検索インテントとは?検索意図を理解してSEOに強いコンテンツを制作しよう!

皆さんは、「SEOに強いコンテンツ作り」と聞くとどのようなことをイメージするでしょうか。

タグを最適化すること、被リンクを取得すること、サイトの導線を改善すること…確かに、どれも必要な施策です。
SEO対策をしていると、色々な施策に取り組まなければいけないため、一番重要なことを忘れがちです。

それは、「ユーザーの検索インテント(検索意図)を満たせるコンテンツかどうか」ということです。

ユーザーの検索インテントに応えていないコンテンツは、ユーザーに読んでもらえなくなってしまいますし、検索エンジンにも評価してもらえず、SEOに勝つことができません。

この記事では、検索インテントとは何か、なぜ検索インテントを把握することが重要なのか、検索インテントを把握する方法をお伝えします。

検索インテントとは

検索インテントとは検索意図のことで、検索キーワードに現れるユーザーの感情や意思を指します。ユーザーがどのような場面で何を知りたいと思ってそのキーワードを検索したのか、これを考えることが、「検索インテントを考える」ということです。

Google社のマット・カッツ氏によると、検索インテントは大きく分けて「案内型」「情報型」「取引型」の3種類に分類されるといいます。

3種類の検索語句(検索クエリ)


【情報型検索クエリ】
情報型は、情報収集を目的とした検索クエリです。

「シミ 原因」「韓国 観光」「東京 気温」など、何かを知りたいという意図から発生するものが情報型の検索クエリにあたります。

【案内型検索クエリ】
案内型は、検索の意図が明確な検索クエリを指します。

「Amazon」「youtube」「楽天 ログイン」など、アクセスしたいサイトやページを具体的にイメージした検索クエリが案内型にあたります。

【取引型検索クエリ】
取引型は、購入など、何かの取引となる行動をしたいという検索クエリです。

「ワンピース 通販」「写真加工アプリ ダウンロード」「マンション 賃貸」などのキーワードが取引型検索クエリにあたります。

金額が発生しなくても、ダウンロードや資料請求など、なんらかの行動を起こしたいという意図が含まれているものであれば、取引型検索クエリに分類されます。

案内型と取引方は比較的検索意図が分かりやすく、また、コンバージョンに繋がりやすい検索クエリといえるでしょう。

逆に、3つの種類の中で最も検索意図の把握が難しい検索クエリは情報型です。

例えば、「目元 シワ」と調べた人が求めている情報はどのようなものでしょうか。
目元のシワをなくす方法を知りたいのか、目元のシワを改善する化粧品を探しているのか、目元のシワの原因を知りたいのか…この検索クエリからだけでは、検索意図を明確にすることができません。

しかし、この情報型検索クエリの検索意図をしっかりと把握することで、多くの潜在層を獲得することに繋がります。

検索エンジンで実際に表示されているコンテンツをリサーチして、検索インテントを深堀してみましょう。

検索インテントを考えるべき理由


そもそも、なぜ検索インテントを考える必要があるのでしょうか。

ユーザーの目的が達成できないコンテンツは読んでもらえないから

ユーザーが知りたいことの答えになっていないコンテンツは、ユーザーに読んでもらうことができません。

例えば、「韓国旅行 ホテル」と「韓国旅行 人気スポット」で検索したユーザーのどちらにも読んでもらえるようなコンテンツとして、韓国旅行の全般情報をまとめた記事を制作したらどうでしょう。

「韓国旅行 ホテル」で検索したユーザーは色々なホテルの比較をしたいのに、それ以外の関係ない情報がたくさん出てきて使いにくいと感じるでしょう。

「韓国旅行 人気スポット」で検索したユーザーも同様に、ホテルの情報は知りたくないのにと感じるかもしれません。

ユーザーは、自分が求めている情報がコンテンツ内にないと判断すると、ページをそのまま離れてしまいます。

だから、他のページに遷移しなくても、ユーザーの知りたいと思っていることをあなたのページで全て分かるという状態にしなくてはいけません。ですので、ユーザーの検索意図を細かく把握することが重要になります。

