択して開き、右上の「Add Content」をクリックします。
 広告入稿画面もアップデートされていきますが、2019年10月時点では下記のような感じです。

 URLに出稿URL、Titleに広告文、Imagesに画像クリエイティブをドラッグしていきます。
 複数の広告文x複数の画像を組み合わせて入稿できるので、手間が省けます。

 入稿が完了したら左下に出てくるSubmitで入稿完了です!
 あとは自動的に審査を開始してくれます。

 審査には2~3営業日前後かかります。
 注意すべきなのは、審査が完了すると自動的に配信が始まってしまうことです。
 自分のタイミングで開始したい、という場合は入稿したら審査が完了するまで
 ステータスを一時停止にしておきましょう。

 広告の規定について一部ポイントをご紹介いたします。

➢テキスト入りはNG!
 Outbrainは配信面に合わせて画像が自動的にトリミングされます。
 なので、テキストが入っているとおかしなところで画像が切れる可能性があります。
 極力テキスト入りではない画像を使うことを推奨します。

➢イラストは避ける。
 配信面の大部分を占めるのがMSN系です。
 MSNがイラストをあまり推奨していないため、入れてNGということはないのですが
 写真素材の方が好まれる傾向があります。

➢人の顔は良い。
 これは他媒体でも同じことが言えると思いますが、
 人の顔、特に女性などはユーザーの目に止まりやすいですよね。
 ただ、アップ画像などは審査に通らない可能性があるので注意です。

運用していくには?

広告の審査が通過したら運用調整をかけていく必要があります。
大切なのは「初動の学習期間」と「クリック率」です。

Outbrainの特長で、学習機能のことについては言及しましたね。
第一印象が大切なのは人付き合いと一緒。
「この広告は優秀だ」と最初に学習させることが肝心です。
では、何を指標に優秀と判断されるのか?
それが「クリック率」です。

良いクリック率を獲得できる広告の傾向を早く見つけてそこに寄せていきましょう。
学習期間として2週間~1カ月半見ておくと良いと思います。
入札CPCを高めに設定して高いCTRを獲得しにいくのもひとつの手段です。

ここでもうひとう重要なのが、配信を止めないこと。

24時間予算を均等に配信してくれるわけではなく、予算が消化され次第配信が停止する仕様になっています。
どの時間帯もまんべんなく配信されることが学習にも良い影響を与えますので、初動は費用がかかっても、良いスコアをもらうために我慢の時間が必要です。

良いスコアを獲得できれば徐々に入札CPCも下げていけますので、費用も抑えられていきます。

実際に配信してみた

で、実際に配信してどうなの?という疑問があるかと思いますので事例をご紹介いたします。

・セミナー参加がコンバージョン地点
・特にターゲティングはなし

上記条件で配信をしてみました。

まず思ったことが、「インプレッションが半端ない!」ということ。

同じ予算30万円を使ったときの表示回数が下記です。

Facebook 116,350回
Smartnews 6,063,097回
Outbrain 12,197,941回

もはやケタが違います!
認知という意味でも良い働きをしてくれそうです。

この事例の案件、話題性はあるもののハードルがそんなに低くはない、どちらかと言えばニッチなものだったのですが、目標獲得単価に近い形で集客できているのです。

ターゲティングはしていないので、学習の精度も照明できているのではないでしょうか。

まとめ

Outbrainで出稿するメリットは伝わりましたでしょうか?

昨今、健康食品系やコスメ系の商材で薬機法などに苦しめられている、という方も多いのではないでしょうか?
Outbrainの場合、アカウント申込み時に無料で薬事法ドットコムに審査を出してくれるので、
必要な修正箇所も事前に指摘してくれるという親切さです。

さらに、2019年10月、機能面や配信面でライバルと言われていた「Taboola」と合併しました。
合併したばかりなので、これからどういう進化を遂げていくかがまだ分かりませんが、どんどん使いやすく、アップデートされていくこと間違いなしではないでしょうか。

ぜひ実際に配信にトライして、メリットをご自身で体感してみてください!

他のSNS媒体についても知りたい!という方はこちら▼

グノシー(Gunosy)広告とはグノシー(Gunosy)とは、ネット上に存在する様々な情報を独自のアルゴリズムで収集しユーザーに届ける情報キュレーションサービスです。2013年...

そもそもスマートニュース(SmartNews)ってなに?という方は、こちら↓スマートニュース(SmartNews)広告ってなに?スマートニュース(SmartNews) Adsは国内最大級のユーザ...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)