5分でわかる最新媒体「BuzzVideo」とは?特徴や始め方を解説

皆さんは「BuzzVideo(バズビデオ)」を知っていますか?
最近はYouTube(ユーチューブ)でも広告が流れたりしているので何となく名前を知っている、見たことある、そんな方もいるかも知れません。

このページでは、
「そもそもBuzzVideoって何?」
「聞いたことがあるけど、詳しく知らない…」
「興味があるけど、媒体としての価値を理解しきれていない」

このような方たちのために、最新媒体の魅力について紹介します。

BuzzVideoとは

「TikTok」と運営会社が一緒?

BuzzVideoとは、
短い動画を撮影、加工して共有できる「TikTok(ティックトック)」
AI機能を活用したニュース系SNSアプリ「Toutiao(トウティアオ)」
これらのアプリを運営する中国の企業、株式会社ByteDance(バイトダンス)が提供するアプリケーションのことです。

公式サイト:https://www.topbuzz.com/creators

BuzzVideoでは、今最も人気の高い動画や話題になっている動画が、各自のユーザーの好みに合わせて次々に表示さます。
具体的には映画の予告編や裏技、面白動画やペット動画など、たくさんの方が興味を持ちそうなコンテンツが毎日配信されています。

BuzzVideoに掲載されている動画は全て無料で、さらにお気に入りの動画を無制限に視聴することが可能です。

現在、BuzzVideoは本国の中国を始め、北南米やヨーロッパ、日本を含めたアジア地域などの若者たちに人気があり、IOS無料ランキングで1位を獲得するなど、特に若者を中心に需要が高まっています。

BuzzVideoは元々「TopBuzz」という名称で2015年にアメリカでコンテンツ配信プラットフォームとしてサービスが開始。コンテンツの内容としては「動画」と「記事」になります。

その後、世界各地に展開されて行きましたが、日本では「TopBuzz Video」という名称で2016年の12月にサービスが開始されました。
2018年には「Buzz Video」に名称を変更し、結果TopBuzzは、TopBuzzとBuzzVideoという2つのスマホアプリがそれぞれ存在することになりました。

ではなぜ今、「BuzzVideo」と「TopBuzz」がそれぞれ別のアプリに別れたのか。
TopBuzzのコンテンツの中で動画コンテンツが特に人気であったことから、BuzzVideoとして独立しました。
なので現在では、以下のようにコンテンツが違う2アプリ体制になっています。

・TopBuzz→既存のメディアなどの媒体から受けたニュース記事や動画を個人の好みに合わせた形でアプリ配信
・BuzzVideo→動画とGIFアニメに限定したコンテンツが配信されるアプリ

アプリでは上記のように分かれていますが、パソコンやスマホのブラウザ版では「TopBuzz.com」という名称です。
また、TopBuzz・BuzzVideo・TopBuzz.comの3つを合わせて「TopBuzz」と一般的に呼ばれたりもします。

BuzzVideoの特徴

BuzzVideoの大きな特徴の一つが「機械学習機能(AI)」です。

自社開発の高度なアルゴリズムを完備したAIを持っており、それによって提携したパートナーからもたらされたコンテンツを、それぞれのユーザーの興味に合わせて配信されています。

例えば、ゲームが好きな人にはゲーム、車が好きな人には車、料理が好きな人には料理、スポーツが好きな人にはスポーツ、といったようにユーザーそれぞれに興味がある内容だけを配信する仕組みになっているのです。

動画は「エンタメ」「おもしろ」「自分好み」など様々なカテゴリーに分けられているので、ユーザーは興味のある動画を簡単に見つけ出すことが可能です。

気に入った動画があれば、SNSのTwitterやFacebookで動画のシェアをすることも可能です。それによって友人とコメントを楽しむこともできます。

空き時間の暇つぶしに最適

BuzzVideoの動画は短時間な動画が多いのも特徴です。
短いもので数十秒や数分、長くても十数分です。

また、動画をタップするとフィード上で再生されるのでスワイプだけで気になる動画をサクサク視聴することができます。

ちょっとした空き時間やちょっとした暇つぶしに最適ですね。

ユーザー層はどうなの?

独立の当初、某匿名掲示板に広告が掲載されていたことから噂話やゴシップネタが好きな男性が根深いユーザー層となっています。
また、趣味・嗜好の強い動画が多く掲載されているのでそういった点でも多くの男性ユーザーに人気なBuzzVideoです。

広告を掲載できる?