検索エンジンに評価されて上位表示されるため

Googleは、ユーザーが快適な検索行動ができるよう、検索結果に様々な改良を加えています。

最近では、検索キーワードをただの文字列ではなく、言葉の意味や、その裏の意図まで理解できるアルゴリズムが完成したということを、Google自身が発表しています。

SEOで上位表示をするためには、検索エンジンにコンテンツを評価されることが重要です。

検索意図を判別できるまでに検索エンジンの精度が上がっているため、検索結果の上位に表示させるためにはユーザーの検索意図を把握し、それに答えるコンテンツを制作することが不可欠です。

SEOに有効な検索インテントのリサーチ方法


それでは、早速実際に検索インテントをリサーチしてみましょう。ここでは、具体的なリサーチ方法3つをご紹介します。

サジェストキーワードを調べる

まずは、Googleのサジェストキーワードを調べましょう。サジェストキーワードは、検索窓に文字を打つと表示される候補キーワードのことです。

サジェストキーワードには、普段ユーザーによく検索されているキーワードが表示されます。

そのため、サジェストキーワードを参考にすれば多くのユーザーのニーズが分かり、どんな意図で検索をしているのかが見えてきます。

上位表示されているサイトを参考にする

次は強化したいキーワードで実際に検索をして、上位表示されているコンテンツを参考にしてみましょう。

上位表示されているコンテンツは、Googleに評価されているということです。Googleはユーザーのニーズを優先的に考えているため、上位表示されているコンテンツの中に、ユーザーの知りたい情報があると考えられるでしょう。

ここでもう一度思い出しておきたいことは、ユーザーを他のサイトに流れさせないようにするポイントは、ユーザーが知りたい情報をあなたのページで全て網羅するということです。

ですので、競合のコンテンツにある情報を全て網羅した上で、より有益な情報を含めれば、競合に勝てるコンテンツができます。

ただし、競合のコンテンツを参考にすると言っても、競合のサイトとそっくり同じものにならないように注意をしましょう。

SEOでは、コンテンツの独自性も重要視されます。競合サイトには載っていない、ユーザーの検索インテントに適したオリジナコンテンツも盛り込みましょう。

Q&Aサイトを参考にする

最後に、Yahoo!知恵袋や教えてgooなどの、Q&Aサイトを活用する方法をご紹介します。

Q&Aサイトには、ユーザーの生の声がそのまま書いてあるため、ユーザーの悩みや疑問を知ることができる大きな情報源です。

また、わざわざQ&Aで質問をしているということは、検索エンジンを使って自力で調べても答えが出なかった可能性が高いと考えられます。

そのため、Q&Aサイトに載っているような質問に答えるコンテンツを制作すれば、競合サイトにはないオリジナルの情報を提供することができるでしょう。

自社の商品やサービスに関連するトピックスで、どのような質問が多いのかを調べてみましょう。

まとめ

ここまで、検索インテントの種類と重要性、リサーチ方法をお伝えしました。

検索インテントは「情報収集型」「案内型」「取引型」の3種類に分類することができ、それぞれのタイプで検索の目的が異なります。

検索結果で上位表示され、ユーザーを他のサイトに流れさせないコンテンツを制作するには、検索インテントを明確に把握することが不可欠です。

検索インテントをリサーチするには、Googleサジェスト、既に上位表示されている競合サイト、Q&Aサイトでよくある質問を参考にしてみましょう。

SEO対策には、タグを最適化したり、サイトの構造を改善したりするなど、多くの対策方法があります。ですが、どんなテクニックの根本にも、「ユーザーの知りたい問いの答えになっている」という前提があります。

小手先のテクニックだけではなく、コンテンツ作りの基本となる検索意図を押さえるところをおざなりにせず、ユーザーにも検索エンジンにも評価されるコンテンツを作りましょう。

最新のSEO対策のポイントを知りたい方はこちら↓

サクラサクマーケティング株式会社取締役社長COO 根岸雅之1980年生まれ 東京都稲城市出身。都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告...

【前回の記事のおさらい】前回の記事では、サクラサクマーケティングさんに2019年~2020年のSEO対策のポイントをお聞きしました。☆前回の記事はこちらからご覧下さい☆今...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)