広告代理店の方たちは「TikTok Ads」を活用して、動画広告を掲載することが可能です。

この広告プラットフォームの特徴としては、

・精度の高いユーザー属性のターゲティング
・視聴コンテンツに合わせた広告配信
・年齢、性別、OS、地域(都道府県別)など、詳細なターゲティング設定
・独自のアルゴリズムによる目標CPAにあわせた入札と最適化
・簡単に動画広告を作成できるツールの提供

これらを活用してBuzzVideoに広告展開が可能です。

同じプラットフォームで広告を出稿できる「TikTokの広告」についてはこちら↓

TikTokとはTikTok(ティックトック)は、動画投稿アプリです。動画アプリで有名なものといえばYouTubeを思い浮かべますが、TikTokはYouTubeと比較して動画の長さが極端...

 

動画投稿で収益化?

動画投稿者は、運営が行う「収益化審査」をクリアすることにより、投稿した動画の本数や再生回数に応じて報酬を受け取ることができます。
その報酬額も投稿者によって違いがあり、良質なコンテンツを投稿していると運営に判定されて投稿者は通常に比べ高単価で報酬が支払われます。

アカウント初期段階⇒0.034円/1再生
良アカウント判定⇒0.2円/1再生
優良アカウント判定⇒0.5円以上/1再生

BuzzVideoのはじめかた

動画は登録なしで視聴が可能ですが、動画投稿をしてみたいという方はBuzzVideoにログインする必要があります。
BuzzVideoのログインにはアプリ経由とブラウザ経由の2通りがあります。
この2つの違いをご紹介しながらBuzzVideoのログイン方法についてご紹介します。

また、BuzzVideoアプリへのログインについては注意点があります。

PCから登録

PC経由でBuzzVideoに登録する場合には2つのパターンがあります。

・メールアドレスで登録するか
・SNSのアカウントを使って登録するか

どちらのやり方をしてもログインできるようになりますが、結果的にメールアドレスを入力しなくてはいけない時もあるので最初からメールアドレスで登録した方が能率的と言えるでしょう。

まず、メールアドレスでBuzzVideoに登録する方法ですが、BuzzVideoのトップページに行き”Emailに登録”をクリックしてください。ここでお持ちのメールアドレスと好きなパスワードを設定することができます。

その後”新規登録”をクリックすることで入力したメールアドレスに認証メールが届きます。
”ここをクリック”もしくは長く書かれたURLに入れば登録完了です。

メールアドレス以外の登録、SNSを使って登録する方法ですが、同じくBuzzVideoのトップページに行き、好きなSNSをクリックしましょう。
その後、使いたいアカウントを選択できるので、選択完了と同時にBuzzVideoへ登録完了となります。

スマホから登録

スマホからBuzzVideoに登録する際はPCで登録する方法と何も変わりません。

スマホからブラウザを立ち上げTopBuzzを検索します。
その後はメールアドレスで登録するかSNSで登録するかを選び、手順に従って必要事項を入力すれば登録完了となります。

アプリをダウンロードすることでログインすることも可能です。


 

ログインすることができたら

プロフィールを設定しましょう。
右上の鉛筆マークから名前や自己紹介プロフィールなどを設定することができます。
名前は5文字以上必要です。

動画の投稿の仕方

2018年までは、アプリから動画を投稿することができていましたが、2019年現在アプリからの投稿ができなくなっています。

PC版では登録したアカウントにログインした状態で、右上の鉛筆をクリックすると、このような画面に変わります。

「ファイルをアップロード」を押してもいいですし、ファイルからドラッグ・アンド・ドロップしても、動画をアップロードすることが可能です。

掲載動画の傾向

伸びている動画

とにかく最初の数秒で続けてみたくなるような「インパクトのある動画」
YouTubeのように過去の動画が再生されることは少ないので、常に最新の面白いエンタメ動画や情報動画の方が再生されやすいです。

著作権問題の話

簡単に動画をアップロードできるというのもあり、TVのバラエティ番組やアニメなどを無断でアップロードをして再生回数を稼いでいる方がいます。

しかしこのような動画は、著作権違反などの問題になるのでBuzzVideoからも警告が来ます。どのような処罰を受けるかは定かではないので違反には要注意です。

まとめ

今回はBuzzVideoの魅力についてご紹介しました。

・自分の好みの動画を視聴
・ネット上に動画をアップ
・再生回数でお金を稼げる

これらが可能なのが今人気のBuzzVideoです。
TwitterやFacebookなどのSNSからも簡単に登録できるのが特徴であり、登録完了するとすぐに利用できます。

この記事でも少し説明しましたが、動画での収益獲得や動画広告の出稿なども可能な媒体です。
男性ユーザーが多いのがこのBuzzVideoの特徴ですが、このユーザーたちに向けて広告をリリースしていくのもありかもしれませんね。

BuzzVideoはこれからも発展していく媒体だと思いますのでぜひ皆さんも利用してみてください。

動画広告の魅力についてはこちら↓

急成長している動画市場2024年には約5,000億円の市場になる予測動画広告市場は、数字上も非常に伸びています。2017年には1,374億円だったものが、2020年には2,900億円、...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)